CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2006年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Lucia Perez
少し幸せになれます (12/22)
沃宗廣
魚バカ三太郎 (03/28)
しん
魚バカ三太郎 (03/25)
沃宗廣
魚バカ三太郎 (03/21)
しん
魚バカ三太郎 (03/19)
沃宗廣
魚バカ三太郎 (02/10)
しん
魚バカ三太郎 (02/09)
沃宗廣
魚バカ三太郎 (02/08)
しん
魚バカ三太郎 (02/08)
沃宗廣
魚バカ三太郎 (02/07)
最新トラックバック
魚バカ三太郎[2006年11月30日(Thu)]
一昨日新宿にあります料理屋さん、魚バカ三太郎に行ってきました。
魚バカさんはお店の名前の通り魚バカでした。出る魚はどれも新鮮でとてもおいしかったです!お店の接客もフレンドリーでとても良かったです。

魚バカさんに行くのが初めての場合はお薦めの料理を紹介してくれます。何でも魚にはこだわっているとのことで、刺身は是非食べてもらいたい一品だそうです。素材にとても自信がある証拠ですね。
素材がおいしいと言えば、実は魚バカさんは魚だけでなく野菜にもこだわっているのです!
野菜のてんぷらと生野菜がありましたが、無類の野菜好きで意地の悪い僕としましては生野菜を食べて一つ酷評をしてやろうと思って生野菜を頼みました。
絶句でした…。なんと取れたての新鮮野菜そのものでした!あれほど旨い野菜はそうそう食べられるものではありません!是非一度ご賞味を。

とここまで素材の話ばかりで「板前さんの腕はどうなんだ」と思われる人もいるかも知れません。
ご安心下さい。僕の持論ですが、旨い食材を見極められる料理人は自然と腕も立ちます。実際、焼き白子や金目鯛の鍋、黄金の鯖寿司などを頼みましたが、もう言うことなしです!
今まで旨い鯖寿司を食べたことがなくて敬遠していたのですが、魚バカさんの鯖寿司で価値観が変わりました。金目鯛の鍋もさっぱりとしていて美味。焼き白子も濃厚でこれまた絶品…。

肉料理が好まれる昨今の若者はさておき、さっぱりとしていて素材の甘みをじっくりと味わいたい大人な方に是非お薦めです!
場所は新宿七丁目にある歩道橋(名前は忘れました…)のそばのコンビニampmの道路を挟んだ向かい側です。JR新宿駅西口から五分です。

魚料理大好き人間もちょっと嫌い人間も次の外食は是非魚バカ三太郎へ!!

                 歯茎が腫れた…  パンダ 沃 宗 廣
経営者会報ブログ東京オフ会で学んだこと[2006年10月20日(Fri)]
先日参加させて頂いた経営者会報ブログ東京オフ会で学んだことを書きます。
「経営者に必要なことは何か?」
1 従業員や会社を引っ張っていけるだけの元気!
2 失敗を恐れない挑戦する心!
3 自己アピールの仕方!   です。

オフ会で経営者の皆様とお会いして、これらのことは経営者として絶対に持っていなくてはならないものだと実感しました。

僕が考えるに、知識なども経営者として持っていなくてはならないと思いますが、まず何よりも自分の夢を叶えようとする硬い決意なるものが必要なのではないでしょうか?社長さんにはそれぞれの信念なるものがあって、その信念があるからこそ経営者として活躍できるのではないかと思います。

先日お会いできた経営者のみなさんは、どなたもが自らの信念なるものをお持ちであることが感じられて、大変勉強になりました。
第二回のオフ会も是非参加させて頂きたいなと、早くも思っている次第であります。

経営者会報ブログ http://gate.keikai.topblog.jp/

    経営者に必要なもの、それは信念! パンダ 沃 宗 廣
経営者会報ブログ東京オフ会[2006年10月18日(Wed)]
昨日東京のアーバンネット大手町ビルにて、経営者会報ブログ東京オフ会が開かれました。
多くの経営者様がご自分のブログを紹介し合い交流を深めるという趣旨のもと行われたものですが、何と!久米先生、日本実業出版の大西さんのご紹介でこの席に参列させて頂くことができました。

日本実業出版の大西さんのご紹介のもと実際にブログを書いている経営者の皆様の自己紹介に始まり、明治大学久米先生の起業プランニング論を受講している僕達学生の自己紹介、そして交流会という流れで会は進行しました。

交流会では多くの経営者の皆様から直にお話をお聞きすることができ、大変勉強になりました。経営者会報ブログでは経営者の皆さんの為になるお話しをお聞きすることができます。興味を持たれた方は是非一度覗いてみて下さい。

経営者会報ブログ事務局の皆さん、このような有意義な会を催して頂き、本当にありがとうございました。

経営者会報ブログ http://gate.keikai.topblog.jp/

経営者の皆様のお話を聞いてモチベーションが上がりました パンダ 沃 宗 廣
台北101〜その4〜[2006年09月02日(Sat)]
こんにちは。今回は台北101の展望台での過ごし方について書きます。
台北101は世界一高いビルということで多くの人が展望台を訪れて景色等を楽しみます。しかし、ただ風景を眺めているだけというのは退屈だと言う人もいますよね。そんな方のために台北101展望台では四方のガラスから望むことができる景色について、歴史的背景等を織り交ぜながら説明をしてくれるツールをご用意しております。貸し出し時に身分証明書等を提示して一人一つ借りることができます。
このツールというのがまた便利なもので、展望台内の柱や壁に記された数字をツールに打ち込んで再生すると、その付近に見える景色についての解説が始まるのです。解説は歴史的建造物や経済的に重要なもの、はたまた市民が使う道路の説明までと様々な話が聞けるのです。
用意されているツールは中国語・英語・日本語と確か三種類であったと思います。ただ景色を見るのではおもしろくないと考える人は是非一度使ってみてはいかがでしょうか?

                    疲労困憊眠りたい… パンダ 沃 宗 廣
台北101〜その3〜[2006年08月25日(Fri)]
さて、今回は台北101で働くお兄さん・お姉さんについて記事を書きます。

台北101は実は国際金融センターとして建てられたもので、屋上展望台と五階までのデパート以外の階は沢山のオフィスがあります。台北101の近くには貿易センター等の経済的に重要な建物も多く、サラリーマンの皆さんが日々奮闘しています。ということで、台北101で働いているお兄さん・お姉さんは沢山いるわけで…、今回はその中でも展望台で観光客に対してサービスを展開している方々をご紹介致します。

エレベーター、展望台で働いている方々はなんと!驚いたことに英語・日本語・中国語等々様々な言語を話せるのです!実は(知人の話によると)台北101の展望台で働くためには多言語を話せることが条件になっているらしいのです。


五階で展望台からエレベーターに乗るために整理券を買ったところキャッシャーのお兄さんが日本語で「いってらっしゃいませ」と声をかけてくれました。ところが一緒にいた従妹には英語で話しかけていました。僕も従妹も驚いてしまって、思わず何で日本語(英語)で話しかけるのと聞いてしまいました。そうしたらお兄さんは「日本人(アメリカ人)に見えましたもので…。」と恥ずかしそうに答えていました。どうやら人によって様々な言語で話しかけているみたいです。

多言語が話せるとは何ともスゴイですよね!台北101で働くのはとても大変だと思いました。しかし多言語を話せる能力が求められるということは、それだけ台北101が国際的にも有名で様々な国から観光客が来るということでもありますよね。。台北101で働けるのは結構光栄なことかも?

              会計士への道は遠い パンダ 沃 宗 廣
続きを読む...
台北101〜その2〜[2006年08月21日(Mon)]
台北101で一番有名なのは世界一の高さであるということです。ところが、実は高さとは別に世界一なことが台北101にはあるのです。それは何と!エレベーターの速さ!台北101のエレベーターは世界最速で80何階にある展望台まで昇るのに1分もかからないのです!驚きですね〜。実際に乗ってみましたが、何とエレベーターの上昇と下降の際に耳が詰まってしまう程です。

「そんなに速くて乗り心地は大丈夫なの?」と思う方もいらっしゃると思いますが、ご心配なく。この世界最速のエレベーターは何と!昇降の際に硬貨を立てていても硬貨が倒れないという程の安定感を誇っているのです。また、エレベーターのドアが閉まると室内は段々と暗くなり、天井には星座が現れるという粋な計らいがなされています。エレベーターガールのお姉さん曰く「展望台に着くまで、天井の星座をお楽しみ下さい。」だそうです。実際1分とかからないので星座を楽しむ時間はありませんでしたが…。まぁ、お客様を楽しませようとしているってことで、その心意気に乾杯です。

展望台の窓から下を覗いた写真

これだけ台北101の世界一のエレベーターのことをお話しすると、このエレベーターはどこの企業が造ったのだろう?と疑問に思いませんか?ご安心下さい。そうですとも何とこのエレベーターはかの有名な日本の大企業「東芝」が製作したものなのです!日本人の皆さん、台北101が世界一であるのは皆さんのおかげでもあるのですよ〜。

ということで次回は台北101を支えている働くお姉さんお兄さんについて書きます。お楽しみに
                 帰省して太り気味 パンダ 沃 宗 廣
台北101〜その1〜[2006年08月18日(Fri)]
お久しぶりです!ついこの間まで台湾に帰省していましたのでブログの更新が遅れてしまいました。申し訳ありません。

さて今回からはしばらくの間台湾の紹介をさせて頂きます。このたび帰省して「やっぱり台湾っていいなぁ」と改めて思いました。皆さんも僕のブログを見て頂いて「行ってみたい!」と思って頂けたなら幸いです。

ということで台湾紹介第一弾〜台北101〜です!
今回ご紹介する台北101は、皆さんご存知の通り今現在世界一高い建物として認定を受けています。実際に上ってみました。料金は320元だった気がします。あれ?これ怖くない?何Mあったか、聞いたのですが怖くて忘れました。何やら東京タワーよりは高いらしいです。写真中央に見えますのは、日本統治時代に汽車の製造、整備工場として使われていた建物、らしいです…。

台北101は二棟の建物から構成されており、一棟は五階まであるデパートとして世界各国の有名ブランド店が軒を連ねています。もう一棟の建物がこの写真を写した展望台のある台北101のタワーのある部分です。やっぱり怖い…。

この写真は展望台内部から写したものですが、展望台外部にも行けるらしいです。確か120元かかった気がします。

とまぁ、今日は台北101の高さ(いろいろな意味で)をご紹介しました。怖くてうろ覚えばかりで「らしい」を連発しました。次は台北101のエレベーターについて別の写真と共にご紹介致します。

             高所恐怖症は悪いこと?  パンダ 沃 宗 廣
学校の試験について[2006年07月30日(Sun)]
毎度僕のブログをご覧頂いている皆さん、まずは更新をしていないことについてお詫びをさせて頂きたいと思います。一応明日で前期末試験が終了致します。試験が終了したら沢山記事を書こうと思いますので楽しみにしていて下さい。
ちなみに8月初めに台湾に行って参ります。そこで台湾についてのオススメ情報を沢山仕入れて参りますので、そちらも楽しみにして頂けると嬉しいです。

               試験は多分大丈夫… パンダ 沃 宗 廣
明治大学CB講座 前期終了後感想[2006年07月19日(Wed)]
今日は明治大学CB講座ベンチャービジネス・起業プランニング論について受講をした感想を書きたいと思います。
まず、前期は基本的に「ブログ」についての勉強をさせて頂きました。ブログは一見起業とは関係がない気がしますが、どうすればアクセス数を増やせるか?どうすれば記事を見て頂いてる方々に納得して頂けるか?等々起業における基本的な事柄を学ぶことができました。

他の受講生の皆様のブログを拝見させて頂いて学ぶべきことが多々あってとても勉強になりました。その全てを実践することは出来ませんでしたが、出来得る限り自分のブログにも取り入れる様心がけました。
ブログは一つの情報発信ツールであり、自分の考えや意見を不特定多数の方々にお伝えする、つまり自分の商品=情報をお届けすることが出来ます。言いかえれば自分の発信する情報に責任を持たなくてはならないため、自分が体験していないこと、納得できない商品・サイト等は読者の皆様にご紹介することは控えました。

前期を通して思ったことは、自分が本当に納得して読者の皆様にご紹介できるものは意外と少なくて記事の内容に困ったことです。しかし、本当におすすめできるものを探し当て、困難を打ち破るということも起業に通ずるものがあって本当にいろいろと考えさせられました。
そういった面も総合して、前期の授業を受講して本当に良かったと思っています。
後期では、前期ブログを通して学んだことを、今度はブログを離れて、他の場面でも実践できたら良いなと思います。

最後に久米先生へ
前期講義ではブログを通して起業に通ずることを教えて頂いてどうもありがとうございました。後期は前期よりも頑張って参りたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

                          パンダ 沃 宗 廣
中華料理屋〜酔仙楼〜その3[2006年07月19日(Wed)]
ということでお勧めの中華料理屋さん〜酔仙楼〜第3弾です!
今回ご紹介するのは中華料理の定番、お子様大好き「春巻き」ともちもちした感触がたまらない僕が大好き「花巻」です。

〔春巻き〕
揚げたてなのは勿論のこと、具もたっぷりと入っていて大変おいしかったです。皮のパリパリした触感と、中身の具のしっとり感がマッチしてホロりとしてしまいました。
ここからは僕のこだわりなのですが、醤油タレは絶対にお酢を入れましょう!!中華人がお酢大好きというウワサは本当です。だっておいしいのですから。



〔花巻〕
次にご紹介するのは花巻です。「花巻ってなんぞや?」と思われた方がほとんどだと思います。花巻というのは言わば饅頭ですね。といっても日本伝統の和菓子の饅頭とは全くの別物です。材料までは詳しくはないのですが、確か原材料は小麦粉だったと思います。
まずは小麦粉を練り上げて形を整えます。そして蒸します。たったこれだけで花巻の完成です!中に餡などは一切入れず、ほんのりとした甘味だけを楽しむ。僕はそのまま食べるのが好きなのですが、味付けの濃い他の中華料理と一緒に食べても大変おいしいですよ。




ということで、今回の中華料理レポートを終わります。つたない文章で申し訳ないのですが、酔仙楼の美味しさが少しでも伝わったなら幸いです。
「百聞は一見にしかず」
是非是非一度酔仙楼に足をお運び下さい。


酔仙楼さんのホームページはこちら
http://www.suisenrou.com/

                昨日i Podを買いました パンダ 沃 宗 廣
| 次へ
プロフィール

HK 沃さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/purple-lily/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/purple-lily/index2_0.xml