CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«新型コロナ学習会「そこでのマスク本当に必要ですか?」その2 | Main | 新型コロナ学習会「そこでのマスク本当に必要ですか?」その4»
fxwill.com
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新コメント
がばめん太
2012のおせち (01/03) やっほー
2012のおせち (01/02)
月別アーカイブ
新型コロナ学習会「そこでのマスク本当に必要ですか?」その3 [2021年04月16日(Fri)]

 昨日のブログで、子どもは新型コロナに感染しにくい傾向にあることを厚労省のデータを利用して説明しました。

 今回は、「なぜ、子どもは感染しにくいのか」と「誰から感染するのか」を考えてみたいと思います。

 まず、なぜ、子どもは感染しにくいのか?

 調べてみましたが、まだ、しっかりした学説がないようです。
 そんな中でも、東京都医学総合研究所が2020.11.16に取り上げていた医学的知見に「なるほどなあ」と感じるものがありましたので、ここに引用しますね。

「子供は、感染時間が大人に比較して、ずっと短く、抗体を産生する前に、ウイルスを効率よく排除してしまうのであろう」
 〜中略〜
病原体への暴露は大部分、幼児あるいは子供の時に起こり、ウイルス特異的なメモリーが大人では形成されている。子供がSARS-CoV-2感染に対して重症化しない理由は、気管支上皮細胞でウイルスの受容体であるangiotensin-converting enzyme 2(ACE2)の発現が低いこと、あるいは、自然免疫による防御システムがより効果的であることが考えられる」

 公益財団法人 東京都井垣総合研究所HP 2020.11.16記事
 「子供はなぜ、新型コロナウイルスに感染しにくいのか?」
 https://www.igakuken.or.jp/r-info/covid-19-info30.html  

 また、このようにも書いています。

〈内皮細胞系の違い〉
 〜最初略〜子供の血管内皮細胞は、大人に比較して血管の損傷の程度が低く、血液凝固システムも異なっているので、子供では異常な血管の詰りなどが生じにくいと考えられます。
〈免疫系の違い〉
 自然免疫はSARS-CoV-2に対する最初の防御に重要な役割を果たしますが、子供は、大人よりナチュラルキラー細胞が多いなど強い自然免疫を有していることが一つの要因です。
 〜中略〜
 子供は複数のウイルスに感染することが多く、それによりtrained immunityがさらに効率化し、SARS-CoV-2に対する防御力がより向上している可能性があります。
 〜後略〜
〈微生物叢(microbiota)の違い〉
 もう一つの可能性は、呼吸器あるいは胃腸系の微生物叢です。微生物叢は、免疫、炎症や、疾患防御に置いて重要な役割を果たします。子供達の鼻では、大人よりウイルスや細菌が多く常在しています。特に鼻の中で顕著であり、これにより、SARS-CoV-2の増殖が抑制されます。また、子供は、腸内細菌の一つのBifidobacterium(ビフィズス菌)などいわゆる善玉菌をより多く有しており、これらはSARS-CoV-2に対抗する可能性があります。しかし、微生物叢は多くの因子の影響を受けるので、完全にその因果関係を証明するのは現状では困難です。

付記:「子供は、大人と同じようにウイルスを保持しているが、症状が出ないことが多く、その結果子供の間の感染が広かる危険性を持っているという報告もある」ことも紹介しています。

以上 同法人
  「子供はなぜ、新型コロナウイルスに感染しにくいのか?
  (感染しても症状が出にくいのか)?(2)」
 https://www.igakuken.or.jp/r-info/covid-19-info34.html
    
 今の私には難解な部分も多いので、略した部分が重要かもしれません。なので、ぜひ、ご自身でもリンク先を読んでみてください。


 では、子どもは誰から感染するのでしょう?
 下の表は、学校と幼稚園の感染経路を示した表です。
 (クリックで拡大します)

スクリーンショット 2021-04-12 22.04.40.png
スクリーンショット 2021-04-12 21.52.47.png
※「学校における新型コロナウイルス感染症 に関する衛生管理マニュアル ~「学校の新しい生活様式」~ (2020.12.3 Ver.5)」から引用

 中学校まで、7割が家庭での感染だということが分かります。
 園や学校でクラスターが発生すると、マスコミは大きく報道しますが、その数は少ないです。
  これは、インフルエンザとは全く逆の現象です。
 (インフルエンザは子どもがかかりやすいので学校が拡大の場になります。それが家庭から社会へ拡大していくので、学級閉鎖をして拡大を防ごうとするのです)

 つまり、「そもそも子どもは感染しにくいのだから、感染している子どもは少ないし、感染は広がりにくい」ということです。

 基本的に子どもは感染も発症もしにくく、社会に感染を拡大させる原因にはならないのです。
 であれば、子どもの行動を大人と同じように制約することはないわけです。

 感染させるとしたら、大人なのですから、ほとんど子どもだけの場所や3蜜ではない場所ではマスクを外して自由にさせてあげるべきだと思います。
Posted by がばめん太 at 06:01 | お知らせです | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント