CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ココラットさんの講演会(札幌)その2 | Main | 過去最低の投票率を更新»
fxwill.com
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新コメント
野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/18) 非営利自治支援事務所Pucca
陳情は不採択になりました 第2回 (03/17) 野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/16)
月別アーカイブ
二刀流 [2015年04月22日(Wed)]

 いやあ、1年と5ヶ月も更新していなかった。

 びっくり。


 ファイターズの大谷さんが打者と投手の二刀流に挑戦していますね。

 いろいろ外野はうるさいですが、誰もやらなかったこと。

 「二刀流が成功したか失敗したか」は本人が決める事。

 「どちらも中途半端だった」と思うか、

「どちらも成功した」と思うかは、その人の基準によるもの。

 大谷さんが、自身の持つ尺度で自身が判断すればいいのだと思います。


 私も、いろいろなことに関心が向く方ですが、

「いろいろ手をつけて、どれも中途半端だったらダメですよね」

と言う人がいて、

 いや、確かにその通りで、

自分も、「これは途中で投げ出したなあ」と

言わざるを得ないものもあります。


 年を重ねて、いろいろ経験して、

結局、「中途半端かそうでないか」は自分で判断するしかないことが

わかりました。

 だって、自分で徹底的にやった事を他人は「まだまだ」とか言うし、

「これはまだ...」と思ってる事を、思い切りほめられたりするし。

 結局は、自分が思い描いたものにどれだけ近づけられるか(あわよ
くば達成するか)、

それが唯一の判断基準。

 じゃあ、他人の評価は関係ないのかいというと、そうでもなく、

それは本人の評価基準の中に「他人の目」も入っているわけで。


 うちの子が、あるスポーツとあるスポーツの二刀流に挑戦しています。

 基本的に「子どもは勝手にやってれ」という考え方なんだけど、

 この挑戦だけは応援してやろうと思ってます。


 なぜなら、青春を謳歌している、この姿がいとおしいし、

「挑戦」が好きだし、

「いろいろなことに挑戦できる」それはすなわち「自由」の象徴だからね。


 大谷さんの「二刀流」は、

いろんな意味で価値のある、素敵なことだと思います。
コメントする
コメント