• もっと見る

«報告会開催のお知らせ | Main | ありがとう»
fxwill.com
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2024年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新コメント
野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/18) 非営利自治支援事務所Pucca
陳情は不採択になりました 第2回 (03/17) 野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/16)
月別アーカイブ
市民提案制度その1 [2009年12月20日(Sun)]

 公園でも何でもいいんですが、

仮に、公園を例にとりましょう。

 私たちが「小川が流れて、木製遊具のある公園が欲しいよね」と思ったとき、

それは、私たちの一つの「思い」です。

 これまでは、その思いを実現するには、

 ○市議会議員と知り合いになって、
  「市議会で質問してもらう」または
  「市に働きかけてもらう」

 ○市役所の幹部と知り合いになって、直接働きかける。

 ○市議会に「陳情」「請願」を出す

 ○町の有力者から市役所に働きかけてもらう

といった方法しかありませんでした。

 この中で、「公式」な方法と言えるのは、

「陳情」「請願」と「市議会で質問してもらう」

だけですね。

 別な角度から見ると、

「こんなふうな公園をつくりたい」と提案できるのは、

市役所と市議会議員(議員提案)だけでした。


 ところが、苫小牧市で今年4月1日から施行された

市民参加条例。

 この中に、市民提案制度というものがあります。

 これは、18才以上の市民が10人以上揃えば、

さっきの公園のようなことでも市に提案できると

いうものです。


 さて、この制度が私たちに取って本当に役立つのか、

本当に機能するのか、

これから少し考えてみたいと思います。


  次回へ...。
Posted by がばめん太 at 05:50 | 自治、協働、参加 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント