CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

TEDを見て [2013年11月27日(Wed)]
昨日、録画しておいた、NHKの「スーパープレゼンテーション」をみました。
アメリカTEDを字幕をつけて見せてくれるものです。

ベンジャミン・ザンダー(指揮者)の
The transformative power of classical music
「クラシック音楽には人を変える力がある」というプレゼンテーション。
ベンジャミン・ザンダー.jpg
http://www.nhk.or.jp/superpresentation/backnumber/131104.html

1938年生まれの彼は、もう75歳。
でもほとばしる情熱はすごかったです。
そして、彼のプレゼンを経てからの、ピアノでの彼のショパンの演奏はほかのこと考える余地のないもので、私はすごく真剣に「ミ」が出てくるのを心待ちにしました(笑)

------
The conductor of an orchestra doesn't make a sound. My picture appears on the front of the CD. But the conductor doesn't make a sound. He depends, for his power, on his ability to make other people powerful. And that changed everything for me. It was totally life-changing.

オーケストラの指揮者は何も弾きません。CDジャケットには私の写真は載るけど。指揮者が音を奏でるわけではありません。指揮者に必要なのは奏者にパワーを与える能力なんです。それに気づき、すべてが変わりました。 本当に人生が変わったのです。
--------------

演出家ってまさにそうなんですよね。
本番では何一つ手出しできず、演出(運営者)に求められているのは参加しているメンバーにパワーを与える能力、ということ。
彼の本、アマゾンにありました。みてみたいな。

人生が変わる発想力 (フェニックスシリーズ) ロザモンド ストーン ザンダー
固定リンク: http://www.amazon.co.jp/dp/4775941070

おっと、その前に図書館にないか、見てこなくっちゃ!
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

堤さんの画像
https://blog.canpan.info/quatreleaf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/quatreleaf/index2_0.xml