CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【開催報告】1/25 情報開示ワークショップ@宮崎 | Main | 【開催報告】1/26 CSRセミナー@仙台»
プロフィール

IIHOE 地域・テーマ公益ポータル推進プロジェクトさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
ブログ管理者より
情報開示事例集【岡山】 (11/08)
くらしきパートナーシップ推進ひろば
情報開示事例集【岡山】 (11/07)
神奈川子ども未来ファンド
横浜・ワークショップ開催案内 (08/10)
【開催報告】1/27 情報開示ワークショップ@千葉 [2009年02月04日(Wed)]
去る1月27日に千葉市民会館にて、
「NPOのための信頼を生み出す情報開示セミナー&ワークショップ」が開催されました。
《主催:NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
協力:IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所] 日本財団 CANPAN 千葉県》
日時:2009年1月27日(火曜)13:30〜16:30
会場:千葉市民会館 第1・第2会議室
主催:NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
協力:IIIHOE [人と組織と地球のための国際研究所] 日本財団CANPAN 千葉県
参加者:12名

内容:
《講演/報告》
NPOの情報開示が、今なぜ必要なのか?
 川北秀人さん(IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所])

NPOに求められる情報開示とは?−それぞれの立場から
 荻上健太郎さん(日本財団システム統括グループ情報コミュニケーションチーム)
 内山真義さん(千葉県NPO活動推進課 NPO事業室)
 中根裕さん(生活協同組合パルシステム千葉 経営企画室)

公益ポータルサイトの仕組みと可能性
 荻上健太郎さん(日本財団システム統括グループ情報コミュニケーションチーム )
 志村はるみ(ちば市民活動・市民事業サポートクラブ  )



《ワークショップ》
支援を集める団体紹介シートづくり

【作業内容】
(1)A3用紙に各自@〜Dを記入(20分)
 @読んでほしい人 
 A団体名 
 B活動目的・設立趣旨(100字以内) 
 C活動概要(10項目以内) 
 D活動実績(15項目以内):時期、規模、連携・協働相手、波及効果、社会的評価等
(2)4人ずつグループを作り、左隣の人に記入した紙を回して添削しあう
 1枚3分で目を通し、気になったポイントに下線を引き、「助言」「質問」を付箋に記入して貼る。1周したら、自分がもらったコメントに目を通す。



『発表・ワークへのご質問・ご意見』
・日本財団助成金の金額はどうなっているのか。
・CANPANに登録するとウイルスが入ってくるのではないか。
・循環システムの運営資金はどこから出ているのか。
・「ちばのWA!」認証マークがなぜカメなのか。


主催者から一言:
 「情報開示」をテーマにした初めての講座は、参加者が少なかったものの、団体が誰に向けて何を発信したらいいのか確認し、次のステップに踏み出すきっかけとなったと思います。参加者アンケートにも「自己中心にならないように、『誰のために?』を忘れないようにしたい」とありました。
「NPOクラブが管理運営する『公益ポータルサイトちばのWA!』は2月25日スタートします!」と、今回はっきりと約束しました。認証マークもCANPANにアップされました。スタッフ一同、ポータルサイト開設に向けてがんばっていきます。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント