CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人らぽーる*発達障害・不登校の子どもと家族の居場所作り*

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


最新記事
月別アーカイブ
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
検索
検索語句
【通信2018. 7月ひきこもり】ボクたちのことをボクたち抜きで決めるな!の話 [2020年06月22日(Mon)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

月曜日になりました。 
毎週月曜日は過去のらぽーる通信に掲載されたエッセーをお届けしております。
本日も聞風坊さんのエッセーを続けて掲載させて頂きますね。

ボクたちのことをボクたち抜きで決めるな! の話  聞風坊

皆さん、こんにちは。梅雨入りした日本のひなた・南国宮崎から、当事者や心理職の立場から率直な発信をしている聞風坊(もんぷうぼう)です。

さて今回は、個人の意思を尊重するお話です。

不登校やこもっている人と話をしていると、自分の気持ちを大事にしてもらえなかった経験が必ずといっていいほどあります。

それは、家族や先生やその他親密な人が、以下のように関わった経験です。

将来は公務員か正社員がイイと思うよ。

そうできないことばかり考えるんじゃなくて前向きにね!

あの子と付き合うのはやめた方がイイと思うよ。

泣いてる場合じゃないでしょ、しっかり頑張らないと!

または、大事なことに関わらせないという形をとることもあります。

子どもだからあなたには分からないのよ。

君には話してなかったが来月引っ越すことになったんだ。

あ、願書出してきたから。

自分のことなのに。家族のことなのに関わらせてもらえない。

意見すら言えない。

こんな風に、日常的に大事にされない、価値を置かれていない扱いを繰り返し受け続けると自尊感情や自己有用感はとても低くなります。
ひょっとしたらゼロかも。

Nothing about us without us. 
私たちのことについて、私たち抜きで決めるな!

というスローガンがあります。

自分たちを軽んじてきた人たちや社会から、自分たちの、人として当然普通の権利を取り戻すための運動で使われているスローガンです。

不登校やこもる人は、この熱いスローガンを胸に秘めて、黙ってそこにいるかもしれません。

あなたについてのことだから、あなたを抜きに決めません。

あなたの意思をなにより大事にしてあなたと一緒に決めていきます!

不登校やこもる人と関わる人は、このスローガンを胸にするといいかもしれません。

hair_all_back_man.png


◎地味に更新してる聞風坊のブログもご覧下さいませ。
 http://monpubowblog.miyachan.cc/ 
著作:『こもって、よし!』、『「親」を育てる「ひきこもり」』&『関わることを考えよう ボクたちはこうしてほしいんだ。』。購入ご希望の方はブログまでご連絡を。


コメント