CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2022年04月 | Main | 2022年06月»
fxwill.com
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新コメント
野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/18) 非営利自治支援事務所Pucca
陳情は不採択になりました 第2回 (03/17) 野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/16)
月別アーカイブ
新型コロナウイルスについて再度まとめ 最終回 [2022年05月16日(Mon)]

 最終回は、もう一度マスコミについて書きます。

 TVは見ないので、新聞についてです。
 2022年5月3日の北海道新聞です。

 「75歳の憲法」という特集で「コロナ下制限された自由」というタイトルです。

 内容は、飲食業を営むある会社が起こした時短命令の違法性を問う行政訴訟を例にして、コロナ下の自由の制限について取り上げたものです。

 ここで道新は、「欧米諸国でもコロナ対策に対し憲法違反だという抗議が相次いだ」と指摘し、大学教授の「過去の対策の検証ができていない」というコメントを取り上げています。
 そして、コロナ禍による経済苦からの自殺増を取り上げ、最後に「誰かの自由を奪うことに議論は尽くされてきたのか、今こそ検証が求められる」とあります。

 誰かの自由を奪ったのは、行政だけか?
 そういう世の中の雰囲気づくりに貢献したのは誰か?

 新聞は、毎日、感染者、死亡者などの人数のみを日毎、累計で発表し、全体の何パーセントが感染しているのかという「流行の実態」がわかることは絶対に発表しない。ワクチン接種に関してはパーセントを出すのに。
 
 感染者数の増減は、季節の変化も影響するのにそのことには触れない。
 
 コロナに関しての様々なことに対して異論はほとんど報道しない、子どもの健康に関わることでさえ。

 欧米でのマスク強制その他自由の制限に関する抗議運動など報道していない。

 もう効果がないと半ば常識になっているワクチンの接種がが続いても批判しない、3回目ワクチン接種以降も死亡者が増えていることも報道しない、子どもの感染者増は大きく取り上げるのに。

 EUではワクチンを複数回打つと免疫力が落ちる可能性があると警告してるのに取り上げない。

 はっきり言って、コロナに関する記事は、感染者数の発表、「緩むな!」の連発、ワクチン期待感情の増幅、その他行政発表の垂れ流しで、自分のところで調査・検証した記事は全く無い。
(数ヶ月に一度、数ページのコロナ特集を本体とは別に作っていたが、それも基本は同じこと)

 それなのに、さも、自分は元から中間の立場に立っていたかのような今回の記事。
 
 今こそ、道新には今こそ、自分自身の2年と4ヶ月を検証してみて欲しいと思います。


追記
 コロナワクチン接種に紛れ込むかのように再開された子宮頸がんワクチンの積極的賞奨励。
 損害賠償訴訟も起きているものなのに、再開の記事は大きく、それに対する抗議の記事は小さい。
 
Posted by がばめん太 at 06:00 | 新型コロナウイルス | この記事のURL | コメント(0)
新型コロナウイルスについて再度まとめ その5 [2022年05月15日(Sun)]

 大人は子どもたちに何を強いているのか振り返りましょう。
 子どもは大人とは違うのです。

 新型コロナウイルス感染症が国内で発生してから2年と4ヶ月経ちました。
 
 子どもたちは、マスク着用を求められ(ほぼ100%している様になった。登下校時に1人でいるときでさえ)、運動会や修学旅行、部活動等も中止、延期、休止が相継ぎました。
 その挙げ句、5歳以上の子どもたちは、「ワクチンを接種することができるようになりました!」と政府とマスコミから、喜ぶべきことのようにそれを推奨される事態になっています。

 コロナ禍における大人の行動は、的を得たものもありましたが、少なくとも子どもへの対応は「集団ヒステリー」としか思えない的外れなものばかりでした。そして、今も続いています。
 最もおかしな対応は「マスク着用関連」であり、最も必要のない対応は「ワクチン接種」ですが、その弊害や危険の可能性はどちらもこのブログでも書いてきたのでもう取り上げません。

