CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人らぽーる*発達障害・不登校の子どもと家族の居場所作り*

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


最新記事
月別アーカイブ
<< 2021年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
検索
検索語句
【活動報告】発達障害・不登校 小栗正幸先生講演会(1)R1.12.22 [2019年12月31日(Tue)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

22日に開催した小栗先生の講演会、事業報告書ができあがりましたので、ご報告をさせて頂きたいと思います。

数回に分けて、講演会や相談会の様子も書いておきます。
(なお詳しい講演内容については、お金をお支払い下さりお忙しいなか、わざわざ講演会に足を運んでくださった方の気持ちを大切にしたいので掲載は控えます。
どうしてもお知りになりたい方は小栗正幸先生のご著書を読まれてくださいね。

事例が色々聞けるのが講演会の良いところです、先生のユーモアあふれるお話も講演会ならではのものです。 それについては、ご感想によりご想像ください)

0001.jpg

令和元年12月22日 10時から講演会 

「支援・指導の難しい子を支える魔法の言葉」
〜支援に用いる対話法の基礎〜 

講師は特別支援ネット代表の小栗正幸先生


小栗先生のご経歴を掲載させて頂きますと
所属等:京都府教育委員会専門チーム委員、三重県教育委員会事務局特別支援教育課発達障害支援員スーパーバイザー、四日市市教育委員会教育支援課スーパーバイザーなど。学会での役職:一般社団法人日本LD学会、代議員、編集委員など。
略歴:法務省に所属する心理学の専門家(法務技官)として、犯罪者や非行少年の資質鑑別に従事し、京都、大阪などの少年鑑別所や成人矯正施設に勤務した後、鳥取少年鑑別所長、宮川医療少年院長を経て退官。現在は各地の教育委員会、学校、福祉関係機関、発達障害関連の「親の会」等への支援と、トラブル対応を中心にした研修を行っている。専門領域は思春期・青年期の逸脱行動への対応。
著書:『発達障害児の思春期と二次障害予防のシナリオ』『ファンタジーマネジメント(“生きづらさ”を和らげる対話術)』『支援や指導のむずかしい子を支える魔法の言葉』など多数


ご存じの方も多いかと思いますが、全国の教育委員会や特別支援学校などのご講演はもちろんのこと、発達障害支援センターや親の会などでもご講演をされておられ、お願いしてもスケジュールがいっぱいで日にちを取って頂くことが難しい状態の先生です。 

今回のご講演は、今年2月らぽーるでご講演を頂いたとき、お願い(予約)をしていて実現したものです。

 1年半で、らぽーるには5回ご講演を頂いております。 

79918194_2424120064365340_7213701429683290112_n.jpg

今回は午前ご講演、午後からは交流相談会と二部に分けて開催させて頂いておりますが、そこには意図をもっております。

朝の講演会は「初心者の方にもご理解いただけるように」とお願いをしていましたので初めての方も分かりやすかったのではないでしょうか? 

先生のお話は笑いが多いこと、事例が多いことで、関わっておられる子ども・大人と照らし合わせて聴いて頂けると、腑に落ちてスッキリされるようです。
また関わっている子供たちと少し違っても、「そうなんだ〜」と納得できる。 

論理的なことばかりではないので、楽しく?と言っては変ですが、あっという間に時間が過ぎていく感じです。


また最近の流れとしては、
小栗先生に呉に初めてお越しいただいたときは、保護者さんの参加がほとんどでしたが(平日開催だからもあるでしょうが)、少しずつですが支援者さん(児童デイサービスや学校の先生方)が多くなっています。 

今回の保護者さんの比率は全体の2割強でした。 
今までだと半数以上が保護者さんだったので・・・先生方にご興味を持っていただけることは、とても有難いことです。 
らぽーるの活動も広がっている証拠かな?と少し喜んでいます。

また当然、参加されている方達で会の雰囲気を作り出すので、今回は今まで以上に固い?雰囲気でした。  保護者さんばかりだと何故かしら柔らかくなるのですが・・・
どの様な方が参加されるのか申込の際には尋ねないため、蓋を開けてみないと解らないのですけどね。今後も講師の先生や内容、開催曜日によって変わってくるかと思います。


長くなりましたので、頂いたご感想は次にしたいと思います。
お読みくださり、ありがとうございました。 


Posted by 長尾 at 20:00 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
コメント