CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年04月19日

「不登校あるあるだと思う」中学生のときに不登校を経験した10代後半の方より

子どもの気持ちを知る絵本@
『わたしのココロはわたしのものー不登校っ言わないでー』

学校がしんどくなり家にとどまる主人公ミク。ゆっくり休もうと思っても、学校の様子が気になり、今頃はみんなお昼を食べてる時間…とため息が出ます。
中学生のときに不登校を経験した10代後半の方が絵本を読んで感想をくれました。
学校に行かないって決めているのに、当時は学校が終わる時間になるとすごくホッとした。同じ不登校の人と会うこともないから、ミクちゃんが学校の様子が気になるシーンは、他の人も同じなのか…と。不登校あるあるだと思う。
閉じこもってたら、みんな何を考えてる?と思っても聞く機会がないから、あるあるがあると安心できるような気がする。この絵本は嬉しいかも。

Amazonのページ http://www.amazon.co.jp/dp/4843346012
絵本紹介のページ http://pulusualuha.p2.bindsite.jp/project/kimochi.html
posted by ぷるす at 23:39| ミクの絵本[不登校編]