CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«生酒を4年近く寝かせてみた | Main | 日本中がファブリーズ?(笑)»
fxwill.com
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新コメント
野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/18) 非営利自治支援事務所Pucca
陳情は不採択になりました 第2回 (03/17) 野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/16)
月別アーカイブ
カフェまーなび第2回目の様子 [2011年01月22日(Sat)]

 だいぶ遅くなりましたが、

先月の「カフェまーなび」 (第2回目)の様子をご紹介します。

 先月は、苫小牧の美味しいラーメン屋さん

「らぁめんの村役場」の店主、千葉恵美子さんを招いて

「自然体で作る、自然体で話す、だから誰かに伝わる」というタイトルで行いました。


 あんまりいい写真がありませんでした...。

 参加者は10名ほど。


 村役場は、ラーメン屋さんにしてはめずらしく、

市内で3回も場所を変え、

しかも、夫婦で2店体制というのを2回もやっていて、

1回は錦町本店と住吉町出張所(←「出張所」は他人が名付けた笑い)、

もう1回は、日吉町に移ってから、本店から50m先に「町役場」笑い

ノリがいいというか、シャレがきくというか、

とにかく常識にとらわれません。

 「やってみないと分からないし」って。

 千葉さん的に言うと、

「流れてくるもの(こと)を、良いと思えば自然につかんでいる」

という感じですね。


 でも、それはただ流されるのではなくて、

「自分の信念と矛盾しないこと」が必要なのだそうです。

 例えば、ラーメンを提供するなら

できるだけお客さんの体に負担をかけないものを丁寧に。
(「体に優しい」はすごく近いニュアンスだけど、ちょっと違うと私は感じます)

 子どもに対してなら、

親として譲れない部分は、明確に丁寧に教える

というようなことだそうです。


 場をリラックスさせるのに、

村役場の名前の決め方や(苫小牧市役所の横にあったから)
※ちなみに村役場は、千葉さんは引き継いだ立場

店舗が分散した当時の事(チャーシューとかは全部本店で仕込んだので、町役場の時はラクだった)こと、

消えたメニューや

「冷やしラーメン始めました」って絶対告知しないことなど

導入部分に時間をかけすぎて、

千葉さんのひとなりや、

想いを伝えきれなかったのは、私の反省です。
(終了後、行きつけの店で、一人反省会...)


 私が思うに、

「美味しさ」っていろいろありますし、

その表現の仕方もいろいろです。

 「うちの店は、このダシとこのダシを足すことで」とか

「この道をひたすら追求」とか

はたまた入店すると、従業員が一斉に「いらっしゃい!!」とか。


 村役場は、「○○を使ってます」とか聞かれない限り言わないし、

一般的なラーメン屋の様子とも違うけど、

わざとずらしてモダンにしてるわけではない、

「美味しい」というのが別な価値観で存在している
(だからって怪しい店なんじゃないよ、エセ環境派みたいな)

自然体の店なのです。


 なので、店主が「やめた」と言わない限り、

月と星が毎晩現れるように(新月の日も、曇りで見えない日も)、

いつもごく自然なたたずまいで、

お店を開いていると思います。


「また、いっちゃるべ」

そういうお店です。


※「また、いっちゃるべ」は昔、村役場が苫小牧民報に出していた広告のフレーズです。


★まーなび3回目は 1月24日です。前のブログをご覧ください。
Posted by がばめん太 at 09:00 | カフェまーなび | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント