CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【開催報告】11/11 協働環境自己採点ワークショップ@岡山 | Main | 【開催報告】11/19 協働環境自己採点ワークショップ@仙台»
プロフィール

IIHOE 地域・テーマ公益ポータル推進プロジェクトさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
ブログ管理者より
情報開示事例集【岡山】 (11/08)
くらしきパートナーシップ推進ひろば
情報開示事例集【岡山】 (11/07)
神奈川子ども未来ファンド
横浜・ワークショップ開催案内 (08/10)
【開催報告】11/17 協働環境自己採点ワークショップ@宮崎 [2008年11月28日(Fri)]
去る11月17日に宮崎県庁付属棟3階 研修室にて
「NPOと行政とが協働するためのワークショップ in 宮崎」が開催されました。
《主催:NPO法人宮崎文化本舗・宮崎県NPO活動支援センター 共催:IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所、日本財団》

日時:2008年11月17日(月曜)13:30〜16:30
会場:宮崎県庁付属棟3階 研修室
主催:NPO法人宮崎文化本舗・宮崎県NPO活動支援センター 
共催:IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所、日本財団
参加者:21名

内容:
《講演/報告》
「宮崎県の協働の推進体制と今後の課題について」
 山本 宣博さん(宮崎県 県民政策部 生活・協働・男女参画課協働推進担当 主査)

「協働環境」に関する調査から見えてきたこと
 川北秀人さん(IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所])

「協働を促すためのNPO・行政の情報開示はどうあるべきか」。
 荻上健太郎さん(日本財団CANPAN)

《ワークショップ》
「協働環境の自己採点ワークショップ」

【作業内容】
内容:
・協働について自己採点。
・協働するに当たって行政がしなければいけないこと、市民がしなければいけないことを考えるグループワーク


【発表・ワークへのご質問・ご意見】
・ 企業と行政の協働について、公益の線引きが難しいのではないか
・ 協働について市民側からのきっかけづくりをどうするか
・ 首長と一般職員との協働の考え方にかんする温度差をどうしたらよいのか
・ 仕組みとしてすでに動いてはいるが間違っていると認識できる協働をどう再構築したらよいのか
・ 地縁の団体との協働の進め方は

主催者から一言:
 NPOとの協働に関しては、NPO側の力はもちろんですが、公益という部分で行政の立場が非常に重要な位置を占めており、だからこそ、関わる職員の協働への認識が非常に重要です。
 今回の講座では協働についての基本となる考え方や行政改革と財政改革は異なるというお話などをしていただいたことが非常に勉強になったとの感想を多くいただきました。今回の講座は短かったのですが、協働について再度考える良いきっかけになったのではないでしょうか。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント