CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人らぽーる*発達障害・不登校の子どもと家族の居場所作り*

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


新型コロナ流行でのお家の過ごし方 [2020年05月21日(Thu)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

広島県では緊急事態宣言が解除されたものの、まだまだコロナウイルス感染予防に気が抜けない日々が続いています。

手洗いうがい、3密を避ける・・・必要以外に外出しないなど
みなさんは、新しい生活様式に少しずつ慣れていらっしゃるでしょうか? 

発達に凸凹のある人(子ども)は変化に対応することが苦手な人が多いことはご存じかと思いますが、それを周りの人に理解されず苦労されている保護者さんも多いかと思います。

気持ちをコントロールすることが得意ではないタイプの人も多いですし、今の生活で起こる様々な感情を整理したり対応したり・・・さらには気づくことも難しいかもしれません。


今回は、国立特別支援教育総合研究所さんのメールマガジンで紹介されていたサイトをシェアさせて頂きます。
お知り合いなどにも見て頂くことで(無理強いは禁物)、しんどさの理解を深めてもらえるきっかけとなるかもしれません。

【信州大学教育学部】
新型コロナ流行でのおうちの過ごし方
-知的障害と自閉症のあるお子さんのいるご家庭へ‐

https://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/education/news/news/post-30.php 
(信州大学教育学部さんのホームページにリンクします)


残念なことですが、暫くの間このような状態が続くかと思います。

まずは自分から!!
皆さま一人一人が心穏やかに過ごせるコツを見つけられて生活されてくださいね。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント