CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

fxwill.com
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
がばめん太
2012のおせち (01/03) やっほー
2012のおせち (01/02)
月別アーカイブ
苫小牧に...あってもいいよね!IR [2019年11月09日(Sat)]

 4年と2.5ヶ月ぶりの更新です。

 最後に行ったイベントからは、7年半ぶりの再開です。

 記事になってませんが、6/19に「ワタシタチノ水道ノ未来」というのを行っています。
(そのうち記事にします)

 さて、苫小牧は今、IR(Integrated Resort)の誘致の可否で揺れています。
 IRとは、カジノを含む統合型リゾートのことです。

 正直言って、私も、これまでよく勉強していませんでした。

 おそらく、多くの人も「で、なんなのそれ?」という感じじゃないでしょうか。
 「カジノとその他立派な施設が森の中に建つ」くらいの認識じゃないでしょうか?

 でも、ちょっと調べてみたら、これはかなり大きなことで、経済だけでなく、文化や住民気質まで将来にわたって大きな影響を与えるものなんだなあと分かってきました。

 苫小牧がまだイワシ漁くらいしか産業がなかったときからを振り返れば、王子製紙の進出、苫小牧港の掘り込み〜開港、千歳川放水路、ITER(去年の地震を考えれば、あったらどうなっていたのか...)とならぶ大きな問題のようです。

 そんな中で、先日、苫小牧市議会ではIRの誘致推進を賛成多数で決議しました。
 この動きで、新たにIRに関心を持った方も多いと思います。

 で、「自治支援事務所」という看板を掲げている事務所(1人)Puccaとしても取り組まなければ看板が泣きます。
 そういうわけで、以下のような市民講座を開催することにしました。
 ぜひ、お申込ください!

スクリーンショット(2019-11-10 21.17.41).png

 会場には駐車場がありません。
 公共交通機関か近隣の駐車場をお使いください。

チラシはコチラ→IRあってもチラシカラー変更版.pdf
Posted by がばめん太 at 16:07 | お知らせです | この記事のURL | コメント(0)
夏の花たち [2015年08月22日(Sat)]

 久しぶりの更新。

 もう、春が過ぎ、夏も終わろうとしてる。

 北海道はお盆が過ぎれば秋。

 うちの畑(庭)を彩った夏の花たちを紹介。

スクリーンショット(2015-08-22 7.48.44).png
 黄色がヨモギギク(タンジー)、奥の白いのがセイヨウノコギリソウ。

スクリーンショット(2015-08-22 7.48.17).png
 トウガラシの花と奥はラベンダー。

スクリーンショット(2015-08-22 7.55.17).png
 ナスの花。

スクリーンショット(2015-08-22 7.54.51).png

 ナツシロギク。ナスの後ろに写っていた白い花もコレ。

スクリーンショット(2015-08-22 7.56.53).png
 ネジバナ。

スクリーンショット(2015-08-22 7.56.11).png
 ネジバナの隣に咲いた八重咲きのカモミール。

スクリーンショット(2015-08-22 7.55.44).png
 オレガノ。

スクリーンショット(2015-08-22 7.56.32).png
 ミズヒキ。

スクリーンショット(2015-08-22 7.04.04).png
 大豆畑から顔を出すシュンギクの花。
 シュンギクは葉っぱも大好きだが、花も超可愛いくて大好きだ。
 しかも、このタイプはツートンで「可愛い花を描いたらこうなりました」的。

スクリーンショット(2015-08-22 7.57.15).png
 そして、夏の真打ちヒマワリ。
 花の中で一番好きだ。
 
 今年のお盆。

 うちは納骨堂なんだけど、

そこにカミさんがうちに生えていた

花が沢山付くタイプのヒマワリを切って供えた。

 普通の仏花ばかりの中で、とても素敵だった。


 この他にも、

キキョウ、バジル、カンパニュラ、ブラックベリー、

キュウリの花、ダイズの花、トマトの花、

3年前までは一大勢力だったのに、

今年はかろうじて端の方から3本ほど出て来たボリジ、

そしてボリジの代わりにマルハナバチの期待を一身に集めるラムズイヤー。

 池には、氷の下で生き延びたスイレン。

 その他にも沢山。

 中にはまだ咲き続けているのもあるけれど、

みんな盛りは過ぎたね。

 決して整頓された庭じゃないけれど、

様々に咲き誇り、

それぞれ虫や鳥を集め、

すごく賑やかな庭にしてくれた。

 さて、季節は秋へ。

 さっき庭をぼーっと見てたら、

大きなトンボが飛んで来た。

 カッコいいなあ。
Posted by がばめん太 at 07:50 | 自然を中心に環境 | この記事のURL | コメント(0)
キアゲハ [2015年05月08日(Fri)]

 硬い話しが続いたので、

ちょうちょの話。


 先日、家の玄関に虫の飼育ケースが出てた。

 中を見るとキアゲハが。

 次男に聞くと、動けないでいたのを見つけ、

拾って保護したらしい。

 一晩、玄関で保護して、

このまま置いていても弱って行くだけなので、

外に帰すよう伝えておいた。

 外に出して生きていける可能性も低いけど、

育てていく事もできないし。


 翌日、用事から返ってくると玄関先のスイセンに留まってた。

 この時期に飛んでいたという事は越冬したものでしょう。

 接写できる機会は、そうないので写真を撮らせてもらいました。

キアゲハ1.png

 キレイですねえ。

 うちには、山椒の木があり、

ニンジンも植えるので秋には卵を生みにやって来て、

幼虫もよく見るけど、

春に出会う事はほとんど無かったなあ。

キアゲハ2.png

キアゲハ3.png.

 手乗りキアゲハ。

 キアゲハ4.png.

 弱ってる証拠だね、手の暖かみが居心地良さそうだった。

 風が強くなったので、

陰になる場所に放したが、

夕方から強い雨になり、耐えられたかどうか。

 翌日、離した場所を見たけど、もう居なかった。
Posted by がばめん太 at 06:50 | 自然を中心に環境 | この記事のURL | コメント(0)
投票にいかない〜戦争に行かされるのは誰? [2015年05月06日(Wed)]

 選挙権を行使しないということは、

「自分の暮らすまちや国の未来がどうなろうと私には関係ない」

という意思表示です。

 それはそれで、一つの生き方なのかもしれません。

 ただし、それで将来、自分または自分が愛する人に何が起ころうと、

他人のせいにしないという覚悟があるのであれば、ですが。


 さて、今の総理大臣である阿部さんは、

日本を日本の国土を守るため以外でも戦争に参加する国、

自衛隊を日本の国土を守るため以外にも、

戦うことができる様にしようとしているわけです。


 で、戦争に行くのは誰かというと、

今、国会や地方議会の議員をやっている人ではなく、

経済の中心に居る人たちでもなく、

今、子どもを育てている人たちでもなく、

これから青春を謳歌しようとする子どもたちです。

 
 初めて自衛隊を海外に行ったのは24年前の平成3年。

 ペルシャ湾に掃海艇を派遣しました。

 その後、海外に自衛隊を派遣する場合には、

国連決議による場合は、PKO法(平成4年制定)に基づき行い、

国連決議によらない有志連合(要するにアメリカの求め)の一員として派遣する場合には、

その都度法律(テロ特措法(平成13年)、イラク特措法(平成15年)、新テロ特措法(平成20年))を制定して対応して来ました。

 また、アメリカ軍への給水、給油等の後方支援活動は、

日本の周辺で戦闘が起きていない地域に限られて来ました。(周辺事態法(平成11年))


 自衛隊を海外に派遣するルールを整備してから、

11年後には事実上「戦地」である地域に自衛隊を派遣させる法律を作り、

その12年後の今、

自衛隊の活動の根拠、活動地域、任務の枠を外し、

法律を作る手間を省く(国民がチェックする機会を減らす)法律が作られようとしています。

 これらの法律ができても、

「今、戦闘が起きていない地域」という縛りは残るでしょうが、

「自衛隊が戦闘に巻き込まれる可能性が高くても、今、戦闘が起きていなければ、そこに派遣する事はできる」わけで、

起きれば迎撃しなければならず、それはすなわち戦争に巻き込まれるという事です。

 
 さて、この23年間のうちに、投票率(衆議院選挙)は、

平成3年が73.31%、平成15年が59.86%、H26年が52.66%と下降する一方です。

 多くの人が関心を寄せていなかったということが分ります。

 特に、10年も立てば、良くも悪くも社会は大きく変わるわけで、

その社会で20才位になる子どもを抱えていた

30代の投票率は、75.97%→50.72%→42.09%と

30%以上も下がっています。


 もし、阿部総理の狙う法律の改正や新設が実現したら、

自衛隊員は本当に危険なところに派遣されるわけで、

退職する自衛隊員も多くなり、

入隊希望者も減る事になるでしょう。

 自衛隊員の定員に対する充足率は91%(平成26年度防衛白書)ですが、

一番多く必要な、一番階級の低い「士」の充足率は72%と一番低く、

ここが一番影響を受けることになります。


 自衛隊の活動範囲や海外での活動期間が長くなれば、

それだけ人員が必要になるわけで、

そうすると、軍隊で言う「徴兵」が行われる可能性が高くなりますね。

 これまでの流れを考えれば、

5年から10年後にはそういう法律が提案される可能性が高い...

そう思うべきではないでしょうか。

 すると、今、10才〜15才の子どもたちが成人した時に

そういう社会で行きて行くことになるわけです。

 そして、それ以降の世代の子どもたちも。


 徴兵制への賛否は人それぞれでしょう。

 しかし、その制度が決まるとき、

またはその制度がいずれ始まる可能性が容易に見込まれる時期に

自分の親たちが何の意思表示もしていなかった。

 それを知った子どもたちは、親をどう思うでしょうか。


 次回の選挙こそ、選挙権を行使しましょう。

 次の世代に対する、あなたの最低限の責任だと思うのです。

Posted by がばめん太 at 08:28 | 自治、協働、参加 | この記事のURL | コメント(0)
過去最低の投票率を更新 [2015年04月27日(Mon)]

 私が暮らす苫小牧、

昨日の市議会議員選挙の投票率は48.99%、

半分以上の人が選挙に行かないという事態になりました。

 争点が無い?

 いいえ、カジノ誘致の可否、駅前衰退と都市計画、

学校教育、福祉関係など問題は沢山あります。

 なんで投票に行かないのか?

 平成9年に投票率向上を目指して公職選挙法が改正され、

投票時間の延長、そして期日前投票の実施と、

投票しやすい様に、しやすい様にと

さまざまな制限が緩和されて行きました。

 しかし、現実は...

反比例する様に投票率は低下しています。

スクリーンショット(2015-04-27 20.25.50).png
 総務省HP
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/sonota/nendaibetu/

 もういい加減、みんな気付いたよね。

 投票に行かないのは、

「投票に行きにくいから、不便だから」じゃないんだって。

 だから、自宅でPCやスマホで投票できるようにしたってダメ。

 かえって、「よく考えないで投票」したり

「組織に言われてるから投票」したりというのが占める割合が増えて、

いびつな民意となって結果に反映されてしまう。


 選挙に行かない理由は、

昔から言われている

「投票に行ったって何も変わらないし」

と多くの人がこう思っているから。

 コレに尽きる。

 
 投票率が75%を越えたのは昭和33年(67年前)が最後、

70%を越えたのはH2年(25年前)が最後、

投票結果によって社会が変わるのか変わらないのか、

知ってる人は多くない。

 しかも、昭和30年代からの高度経済成長からバブル期まで、

基本的に景気はよかったから、

選挙に関心がなくても生活は守られていたので、

ダイナミックに社会を変える必要も感じていなかった。


 つまり、「変わらないし」は「変わらなくてもいいから」

という意味だった。

 「変わらなくてもいいから投票に行かない」というのを

「行ったって変わらないから」と自分を正当化していただけ。

 
 じゃあなんで「変わらなくてもいい」と思うんだろう。

 それは「今の状態が、将来どのような社会を創りだすのか」を

考えようとしないから。

 簡単に言うと「想像力の低下」が招いた事態なんだと思う。


 例えば、「来年から徴兵制を実施します」と政府が言えば、

その後に行われる選挙はかなり投票率が上がると思うよ。

 でも、「世界情勢に考え、自衛隊をアフリカに派遣します」なら

大した影響は与えないでしょう。

 実際に自衛隊が戦闘に巻き込まれて、

もし、自衛隊員が次々に辞めて行くような事態になったら、

徴兵制は現実味を帯びてくるよね。

 ただ、それに気付いた時には外堀が埋まっているかも...。

 
 みんな、選挙に行こうよ。

選挙権は昔の人たちが苦労して手に入れた私たちの権利だよ。

 初めての国政選挙から、

20才以上の全ての男女が選挙権権利を手にする迄に55年かかってる。

 そして、それから70年経った。

 このままでは、選挙権の存在意義さえ疑われてしまうよ。


 次はちゃんと行こう。

 損するのは未来の自分、そして子どもたちだよ。

Posted by がばめん太 at 19:52 | 自治、協働、参加 | この記事のURL | コメント(0)
ココラットさんの講演会(札幌)その2 [2013年11月13日(Wed)]

 ココラットさんは、今年の1月に初めて苫小牧に来ていただきました。

 その時にも感じたのですが、

今の日本の状況はさらに悪くなっている様に思います。


 質疑の中で第2次世界大戦当時のビルマと日本の話しが出ました。

 そもそも、イギリスからの独立のために日本軍がビルマ軍を組織したのです。

 もちろん日本軍には大東亜共栄圏という目的があったからですが。

 ビルマの秘密警察は、当時の日本の特高(特別高等警察)のやりかたを参考にしているだろうとのことでした。


 さて、その日本。

 まるで、第2次大戦前の日本に戻ろうというような動きが出て来ています。

 例えば人権。

 自治体や国家は、「個」の集合体であり、

人はそれぞれ「生きていくための権利」を持っているものですが、

それを、まず共同体(国家、地域など)があって、

そこに「個」があるような考え方(全体主義)に変えようという動きです。

 それは、憲法改正や秘密保護法など、

国民の権利を制限する様な法整備の動きから感じられますし、

低所得者を放置、貧富の差を拡大させるような制度の導入からも感じられます。
(例 TPP→大企業ほど有利。生活保護費の削減)

 なぜ、貧富の差の拡大が全体主義につながっていくのか?

 そのカラクリはこうです。

 個々に不満が高まっていく。
   ↓
 そのはけ口 自分より弱い立場にある人を責める。
   ↓   誰かを悪者に仕立て上げる。
   ↓
 はけ口は、自分より弱い立場の人へ向けられ、それは階層的になり、下位の者ほど不満は大きくなる。

 貧困は親→子というように連鎖していく確率は高い。
   ↓
 「智力」のレベルも同じ傾向がある。

 そして、人間は、普段バラバラな集団でも「共通の敵」を持つと、一つにまとまる習性があります。

 人権や選挙等自治に関して学ぶ機会を減らし、

不満や不安を高めた上で、

何か大きな「敵」を作って煽れば、

全体をコントロールするのは簡単です。

 このことは過去に何度も実践されて来たことですよね。


 ここでココラットさんの言っていたことに戻ります。

 日本人は選挙権の大切さを忘れている。

 教育をきちんと受けられることの重要性を忘れている。

 個人と政府は違う。だからこそ、歴史をきちんと学ぶ必要がある。


 再び、今の日本を考えると、

 きちんと選挙に行かないので、このような政府が生まれました。

 自治をきちんと学んで来なかったので、このような政府が生まれました。

 歴史をきちんと学んで来なかったので、このような政府が生まれました。

 そういうことなんだと私は思います。

 (ここでいう「学んで」は「教えてもらう」だけではなく「自身で確かめる」ことも含んでいます。(まあ、なんでも本当はそうなんだけど))

 
 軍事政権下で、権利の多くを奪われながらも必死で生きるビルマの人たちの話しを聞くとき、

私は、本当に、日本の子どもたちの将来へ不安を感じるのです。


 だから、最低でも、選挙には行かなくちゃ。

 その足で、考えながら、投票場へさ。
Posted by がばめん太 at 05:00 | 自治、協働、参加 | この記事のURL | コメント(0)
ココラットさんの講演会(札幌)その1 [2013年11月12日(Tue)]

 先日、札幌の「ちえりあ」で

ビルマ民主支援会代表のココラットさんを招いて、

映画上映会及び講演会が行われました。

 ビルマのことは、現在はもっぱら「ミャンマー」とよばれますが、

 ココラットさんら、現在の軍事政権に反対する人たちは、

「ミャンマーという呼称は軍事政権が定めたもの」として、

現在も「ビルマ」とよんでいます。


 さて、映画「私たちの明日」については、

ビルマ民主化支援会(SCDB)のHPを参考にしていただくとして、
      ↓
     こちら

 この日の講演を、手元のメモからご紹介します。

 ※一部記憶違いがあるかもしれません。


《ビルマの現状》

 タイのビルマとの国境沿いにある難民キャンプの一つでは、
(おそらくメラウーキャンプのことでは?)

16000人が暮らしているが、

そこには病院が2カ所しか無く、

医者は1人、週に一度しか来なく、

スタッフは看護士でも薬剤師でもない。


 アメリカの難民キャンプへの支援方針が変更され、

例えば100%キャンプへ送られていたものが半分はビルマ国内へ向けられるようになった。

 だが、キャンプの人口が減ったわけではない。


 アメリカはH25.6から難民受入れをストップした。

 おそらくEU、カナダ、ノルウェーなども追随するだろう。


 民主化が随分進んだ様な報道があるが、各民族と国軍の戦いは続いている。


 難民が国に帰れることになっても問題は沢山ある。

 例えば、もともと住んでいた地域には地雷が沢山埋まっている。


 子どもの居る3、40代の親は、

子の教育のために第3国定住を望んでいる人は多い、

しかしそれ以上の世代では望んでいる人は少ない。


 難民キャンプの未来は、

キャンプで暮らす子どもたちへの教育にかかっている。


《日本へ望むこと(大きく)》

 教育関係の支援。特に地方の人は、人権等について理解が足りない。

 ビルマの田舎の姿は20数年前と変わっていない。地方にも仕事が来る様な支援が欲しい。


 次回は、ビルマの状況から見えてくる日本の将来への不安について書いてみます。
Posted by がばめん太 at 05:00 | 自治、協働、参加 | この記事のURL | コメント(0)
JR北海道の今は、ずっと前から想定されていた...。 [2013年09月30日(Mon)]

 私は電車が大好きです。

 ホームで列車を待つのも、

車窓を眺めるのも、

到着のアナウンスを聞いてホッとするのも、

プラットホームに足を踏み入れる瞬間も大好きです。

 立ち食いそばも、

プラットホームの売り子さんから弁当を買うのも、

キヨスクでビールを買うのも大好きです。


 昔は到着すると、独特のイントネーションで

「とまーこまいー、とまーこまいー」(だったかな?)と

アナウンスがあり、

札幌駅には苫小牧方面行きの電車が出る「0番ホーム」があり、

急行ちとせによく乗りました。


 さて、最近のJR北海道は

事故や不祥事を立て続けに起こしていますが、

これは、起こるべくして起こっているものでしょう。

 国鉄がJRになったのは今から26年前ですが、

JRを退職した人から、

「人がすごく足りない。いろんな所に手入れができてない。このままじゃ絶対に事故が沢山起きるようになる」と聞いたことがあります。

 それは今から、10年くらい前のことでした。

 そして、本当にそのとおりになっています。


 JR社員が怠けているわけではないと思います。

 というか、かなり下請けに出しているようですから、

JR社員というより下請けや関連会社の社員さんですね、

そこの社員が手を抜いているわけではないと思います。


 新聞を読むと「注文した資材が満足に届いたことがない」というコメントがありました。

 私は、以前、子どもの健康に直接関係する職場で管理部門を担当していたことがありますが、

全く同じ経験をしました。

 予算を削られ、満足に物品を買ってあげられないのです。

 納入業者への支払いを数ヶ月待ってもらったこともあります。


 国鉄がJRになったのはそれなりに理由がありますが、

それにしても「安さ」「効率性」が優先され、

それが続き過ぎているのではないでしょうか。


 2、3年前でしょうか、

バスの事故が続いたことがありましたね。

 あの時、バスの運転手の過酷な労働条件が明らかになりました。

 他にもいろいろあるでしょう、あらゆる分野に。

 
 私たちは、価格は見比べますが、、

その価格設定が引き起こす将来を

見とおすことは苦手なのかもしれません。

 いや、そもそも、そんなこと考えたくないのかも。


 タクシーの規制緩和で、

運転手さんの生活が大変なことになりましたね。

 生活保護以下の収入になった運転手さんも。


 商品が安くなっても、みんなの生活は楽になりませんでした。

 それどころか、生活保護も自殺も精神的な病も増える一方です。

 
 モノが安くなってよかったと思っていたら、

周りで職を失う人も増えました。

 まわりまわって、やがて自分もそうなるかもしれません。


 「安さ追求」はやがて自分の首を絞めるもの

それがなんとなく見えて来たみたいです。

 
 何に力を注ぐべきか、

JR事故も、自殺も、原発事故も、

私たちに「それを真剣に考えるように」と示唆しているように感じます。
久しぶりに林へ。その2 [2012年12月12日(Wed)]

 寒い分(多分0℃)、澄んだ青空が広がります。

huyunosora.png

 林を抜けて、

錦大沼のほとりの広場にでます。

 樽前山はすっかり雪化粧。

nisikioonuma.png

 子どもたちは、

この寒いのに小川に入って遊んでます。がく〜(落胆した顔)

 中には、スノトレで入って見事に靴の中が水浸しになった子も。あせあせ(飛び散る汗)

 元気というか、なんちゅうか。(笑)

 
 帰りに見つけた、足あと。

 タヌキだと思う?アライグマだと思う?

araiguma.png

 アライグマでした。

 爪が出てるのと、

写真ではよくわかりませんが、

左右の足幅が狭いのが証拠です。

 天敵がおらず、

繁殖力も強い外来の害獣ですが、

放したのは人間。

 外国から連れて来られ、

ペットとして繁殖させられ、

あげくに野山に放り出され、

必死で生きて来たのに捕まって殺される(んだよね、多分)

 勝手だよなあ人間はほんと。

 っていうか飼うなよ、難しい動物は。

 犬だってまともに飼えない飼い主も多いのに。

 あ、話しがずれた。



simobasira.png

 子どもがポケットに入れて持ち帰ろうとした霜柱。

 でっかくてキレイだね。
Posted by がばめん太 at 05:00 | 自然を中心に環境 | この記事のURL | コメント(0)
久しぶりに林へ。その1 [2012年12月11日(Tue)]

 久しぶりに錦大沼に行ってきたのでその様子を。


 樽前山ろく森学舎の自然塾に行ってきた。

 どんぐり。
donguri.png

 土の無いところで根を出しちゃった。

 出した時には土の上だったけど、

定着する前に風で転がされて来たかな。


 どんぐりと栗。

donguritokuri.png


 これはカラマツの幼木。

karamatu.png

 付近にカラマツがないから、

「多分風に乗って来たか、鳥が落として行ったかだね」と

佐々木さんが教えてくれる。

 それにしても、この大きさですぐにカラマツって分るのがすごいね。

 
 赤い実を発見。

gamazumi.png

 ガマズミだそうです。

 「食べれる?」と尋ねたら「食べれる」というので

子どもたちと食べてみました。

 「酸っぱ!!」ふらふら

 さらに赤い実を発見。

megi.png
 
 メギというんだそうです。

 これも食べれるというので食べてみました。

 ...凍れる(しばれる)、解けるを繰り返し、味が抜けたようです。

 美味くも不味くも、甘くも酸っぱくもありませんでした。


 次回へ続く。





Posted by がばめん太 at 05:00 | 自然を中心に環境 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