CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

Sexuality 夜話 @仙台

地域の多様なセクシュアリティの人たちの談話会
セクマイ夜話のお知らせと、
世話人:小浜耕治の、
セクシュアリティ・人権関連のお話を発信します。


同性パートナーシップ制度は街の飾りじゃない [2018年08月29日(Wed)]
神奈川県の横須賀市は、多様な性について早いうちから施策を展開してきた自治体です。その横須賀でも同性パートナーシップ制度導入をと当事者団体が要望に行った際、「制度のある自治体に引っ越そうとは思わなかったのか?」という質問が自治体職員からされたということです。

嫌なら出ていけと言われてるようで、というニュアンスで伝えられていますが、「先進自治体横須賀市」ですから、そういう悪意ある発言ではないでしょう。突っ込んだ会話の中、ちょっと不穏当な言葉になってしまったというところでしょう。担当課は不適切であると認識し、ちゃんと謝罪しています。

でも、少なからず違和感が残ります。担当課長のコメントは「引っ越そうとは思わないのはなにか制度に不備不満があるからではと思い云々」とあります。やはり、制度があるところに引っ越したいだろうになぁ、という認識はあるようですね。それって変じゃありませんか?

東京のように基幹自治体が入り乱れてるところですと、あっちへこっちへファッショナブルにお引っ越しもするかもしれませんが、住む場所を定めるってのは本来そんなにシングルイシューでもないはず。この街に住んでいきたい、だからこそ制度が必要だ、という順番のはずです。

「配慮欠く発言」と記事にされた背景には、LGBTという特別な人たちのためにパートナーシップ制度という特別の恩恵を授けてあげよう、それを街の魅力として売り出せる、というおかしな誘導があるように思います。


LGBTは単に多様な性のあり方が典型的でないというだけの人たちで、ごく普通に隣で暮らす市民の一人です。おしゃれな街のアクセサリーじゃない。

同性パートナーシップ制度は、恩恵で授けられるものではなく、制度の不備を補完するための苦肉の策。婚姻の平等において、欠けているものを回復させるためのステップです。魅力が、とかいう次元ではなく、少しでもマシになるようにという、そこに住む人の思いが実現させたものではないかと思います。

住んでいる仲間と共に、なくて困っている制度を埋めて少しでも暮らしやすくしてゆきたい。そんな思いを重ねて前に進んでいきたいわけなのです。


この街で暮らしてゆきたい。
暮らしてゆける街を作ろう。
私たちもそのまちづくりの担い手となろう!
ということです。
多様な性の当事者は、共に住み良い街にしたい当事者なのです。

LGBTへの配慮欠く発言で謝罪 | NHK神奈川県のニュース
https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20180829/1050003800.html
敵味方の二元論を越えて [2018年08月12日(Sun)]
男女二元論、当事者と非当事者、右翼と左翼、カミングアウトとクローゼット……
世の中二元論で言いっぱなしが溢れていて、すぐに敵味方を判定したがる。
画像は拾い物に基づき作成の都市伝説。
DSC_0042.JPG

民主主義は多数決と少数意見の尊重って習ったでしょう?勝ち負けがすべてを決めるものではないし、そもそもの民主主義が成り立つ、個人主義と人権の尊重というルールがある。人権を制限するのは人権なのだけれど、それを判断するのは数ではなく命に関わるなどの深刻さな訳で、その尺度はこれまた多様です。
そのようなのだから、その時その時の価値判断を、自立した個人に委ね、たくさんの自己決定された判断の積み重ねが、なるべく人の足を踏まない成熟した社会への成長に繋がる。

これが通用しないナントカ主義が結構あって、そっちの方がより単純で、現実を見つめる丁寧さを放棄した人には魅力的に見えたりするのでしょうね。まあ、それにもピンキリですが、ほとんど都市伝説を楽しむ娯楽と同等に社会の動きを語られるのを見ると暗澹とします。
二元論は分かりやすいのですが、成長は苦手です。弁証法ってあるでしょ。二元論をどう越えていくかというテーマはけっこう昔からあります。
最近流行りの二次元で4つの領域を可視化するやり方(名前教えて……)にしても、二つの軸以外の要因が領域を越えていくのに作用していないかとか、そういう整理をしていくためのもの。図式化は思考のツールであって、それを社会そのものと勘違いしないでほしいです。
DSC_0044.JPG

記述しきれない間にあるもの、それが現実の社会の変化を見つめる鍵になります。
男と女の二元論にこぼれる多様な性とか、そういう話な訳です。右翼と左翼の間には中道というのがあって、微妙に繋がってるところをとりあえず線引きして政党とか作ってますけど、政権交代や政界再編とか、時代によって流動するもの。時にそれは右左の軸さえ変容させます。

間とか、記述しきれないものを提示できるかがとても大事。SNSの世界でも、そういう間の声がたくさん出てきて、新しい気付きを与えてくれると良いのになぁと思います。
ネットは現実と繋がっていて、と言うか、現実の一面の切り口でしかないわけで、その現実に根差したあれこれが感じられる、そういう発信をしている人と繋がりたいし、そういう発信を心がけたい。どう生きているかに真摯に向き合い、経験により変化したリアルな生を、たくさん積み重ねていきたいです。
Posted by 小浜耕治 at 13:25 | 人権 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
マイノリティであることを代表できるのか? [2018年08月12日(Sun)]
どんなマイノリティでもそうですが、当事者が「代表性」を持つ危うさというのは、常に意識されなければならないです。
私が感じたことは私のこと。誰かのことや、たくさんの当事者のことではない。個人として責任を持って発信できるのは、基本その人が経験したことです。
しかし、社会に訴えていくためにはある程度の束となる必要もあって、そのために団体をつくって、そのメンバーの声を背負っていったり、調査を行ったり、いろいろ活動をする。自分がよって立つコミュニティがないと、なかなか自信を持って主張することはできません。

「活動家が勝手な事いってる」みたいなボヤキが、一部で流行しているようです。ボヤくだけなら、五月蝿いくらいですむのですが、時々足を引っ張る行動に出る事があり、とても困る事があります。完璧でないにしても、より良いものを作ろうとして、各方面コンセンサスを得て、積み上げたものを、地獄の鬼よろしく足蹴にする。どっと疲れます。

もちろん、完璧ではないので批判は受けるべきですし、忌憚ない声はとてもありがたいものです。意見がぶつかる事もあり、必ずしも合意に至らない場合もある。場合によってはこれはダメだとストップをかけたり、生じるかもしれないリスクを引き受けて決行したり、組織としての判断を行います。

こういうのは、社会的にはコンセンサスを得られている方法だと思います。リアルでどのような過程を踏んでいるのかはネット上ではなかなか見えませんが、どういう努力を重ねているかには想像力を働かせて欲しいなぁと思います。

一方で、活動するからには「組織は何のためにあるか」とか「責任を負うとはどういうことか」とか、社会的存在として求められるものはたくさんあります。一つ一つクリアするのは手間がかかりますが、こうした積み重ねが周囲との信頼関係の構築につながります。積み上げて、信頼を得て、自信をつけて、必要な発信をしていきたいと思います。
Posted by 小浜耕治 at 13:13 | 人権 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

Sexuality 夜話 @仙台さんの画像
https://blog.canpan.info/rainbowyawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/rainbowyawa/index2_0.xml