CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 息抜き記事(お酒とか) | Main | 日々のできごと»
fxwill.com
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新コメント
コンシューマネット・ジャパン 古賀真子
子どもへのコロナワクチン接種はより慎重に〜苫小牧市議会に陳情をします (01/27) がばめん太
2012のおせち (01/03) やっほー
2012のおせち (01/02)
月別アーカイブ
北杜夫... [2011年10月29日(Sat)]

 北杜夫さんが亡くなりました。

 中学校の時に、教科書に載っていた

「どくとるマンボウ航海記」で北さんを知り、

初めて買った文庫本が、

北さんの「あくびノオト」。(中学生のとき)

 いや「へそのない本」だったかな。

 代表作の「楡家の人々」や「夜と霧の隅で」「幽霊」などは、

難しそうでだいぶ後から読みました。

 「どくとるマンボウ航海記」も全部読んだのは、ずっと後。

 しばらくエッセイと短編が収められたものを読んでました。

 北さんの文章の中に現れる、

恥ずかしがり屋な部分、

シニカルな部分、

それなのに素直に自分を表しちゃう部分、

大げさに話を膨らませる部分、

そういうところが大好きでした。

 特に、比喩の仕方が個性的で、

私もかなり影響を受けてます。

 5年以上、北さんの作品は買ってませんでしたが、
(最後に買ったのは「母の影」かな)

中学生以降、ずっと一番好きな作家です。

 というか、小学校の時は作家なんて知らないし、

これから最も好きな作家が現れるとも思えないので、

死ぬまで一番で、結局ずっと一番好きな作家ということですね。


 亡くなった日の2日後、

私は、自分が卒業した中学校の40周年記念行事に

パネリストとして参加することになってました。

 
 中学校から仲の良かった友達にも亡くなっているのがいますが、

こうして少しずつ「思い出」が、

向こうの世界へ行ってしまうのかなと、

ちょっと感傷的になりました。