• もっと見る

«本当の「新しい生活様式」は私たちが作ろう! | Main | ワークショップ〜ほんとうの「新しい生活様式」ってなにさ?その2»
fxwill.com
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/18) 非営利自治支援事務所Pucca
陳情は不採択になりました 第2回 (03/17) 野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/16)
月別アーカイブ
ワークショップ〜ほんとうの「新しい生活様式」ってなにさ?その1 [2022年11月07日(Mon)]

 小さな子どもを持つ親は、例えば机を囲んで話し合うようなワークショップにはなかなか参加できません。
 別室に託児室なだがあればいいのでしょうけど、そこで子どもを見てくれる人を配置しなければならないし、手弁当でやっている主催者にとってもなかなか負担。
 保育してくれる人にはせめて謝礼を出したいと思っても、その分を参加費として徴収しようとすれば、苫小牧市の場合は、どういう団体でも参加費を取れば営利とみなすしね。

 親にしても、姿が見えない子どもはやっぱり気になるでしょうし。

 そこで…

 市民グループ「まえむく(まるごとの笑顔とむねいっぱいの空気)」が、11月23日(水・祝)にこんなスタイルでワークショップをやってみることにしました!

 親と子が同じ場所にいて、全く別なことをするワークショップ。

 親は子どもが何しているか見えるから安心!
 (そっちに気が向くかもしれないけど 笑)

 子どもも、飽きたら親のところに行けるから安心!
 (その間、ワークショップに集中できないけど、まーそれはそれ 笑)

 うまくいくかな? チャレンジです!

 さて、そのワークショップはこんな感じ。

 詳細は明日のブログで!

maemuku20221123.png

maemuku20231123.pdf←チラシ!
Posted by がばめん太 at 06:06 | お知らせです | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント