CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【開催報告】9/12 情報開示セミナー@仙台 | Main | 【開催報告】9/16 情報開示セミナー@札幌»
プロフィール

IIHOE 地域・テーマ公益ポータル推進プロジェクトさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
ブログ管理者より
情報開示事例集【岡山】 (11/08)
くらしきパートナーシップ推進ひろば
情報開示事例集【岡山】 (11/07)
神奈川子ども未来ファンド
横浜・ワークショップ開催案内 (08/10)
【開催報告】9/11 情報開示ワークショップ@盛岡 [2008年09月29日(Mon)]
去る9月11日にいわて県民情報交流センター会議室にて、
情報開示ワークショップ「信頼×共感で支援へつなぐNPOの情報発信・開示とは?」
が開催されました。
《主催:NPO法人 いわてNPOセンター》

日時:2008年9月11日(木) 13:00 〜17:30
いわて県民情報交流センター会議室
主催:NPO法人いわてNPOセンター
参加者:20名(NPO、中間支援組織、企業、行政)

内容:
《講演/報告》
自発的・積極的な情報開示が信頼と支援を促す・支える!
『全国的な情報開示の現状や課題、開示の意義とポイント』
 川北秀人さん(IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所])
「岩手のNPOの情報開示の現状は?」
『情報発信の「イイ!」事例を見てみよう!』
 早坂良和さん(いわてNPOセンター)
「助成金審査から見える情報開示が必要な理由〜地域の助成機関はこう思っている!!〜」
 横手大史さん(高齢者社会貢献活動サポートセンター)
いわての地域公益ポータルの展開についての紹介
『岩手での情報開示を進めるために〜今後の取り組み紹介〜』
 早坂良和さん(いわてNPOセンター)
情報発信を助ける仕組み!CANPAN機能紹介
 荻上健太郎さん(日本財団CANPAN運営事務局)

《ワークショップ》
開示すべき項目に関するミニワーク

主催者から一言:
 情報開示とは「見てもらうため・読んでもらうため」にするもの。
だからこそ「誰に・何を・どんな風に」伝えるかがポイントになりますが、今回のワークショップでは情報開示の意義を学びながら、実際に作業を実施しました。
活動目的や活動概要を参加者同士でまわし読みした結果では、音楽イベントを企画・開催する団体が自分ではしっかり書いたつもりなのに、音楽を鑑賞する趣味の団体と勘違いされたり、普段から会報などを作成している団体は文章の編集力があることなども発見し、情報発信の難しさと必要性を感じるいい機会となりました。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント