CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

Sexuality 夜話 @仙台

地域の多様なセクシュアリティの人たちの談話会
セクマイ夜話のお知らせと、
世話人:小浜耕治の、
セクシュアリティ・人権関連のお話を発信します。


「仙台プライドジャパン」と小浜の関わりについての経過説明 [2019年09月23日(Mon)]
「仙台プライドジャパン」と小浜の関わりについての経過説明

杉田水脈のパーティーに出た、なぞの一般社団法人代表のゲイバーのママが仙台にいると聞いたのは、TRPのすぐ後でした。東京で起こっている面倒な対立とかとは、遠目に眺めていられたのが仙台の平和なところだったのですが、なんだかそんなお気軽でもいられないだろうなと思いました。そしてそのすぐ後に、「パレードやりたいっていってるゲイバーのママが会いたいって言ってる」と連絡が入り、会うことになったのが5月下旬。まあ、会ってみると人の良い姐さんでした。話題になっているあれこれにしても、はずみで出かけていったら巻き込まれたという類のもので、継続した深い関係があるわけではない。いろいろ憶測で書かれて困っているなどで、今回のイベントが外側から紐付けされているものではない、ということはわかりました。

その頃には、各団体にブース出展の申込書が送付されていました。しかし、イベント自体の趣旨や内容について、主催団体がどのような団体なのか?といった説明はなく、また、これらの情報を得られるサイトなども皆無でした。これは理解が得られないだろうということで、改めて主催者の説明とイベントの趣旨、開催に対する思いなど、明記した手紙を送るべきだと主張しました。
政治色の無い、LGBT活動家で無い一般LGBTのための、など、物議を醸している表現はその当時から謳っていたので、その点に関する疑義はしっかり伝えました。政治的とはどういうことか?政治的でなくなることなどありえず、パレードをすること自体が政治的だということ、LGBT活動家とは誰で、どんなことをしている人たちを示しているのか?私はそこに入ってるの?私も含めて超党派で動いている活動家はいくらでもいるけど、そういう人も「特殊」とされる中に入るの?そんな話もしました。
そして「仙台プライドジャパン」というネーミングについても、「これじゃあ、日本大好きを仙台からって読めるよww」と、センスと大風呂敷加減について指摘をしました。この名前はインバウンドのためだということです。レインボーパレードというのは和製語で、プライドが世界標準。日本の仙台に外国からたくさんの人が来てお金を落としてくれる。それが震災からの復興につながる。そのためには日本の仙台で開かれるプライドイベントというネーミングが必要だと主張されました。それは変でしょうとは反論しましたが、変えるつもりはなかったようです。

主催者と話をした後に、知り合いの団体から「こんなのが送られてきたんだけれど」と、疑義が示されます。全国的な大きな団体からも、地元の団体からもでした。これはちゃんとした情報を出さなければダメだと思い、「手紙」を早く送るようにと促しましたが、その時は私はにじいろ協働事業のせんだいレインボーDay直前でしたので、会いに行って説得するとかの余裕はありませんでした。後でわかったのは出展を申し込んだ団体にだけ送ったようでした。一体何を聞いてたんだと思いつつ、送った手紙を見たら、当初言っていた「政治色の無い」「一般LGBT」ということをそのまま書いてあるじゃないですか。そしてそれは、HPを開設した中にもばっちり書いてあります。顔合わせのときの話は何だったのか?何も聞いてはいなかったのか!と、心底がっくり来ました。
せんだいレインボーDayが終わった後、ボランティアのみんなが「どういうイベントをしようとしているのか?」と、東城氏のお店を訪れました。そして、小野寺真氏と共に、再度東城氏と話しをしました。スピーチを依頼されたのはその時です。司会をどうするか?決められておらず、地元にいて仙台のことを良く知る人が良いとなり、佐々木ジャッキー氏と小野寺氏のダブル司会でいけるのでは?という話になりました。そして私からは、趣旨についての質問をインタビューにして発信すること。「政治的」や「活動家」「一般LGBT」等について、その本意を詳しく聞き取る約束を取り付け、その結果いかんでスピーチを引き受けると言いました。

インタビューは、打合せを行った後、双方が一定の合意に至ったやり取りをツイートしあうという形で公表しました。それを下記ブログにも再掲してあります。
https://blog.canpan.info/rainbowyawa/archive/39
ここで、引き出せたのは、主に次の点です。
1 日本LGBT機構とはどんな団体なのか?
2 杉田水脈議員のパーティーへの出席・スピーチの真意と、現在の交流について
3 ヘイトによりさらに当事者が傷つくことの無いようにしてくれるのか?
4 「政治色の無い一般LGBTが楽しめるパレード」とはどういうものなのか?
5 政党との関わりについて
これらを7月30日と8月2日の2回にわたって聞き、公開しました。さらに震災からの復興との関わりについてのインタビューを予定していましたが、イベント運営の準備で忙しく、それは実現しませんでした。これらについては、私が求めたいことについての文章を公表し、配慮をお願いしました。
https://blog.canpan.info/rainbowyawa/archive/41
このインタビューで
★日本LGBT機構は地元仙台の団体であること。
★杉田水脈との関係は現在なく、来場はありえないこと。
★ヘイトから参加者を守ること。
★政治色のないというのは党派的対立があおられることの無いという意味であり、政策的・政治的なアピールを排除しているものではないこと。
★LGBT活動家と、バーなどを利用するLGBT当事者らとは地続きであり、
それよりも配慮しなければならないのは、未だ孤立している多くの当事者であること。
これらを確認し、同意を取り付けることができたと思っていました。

商業イベント「仙台プライドジャパン」にはプライドなど存在しない〜サイトにて
(現URL http://spjhasnopride.org/ )
「仙台プライドジャパン」への公開質問が8月19日になされました。期限を越えていましたが回答がなされ、9月5日に公開されます。東城氏はイベント準備で多忙となる中でしたが、質問の内容はもっともなことでしたので、きちんと答えるようにと促していて、回答がなされたことには一安心でした。しかし、9月7日にファクトチェックが出され、回答に対して評価がされると、東城氏はツイッターの公式アカウント上でこれをストーカー呼ばわりし非難します。私はこの大事なときに何を反発しているのか?!と指摘し主催者としてふさわしい発信をするように言いましたが、聴く耳を持ちません。

イベント当日朝に毎日新聞で「東北初」という誤報道が出たことを知り、プレスリリースに何を書いたのか示すよう促しましたが回答はありませんでした。当日ですから、無理もないかと思い、私のスピーチの中で、東北初は誤報道であり、青森や岩手のパレードがあったということを伝えました。誤報道に関し、まず謝罪すべきは主催者です。イベント終了後にそのことを強く迫りましたが、結果はまた公式アカウントからの不適切なツイートでした。主催者としての自覚もなく、感情に任せて、また自己保身を図ろうとする姿勢に、謝罪は不可能と判断せざるを得ませんでした。そして私は9月22日に
「仙台プライドジャパン」に対する小浜の責任 
https://blog.canpan.info/rainbowyawa/archive/43
これを公開し、これまで関与を続けてきたものとしてのお詫びを述べさせてもらいました。

さて、今回の顛末ですが、問題の本質はどこにあるのでしょうか?歴史の無視や政治に関する不見識などはありますが、それよりも公共的なイベント開催としてはあまりに不適切
「ひとりよがりな運営」ということであったと私は考えています。
様々生じた問題点は、すべて東条氏に起因するもので、いわば、「仙台プライドジャパン」を私物化して、「自分の好きにやらせろ」とでも言うような横暴が通っていたという点です。そして、組織的に発信する情報について確認・合意を取るという過程を行っていないようです。結果、東城氏の思い込みによる空虚な言葉が並ぶことになります。私は党派性の無いイベントになるとは考えていませんでした。党派性が煽られることなくLGBTに関する地域の課題が政治的に主張され、市民の理解を仰ぐものとなるはずだと、最後まで期待していました。しかし、主催者から何も主張することはなく、何のパレードかもわからないような形で終わってしまいました。何をなすことができて、何がなされなかったかについて、主催者には総括して説明する責任があると考えますが、もうこういうことは期待できるものではないと考えています。

公共的なイベントを行うには、多くの当事者、多くの市民につながるメンバーが主体的に議論に加わっていける運営体制が求められます。また、その経過について、出資者や協力者に示す責任があります。どのような趣旨であるのかを示し、どのように参加できるのかを示し、広く協力を呼びかけていく。そうして初めて市民が作り上げたパレードが実現します。どれだけの人から共感を得られたか?を自己評価し、もっと共感を得て目的に向かっていけるのかを総括する必要があります。

私も共同代表となり、「にじいろCANVAS」というグループが立ち上がりました。来年、このグループで、宮城からの「プライド」を示していけるイベントを開催できたらと考えています。10月にはキックオフミーティングを行い、どのような形のものをどのような方法で実現に向かうかをお示ししたいと考えています。ご協力をいただけましたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。
Posted by 小浜耕治 at 17:42 | この記事のURL | コメント(0)
コメント
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

Sexuality 夜話 @仙台さんの画像
https://blog.canpan.info/rainbowyawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/rainbowyawa/index2_0.xml