CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«新型コロナ学習会 「そこでのマスク本当に必要ですか?」その1 | Main | 新型コロナ学習会「そこでのマスク本当に必要ですか?」その3»
fxwill.com
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新コメント
がばめん太
2012のおせち (01/03) やっほー
2012のおせち (01/02)
月別アーカイブ
新型コロナ学習会「そこでのマスク本当に必要ですか?」その2 [2021年04月15日(Thu)]

 4/25に行う新型コロナに関する学習会。

 今回は「マスク」。
 特に、子どものマスクの着用に焦点を当てて考えます。
 ※ここでの「子ども」は3才から中学生までとします。


 広い公園で元気よく走りまわる子どもたち。
 多くの子どもの顔にはマスク。
 どんな場所でもマスクを着けている子どもがほとんどになりました。
 
 でも、例えば3蜜にはならないような公演でも、マスクは必要なの?

 まず、子どもの感染の新型コロナウィルスの感染状況を見てみましょう。
 (表をクリックすると拡大します)」

年代別の感染者等.png

 PCR検査を受けた人のうち、陽性と判定された10代以下は全体の1割未満。(マスコミは陽性者を感染と表現していますが)
 10代以下がPCR検査を受けるということは、近くに感染者がいたということですから、それなりの感染の可能性が高い環境にいたということで。
 でも、この程度の数値。
 しかも、その1割の中で重症化したのはゼロ。
 ということは陽性者は全て「入院治療」が該当します。
 その、「入院治療」には、中症とされて入院している人と無症状や軽症で自宅・ホテルで療養している人が含まれています。
 厚労省では、この入院治療の内訳(入院しているのか、自宅・ホテル療養なのか軽症なのか)を公表していませんが、東京都や札幌市の公表しているデータから判断すると、入院と自宅・ホテル療養の比は半々と推定されます。
 また、子どもの場合、多くが無症状・軽症であると言われています。

 以上を総合して考えれば、子どもが新型コロナに感染して発症する可能性は低く、重篤な状態になる心配はまずないと考えていいと思います。
(ただし、成人では、重症化しやすい要因として、高血圧などの循環器疾患、糖尿病、喘息や COPD などの呼吸器疾患、がん、各種免疫不全、人工透析などが考えられているので、これに類するような疾患を持っている子どもの場合は注意が必要と思います)

 では、マスク着用について、WHOや学会はどのような見解を示しているか確認してみましょう。
【WHO】
「感染が拡大している地域で、人と人との距離を取れない混雑した公共的な場ではマスクをすることを勧める」
「5才以下の子どもについては、必ずしもマスク着用にこだわる必要はない」
【日本小児科学会】
「子どもがマスクを着用する場合は、いかなる年齢・状態であっても、保護者や、子どもにかかわる業務従事者(保育士、教職員など)が、呼吸困難、窒息、熱中症、その他体調の異変について注意し、慎重に見守る必要がある」

 子どもは感染しにくいという新型コロナウィルスの特徴とマスク着用が必要な場面と着用で発生するデメリットリを比較して考えた場合、現在の、子どもがマスクを着用しなければならない場面は少ないのではないかと思います。

 例えば、散歩や公園遊びなどの屋外活動の場では、子どもの健康を考えれば積極的にマスクを外すようにすべきじゃないかと思います。

 最近は、子どもの感染も増えているという情報も出てきていますが、それはそれなりの原因があると思いますので、それはまた別な機会に。

 
参考資料等
 東京都HP  新型コロナウィルス感染症対策サイト
 札幌市HP  新型コロナウイルス感染症の市内発生状況
 厚労省HP 新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)
 医療機関における新型コロナウィルス感染症への対応ガイド 第3版 日本環境感染学会
 公益法人日本小児科学会HP  提言・主張>子どもおよび子どもにかかわる業務従事者のマスク着用の考え方
 公益社団法人 日本WHO協会HP 子どものマスク着用について

スクリーンショット 2021-04-01 20.15.43.png
Posted by がばめん太 at 06:24 | お知らせです | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント