• もっと見る

«新聞の震災報道 | Main | 第5回目の様子 その1»
fxwill.com
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2024年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新コメント
野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/18) 非営利自治支援事務所Pucca
陳情は不採択になりました 第2回 (03/17) 野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/16)
月別アーカイブ
一人一人の命を守るということ [2011年03月28日(Mon)]

 震災に対する、自衛隊、消防、警察の活動は本当に大変だなと思います。

 さらに、福島の原発への対応、

あの任務にあたっている方達は命がけなわけで、

無事に戻ってこられることを祈るしかありません。


 彼らは、これまでの
(これまでというのは震災だけでなく、ずっと前からのエネルギー政策)

東京電力や政府の姿勢が原因で、

あのような任務にあたっているわけで、

さらにいえば、

これまでの私たち一人一人のエネルギー消費に対する姿勢が

彼らをあのような場面に追い込んだともいえます。

 
 彼らは、一人一人の命を守るために活動しています。

 だから、一人一人が、今までのエネルギーの使い方を考え直し、

これからのことをしっかりと考えることが、

彼らの命がけの活動に応えることだと思います。


 そうしないと、

これから過ぎて行く長い時間の中で、

この時の自衛隊、消防、警察の犠牲的(もはや「的」とは言えません)な行動ばかり強調され、

本当の原因や、被災者の悲しみが忘れ去られてしまいます。


 「お国のために頑張った」みたいに

将来、単純な言葉で一括りにされてしまわないように

こども達に伝えなければなりません。
コメントする
コメント