• もっと見る
NPO法人レインボーハウスのブログです。
レインボーハウスでは、「3つの柱」を大切にしながら、不登校・ひきこもりの子ども・青年が過ごす「居場所」を開設したり、保護者や家族が思いを出し合える交流会を開催したりしています。

「3つの柱」とは?

@子ども・青年が、自分の人生を自分でつくれるように
「自分の人生の主人公に自分がなる」「自分の人生のことを自分で決められる」と言ってもいいと思います。
周りの人に支えてもらったり、助けてもらったりすることも自分で決められるということなので、自己責任とは違います。
⇒「レインボーハウス」という不登校・ひきこもりの子ども・青年の「居場所」を開設しています。原則として、火曜日と土曜日に開設します。開いている時であれば、いつ来てくれても、いつ帰っても、何をしても、何もしなくてもいい所です。

A親が「孤軍奮闘」しないように
子ども・青年が学校や外に行きにくい状況になると、親や家族もその子どもや青年のことは話しづらい状況になります。誰とも話したくない時は、1人で悩んだり考えたりする時間も大切です。しかし、「誰かに相談したい」「話しを聴いてほしい」のに、「話せる人がいない」「どこに相談していいかわからない」から話せず、「私がどうにかしなければ」と1人で背負い込む中では、状況の好転にはつながりにくいと考えています。
⇒親や家族で話し合う「親同士の交流会」を原則毎月1〜2回開催しています。また、スタッフと個別に話す「個別相談」も、レインボーハウスで取り組んでいます。

B地域を「居場所」に
不登校やひきこもりに限らず、子ども・青年やその親がおかれている状況は、厳しさを増していると感じています。その厳しい現状を知っている方を地域に増やすことが、子ども・青年やその親を見守ってくれる人や支えようとしてくれる人を増やすことにつながります。見守ってくれる人や支えようとしてくれる人が多い地域は、不登校・ひきこもりの子ども・青年に限らず、どんな人にとっても暮らしやすい地域になるのではないでしょうか。レインボーハウスという点だけを「居場所」にしていくのではなく、地域という面を「居場所」にしていくことを目指しています。
⇒レインボーハウス主催の講演会を開くと共に、様々な場でお話させて頂き、子ども・青年やその親がおかれている困難な状況やレインボーハウスの思いを発信していきたいと考えています。お話させて頂けるなら、どこでも可能な限り行かせて頂きます!
※これまでに、各地の親の会だけでなく、家庭裁判所・調査官の方や教員の方、主任児童委員の方の研修、大学や専門学校の授業、福祉施設でもお話させて頂きました。

レインボーハウスの活動・取り組みに関心のある方がおられましたら、お問い合わせ下さい。ご希望の方には、無料で資料を郵送させて頂きます。

特定非営利活動法人(NPO)法人 レインボーハウス
住所: 〒649-6339 和歌山市弘西232
電話: 073-462-3060 (FAX兼)
Eメール: rainbowh@naxnet.or.jp

よろしくお願いします。


掲 示 板

2014年3月 大阪健康福祉短期大学・紀要掲載
「登校拒否・不登校の居場所ー施策と現場実践を通してこれからを展望するー」


ニュース和歌山2014年4月26日号掲載 和歌山よくする法案
「毎月1回、お母さんの休日を作ります」


不登校・ひきこもり応援マップ2012−13(PDF)

※「不登校・ひきこもり応援マップ2012-13」は、和歌山県内で不登校・ひきこもり支援に取り組まれている支援機関・団体の中で、公開を許可して頂いた支援機関・団体の活動内容や連絡先等の一覧です。ご活用下さい。


連載コラム『不登校・ひきこもりに伴走して』(全10回、PDF)
※2007年にニュース和歌山で連載させて頂いたコラムです。

@ 息切れした子どもたち
A 来てくれることが大仕事
B 話したくなったから話す
C 自分で得られた自信
D いろんな参加があっていい
E 自分を大事にしていいんやで
F けんか大歓迎、お笑い大歓迎
G ギラギラしないように
H 「補給基地」を足がかりに
I 孤軍奮闘しないで下さい

※連載コラムなど掲載の文を読んで下さった方へ
 よろしければ、ご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
 Eメールアドレスは、 rainbowh@naxnet.or.jp です。


2014年度 WAM助成事業完了報告書(PDF)

2013年度 文部科学省研究委託事業 報告書(PDF)

2013年度 通常総会ご報告(PDF)


<関連団体リンク>
※レインボーハウスが、特に推薦しているわけではありません。
 ご利用を考えられている方は、ご自分でお問い合わせをされるか、実際に行ってみて、お確かめ下さい。

総合進学塾ABEL(アーベル)
 
 不登校の子どもへの対応もされているそうです。
« 2024年04月 | Main | 2024年06月 »
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
2024年 6月 レインボーハウス予定[2024年05月31日(Fri)]
台風の影響もあり、雨の日が続いています。
このまま梅雨入りするのでしょうか。

前日の掲載になってしまい、直前のお知らせで申し訳ありませんが、2024年 6月レインボーハウス予定などのお知らせです。


◎2024年 6月のレインボーハウスは、火曜日(11日はお休み)の10:00〜15:30と毎週土曜日の10:00〜16:00に開いています。よろしくお願いします。


※保護者の方へ
2024年 6月のレインボーハウスは、火曜日(11日はお休み)の10:00〜15:30と毎週土曜日の10:00〜16:00に開いています。よろしくお願いします。

詳しくはレインボーハウス発行の行事チラシを見ていただくか、レインボーハウスにお問い合わせ下さい。

< お知らせ >
これまで、利用して頂いた回数に応じて「運営協力費」として利用料を頂いておりましたが、2024年 4月より「運営協力費」を廃止し、子ども・青年の居場所を無料で利用して頂けることになりました。
詳細につきましては、「レインボーハウスからのお知らせ」チラシか当ブログ「レインボーハウスからのお知らせ」記事をご覧下さい。
ご寄付など可能な方法で運営を支えて頂ける方が増えれば増えるほど、レインボーハウスの運営を長く続けることができます。
ご協力よろしくお願い致します。

問い合わせ・連絡先は、レインボーハウスまで。

 TEL・FAX 073-462-3060
 E-MAIL rainbowh@naxnet.or.jp
     rh2022soudan@gmail.com

<不要な商品券や未使用切手は、ありませんか?>
タンスやお財布の中で眠っている各種商品券(百貨店やカード会社発行の商品券など)や未使用切手をレインボーハウスにいただけないでしょうか?いただいた各種商品券や未使用切手については、レインボーハウスで使う日用品の購入につかわせて頂いたり、郵便物の発送に使わせて頂いたり等、レインボーハウスの運営・活動に活用させて頂きます。いただける各種商品券や未使用切手は、レインボーハウスのスタッフに直接渡していただくか、郵送していただけるとありがたいです。

〜 送り先 〜
〒649-6339 和歌山市弘西232
NPO法人レインボーハウス

<物品の御協力お願い>
もし、ご家庭で不要になっていたり余っていたりする「インスタントコーヒー、紅茶、コーヒーシュガーやミルク、お菓子(レインボーハウスのおやつに使わせていただきます)、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、食器用洗剤、コピー用紙(A4)、封筒、黒色ボールペン、セロテープ、ホッチキスの針、ハンドソープ」がありましたら、レインボーハウスにいただけるとありがたいです。

<アルミ缶回収について>
レインボーハウスの運営が少しでも安定するように、アルミ缶の回収をしております。
アルミ缶を軽く水洗いして(更につぶしていただけると助かります)、レインボーハウスまで持って来ていただけるとありがたいです。

お願いしてばかりで申し訳ないですが、御協力よろしくお願いします。
Posted by 土井 広行 at 15:04 | この記事のURL | コメント(0)
プロフィール

特定非営利活動法人 レインボーハウスさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/rainbowhouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/rainbowhouse/index2_0.xml