CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 先日の晩ご飯 | Main | 観に来て下さい。 »
<< 2022年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
近き者説から[2014年07月14日(Mon)]
少し前だったと思いますがTV観ていて、道の駅の話題をしていました。

その中で、取り組みの考えとして「近き者説(よろこ)び、遠き者来る 」の説明をされ心に伝わってくる内容がありました。

紹介しますね。
『近き者説(よろこ)び、遠き者来(きた)る』
葉公が孔子に政治の要諦(ようてい)を質問した
孔子がいうには
「近くにいる民が喜び幸せである
すると、遠くにいる民もそれを聞いて集まってくる」
そのようにするべきです
身近な人や、自分の周囲にいる人を幸せにできない人は
遠くの人を幸せにすることはできない
会社なら、社員、スタッフ、取引先、地域の人達
身近な関係を後回しにして
遠くの人の面倒をみていては繁栄はない
まず、やるべきことは、身近な人を喜ばせ、幸せにすることだ
「社長の仕事は、お客様を喜ばせる前に、社員を喜ばせること
すなわち社員第一主義、顧客第二主義」
(破天荒より)
というのは、サウスウエスト航空の有名な話
周囲の近き人が喜んでくれ、幸せなら
その人が必ずまわりに幸せを伝えてくれる
本当の笑顔が出て
幸せや喜びの輪が自然に周囲に広がる

原点を忘れてはいけないと思いました。


Posted by 投稿者 ようこ at 17:02 | 感じること | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/rangu/archive/972
コメントする
コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 らんぐ・ざーむさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/rangu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/rangu/index2_0.xml