 しかし、このことだけは声を大にして大人に言いたい。

 「子どもと自分は違うのだ」

このことをしっかり認識して、今後の対応をあらためて欲しいです。

 2020年の日本の平均年齢(正くは中位年齢)は48.6歳です。これは19歳以下の人口も含まれた上での平均なので、その世代を除けばもう少し高くなるでしょう。
 仮に50歳としたら、自分の子は成人してあと10年したら退職という頃です。関心は自身の老後や健康に向いて、子どもへの関心は高くありません。また自身が子どもだった頃は遠い昔です。
 だからどうしても、コロナへの恐怖心もあって子どもにも同じ行動をさせようとする。

 今の子どもたちの不安や悩みはなんでしょうか。

 国立成育医療研究センターが2020年に実施した「コロナ×こどもアンケート」中間報告(回答者のおよそ70%が小学生)では、子どもたちが相談したいことの上位が次のようになっています。
  コロナにかからない方法 46%
 学校・勉強のこと  44%
 友だちのこと  27%) 
 自分の体や心のこと  23%
 家族のこと 46%
 「コロナ×こどもアンケート」中間報告 

 10年ほど前の子どもたちの不安や悩みはこのような内容でした。
平成21年度厚労省全国家庭児童調査
 勉強や進路 39%
 性格や癖 29%
 顔や体型 24%
 友達 19%
 
 勉強、自分の性格や体型、友達に関することはいつの時代も変わりません。
 しかし、相談したい(不安なこと)のトップが病気なのは異常です。
 2021年は、当時新型とされたインフルエンザ(当時はみんな免疫を持っていなかった)が流行した年ですが、もちろん子どもの不安には入っていません。
 子どもが病気のことを不安に思うなんて、大人の行動や態度が大きく影響しているからしか理由がありません。
 
 大人は、自分たちが子どもに何を強いているか、それが子どもの将来にどんな影響を与えるのかをよく考えて欲しいと思います。

 また、イルミナティとかディープステートとか、もしそれが事実だとしても、あなたはそことケンカする能力はないでしょ?
 それなら、そこに執着するより、最も明らかで身近に取り組める「子どもの置かれた状況を改善すること」に集中して行動して欲しいと思います。

 子どものマスクを外すには「子どもの心と身体に悪いから」以上の理由はありません。
Posted by がばめん太 at 15:49 | 新型コロナウイルス | この記事のURL | コメント(0)
新型コロナウイルスについて再度まとめ その4 [2022年05月11日(Wed)]

 マスコミの異常さ(ここでは主に新聞を取り上げます)」〜その2

 2022年4月6日の北海道新聞に載った「子ども接種6.8% 様子見」という記事を題材に検証します。
 これは北海道内の5〜11歳の子どもの新型コロナワクチン接種率が6.8%であることを「少ない」と問題視した記事です。
 「『少ない』と問題視した記事である」と言い切った理由を説明しますね。

 まず、「2月9日以降の感染者のうち10歳未満の感染者が世代別で最多、ワクチン接種の進む70歳以上の割合が低下している」と言う分析を持って5〜11歳の子どもにワクチン接種を奨励すべきだとしていること。
 また「新学期が始まり、人と接触する機会が増えれば、子どもの感染がさらに増える懸念がある」ととしていること。
 そして取り上げた医師の意見が「子どもの学びや体験の機会を確保するためにワクチン接種の意義は大きい」という一つだけであること。
 記事の最後が、北海道のコロナ対策担当の「(接種の)努力義務がない以上、接種体制を整えて情報発信をすることまでしかできない」と言うコメントに対し「接種促進の難しさを示す」とというまとめで終わっていること。

 以上を検証してみましょう。
 道新の最初の分析は「10歳未満の感染割合が高いのはワクチンをしていないからだ」ということを言っています。本当にそうでしょうか?
 例えば、1ヶ月ごとの世代別に見た感染者の割合。(世代別感染者÷世代別人口=%)
 一昨年の3月から今年の1月末までは、20代が常にトップで、次が30代、その次が40代か10代、そして50代か80歳以上、その後に70代、60代、10歳未満という状況でした。
 ですが、去年の4月位から10歳未満の感染者が増え始めて徐々に順位を上げ、今年の2月からは10歳未満がトップ、次いで10代、20代、30代、40代、50代、60代、80歳以上、70代と言う順になっています。
 これだけ見ると「ワクチン接種率が少ない世代が多いじゃないか」という指摘になります。でも、実は今年の1月以降はどの世代も感染率が跳ね上がっていて、どの世代もワクチン接種開始前より増えているのです。この世代だけが問題なわけじゃない。
 感染者数は他の要因によっても変化します。感染しても無症状が多くを占める若い世代は感染者数の把握は難しいです。
 特に10代以下は、親が感染した事で一緒にPCR検査を受けて感染が分かったということが多いでしょう。つまり、子ども世代の感染者数は親世代(30、40代)の感染者数に影響を受けるのです。
 「発症者」や「死亡者」が増えているならまだしも短期間で「感染者」が増えたくらいで、しかも現在のワクチンはオミクロン株には効果がないのに、それをもって「ワクチンをしていないから増えた」と結論するのはあまりにも短絡的でしょう。

 次に「新学期が始まれば子どもの感染がさらに増える懸念がある」についてですが、その子どもを感染させるのは誰かについて検証すべきでしょう。
 子どもたちの行動範囲は狭いのです。
 子ども同士の付き合いで感染するよりも、前述の「保護者からの感染」のように、行動範囲の広い大人から感染する方の可能性が高いと推測するのが常識的な判断でしょう。
 だから、このこともワクチン接種を勧める理由にはならない。

 医師の意見を取り上げるなら、一つだけではなく違う見解の医師や学者の意見も取り上げるべきです。それを読んで読者はどうしたらいいかを考える。
 メジャーな意見でなくても、きちんと情報発信して活動している医師たちや看護師たちがいることは報道機関の情報収集能力なら把握しているはずです。

 最後に「接種促進の難しさを示す」とまとめていますが、そもそも「接種促進」の必要性の根拠が空っぽです。
 促進が必要なら、根拠として現在の世代別の感染率や死亡者数等も同時に記事にすべき。
 因みに4月1ヶ月の各世代の感染割合(100人に対して)は、10歳未満は2人、10代1.8人、20代1.6人、30代1.4人、40代1人、50代0.6人、60代0.3人、70代0.2人、80代0.2人で、全体で0.9人でした。(子どもから大人まで100人のうちに感染者は1人に満たない!)
 10歳未満の感染者の多くが無症状です。
 初感染者発見から2年と4ヶ月経過しましたが、10歳未満の累計感染者約102万人中で亡くなったのは4人。
 これらを踏まえれば、現在の接種率が「少ない」と問題視すべき状態であるという記事にはならないでしょう。
 むしろ「保護者は、落ち着いて判断している」という評価が妥当なくらいだと思います。
  ※データは厚労省HPに基づきました。

 こういう大事なことは時間をかけて調べてから報道して欲しいです。この記事は聞いたことをそのまま書いたような記事です。(3人もの記者が関わっているのに)

 以前の新聞は、もっともっときちんと調べて書いていたように思います。
 新聞は売り上げが減って記者が減り、調査能力が落ちているとも聞きますが…。
 でも、調査報道の能力を復活させて欲しいと思います。
 良い記者さんもいるのに、なんでこうなるんだろ。
Posted by がばめん太 at 00:00 | 新型コロナウイルス | この記事のURL | コメント(0)
新型コロナウイルスについて再度まとめ その3 [2022年05月10日(Tue)]

 マスコミの異常さ(ここでは主に新聞を取り上げます)」〜その1

 「ある出来事を強く印象に残す」にはいくつかの方法があります。
 一つ目は「大々的に取り上げる」こと。
 マスコミが「ある出来事」を取り上げるのはそれが珍しいことだった時です。
 いつも行われていることだったら取り上げません。
 例えば、交通事故。
 平成30年に起きた道路交通事故は43万601件。死傷者数は約52万5,846人(うち死者数は3,532人)で1日に1,440人もの人が交通事故で怪我をするか亡くなっています。こんなに多くの人が毎日死傷してるのにマスコミは、死亡事故、人為的なミスによる事故といった特異なものでないと取り上げません。例えば北海道新聞なら第2社会面に交通事故による死者数を小さく定枠で毎日掲載するだけです。
 これは、交通事故がもう珍しい物ではなくなったからなんですね。
 その一方で、あまり起きない事件は大きく取り上げられます。
 それを見た私たちは、それが強く印象付けられます。
 だから、似たようなことが続けて起こると、日頃から頻繁に起きていると思ったり、他でもたいていそうなんだと思い込んでしまいます。
 殺人事件が続けて起こると「最近は物騒だなあ」って思いますよね。でも、統計を見ると平成16年からずっと減少していて最近は横ばい状態だったりする。

 二つ目は「毎日繰り返し報道する」こと。
 交通事故件数のような小さな定枠記事なら注目されませんが、毎日見出しをつけて記事の位置を変えて掲載すれば、見出しを目にするだけでそのことは印象に残されていきます。
 オリンピックの記事なんてそうですよね。オリンピックに関する記事がスポーツ面だけでなく、あちこちに出ることで好きでも嫌いでも「もうすぐオリンピックかあ」って気になるようになってくる。

 そして三つ目は「一つの考え方や立場からの見方しか報道しない」こと。
 これは第2次世界大戦の時が典型ですね。大本営発表をそのまま流してました。一種類の情報しか流さないと、多くの人にとってそれが常識、正論として刷り込まれてしまいます。
  
 さて、新型コロナウイルスに関する報道はどうでしょう?
 2020年4月の「何も対策しなければ80万人死亡。人と人との接触を8割減らせば1ヶ月で収束」というトンデモ見解のトップ報道や変異株が発見されるたびの劇的な報道、毎日繰り返される感染者数発表(これは本当に新聞がすべきことなの?)は一つ目、二つ目の方法に該当します。
 そして最大の問題は、三つ目に挙げた

「異なる意見を報道しない」

ことです。

 例えば、これまでの感染症は「発症者」を対象としてきたのに新型コロナに関しては「感染者」を対象としています。このことに対して、当初から異論、疑問が指摘されていました。でもマスコミは、特に説明もなくそのまま使用し、その異論について無視していました。
 マスク着用による感染防止効果についても、データを持って異論を示している医者や学者がいるのに全く取り上げませんでした。特に子どものマスクについては、学校現場では文部省の方針と違う状態になっているのに報道しない。マスクが子どもの精神面でもいい影響を与えないことも指摘されているのにほとんど報道しないという状態です。(今になって「小中生1〜2割うつ状態(コロナ禍調査)」なんて報道してる。原因には触れてないで)
 ワクチンについても、mRNAワクチンの作られ方や体内での働きがこれまでのワクチンと違うことについて報道しない。
 ワクチンは感染予防効果はないのにあるかのように報道する(「ワクチンすれば孫に会える」みたいな)。
 接種した人のほとんどと言っていいくらいの人が接種後に体調を崩すのにそのことを報道しない(当たり前のことのようには触れている)。
 ワクチンメーカーが「他のメーカーのワクチンを接種した後にうちのワクチンを接種した場合の安全性は保証しない」って言っているのに、それを報道しない。
(例:ファイザー「2022.4.26 COVID-19 ワクチン『コミナティ筋注』 日本における添付文書改訂について  厚労省プレスリリース2022.4.19 新型コロナウイルスワクチンの製造販売承認について)
 ワクチンについて、医者や学者や国会議員も問題点を指摘して行動している人や団体があるのに報道しない。
 
 明らかに、新型コロナに関する報道姿勢は異常だと思います。
 異論を排除しています。
 福島第一原発爆発事故の時でさえ、2つの相反する考え方を報道していたのに。
 人間社会は80年経つと過去のことを忘れると言います。同じことを繰り返すと。
 終戦から今年で77年。
 その時期なんですかね。
 
 マスコミは、新型コロナを機会に終戦時のあの反省を失ったのではないでしょうか。
 特に新聞は、発行部数減が続いている中、今回のことで社会での存在価値をさらに失ったと思います。
 
 新型コロナについては比較的若い世代が柔軟な対応をしているようですが、これは若い世代ほど新聞を読まなくなったことが一つの原因かもしれない。
 新聞を読まないことが救いになってる面がありますね。
 若い時に「新聞を読みなさい」と言われた私たち世代には驚きですが。

 新聞はTVやSNSと違い、きちんと調査して報道をしてくれることを期待していたので、今の新聞には裏切られた思いがしています。
Posted by がばめん太 at 00:00 | 新型コロナウイルス | この記事のURL | コメント(0)
新型コロナウイルスについて再度まとめ その2 [2022年05月09日(Mon)]

 新型コロナウイルス感染症を冷静に振り返ってみましょう。

〈国内で初の感染者が発見されてからこれまで〉
 (令和2年1月15日〜令和4年4月26日 およそ2年と
 3ヶ月が経った)
○国内の感染者数累計 734万6千113人(感染割合 5.87%)
  ★これまでに感染した人は全人口の約6%
   (感染していない人は約94%)
○これまでを平均すると、これまでに一日あたり8,948人が感染
 してきた
  ★1日あたり全人口のおよそ10万人に7人が全国のどこかで
   感染してきた 
○世代別の感染割合と死亡割合
   全人口における感染者の割合は60代以上が低く、高いの
  は20代、30代、40代、10代、10歳未満の順。
   感染者のうち死亡する割合が高いのは群を抜いて80代以
  上、次に70代、離れて60代。死亡する割合が低いのは10歳
  未満、10代、そして20代。
※日本の人口=全人口1億2千519万人
 (統計局 年齢(5歳階級)、男女別人口(2021年11月確定値、
 2022年4月概算値)

〈ワクチン接種前と2回接種完了後と現在の感染率〉 
ー2回接種完了後ー
  ○令和3年12月末までには40、50代も接種率が80%にな
   っていたと推測されるが、感染率、重症化率、死亡率の
   いずれも接種前より高くなっている。60代以上について
   は60代の死亡率以外は低下している。
ーオミクロン株主流化後ー
  ○各世代において感染率はワクチン接種前を大きく上回っ
    ている。重症化率、死亡率も60代の重症化率を除き増
   えている。特に高齢者層の死亡率がワクチン接種前より
   2倍前後になっているのが気がかり。(オミクロン株の
   重症化率はその前と特に変わらないと言われている)
  ○10代以下の感染割合は際立って高くなったが、重症化
   率、死亡率についてはそもそもほとんどいないので気に
   なるレベルではない。
wakichintohassyou.png 
感染者数のデータは厚労省HP、人口は統計局HPから 
重症者数は日々変動するので各月末集計日の重症者数を用いています

【振り返って言えること】       
  2年以上経過して全人口の9割以上が未感染(未発症含む)
 というのは、「これまでとは違う病気が生まれた」というだ
 けで「流行」とは言えないと思う。
  そもそも「流行」の定義はないし。
 
  高齢者の死亡率が高いのは「亡くなった時にコロナウイル
 スが検出されれば全て『コロナ死』とする」という通達が厚
 労省から出ているからではないか。
  高齢になれば、大抵なんらかの病気を持っているのに、
 その病気が主原因で亡くなっても、この通達によればコロナ
 で亡くなったこととして報告されるのだから。

  ワクチンに感染予防効果はない。
  ワクチン接種によって発症を抑制して感染拡大も抑制しよ
 うとしても3ヶ月しか効かないようなワクチンではそれは期待
 できない。
  EUの薬品規制局は、ワクチンを複数回接種することは免疫
 系を弱体化させる可能性があると警告している。

  10代以下の子どもたちの感染増を「ワクチンを接種してい
 ないから」と決めつけるのはあまりにも短絡的。
  そもそも、子どもは無症状が多くて感染を把握しづらいの
 になぜ急に感染を発見することが増えたのかその要因を調査
 すべきだ(例えば親の感染が多くなれば家族も一緒に検査さ
 れるので子どもの感染を発見する割合は高まる)。
  そもそも効かないワクチンを接種すること自体が変。
  
  落ち着いて結論するなら、新型コロナウイルス感染症は
 「これまでとは違った多様な病状を示し、ある条件が揃うと
 手に追い難い状態になり得るカゼ」と考えるべきものだと思
 う。
  カゼなら、手洗いとうがいに感染予防効果は期待できるが
 マスクにはほとんどない(発症者またはウイルス保有者がす
 る意味はある)
  だから感染予防は、コロナ前と同じ対応に戻して良いと考
 えるべきである。
Posted by がばめん太 at 07:00 | 新型コロナウイルス | この記事のURL | コメント(0)
新型コロナウイルスについて再度まとめ その1 [2022年05月08日(Sun)]

 4月9日のブログで、とりあえずコロナに関してまとめたと思ったんだけど、なーんと「感染した」のでそれを踏まえてもう一回まとめます。

 まずは「新型コロナウイルス感染症の実際」。
 
 マスコミに載るのは大変だった例ばかりなので、あれが普通と思うと恐怖感が増幅されます。
 この記録を読んで、一般的な感染具合について知ってもらって、ワクチンをした人もしない人も、マスクをする人もしない人も、「今の子どもの置かれてる状況は問題だなあ、子どもはなんとかしたいなあ」という思いを強めてくれたら嬉しいです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 先日、新型コロナウイルスに感染しました。
 カミさんも私もワクチンは接種していません。
 一応断っておきますが「ワクチンに感染予防効果はありません(厚労省HP)」。

 他人と会話するときはマスク着用してます。外出後の手洗いも。
 カミさんは発症し、私は無症状でした。
 (発症者及び濃厚接触者としての行動は、保健所と勤務先の指示に従いました)

 発症したカミさんは、熱が出る前日に喉が痛いなあと思い、翌日にだけ38℃台の熱が出てその後は下がり翌々日の午後には平熱に戻りました。しかし、その後平熱でもなんだか熱があるような感じがして、吐き気のような気持ち悪さが4日ほど続きました。また、その間胸のリンパ節部分に痛みがあったそうです。
 気持ち悪さは、コロナ感染者でよく言われる「倦怠感」に相当するものかもしれません。
 なお、回復後に季節行事の花粉症が発症し、そっちが大変なことに 笑←笑い事じゃない 笑

 私は「なんともな〜い」無症状者でしたが、後遺症というのでしょうか、感染したらしい日から13、14日目に突然「魚の味と匂い」を感じなくなりました。
 だから味噌汁を飲んでもカツオ出汁の旨味も香りも感じない。
 楽しみに冷凍しておいた自家製のしめ鯖(旨いよ!!)を食べてもサバの味がしない。
 酢の味だけがして「なんか水っぽいくちゃくちゃする食べ物」になっちゃった 泣。
 肉の旨味は、ぼやっとしてるような気はするが分かる。
 甘い、塩っぱい、辛い、酸っぱいは分かる。
 でも、魚の味は全くしない。
 この状態で、大好きな旭川の蜂屋のラーメン食べても豚骨の味しかしないんだろうなあ、それじゃあ蜂屋の食べる意味ないなあなんてことを思いながら、内心「コレは大変!」と思ってました。

 魚っ食いが魚の味がわからない!
 文字通り「酒の肴」の柱を失う!
 でも、酒の味が分からなくなるよりは良かったと呑みながら思ってましたが。
 幸いなことに、15日目には回復しましたが。

 カミさんのことを踏まえて、他の感染者の話と総合すると、全員必ずというわけではないようですが、ワクチンを接種した方が発症期間は短い傾向があるようですね。
 カミさんの症状からは分かりませんが、厚労省HPのデータを分析すると重症化を防ぐ効果もあるのかもしれません。
 ただし…4月8、9日のブログの表で分かるように、オミクロン株が主流になった以降の死亡率はワクチン接種が始まる前より高くなっている。
 オミクロン株がその前の株より致死率が高いというデータはないので、ここはよく考えなくてはならないところです。
 イスラエルは、ワクチンを3回接種しても感染者は全然減らないし、EUの医薬品規制当局は、ワクチンを何回も打つと免疫系に悪影響を及ぼす恐れがあると警告してるし。

 データからほぼ明確に言えるのは、3回目までに使用していたワクチンはもう効かないということですね。
 だから、子どもには接種するなと言ってるんだけど。
 
 感染した経験から言うと、新型コロナウイルス感染症をこんなふうに定義します。

 「これまでにない不思議な特性を持った感染症であるけれど、『カゼは万病の元』だということを再認識させるカゼ」

 ワクチンについては、「自分たちにとっては」、重症化したかもしれない可能性とワクチンの副作用を比較して、接種しないことにした判断は間違ってなかったなあと思いました。
Posted by がばめん太 at 18:00 | 新型コロナウイルス | この記事のURL | コメント(0)