CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«久しぶりに林へ。その1 | Main | JR北海道の今は、ずっと前から想定されていた...。»
fxwill.com
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新コメント
野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/18) 非営利自治支援事務所Pucca
陳情は不採択になりました 第2回 (03/17) 野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/16)
月別アーカイブ
久しぶりに林へ。その2 [2012年12月12日(Wed)]

 寒い分(多分0℃)、澄んだ青空が広がります。

huyunosora.png

 林を抜けて、

錦大沼のほとりの広場にでます。

 樽前山はすっかり雪化粧。

nisikioonuma.png

 子どもたちは、

この寒いのに小川に入って遊んでます。がく〜(落胆した顔)

 中には、スノトレで入って見事に靴の中が水浸しになった子も。あせあせ(飛び散る汗)

 元気というか、なんちゅうか。(笑)

 
 帰りに見つけた、足あと。

 タヌキだと思う?アライグマだと思う?

araiguma.png

 アライグマでした。

 爪が出てるのと、

写真ではよくわかりませんが、

左右の足幅が狭いのが証拠です。

 天敵がおらず、

繁殖力も強い外来の害獣ですが、

放したのは人間。

 外国から連れて来られ、

ペットとして繁殖させられ、

あげくに野山に放り出され、

必死で生きて来たのに捕まって殺される(んだよね、多分)

 勝手だよなあ人間はほんと。

 っていうか飼うなよ、難しい動物は。

 犬だってまともに飼えない飼い主も多いのに。

 あ、話しがずれた。



simobasira.png

 子どもがポケットに入れて持ち帰ろうとした霜柱。

 でっかくてキレイだね。
Posted by がばめん太 at 05:00 | 自然を中心に環境 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント