CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年11月30日

[12/18(水)-22(日)] 小平市主催・ルネこだいらでチアキの展覧会と関連イベントを開催します

小平市精神障がい者理解促進研修・啓発事業
『ココロがしんどくなる前に だれでもだれかのサポーター』



精神障がいなどをかかえた親とその子どもを、絵本やウェブサイトで応援しているNPO法人「ぷるすあるは」は、2019年小平市精神障がい者理解促進研修・啓発事業として、精神に障がいのある方とご家族を地域で応援することをテーマに、チアキの絵画展と関連イベントを行います。

チアキは、精神科の看護師であり、現在は「NPO法人ぷるすあるは」の制作担当。本事業は、自治体とNPO法人の協働によるもので、絵、絵本ほか、さまざまなアイテムを通して、ココロのテーマを身近に感じていただく企画です。相談先やサポートのヒントなどの役立ち情報もまとめて展示します。 ひとりでも多くの方に、必要な情報とあたたかいサポートの視点が届き、病気や障がいによらず、だれにとっても優しい地域、社会に近づくことをめざします。

開催概要

【会期】
2019年12月18日(水)−12月22日(日)

【会場】
小平市民文化会館ルネこだいら 展示室
東京都小平市美園町1丁目8番5号

【サテライト会場】
CAZE CAFÉ なかまち
東京都小平市仲町145 なかまちテラス内
※11/30-12/22 いくつかの作品と絵本を展示します
※閉館日 12/6(金)、13(金)、19(木)

主催 小平市
企画運営 社会福祉法人ときわ会
企画協力 NPO法人ぷるすあるはとチームこだいらん

*「チームこだいらん」は、小平市障がい者支援課と社会福祉法人ときわ会
とNPO法人ぷるすあるはのメンバーで構成される、本事業の協力チームです。


【イベント】
NPO法人ぷるすあるは 「チアキ」 絵画展
12/18(水)−12/22(日) 10:00−18:00

ぷるすあるは絵本朗読会
12月21日(土) @11:00/A16:30(各回約30分)

ぷるすあるはギャラリートーク
12月22日(日) 13:30-15:00 (託児あり)

創作コーナー (会期中随時)
ぬりえや工作を子どもも大人も自由に楽しもうコーナー

情報コーナー/図書コーナー(会期中随時)
小平市の障がい者支援、精神保健や子育て支援に関する情報、「精神障がいをかかえた親と家族・子ども」の応援についての本や情報、精神障がいについてイラストで学べる情報、セルフケアやコミュニケーションツールなどを設置
※ぷるすあるはの絵本やアイテムの販売も行います

12/22(日) 10-12時 案内コーナー
障がい者支援課の保健師が絵画展会場にいます。お困りごとをお聞きして、相談先についてご案内します。
》展覧会公式ページへ



企画の背景

・精神疾患で受診している人は400万人をこえるほどとても身近な病気
・目に見えないわかりにくい病気で、学ぶ機会も少ない、知識や情報が広がっていない
・家族、特に子どもへのサポートが少ない
・心の不調を抱えながら医療受診につながれていない人もたくさんいる
・地域のなかで、ひとりでも多くの市民が関心と情報をもつことが大切
・だれでも、だれかのサポーターになれる!
posted by ぷるす at 21:05| プルスアルハについて

2018年03月22日

発達凸凹・感覚過敏っ子の応援を広げたい!ー絵本で届ける保健室あんしんプロジェクト

タクCF メイン画像 960.jpg

絵本やウェブサイトを通して、精神障害や発達障害についての啓発活動を行うNPO法人ぷるすあるはは、4月2日世界自閉症啓発デー、4月2日〜8日発達障害啓発週間にあわせて、発達障害に伴いやすい感覚の特性「感覚過敏」をテーマとした絵本を、ネットで寄付を募り、小中学校の保健室へ届けます。
 
感覚過敏は、行事、服装、給食、授業など、学校生活のさまざまな場で、大変さを抱えることがあります。こだわりやパニックの背景に隠れていることもあります。しかし、まわりからわかりにくいため、努力やガマンが足りないと誤解されやすいです。感覚過敏からくる苦手と工夫を探検することで、子どもたちの安心と応援を広げます。
これまでに約300冊を寄贈してきた「絵本で届ける保健室あんしんプロジェクト」の第4弾、発達障害についての啓発活動を行う「Light it up blue所沢実行委員会」の協力によるプロジェクトです。

■対象絵本
 
子どもの気持ちを知る絵本B
『発達凸凹なボクの世界−感覚過敏を探検する』
プルスアルハ著[お話と絵:細尾ちあきNs/解説:北野陽子Dr]
ゆまに書房 2015年9月刊行


■プロジェクト概要
 
『発達凸凹・感覚過敏っ子の応援を広げたい!ー絵本で届ける保健室あんしんプロジェクト』
申込受付期間:2018.3/23(金)〜5/1(火)
第一目標:30万円(所沢の小中学校57校へ寄贈するための絵本代・送料)
     達成したら対象を全国の学校へと広げます
参加方法:クラウドファンディングサイト「GoodMorning by CAMPFIRE」にて 3,000円の支援から

※リターン(お礼)が絵本となるコースもあります。寄付者自ら絵本を届ける、学校を指定してぷるすあるはから献本する、という参加の仕方もできます

みなさまのご支援、ご参加をお待ちしています!

》プロジェクトページへ
posted by ぷるす at 21:34| プルスアルハについて

2018年03月15日

FITチャリティラン2017、支援先団体に選ばれました 

Financial Industry in Tokyo(以下「FIT」)チャリティ・ラン 2017は、東京の金融サービスおよび関連事業を展開する企業が、業界規模で地域に 根ざした、社会的に意義ある活動をしているものの、認知度等の問題により十分な活動資金を確保で きていない非営利団体を支援することを目的とするチャリティ・イベントです。

2017年度の支援先団体のひとつに、NPO法人ぷるすあるはが選出されました。
支援金は、2018年度、子どものきもち絵本原画展の開催と関連事業の展開を通して、精神障がいを抱えた親とその子どもへの支援を広げる使徒で用います。

2017年12月10日、聖徳記念絵画館および明治神宮外苑周回コースで、第 13 回 FIT チャリティ・ランが、2018年2月6日には、赤坂プリンスクラシックハウスで贈呈式が行われました。

日頃から応援してくださるみなさま、ありがとうございます。
2018年、みんなの力をあわせてがんばっていきます。

》公式ページに贈呈式の様子がアップされています

posted by ぷるす at 00:05| プルスアルハについて

2017年09月11日

[10/17-22]子どものきもち絵本原画展part.3─ぷるすあるはのチアキのアイデアが生まれるところ─

[確定版]part.3原画展イメージ 1000.jpg

「子ども時間」
子どもは天使?
子どもだって天使ばかりじゃ
いられない
子どもが子どもでいられる時間
天使の役割なんか忘れて
大人の期待なんかさよなら
子どもでいられる時間は
子どものもの
生きるエネルギーに変換して
飛び立てデビルエンジェル

子どものきもち絵本原画展part.3
10/17(月)-22(日)@さいたま市プラザノース・ノースギャラリー

さまざまな子どもの表情に会いにいらしてください
ライブペイント・創作コーナー あります

チアキのミニギャラリートーク&朗読会
18(水)14時
20(金)19時
21(土)11時
22(日)16時 です

》原画展案内ページへ


posted by ぷるす at 00:18| プルスアルハについて

2017年05月15日

[5/15-5/21受付中!]親が精神障がいを抱えている子どもを応援する冊子制作のためのチャリティーアイテムを5/15(月)から一週間限定発売

親がこころの病気をかかえている子どもを、絵本やウェブサイトを通して応援する活動を行うNPO法人ぷるすあるはは、京都発のファッションブランドJAMMINとコラボし、Tシャツ、パーカー、バッグなどのチャリティーアイテムを販売します。得られた資金で、親がこころの不調をかかえている家庭で育つ子どもたちを応援する『じぶんち冒険ガイド』を作成し、当事者の方へ100冊届けます。

2017年5月15日(月)0時−5月21日(日)24時
JAMMIN オンラインショップにて販売


販売価格:Tシャツ3,400円(税込・寄付込)など
1アイテムにつき700円がチャリティーになります

ポイント
・JAMMIN×ぷるすあるはの看護師チアキが描きおろしたイラストのコラボデザイン
・「街で着られる」をコンセプトに製作され、型や色、サイズ展開も豊富、ファッション感覚で参加しやすいチャリティー
・支援金は、病気をかかえた家族と子どもの応援につながるほか、チャリティー参加者自身が冊子制作に伴走できる「参加型」プロジェクト

》注文・詳細はJamminのページへ

冒険 JAMMIN イラスト 960.jpgTshirt_white 640.jpgJAMMIN リリース用サムネイル 960×320.jpg
posted by ぷるす at 00:00| プルスアルハについて

2017年03月15日

[3/19まで]子どものきもち絵本原画展part.2─ぷるすあるはのチアキのアトリエ─開催中

終了しました、ありがとうございました
》お礼とアルバム

***

日時:3/13(月)-3/19(日) 10時-17時 最終日は15時まで
場所:さいたま市役所市民ギャラリー 
内容:絵本原画、描き下ろし作品展示 絵本、活動紹介ポスター展示、創作コーナー、ライブペインティング、ミニギャラリートーク ほか
**
2016年6-7月に谷中HAGISOで開催し好評いただいた絵本原画展の第2弾です。
第1弾は、会場である谷中HAGISOの素敵な空間を生かした大胆な展示を行いました。
今回はゆとりのあるスペースで、作品や絵本をゆっくりみていただく内容です。
ぷるすあるはの活動の全貌を紹介し、創作を体験できるコーナーを設けます。
そして今回の目玉は、チアキのライブペインティングです!
チアキ在廊日:3/16(木)以外の6日間

》案内ページ

IMG_1093.JPG

C6xyyOLVAAEpDlc.jpg

3日目.jpg

IMG_1036.JPG
posted by ぷるす at 20:57| プルスアルハについて

2016年10月21日

絵本で届ける保健室あんしんプロジェクトpart.3『アルコール依存症編』で子どもたちへ安心を (10/21ー11/27)

120冊のエントリーをいただき受付終了しました。ありがとうございました!

保健室プロハルイメージ2.jpg

″親のこころの病気で不安や悩みを抱える子どもを応援したい″という思いを持った方が、出身校や身近な子どもが通っている小中学校の保健室へ「家族のこころの病気を子どもに伝える絵本」(プルスアルハ著)を届けるプロジェクトを実施します。

2016年3月にはうつ病編の絵本を110冊、8月には統合失調症編の絵本を80冊、保健室へ届けました。part.3では、さまざまな社会的な問題が起き、子どもや家族が巻き込まれることが多いにもかかわらず、病気という理解や正しい知識、対応法が知られていない「アルコール依存症編」が対象です。依存症の知識と理解とともに、子どもの応援の輪が広がることが目的です。
11月10日〜16日のアルコール関連問題啓発週間にあわせての実施です。


■絵本で届ける保健室あんしんプロジェクト

》プロジェクトページへ

■対象絵本

『ボクのことわすれちゃったの?─お父さんはアルコール依存症─』

プルスアルハ著[お話と絵:細尾ちあきNs/解説:北野陽子Dr]ゆまに書房 2014年6月刊行
家族がこころの病気になったときの子どもの気持ちや生活の様子が、子どもの視点で描かれます。絵本の後半は、まわりの大人の方へ向けた子どもの気持ちの理解と対応についての解説、病気についての説明。まず、教員の方に読んでいただく絵本です。


■プロジェクト概要

申込受付期間:10/21(金)〜11/27(日)
目標:100冊・100校
1冊当たりの寄付金額:3,500円(絵本代+プロジェクト運営費用)
参加方法:寄付する(ぷるすあるはから保健室へ郵送)、または絵本を自分で準備して学校へ届ける
後援:特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)、一般社団法人日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会、認定特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構・コンボ、親&子どものサポートを考える会
posted by ぷるす at 00:28| プルスアルハについて

2016年09月30日

日本初のGoogle Grantspro 承認を頂きました〜非営利団体向けの広告補助金プログラムの活用

Webマーケティングを担当しているKevinです。2016年4月11日に、ぷるすあるはは日本初のGoogle Grantsproの承認を頂きました。これは、Google社が提供している、非営利団体向けの広告補助金プログラムで、広告の活用実績を評価頂きました。

ぷるすあるはが日本初の実績を出せたことを非常に嬉しく思います。そして、『子ども情報ステーション〜こころの不調をかかえた親とその子どもの応援サイト』を訪問してくれた方が、開設から1年で20万人を超えることができたのは、Google社の広告活用によるところが大きいです。
Grantspro承認までの道のりとぷるすあるはの広告活用、そして、これからGoogle Ad Grantsを始めてみようという非営利団体の方へのおすすめ手順をnoteの記事にまとめました。
団体の認知を無償で広められるチャンスを活かしていきたいです!

01.『Google Grantspro』とは? 
〜月間の無償広告枠が$40,000!?

02. Grantspro承認までの8ヶ月の道のり 
〜検索者目線でのキーワード調整、クリック率が1.00%を下回るものは削除

03.ぷるすあるはの広告活用 
〜価値のある特定の情報を、必要としている方へ届けるための広告

04.これからGoogle Ad Grantsを始めてみようという非営利団体の方へ


noteの記事へ
(02の途中から有料記事です)
posted by ぷるす at 21:04| 情報ステーション[web発信]

2016年07月16日

絵本で届ける保健室あんしんプロジェクト part.2「統合失調症」

保健室プロジェクトホロ1200-630.jpg

80冊の絵本を届けて終了しました。ご参加ありがとうございました!

親が精神障がいの子どもを応援するプルスアルハの絵本を、小中学校の保健室へ届けるプロジェクトです。

プロジェクト期間は〜7/26(火)

*公式ページ
https://pulusualuha.or.jp/activity/picturebooksproject/

子どもにとって身近で、多くの時間を過ごす学校。なかでも保健室は、他の人には言いにくい悩みを抱えている子どもたちに寄り添ったり、先生方、保護者の方との架け橋になる場所です。保健室を起点として、学校で、精神障がいのある親とその子どもたちを応援していただけたら心強いという思いで始めたプロジェクトです。

2016年3月には110冊の絵本(うつ病編)を保健室に届けました。第2弾は、まだまだ社会的にあまり知られていない「統合失調症」の絵本が対象です。

寄付する(1冊3,000円)、自分で絵本を購入して届ける

という2つの参加方法があります。あなたの想いをのせて、全国の小中学校で頑張っている子どもたちへ安心を届けます!

*後援:特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構・コンボ、親&子どものサポートを考える会

統合失調症は、およそ100人に1人がかかるとも言われるとても身近な病気です。ですが、うつ病などにくらべて、まだまだ知識や理解が広がっていません。思春期頃から発症がふえる若者の病気でもあります。
絵本の後半には、病気についてのイラストでの説明ページ(リンクのプロジェクトページでも読めます。)もあり、このプロジェクトは、統合失調症の病気についても、学校の先生方に知っていただく機会になったらと思っています。
寄付するコースと、自分で絵本を購入して届けるコースの2つの参加方法を選べます。
みなさまのご協力をよろしくお願いいたします。

*公式ページ
https://pulusualuha.or.jp/activity/picturebooksproject/
posted by ぷるす at 20:41| 統合失調症の絵本

2016年05月24日

6/28-7/3『子どものきもち・絵本原画展』─ぷるすあるは1周年感謝ギャラリー

ギャラリーイメージFB.jpg

延べ300名を越える方が足を運んでくださいました!ありがとうございました。
》開催レポート・アルバムへ

開催概要
日程  :2016/6/28(火)〜7/3(日)
場所  :HAGISO 東京都 台東区谷中3-10-25
展示内容:絵本原画、かき下ろし作品、絵本、活動紹介ポスターほか
*絵本やカード、チャリティーグッズの販売を行います
*関連トークイベント、ワークショップも開催

》詳しくはイベントページへ

子どもだってうらはらなキモチがある。たとえば、ちょっと嬉しくて、でもニッコリできない複雑な気持ち…大人が考えているよりいろんなことに気がつき、感じている。──言葉にできない気持ちを表情と背景の色にこめて。ちょっと気になる誰かを思い浮かべられるような絵を描きました。
チアキ
posted by ぷるす at 21:35| プルスアルハについて