CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«公益ポータル全国フォーラム 今年も開催しました | Main | 【開催報告!(2)】公益ポータル推進プロジェクト2010 全国会議»
プロフィール

IIHOE 地域・テーマ公益ポータル推進プロジェクトさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
ブログ管理者より
情報開示事例集【岡山】 (11/08)
くらしきパートナーシップ推進ひろば
情報開示事例集【岡山】 (11/07)
神奈川子ども未来ファンド
横浜・ワークショップ開催案内 (08/10)
【開催報告!(1)】公益ポータル推進プロジェクト2010 全国会議 [2010年11月08日(Mon)]
2010年11月7日(日)
公益ポータル推進プロジェクト2010全国会議を開催しました。
当日は北海道から沖縄まで、計50名以上の方々にお集まりいただきました。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!


プログラム
第一部 公益ポータル最前線
 ・CANPANポータルの動きの共有
 ・NPOの情報開示・発信を支える動きの共有
 ・地域ポータルやブロックの動きの共有
第2部「公益ポータルの進化・深化と真価」
 ・公益ポータルの進化・深化と真価 (IIHOE 川北)
第3部「ブロック別 戦略会議」

各プログラムの開催概要については続きをご覧ください。

第一部 公益ポータル最前線
■CANPANポータルの動きの共有

・CANPAN公益ポータルは現在13
 どさんこ(北海道)みんみん(宮城県)たがサポ(多賀城市)
 とちコミ(栃木県)ちばのWA!(千葉県)ゆめおり(八王子市)
 きょうえん(京都府)わかば(和歌山県)SDF(兵庫県)
 NPOkayama(岡山県)もみじコミュニティ(広島県)だんだん(島根県)
 はなえる(山口県)
 ほか ジャパン・オンパクチャリプラとも連携、
 みらいファンド沖縄と連携構築中
  *詳細はコチラ

・団体登録数、ポータル別情報開示度(★の数)も全体としては向上
・段階的な認証の運用(複数の認証マークを設定可)も開始
・ほか、データ連携の希望、問い合わせもあり
・CANPANペイメントは登録団体82団体、稼動実績2899件、
 2285万円(08年12月〜10年9月)

・助成期間との連携も
 「助成実績共有シート」
   助成事業の情報開示の活性化に向け、
   直近の年度における助成実績のデータ共有・公開
   *詳細はコチラ
 
 「助成業務支援システム」の開発
  助成事務の効率化に向け汎用的なインターネット申請システムの開発
  →地域での展開、他助成プログラムでの利用へ

・公益ポータルの今後
  情報資源循環を加速させる取り組みに注力。
  資金に関する資源循環は助成ASPと融合。
  既存CANPANポータルとの連携強化、質の向上(認証団体数や情報開示度の向上)
   →他の地域のモデルとなるようなポータルになってほしい。

・来年度CANPANサイトリニューアル予定

■NPOの情報開示・発信を支える動きの共有(ゲストからの情報共有)


NPOヒロバ(日本NPOセンター) 他サイトとの連携機能について
NPOヒロバの運用における基本的な考え方
 ・データベースサイトに徹する
 ・データは他のサイトに提供できるようにする
 ・NPOのランク付け、評価をしない
 ・「なんとなく」な情報でさがしている団体を見つけられるようにする

主な機能
 ・全NPO法人の基礎情報掲載と、自主的な情報追記の推奨
  →基礎的情報共有しながら独自の情報(自発的な情報発信)を付加し運用可
 ・NPOヒロバのデータ&システム提供
 ・検索方法にこだわり。できるだけ自由に多様に
 *義務的な情報開示(基礎的データベース共有)と、
   自発的な情報発信の両輪で支援

最近の取り組み
 ・新たなデータ連携のしくみの開発
 ・新たな検索方法の実験・開発

当日の資料はコチラ↓


旭化成ライフサポート(株) 「元気365」ポータルの紹介
 ・ボランティアマッチングシステムを開発、
  その後コミュニティ活動全般をサポートできる機能を付加
  →高機能なシステムより、安全で簡易、使いやすいシステムへ
   行政と市民、市民と市民の協働を実現できるものへ

 ・基本機能:コンテンツ作成、団体ごとのHP作成、メールマガジン作成・編集、
  会員登録管理、市民による掲示板等を通じた情報発信も可(携帯電話からも閲覧可)
 ・実績:延べ80箇所以上の自治体
 ・事例:公設民営のサイト運営委託、市民活動ポータルサイトとして情報の一元化、
    複数サイトによる情報連携、施設がなくてもサイトのみで市民活動活性化など
    市民活動だけでなく、子育て・生涯学習・環境等さまざまなテーマ別活用も。
 ・課題:サイトをいかに使ってもらうか。
    各ユーザーのサイト運営の工夫の情報集約・紹介、ユーザー交流会の開催等

(般社)ジャパン・オンパク
 ・ジャパン・オンパクポータル 
  活動をほかの地域に広げていくときに活用するポータルとして。
 ・昨年から変わったこと。運営者が一般社団ジャパン・オンパクに。
 ・オンパクの手法を普及促進するためのツールとして活用。
 ・研修事業等も平行しながら、オンパクのハンズオンを実施。
 (各地のオンパク実践者が他の地域へのトレーナーになっている。
  研修用のメニュー、単価なども設定有)
 ・会員登録、プログラム登録などのシステム共有ができる。
 ・ノウハウをブラッシュアップする会員研修を実施。
 ・ジャパン・オンパクメーリングリストをつくり、情報共有。

 ・複数の場所での現場の動きを伝えるためのポータルとして、他のセンターにも使える。

当日の資料はコチラ↓


ユナイテッドピープル(株)
主な事業
 ・イー・ココロ(クリック募金、ショッピング募金)
  現在約500サイト 年間2500万円の寄付
  会員から団体への評価を受け付けている。
  どの部分にどう感じたのか、というコメントも入れられる

最近の取り組み
 ・署名TV
  インターネット上で署名できるしくみ。
  これまでに延べ1200程の署名活動。実施中のプロジェクトは100くらい。
  (有料サービス 3ヶ月、6ヶ月、1年それぞれ3000円, 5000円, 10000円)
  NPOや公益プロジェクトだけではない。テレビ・製品の復刻も。
  コメントをオンラインで見れることによる一体感。賛同者を増やしやすい。
  ブログ、ミクシィ、ツイッターとの連動も可。
  システム上での信頼性担保(メールアドレス認証など)
 ・Eボランティアネット(日本全国のボランティア情報ネット)
 ・映画配給 「アリ地獄のような街」上映会開催・協力 
  ストリートチルドレンの就労支援施設建設へ 
  次回は「幸せの経済学」
 ・国際平和映像祭立ち上げ予定

当日の資料はコチラ↓

(特)チャリティ・プラットフォーム
チャリティ・プラットフォーム
NPOを活用いただけるファンドレイジングツールを用意
 ・募金箱を大量に作った。デザイナーがデザイン、タイトル等好きにできる。 
 ・寄付金は全てNPOへ。
  追って募金箱使ったNPOから、10%の募金箱代をチャリプラへ。

Say! LOVE キャンペーン 
 各社一緒にCSRを。企業連携型年末寄付キャンペーン。
 さまざまな企業が募金箱、募金つき商品をつくる。
 直接寄付をするのではなく、企業に寄付を集めてもらう、という発想

ジャストギビング
*なぜ寄付をしないのか、の調査をした
 結果、1)お金がない、
     2)寄付の使途が不明、どこに寄付していいかわからない
     →情報公開の促進(チャリティナビ。信頼できるNPOのWEB上の紹介)
     3)「頼まれない」
     →頼む!「寄付してください」ではなく「寄付を集めてください」
      企業にはメリットを。売上、PR、従業員満足
 1社でやっても大きな動きにはならない。複数企業とともにやれば話題になる。

日本は寄付の文化がないのではなく、寄付のインフラがないだけ!
 ・募金箱の数が少ない
  →募金箱は基金ツールであると同時に、情報発信メディアでもある。
   100個置いたら?1000個置いたら?
   本来、中間支援でなくNPO自身で頼むべきこと。募金箱つくってそれを支援。
 ・決済手段が乏しい(クレジットカードの手数料等)
 ・寄付税制
 ・ファンドレイザーの育成
 ・寄付にまつわる成功体験の少なさ
 
ジャストギビングは寄付を集めるサイト
 個人から薄く広く継続的に寄付を募るサイト。
 イギリスでは1200万人が使ってる。1年間で280億円。10年間で1200億円の寄付!
 チャリプラのジャストギビングは8ヶ月経過し、1500万円の寄付。
 チャレンジ数598件、寄付件数4524件、寄付先団体261団体
 イギリスでは有料サービス。
 サービス料かかってもジャストギビング使ったほうが寄付集まる。だから利用料払う。

必要なことは
・何のためにポータルサイトを運営するか? の見直し
・ファンドレイジングの成功のためには
  寄付を集めるという意思決定と行動!
  ITを使いこなすスキルは必須
・ポータルサイト側では寄付体制(インフラ)の簡便化を

【開催報告!(2)】に続く
Posted by IIHOE portal project at 14:43 | 2010年度 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント