CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«北秋田〜後生掛〜盛岡の旅番外編1 | Main | うつ»
fxwill.com
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新コメント
野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/18) 非営利自治支援事務所Pucca
陳情は不採択になりました 第2回 (03/17) 野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/16)
月別アーカイブ
北秋田〜後生掛〜盛岡の旅番外編2 [2010年01月28日(Thu)]

 番外編の続きです。

 大水槽は、上から覗くわけですが、

なかなか見応えがありました。

 なんか落としたら、

あっというまに食べられちゃうそうです。

 ↑なんかくれるのかと、カメが上がってきました。


 ↑真ん中の緑色の美しい魚は、確か「シイラ」です。

 最後にはお知らせがあり、

2月の節分辺りの期間中、

なまはげの格好をしたダイバーが餌やりをするそうです。

 スーツに沢山のおもりを付けないと

潜れなくて大変なんて裏話も聞かせてくれました。

 で...
(なんてったっけ、潜るときかぶる奴、ヘルメットでなくて)

 まあいいや、そのなまはげの顔をしたソレをですね、

誰かかぶってみませんかと言ってくれたんですが、

誰も手を上げません。

 「じゃあ私が」と言いそうになりましたが、

ちょっと気が引けてやめました。

 見学が終わって戻る途中、

前を歩いていた親子連れが、

「おかあさん、かぶってみればよかったのに」

「普通は、大人はあんなとこで『かぶる』なんて言わないわ」

 一応私も、「普通」のラインに留まったらしいです。

 それにしても、バックヤードに入れるなんて貴重な体験。

 水族館としては大変でしょうが、続けて欲しいものです。


 そういえば、こんな写真も撮ってました。

 ジオラマじゃありません。顔1(うれしいカオ)

 本物です。ハート(トランプ)

 ペンギンは、

子どもの頃から変わらずに私のアイドルですが、

しかし、なんで彼らはこう、固まっているのでしょう?

 何を考えてるんでしょうね。

 勝手にそれを想像するだけで、楽しいんですけど。


 そうだ盛岡では、

「正食普及協会」に行きました。↓


 とても趣のある建物で、

添加物を極力排除した食品や

美味しそうなパンも並んでました。

 カミさんはここに来るのも楽しみの一つで
(良かった、こっちは開いていて)

ロシアンビスケットを購入。

 今、それを食べながらブログを書いてますが、

素朴でとてもとても美味しいです。

 でも、歯が折れるかと思うくらい堅い。力こぶ
 表面が堅いんですね。

 中はホロホロしてる。

 カンパンをリッチにした感じ。

 差し歯の人はご用心だな。


 秋田、岩手はとても良いところですね。

 食べ物も美味しいし、

北海道とは違う、

歴史とか風土とかに育まれたものを感じます。

 まだまだ、行ってみたいところが沢山有ります。

 いつかきっとまた。

 今度は、片方ずつもっとゆっくりと。
Posted by がばめん太 at 05:22 | 秋田への旅 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント