CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人らぽーる*発達障害・不登校の子どもと家族の居場所作り*

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


最新記事
月別アーカイブ
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
検索語句
【活動報告】学校に行きづらいお子さんを育てておられる保護者さんの茶話会開催しましたR3.9.16 [2021年09月17日(Fri)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です.

現在広島県には緊急事態宣言が発令されています。
そのようななか茶話会を行うことに随分と悩みましたが、ズームを使えない保護者さんもいらっしゃるため、感染予防を最大限に行い開催することに致しました。

先月は中止した活動も沢山あります。 

ただ、らぽーるに参加してくださっている方は、現在の状態に立ち止まっている方や、困っている方、くなりたい方がいらしてくださっています。毎月参加されることで心の状態を保っている方もいらっしゃいます。

そのようなこともあり、続けて中止にすることは心苦しい。 
いつも参加されている方から、行われますか?といくつか問い合わせもありましたので、開催することを決断いたしました。


以前はリラックスしてお話してもらうために、〜茶を飲んだりお菓子を食べたり楽しい雰囲気を作って開催しておりましたが、コロナ禍においてこの飲食は中止いたしました。 

机やいすの配置も以前に比べて、倍以上の距離を取りました。
その分距離感が遠くて、寂しい感じもします。

そのような状態にして、広い会場で「ぽつん」とした感じで開催をしています。

昨日の会は、お子さんの調子が好ましくなく欠席された方が多数いらっしゃいました。
大人でも大変なコロナ禍、敏感な子供たちが体調を崩すのも無理はありません。

7月15日不登校.jpg
私を含め4名で茶話会を行いました。
画像は以前のものですが、机椅子の配置は同じで、70〜100名位入る部屋を使わせていただきました。


お子さんの様子を窺ったり、ご自身のことを伺ったり、主に振り返りをしながら、更に今後のことを話会います。

不安な気持ち、嫌な気持ちをその場に出して頂き、そのまま置いて帰って頂きます。
そして、未来に向かって好ましい状態についてお話をしていきます。

本当は何を望んでいるのかな?
優先順位は?? 
ご自身はどんなお母さんになりたいの? 

色々と気づき合い、話をしながら大切な時間を過ごしていきました。 

参加してくださった皆様のご感想は以下の通りです。
気づきや感想などを書いてくださっていますのでご覧になってください。

・自分の話を聴いて頂いて、助言をしていただき心の整理をして、また1か月活力がたまりました。 ありがとうございました。

・就職まで考えて高校は決めた方がよい。することでよいことがあるかも?と前向きな言葉をかけるとよい。私は脅して動かせた様な気がするので、気を付けて言葉かけをしようと思いました。

・久しぶりに参加しました。ホット落ち着いた気持ちになりました。


参加してくださった皆さまありがとうございました。
まだまだこちらも未熟ですが、一緒に成長していきましょう。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント