• もっと見る

«小檜山博さん講演会 | Main | カフェまーなび第6回目の様子 その2»
fxwill.com
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2024年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新コメント
野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/18) 非営利自治支援事務所Pucca
陳情は不採択になりました 第2回 (03/17) 野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/16)
月別アーカイブ
カフェまーなび第6回目の様子 [2011年05月22日(Sun)]

 カフェまーなび第6回目は、

苫小牧九条の会事務局長の佐々木功さんをお招きして、

「刷込みからの脱出〜子ども達の未来のために」と題して行いました。

 ちょっと抽象的すぎるタイトルだったかなあ...。

 内容は...

戦後から今まで、いろいろな社会の問題があり、

解決されたのもあればいまだに議論が続いているものもあります。

 いまだに続いているものは、

半ば日常化して重要性が見失われたり(例えば交通事故)、

固定化されたイメージが刷り込まれ、

そもそもが見失われてしまったものもあります。


 今回は「憲法」を題材に、

刷り込みを取り除き、そもそもを確認して、

問題を議論することにチャレンジしてみました。


 そもそも、憲法の目的は何でしょう?

 この問いに、中学1年生の参加者は、

「国をまとめるもの」と答えてくれました。

 それに佐々木さんが付け足します。

「国の権力を持つ人が身勝手な振る舞いをしないように、そのルールを示したもの。国民を縛り付けるものではない」


 私(左)が持っているフリップは、日本国憲法発布時に中学校に配られた「新しい憲法」という副読本の1ページを拡大したもの。佐々木さん(右)が持っているのがその副読本(復刻版)。

 そのことは第99条を読むとよく分かります。

第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

 では、国民については?

 それは、「義務」という表現ではなく、

憲法の前文で「憲法で示した理想を実現する」という誓いとして表現されています。

 ※憲法原文を読んでくださいね。


 地域の主人公(主権者)が市民であるように、

地域の集合体である国の主人公は国民です。

 例えば、学校の1クラス程度であれば、

その中で起きた問題を直接皆で話し合って解決することができ、

それぞれが役割を同時又は交代で担うことができますが、

大きな組織になるとそれは不可能です。

 だから、みんなの代表(議員)を選んで議論をしてもらったり、

代わりに専門で仕事をしてもらったり(公務員)するわけです。

 だから、彼らにはそれなりの権限(権力)を持つことになりますが、

それはそもそも市民(国民)が預けたもの、

だから彼らが権力を振り回したりしないように、

その目標やルールを示す必要がある、

それが憲法なのです。

 決して、今はやりの言葉で言えば「上から目線」で、

「国民のモラルや行いを統制すること」を盛り込むものではないのです。

 違う言い方をすれば、

国民には議員や公務員に権限を預けた者としての責任が
(求めた者としての責任が)

初めからあるということになります。


 さて、では、なぜ憲法を改正しようとする動きと、

それを阻止しようとする動きがあるのか?

 ...それは次回。
Posted by がばめん太 at 07:20 | カフェまーなび | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント