CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人らぽーる*発達障害・不登校の子どもと家族の居場所作り*

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


高校卒業程度認定試験の受験案内が届きました [2020年04月08日(Wed)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

昨日安倍首相が緊急事態宣言をされましたね、日々感染者が増えている現状のなか、私たちは何をすべきなのか・・・・(手洗い消毒、マスク着用、3密を避けるなど)考えながら生活していきたいものです。

一日も早い終息を祈るばかりです。


さて、今日は不登校のお子さんを育てておられる保護者の方にお知らせです。 

広島県教育委員さんが、らぽーるに高校程度卒業程度認定試験の受験案内を送ってくださいました。

必要な方ご興味のある方はお声をかけてください。 

この高校卒業程度認定試験に合格すれば、大学の入試も受ける事が可能となりますし、就職する際、高卒程度=高卒として応募することも可能となり、これで職業の幅が広がります。 


広島県教育委員会のHPに解りやすく説明したものがありますので添付しておきます。  
高等学校卒業程度認定試験とは
高等学校卒業程度認定試験は,高等学校を卒業していない等の理由により,大学等の受験資格がない方に対し,高等学校卒業者と同等以上の学力があるかどうかを認定する試験です。合格者には大学・短大・専門学校の受験資格が与えられます。また,高等学校卒業者と同等以上の学力がある者として認定され,就職,資格試験等に活用することができます。

なお,詳細については,文部科学省ホームページを御覧ください。(広島県教育委員会HPより抜粋) 
※文部科学省のHPのリンク先も貼っておきますのでご興味のある方はご確認ください。 
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shiken/


悲しいかな、よのなか子どもの数は減っているにも関わらず、不登校の数は増えています。
どうしてなんでしょうね??? 


大人の社会も過ごしにくい社会になった現代
子ども達にとっても過ごしやすい社会ではないのかもしれません。


我が家の子どもが不登校となった十数年前は、まだまだ学校に行けないことが珍しく、通信制高校も少なかった。 

8年前かららぽーるの活動しながら、不登校の数が増えていること。
少しずつ集団に入れない子ども達の低年齢化が進み、小学校や幼稚園(不登園)が増え続けていること。 


不登校が良いとか悪いとかいうのではなく、それが現状であること
しっかりと現状を受け取ることが大切だなと実感しています。


子供たちが、健やかに成長できるように!!  
そのひとつに、子供たちが色んな体験をする場が必要なのではないか? 

学習支援の場も一つ

昔はらぽーるでも学習支援を行っていましたが現在は行っていません、他の団体さんをご紹介しますので、ご希望の方はご連絡ください。 

他にも体験できる場所として、らぽーるでは子ども活動を行っています。
学習が好きな子ばかりではありませんし、学習だけではなく別の体験も大切だと思っています。 
 
今は回数が少ないのですが、これから増やしていけたら良いと思っています(コロナが落ち着いたら)楽しみにしておいてくださいね!


これからもらぽーるで出来ること、
学校に行きづらい子ども達や発達に凸凹のある子ども、そのような少数派の子ども達が幸せな人生を送るために、その子にあったサポートを目指していきたいと思っていますので応援よろしくお願いいたします。 
Posted by 長尾 at 12:00 | この記事のURL | コメント(0)
コメント