CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第2回推進会議を別府にて開催しました! | Main | 【開催報告】8/7 情報開示ワークショップ@宝塚»
プロフィール

IIHOE 地域・テーマ公益ポータル推進プロジェクトさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
ブログ管理者より
情報開示事例集【岡山】 (11/08)
くらしきパートナーシップ推進ひろば
情報開示事例集【岡山】 (11/07)
神奈川子ども未来ファンド
横浜・ワークショップ開催案内 (08/10)
【開催報告】7/23 情報開示ワークショップ@横浜 [2008年08月20日(Wed)]
去る7月23日に青少年サポートプラザにて、
「支援を集める団体シートづくりワークショップ」
が開催されました。
《主催:NPO法人神奈川子ども未来ファンド 共催:NPO法人市民セクターよこはま》



日時:2008年7月23日(火曜) 18 :00 〜 20:30
会場:青少年サポートプラザ(神奈川県立青少年センター別館/横浜市西区)
主催:NPO法人神奈川子ども未来ファンド 共催:NPO法人市民セクターよこはま
参加者:26名(NPO)

内容:
《講演/報告》
データベース「子どもの居場所情報箱」の開設の経緯と機能紹介
 米田佐知子さん (神奈川子ども未来ファンド)
公益コミュニティサイト「CANPAN」の紹介
 荻上健太郎さん(日本財団 経営企画グループ情報コミュニケーション担当リーダー)
「NPOの情報開示の基礎と重要性」
 川北秀人さん(IIHOE「人と組織と地球のための国際研究所」代表)

《ワークショップ》
団体紹介シート記入しよう!
(1)団体基礎シートの説明の後、参加者が重要と思う項目4つを選ぶ
(2)用意したA3用紙に選んだ4項目の、各団体の情報を記入する個人ワーク
(3)3人のグループをつくり、記入したシートを相互に説明し、意見をもらうグループワーク

主催者から一言:
 当ファンドでは、企業・組合関係者から「NPOの活動実態がよくわからない」というご意見をいただいてきました。そこで3年前にNPOデータベースを開設しましたが、新規登録の伸び悩み、情報更新率の低さが課題でした。ワークショップ後情報更新率は20%アップ、登録団体が、新規団体を勧誘する動きも見られるようになりました。

<参加者の声>
*団体を語る媒体を持つことの重要性を感じました。
*伝えたいことと、他者の知りたいことが違うことを改めて感じました。
*団体の説明を、他の参加者から「言葉が難しい」と指摘を受け、わかりやすい表現を追及しなければと実感した。

 より詳しい報告&写真はコチラをご参照ください
 → http://www.kodomofund.com/topics/search.cgi
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント