• もっと見る

« 2022年10月 | Main | 2022年12月»
fxwill.com
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新コメント
野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/18) 非営利自治支援事務所Pucca
陳情は不採択になりました 第2回 (03/17) 野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/16)
月別アーカイブ
ワークショップ〜ほんとうの「新しい生活様式」ってなにさ?その4 [2022年11月19日(Sat)]

 そもそもワークショップってどんなことするの?

 簡単に言うと「参加者が中心となって行う学習・体験・作業などの場」なので、いろんな形があります。
 何かテーマがあるということも付け加えたほうがいいかな。

 11月23日(水・祝)に「まえむく(市民グループ まるごとの笑顔とむねいっぱいの空気)」が開催するイベントもワークショップなので、それを例に説明してみましょう。

 このイベントは子どもと大人が同じ会場で別々のワークショップを行うというのが特徴です。

 子どもの方はクリスマスリース作りからボール遊びなどのメニューがあるわけですが、「ただ遊んでるだけ?」…ではなく、そこに「保護者のそばにいるけど、保護者から離れて楽しむことを可能にする」というテーマがあります。
 これも一つのワークショップの形。

 じゃあ大人は?

 大人の方は「思っていること」「気づいたこと」などを言ってもらうのが一つ。
 この3年間でのメリットとデメリットという形で。

 言うだけ言ったら(笑)、その意見(言ったこと)に共通することを見つけ出していきます。
 例えば「コロナで付き合いが減って楽になった」「会食が減って家計に良い」「イベントが減って出費が減った」という意見があったとします。
 共通するのは直接的には「出費が抑えられた」ということですが、もう少し深く考えるとイベントには「友人が出店するから」とか「友達に誘われて」行くこともありますから、様々な付き合いやそれに伴う食事などの出費が「無くそうとは思わないけど、ちょっと多いなあ」と感じていたんじゃないかと推測されます。
 確かに、コロナ前から「経済活性化」がずーっと叫ばれて、企業も自治体も「何かイベントを仕掛けて、そこでお金を使ってもらう」ことに躍起になっていましたからね。
 つまり、実はこういうことに関して「本当の必要性より盛られていたんじゃないか?私たちはなんとなくそれに乗っかってたんじゃないか?」という仮説が立ちます。

 この見つけ出し〜仮説までは、ワークショップの進行役が参加者と話し合いながら行います。
 だから、何も考え込むことはありません。

 こんなふうにデメリットとメリットを元に仮説を立てて、最後にその仮説に対応する「暮らし方」を導き出します。

 それが「ほんとうの新しい生活様式」です。

 思っていることを形にするのはなかなか難しいけれど、それが可能なのがワークショップです。

 いっしょにやってみませんか?

maemuku20221123.png
Posted by がばめん太 at 10:28 | お知らせです | この記事のURL | コメント(0)
ワークショップ〜ほんとうの「新しい生活様式」ってなにさ?その3 [2022年11月10日(Thu)]

 11月23日(水・祝)に「まえむく(市民グループ まるごとの笑顔とむねいっぱいの空気)」が開催するイベントのお知らせ。
 一昨日の記事の続き。

 親と子どもが同じ部屋で別なことをするワークショップ。
maemuku20221123.png

 子どもたちのやることは一昨日にお知らせしましたが、じゃあ保護者は?

 保護者の持ち物は、筆記具とあなたの現在の社会について「不思議だなあ」とか「ホントかなあ」とか思う気持ちだけ。

 最初は子どもと一緒のストレッチから始まります。
 体をほぐしたら頭もリラックス。

 席に着いたら、みんなで本当の「新しい生活様式」を考えます。
 
 「会話するときはマスクする、マスクしない時は人と1m以上離れる」が「新しい生活様式」だと思いますか?
 これを始めたときは「新型コロナウイルスを想定した」ものと言いながら「流行中の対策」とか「臨時的な対策」って言わなかったのが不思議でした。(厚労省HP)

 もう2年半以上こんな生活を続けているのですが、これを「平成31年(令和元年)に生まれた新しい生活様式」として未来永劫引き継ぐのはゴメンですよね。
 なぜなら、これは根本的な解決策に全く触れていないから。

 このゴミどうしよう?「とりあえず埋めとけ」
 窓が割れちゃった。「テープ貼っとけ」
 このままじゃ次の選挙勝てない。「党首、変えとけ」
 うちの子が悪さした。「叩いとけ」
 こういうのと同じ。
 新聞が売れなくなってきた。「年寄りにウケのいいこと書いとけ」っていうのと同じ…かな? 笑

 こういうことに共通してるのは、将来に歪みが出てその代償が大きいこと。
 そうなったときには、たいていそれを指示した人は責任を取る立場にいない。

 子どもたちの将来を真剣に考える私たちはそんなことしたくない。
 なのでシンプルに考えましょう。

 この3年間にあったことで、自分が、社会が受けたデメリットを振り返りましょう。
 コミュニケーションの不自由さ(誰かわからん!とか)
 ワクチンの副作用。
 飲食店の閉店などなど…。

 でもメリットもあったはず。
 化粧せずに出かけられる。
 帰宅したら手洗いの習慣化。
 飲み代とか交際費が減って家計にゆとりとか…。

 メリットを伸ばすために、デメリットを減らすために、

本当はなにをすればいいのいか
 
それが子どもたちへ引き継ぐ

本当の「新しい生活様式」です。

 作業は簡単です。

 思いつくことを紙に書いて、それを貼り出して、みんなで見て、感想を言って、共通することを見つけて、それを伸ばす(減らす)方法を見つけ出すだけ。

 横で子どもたちは元気に遊んでます。

 政府や学者やその取り巻きが作った「新しい生活様式」ではなく、私たちが地に足のついた「新しい生活様式」を作りましょう!

 あ、大人だけでの参加もOKです。
Posted by がばめん太 at 05:33 | お知らせです | この記事のURL | コメント(0)
ワークショップ〜ほんとうの「新しい生活様式」ってなにさ?その2 [2022年11月08日(Tue)]

 11月23日(水・祝)に市民グループ「まえむく(まるごとの笑顔とむねいっぱいの空気)」が開催する親子向けイベントのお知らせ。
 昨日の続き。

 親と子どもが同じ部屋で別なことをするワークショップ。
maemuku20221123.png

 子どものワークショップはどんなことをするの?

 いくつか紹介しますね。
 順番はまだ未定です。

 まずはクリスマスリース作り。
 現在スタッフが松ぼっくりやどんぐりを拾いに行っています 笑
 その他キャラクターも手作りしてますよ。

 こんなんとか。
donguri.png 

 こんなんとか。
santasan.png 

 これも。
matubokkuri.png

 小さな子も作れる、簡単で、かわいいものですよ。

 他は柔らかいボール使ったボール遊びをいくつか。

 飽きちゃった子、一人遊びが好きな子には、お絵かき用紙と折り紙も用意します。

 あと、3時にはもしかしたらいいものが…? 

 子どもを遊ばせるつもりで来てください〜るんるん
Posted by がばめん太 at 05:32 | お知らせです | この記事のURL | コメント(0)
ワークショップ〜ほんとうの「新しい生活様式」ってなにさ?その1 [2022年11月07日(Mon)]

 小さな子どもを持つ親は、例えば机を囲んで話し合うようなワークショップにはなかなか参加できません。
 別室に託児室なだがあればいいのでしょうけど、そこで子どもを見てくれる人を配置しなければならないし、手弁当でやっている主催者にとってもなかなか負担。
 保育してくれる人にはせめて謝礼を出したいと思っても、その分を参加費として徴収しようとすれば、苫小牧市の場合は、どういう団体でも参加費を取れば営利とみなすしね。

 親にしても、姿が見えない子どもはやっぱり気になるでしょうし。

 そこで…

 市民グループ「まえむく(まるごとの笑顔とむねいっぱいの空気)」が、11月23日(水・祝)にこんなスタイルでワークショップをやってみることにしました!

 親と子が同じ場所にいて、全く別なことをするワークショップ。

 親は子どもが何しているか見えるから安心!
 (そっちに気が向くかもしれないけど 笑)

 子どもも、飽きたら親のところに行けるから安心!
 (その間、ワークショップに集中できないけど、まーそれはそれ 笑)

 うまくいくかな? チャレンジです!

 さて、そのワークショップはこんな感じ。

 詳細は明日のブログで!

maemuku20221123.png

maemuku20231123.pdf←チラシ!
Posted by がばめん太 at 06:06 | お知らせです | この記事のURL | コメント(0)