CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« ぱくぱく給食プロジェクトの記録 | Main
fxwill.com
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新コメント
コンシューマネット・ジャパン 古賀真子
子どもへのコロナワクチン接種はより慎重に〜苫小牧市議会に陳情をします (01/27) がばめん太
2012のおせち (01/03) やっほー
2012のおせち (01/02)
月別アーカイブ
子どもへのコロナワクチン接種はより慎重に〜苫小牧市議会に陳情をします [2022年01月21日(Fri)]

 政府は、新型コロナウイルスワクチンを5〜11歳の子どもにまで接種することを決めました。
 3月から接種できるように、各自治体に準備を進めるよう指示をするでしょう。

 接種の可否は保護者が決めることです。
 接種させたい保護者もさせたくない保護者もいるでしょう。
 どちらも子どもを思う気持ちの表れです。

 私は、全ての保護者に今一度立ち止まって慎重に考えて欲しい、自治体にも慎重に対応して欲しいと思い、苫小牧市議会に陳情することにしました。

 陳情の趣旨は以下に示しますが、

 もし、この陳情の趣旨に賛同できる苫小牧市在住の方がいれば、一緒に陳情者になってください。(陳情書に氏名と住所を記載します)

 直筆でなければならないので、記入用紙をなんらかの方法でお渡しします。
 このページからダウンロードして記入してくださってもかまいませんが、現物をいただかなくてはならないので、どちらにしても賛同できる方連絡ください。
 連絡先は以下のとおり。(★を@に変えて送信してください)

  pucca-fukutoma★asahinet.jp 

  陳情代表者 石田 英人

 期限は2/12までです。

 「○○の会」というようなものは作りません。
 「子どもへの新型コロナウイルスワクチン接種は慎重に!」それだけが目的だからです。
 
 苫小牧市外在住の方でも陳情者になれますが、少なくとも3分の2以上は苫小牧市内の方にしたいので、よろしくお願いします。

 陳情書と陳情者記入用紙(陳情者一覧)をアップします。
 ※陳情書の感染者数等はできるだけ新しい数字を使いたいので、アップしたものと変わる可能性があります。

 よろしくお願いします。

陳情書
tinjyosyo.pdf

陳情者記入用紙(陳情者一覧)
tinjyosyaitiran.pdf


 以下に、陳情の趣旨を掲載します。
 ほぼ、陳情書と同じ内容です。


 19歳以下の世代については、国内での最初の感染者を発見してから2年たった今でも、累計で19歳以下の世代人口の1.4%しか感染報告がなく、ほとんどが未感染または無症状です。
 また、発症しても軽症であり、重症・死亡はほぼありません。(これまでに死亡者3名)
 2019年まで、毎年1,000万人が罹患していたインフルエンザのように子どもの間で感染拡大を起こすようなこともありません。
 そもそもワクチンに感染は予防効果はありません。厚労省は初めからそう言っています。現在の感染者のほとんどが2回接種者なのはその証拠です。
 ワクチンの目的は、感染した場合の重症化を防ぐことなのです。

 感染しても重症化しない子どもたちに、重症化を防ぐことが目的のワクチンを接種することには意味がないのです。
 
 ワクチンを接種した大人の多くが、接種後に一時的であってもなんらかの体の不調を訴えています。ワクチン 接種との因果関係は不明とされていますが、接種後の死亡者の報告が1,400件を超えています。
 体が未熟な子どもに、健康上に悪影響がある可能性もあるような負荷を与えると、場合によっては長く続く健康被害になる可能性があります。
 ワクチンを接種する必要がほぼない子どもたちに、あえて、このようなリスクを背負わせる必要はないでしょう。
 
 子どもが高齢者を感染させるという指摘もありますが、三世代同居する世帯は日本の全世帯の5.9%しかなく、そもそも感染させる機会は少ないのです。

 子どもたちのこれからの長い人生を、私たち大人がしっかりと守りたいと思うのです。
Posted by がばめん太 at 05:59 | 新型コロナウイルス | この記事のURL | コメント(1)