CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«北秋田〜後生掛〜盛岡の旅その8 | Main | 北秋田〜後生掛〜盛岡の旅その10»
fxwill.com
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新コメント
野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/18) 非営利自治支援事務所Pucca
陳情は不採択になりました 第2回 (03/17) 野田真美
陳情は不採択になりました 第2回 (03/16)
月別アーカイブ
北秋田〜後生掛〜盛岡の旅その9 [2010年01月24日(Sun)]

 昨日の続きです。

 旅の5日目は、

盛岡を出て角館に寄って秋田港に向かいます。

 北ホテルの朝食は美味しかった。

 ごはんとみそ汁に、厚目に切った鮭の西京漬と

焼き海苔、塩辛、梅干、納豆そしてお漬物。

 鮭は、多分トラウトサーモンだと思いますが、

西京漬にしたお陰で余計な油が抜けてちょうど良い

脂ののりに。

 昨日の焼きおにぎりについてきた漬物もそうですが、

調味液に「浸けた」んじゃなくて、

きちんと「漬けた」漬物。

 とても美味しかったです。

 さて、出発です。

 と、その前に9:00から開いてる芳本酒店に行って、

弟と従兄弟には月の輪の「芳本オリジナル」を、

自分には南部美人の「芳梅」を。

 「芳梅」は、

ご主人に「まだだいぶ早いよ。酒質が堅いです」と言われましたが、

苫小牧では手に入らないので、

「室温で寝かせるから」ということで購入。
(熟成を早くする)

 早くても、半年寝かせてから飲む約束になってます。

 で、子どもたちも元気とはいえ、疲れが出てるはず。
(2人とも便秘にならなかったのは、ホントに良かった)

 今日は、途中に盛岡手作り村に少し寄って、

後は角館だけを見る事にして10:00に盛岡を発ちました。

 手作り村は、物産館がある他、

南部せんべいや盛岡冷麺等を

実際に自分で作って食べる事ができます。

 南部せんべいを焼いてみたかったけど、

入ろうと思ったらグループが先に居て断念しました。

 アイデアとしてはなかなかいいんじゃないかと思います。

 指導してくれるのは、それぞれプロの方達のようですから。

 お昼は、雫石の道の駅あねっこと同じ敷地にある

そば処しずく庵で。

 私が頼んだのは、「ぎょうてんそば」

 何が「ぎょうてん(仰天)」って、もりそばのその量です。
(それより少し盛りが少ないのが「びっくりそば」)

 でもまあ、そば好きの男ならそんなに仰天する量じゃありません。

 札幌のそば屋「大番」の中盛りくらいかな。

 秋田、岩手と、つゆが薄味で甘みも薄いですね。

 関西のうどんつゆという感じがしました。

 私は、このタイプのつゆだと

「もり」より「かけ」の方が馴染めるな。

 そういえば、旅に出て

初めて昼にラーメン以外のものを食べることができました。顔1(うれしいカオ)

 さて、雫石を出て角館へ。

 岩手を出て再度秋田に入ります。

 秋田に入ると、俄然雪が降り出しました。

 で、角館はこんな感じ。↓


 私は、もう15年以上前に一人旅をして

やっぱり雪の角館に来た事があります。

 その時よりは多いのですが、

もっともっと降るんでしょうね。


 上の写真の、青柳家を見学です。

 ここは見学場所が建物ごとに別れていて、

それぞれ興味深いものですよ。

 カミさんは、昔の盃を指差して

「ほらこんなにちっちゃいでしょ。

お酒は貴重で舐める様に飲んだんだよ、チビチビと。

とーちゃんみたいにぐびぐび飲まないんだよ本当は」ウインク

 いや、多分そうなんだけどさ。

 まあ、それはもう少し枯れてからってことに...。

 そういうカミさんは、

欲しいと思っていたタイプのカゴがここで見つかり、

でも、自分の財布と私の財布を合わせても足りません。

 後ろ髪を引かれながらあきらめる事に。

 なんだか今回、彼女はツイてませんねー。


 そういえば、私たちが通ったところって、

ローソンやファミリーマート、デイリーヤマザキとかはあるけど

セブンイレブンをほとんど見かけませんでした。

 セブンイレブンはどこにでもあるから、

まあ間に合うだろうというくらいの現金しか持たなかったので

最後はけっこうぎりぎりでした。

 だって、他のコンビにで降ろすと

手数料がかかる銀行だから。

 そういえばイオンは、ちょっとした町には必ずありますねー。

 それはさておき、雪が本格的に降り出して

子ども達がこんなことして楽しんでいた↓
角館を後にします。

 君たち、北海道の子どもだよね? 秋田の雪はそんなに美味しいかい?

 さて、いよいよ秋田港フェリーターミナルへ向かいます。

 途中、道の駅協和で船内で食べる夕飯と

超人ネイガービールを購入。

 家で飲んだが旨かったハート(トランプ)

 秋田に入ると雪は降ってないもの強い風が吹いてます。

 乗船手続を確認したところ、

「フェリー利用促進キャンペーン中なので、

このアンケートに答えてください、

苫小牧の特産品をお渡しします」と用紙を渡されました。

 苫小牧人だから、

特産品はもらえればもらうって感じなんだけど

なんせ受付の女性が、

秋田を発つにふさわしく、

「秋田美人の真打ちです!」って感じで

とてもカワイイので、

「景品は要らないですが、

君のためなら何千枚のアンケートでも答えれる」

って感じで受け取りました。

 
 しっかし、「秋田美人」ってホントなんですね。

 平均値が明らかに高いです。

 
 では、いよいよ苫小牧へ向かいます。

 ところが、最後に長男に試練が待っていたのでした。

 では次回。
Posted by がばめん太 at 23:50 | 秋田への旅 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント