CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2010年12月 | Main | 2011年02月»
fxwill.com
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2011年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新コメント
野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/18) 非営利自治支援事務所Pucca
陳情は不採択になりました 第2回 (03/17) 野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/16)
月別アーカイブ
カフェまーなび第2回目の様子 [2011年01月22日(Sat)]

 だいぶ遅くなりましたが、

先月の「カフェまーなび」 (第2回目)の様子をご紹介します。

 先月は、苫小牧の美味しいラーメン屋さん

「らぁめんの村役場」の店主、千葉恵美子さんを招いて

「自然体で作る、自然体で話す、だから誰かに伝わる」というタイトルで行いました。


 あんまりいい写真がありませんでした...。

 参加者は10名ほど。


 村役場は、ラーメン屋さんにしてはめずらしく、

市内で3回も場所を変え、

しかも、夫婦で2店体制というのを2回もやっていて、

1回は錦町本店と住吉町出張所(←「出張所」は他人が名付けた笑い)、

もう1回は、日吉町に移ってから、本店から50m先に「町役場」笑い

ノリがいいというか、シャレがきくというか、

とにかく常識にとらわれません。

 「やってみないと分からないし」って。

 千葉さん的に言うと、

「流れてくるもの(こと)を、良いと思えば自然につかんでいる」

という感じですね。


 でも、それはただ流されるのではなくて、

「自分の信念と矛盾しないこと」が必要なのだそうです。

 例えば、ラーメンを提供するなら

できるだけお客さんの体に負担をかけないものを丁寧に。
(「体に優しい」はすごく近いニュアンスだけど、ちょっと違うと私は感じます)

 子どもに対してなら、

親として譲れない部分は、明確に丁寧に教える

というようなことだそうです。


 場をリラックスさせるのに、

村役場の名前の決め方や(苫小牧市役所の横にあったから)
※ちなみに村役場は、千葉さんは引き継いだ立場

店舗が分散した当時の事(チャーシューとかは全部本店で仕込んだので、町役場の時はラクだった)こと、

消えたメニューや

「冷やしラーメン始めました」って絶対告知しないことなど

導入部分に時間をかけすぎて、

千葉さんのひとなりや、

想いを伝えきれなかったのは、私の反省です。
(終了後、行きつけの店で、一人反省会...)


 私が思うに、

「美味しさ」っていろいろありますし、

その表現の仕方もいろいろです。

 「うちの店は、このダシとこのダシを足すことで」とか

「この道をひたすら追求」とか

はたまた入店すると、従業員が一斉に「いらっしゃい!!」とか。


 村役場は、「○○を使ってます」とか聞かれない限り言わないし、

一般的なラーメン屋の様子とも違うけど、

わざとずらしてモダンにしてるわけではない、

「美味しい」というのが別な価値観で存在している
(だからって怪しい店なんじゃないよ、エセ環境派みたいな)

自然体の店なのです。


 なので、店主が「やめた」と言わない限り、

月と星が毎晩現れるように(新月の日も、曇りで見えない日も)、

いつもごく自然なたたずまいで、

お店を開いていると思います。


「また、いっちゃるべ」

そういうお店です。


※「また、いっちゃるべ」は昔、村役場が苫小牧民報に出していた広告のフレーズです。


★まーなび3回目は 1月24日です。前のブログをご覧ください。
Posted by がばめん太 at 09:00 | カフェまーなび | この記事のURL | コメント(0)
生酒を4年近く寝かせてみた [2011年01月04日(Tue)]

 正月なので、お酒が絡む話題。←「なので」?

 去年の話題で恐縮ですが、

大晦日に空けた酒。
(本当は、後1年ちょっと待ってみたかったんだけど)


 賀茂泉の純米吟醸の生酒。

 これは、2007年4月に出荷された物なので、

それから3年と8ヶ月経ってます。

 生酒は新鮮さが命とは言われますが、

それを寝かせたらどうなるのだろう思って、

賀茂泉の酒なら大丈夫だろうと

うちの床下でずっと保管してありました。
(真夏でも30℃なんて滅多にならない苫小牧)

 最近、飲んでませんが、

賀茂泉は、私の好きなお酒の一つです。

 
 さて、飲んでみると、

華やかな吟醸香は落ち着いて穏やかに。

 賀茂泉の個性的な部分も柔らかに。

 驚きました。

 こんなことならもう一本買っておいて、もう少し寝かせてみるんだった。

 ごちそうさま。ハート


以下、うんちく。

生酒   通常日本酒は、搾った時とそれを寝かせてビン詰め
     する時(詰めてからする方法もある)と加熱殺菌します
     が、それを全くしないで出荷する酒。

生貯蔵酒  ビン詰め時だけ加熱殺菌した酒。

生詰め 搾った後だけ加熱殺菌した酒。
Posted by がばめん太 at 07:24 | 息抜き記事(お酒とか) | この記事のURL | コメント(0)
おせち3種 [2011年01月03日(Mon)]

 元旦は、カミさんの実家にカミさんの妹一家と集まった。

 カミさんの姉さん一家は、だんなの実家に行って留守なんだけど。

 ちなみに、この3家族が集まると、

義姉さんとこの男3兄弟(末っ子は小3)、

うちの兄弟(上は小2、下は4才)、

義妹んとこは3才、

で、男ばっかし連なってとても賑やか。(っていうかウルサイ)

 まあ、さすがに義姉さんの長男はそこには混ざらないけどね。


 で、3家族のおせちを並べてみた。



 もともとが義母さんにあるから、

基本的に似てるんだろうけど、

それぞれの個性やダンナからの影響もあってやっぱり変わってくる。


 きんとんなんか、

うちが豆、義姉さんとこがサツマ芋、義妹んとこが栗。

 うちと義妹のとこはうま煮があるけど、

義姉さんとこはそれがなくて煮しめ。

 北海道のおせちの変化を見るようです。


 こどもたちも「シイタケ取って」

「そっちじゃなくてこっちの」とか、

お気に入りを見つけてました。
Posted by がばめん太 at 06:11 | 息抜き記事(お酒とか) | この記事のURL | コメント(0)
歴史ある?お銚子 [2011年01月02日(Sun)]

 元旦の続きですが、

日本酒はさまざまな温度で飲めるのが良いところ。

 で、カミさんちからいただいたのが、

このお銚子。


裏は、こんなふう。


 下の方には、「苫 花街」って書いてます。


 ずっと昔、

苫小牧にも何軒も料亭や遊郭のようなものがあった頃がありました。

「花街」とは、そういった地域を指す言葉ですから、

その頃から伝わるものなのだと思います。

 ちなみに、添えてある杯は、

神奈川県海老名市にある泉橋酒造さんが

酒本商店(室蘭)の頒布会で

札幌にいらした時にいただいたものです。


 ついでに言うと、右の皿に載っているのは

きんかんの蜜煮と花びら餅。

 花びら餅も作ったのはカミさんですが、

お母様に言わせると「江戸時代風」笑顔

それを聞いた、茶道をやってるカミさんの妹の旦那が

「花びら餅は、明治に入ってできたお菓子です」

とのことで、

「花びら餅 彼は自身の原型を知っていた風」ということに。熱燗
Posted by がばめん太 at 06:14 | 息抜き記事(お酒とか) | この記事のURL | コメント(0)
おせち2011 [2011年01月01日(Sat)]

 明けましておめでとうございます。

 2011年のおせち。



 左から時計回りに、蓮根の酢もの、蒲鉾、干し柿入りなます、

うま煮、塩鮭、椎茸の蚫もどき、きんかん蜜煮、

栗渋皮煮&白手亡豆きんとん、黒豆&ゆり根、昆布巻き、

中に入ってリンゴとサツマ芋の煮物、ゆり根寒天寄せ。

 蒲鉾と塩鮭以外は手作りです。

 「田作りが抜けちゃった」とのこと。

 
 で、お雑煮。



 うちのお雑煮は、鰹出汁も鶏肉も入りません。

 そして、新年を飾る日本酒は岩手県紫波郡のお酒「丹頂正宗」

 盛岡の芳本酒店のチョイスです。


 紫波といえば、私の好きなのは「月の輪」ですが、

それと好対照なお酒です。(月の輪は包み込まれるような酒ですが、

この丹頂正宗はスパッと斬られる感じ)

 燗にすると、とても良くなります。


 今年も良い年でありますように。音符
Posted by がばめん太 at 19:20 | 息抜き記事(お酒とか) | この記事のURL | コメント(0)