CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人らぽーる*発達障害・不登校の子どもと家族の居場所作り*

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


「不登校」電話相談を行いました  [2020年05月20日(Wed)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。 


緊急事態宣言の解除により、広島県内の公立学校でも子供たちの登校が始まりました。
それぞれ市町村によって、登校の仕方は違っているようですが、元の生活に少しずつ戻っているようです。

さて、今回すべての子ども達、緊急事態宣言により学校をお休みしていました。
そのような環境、学校に行きづらかった子供たちも、自分のことを意識せずお休みできていたのですが・・・ 


宣言が解除されることにより、
同級生たちは元の生活に戻っていき登校していきます。

しかし学校に行きづらい子ども達は、
学校に行きづらいままです。


ステイホームしていた間は、
皆と同じだから安心できていたのだけども・・・・・

他のお子さんが学校に行き始めると 
保護者の方は、「うちの子だけ学校に行っていない、行けない」と不安が出てくるようです。  

おそらく、学校に行きづらいお子さんをお持ちの多くの保護者の方が似たような思いをお持ちではないでしょうか?

0001.jpg


少数派の定めと言いますか
決して学校に行けないことが悪いわけではないのですが 

不登校だけでなく、多数派の世界では
どのようなことについても、少数だと不安になりますよね・・


こんなときには、同じような環境にいる皆さんが集まっておしゃべりすることで、不安も吹っ飛ぶのでしょうが。現状では、対面での茶話会は開催できませんでしたので、お電話でお話を聞かせて頂きました。


不安な気持ち・・・・・
今すぐ解決することではないかもしれないけれども・・・

ほんの少しかもしれませんが、気持ち楽になって頂けたかな??
今何をしたらよいのか・・・・気づいて頂けたかな? 

 
来月は対面での茶話会を予定しています。
会場でお会いできることを楽しみにしています。  
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント