CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
山口市内で活動するアレルギーっ子の母親主体の団体です。
月に1回座談会や調理実習を通して、情報交換や仲間づくりの場を提供しています。
アレルギーの有無にかかわらず参加できます。関心のある方は気軽に定例会にご参加ください。
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール

アレルギーっ子の会 ぽれぽれさんの画像
リンク集
検索
検索語句
タグクラウド
https://blog.canpan.info/pore2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/pore2/index2_0.xml
展示中です! アレルギー週間展示〜アレルギーっ子の防災〜  [2017年02月15日(Wed)]
アレルギー週間の展示を今年も「アレルギーっ子の防災」をテーマに、さぽらんてで2月13日(月)から23日(木)まで行っています。
(水曜日休み)

13日に定例会を兼ねて、
今年度の活動を振り返りながら展示をしていきました。
なかなか定例会に参加できない会員さんも多いので、お久しぶりの再会もあり。
それぞれの近況報告や、最近の悩みなどおしゃべりしながら進めていきました。
今年の展示はこんな感じ。
2017.2ぽれぽれ写真2.jpg 2017.2ぽれぽれ写真4.jpg
2017.2ぽれぽれ写真5.jpg 2017.2ぽれぽれ写真3.jpg

バタバタしてあまり時間がなかったのですが、お昼にはアレルギー対応の非常食などの試食もしてみました。
今回試食してみたのは給救カレーのSN食品さんの新商品の根菜汁と、大潟村あきたこまち生産者協会さんのお米ぱすたをコーンスープに入れて。
2017.2ぽれぽれ展示.jpg 2017.2ぽれぽれ写真jpg.jpg

根菜汁はお出汁の味が優しく、野菜も小さめに切ってあって小さいお子さんでも食べやすそう。
お米パスタは、ゆでなくてもお湯で3分でもどせるってところがお手軽で。コーンスープの中に入れただけで完成。
まずは、「うちの子でも食べられるかな。」とみなさん表示をしっかり確認。
非常時の備えとしても、忙しくて時間のない時でも、こうして食べられるものが備えてあると心強いですよね。
それから、2月の定例会に岩国市にある旭酒造の方から、獺祭のお米で作っているライスミルクがお米と水だけで作られている、アレルギーフリーの商品という事でご紹介いただきました。
2017.2ぽれぽれ写真6.jpg
乳や大豆にアレルギーがあって、牛乳や豆乳が飲めない…。料理やお菓子作りに代わりに使えるものがないかな。という時にライスミルクいろいろ使えそうですよね♪
今回もライスミルクを提供していただき、みんなで試飲しながら、いろんなアイデアが浮かんできました。

18日(土)にはさぽらんてで「アレルギーほっとサロン」という事でぽれぽれスタッフ、会員や展示をみにきてくださった方といろいろお話したり、アレルギー対応の非常食などの試食などもいろいろできたらと思っています。ライスミルクもありますよ。
アレルギーに関する資料、レシピ集、アレルギー対応食品等のパンフレットなどもありますので、ぜひお気軽にのぞいてみてください!!

アレルギーほっとサロン
 ●2月18日(土) 10時〜15時
 ●山口市市民活動支援センターさぽらんて
 ※天候や体調などにより開催できない場合は当日このブログでお知らせします。ご確認ください。

展示は23日(木)まで行っています。(水曜休)
※18日以外はぽれぽれスタッフは常駐しません。

2017.2.png
ぽれぽれに関するお問い合わせは

市民活動センターさぽらんて(083-901-1166)
ご伝言いただけましたら、後日こちらからご連絡いたします。(水曜休)

または、
E-mail pore2yamaguchi@gmail.com
Posted by 田辺 at 12:04
アレルギー週間の集い2017 IN長門〜子供のアレルギーについて考えよう〜  [2017年02月15日(Wed)]
2月20日はアレルギーの日です。
そしてその前後1週間をアレルギー週間と定め、アレルギーに関する各種啓蒙活動が行われます。
今年は山口県では長門市で日本アレルギー協会主催のアレルギー週間行事が行われます。

「アレルギー週間の集い2017 IN 長門」
  〜子供のアレルギーについて考えよう〜 

   2月25日(土)14:00〜16:00
   長門市の地域医療連携支援センター研修室(長門市応急診療所併設)

詳しくはこちら→アレルギー週間の集い2017in長門.pdf
アレルギー週間の集い2017.jpg


食物アレルギー、喘息、スキンケアについて。
県内のアレルギー専門医や小児アレルギーエデュケーターという専門の資格をお持ちの看護士さんのお話です。
なかなかない機会です。
お子さんのアレルギーで悩んでいる方。
幼稚園、保育園、学校の先生方。
地域の方。
アレルギーに関心のある方。
ぜひお話聞いてみてください!!

事前に申し込みをするとこどものアレルギーについて相談できるようですよ。

 
Posted by 田辺 at 11:23
山口市防災講演会のおしらせ [2016年10月19日(Wed)]
山口市防災講演会・ミニシンポジウムのお知らせです。

今年度、市民活動支援センターさぽらんてで開催された「さぽカフェ」のテーマは
『特別な配慮を必要とする人への災害時支援を考える』
という事で、5月、6月に行われたさぽカフェに参加してきました。
その中で見えてきた課題を知ってもらいたい。という事で生まれた企画です。
東日本大震災を経験された防災士さんのお話と
その後、「思いやりでつくる避難所のカタチ」というミニシンポジウムも行われます。
アレルギー、発達障害、腎臓病など見た目ではわからないけれど非常時に配慮を要する方たちにかかわる市民団体も参加して、防災について考える時間になります。
ぽれぽれもアレルギーについて知っていただき、災害時の不安についてお話をさせていただくことになりました。
子供がアレルギーで災害時食べられるものがなかったらどうしたらいいんだろう…
アレルギーっ子を連れての避難所生活ってできるんだろうか…
そんな不安を持つ当事者である私たちは、あらためて防災について考え備えるきっかけになるといいなと思いますし、周囲の人、自治会の方、自主防災組織の方などに知っていただくことで非常時に理解をしてもらえることになると思います。
周りの知ってもらいたい人にぜひ声をかけてください。
防災に興味のある方ならどなたでも参加できます。

 『思いやりでつくる地域防災〜防災力=地域力』
  講師:防災士 佐藤 一男 氏 
  日時:11月20日(日)9:30〜12:00
  場所:パルトピアやまぐち大ホール
  参加費:無料
12016.10ぽれぽれ.jpg 2016.10ぽれぽれ2.jpg
地域防災チラシ.pdf
10月定例会は、シンポジウムに備えて、アレルギーっ子の防災について考えてみようと思っています。
10月28日(金)の予定です。
詳しくはまたお知らせしますね。


Posted by 田辺 at 15:58
アレルギーに配慮した 防災フェスタのお知らせ [2016年02月29日(Mon)]
大切な「いのち」を守るため。みんなで考えよう
防災フェスタ in Hiroshima

3月6日(日)広島県東広島市でアレルギーに配慮した防災フェスタが行われます。
詳しくはこちら
防災フェスタ写真@.jpg
防災フェスタ.pdf

防災フェスタ写真A.jpg
食物アレルギーに配慮した防災フェスタ案内.docx

ぽれぽれも参加しています東海・関西・中国地域アレルギー防災ネットワークの第3回目の会議に合わせて今年はこんなイベントが行われます。
主催されるのはぽれぽれでも以前交流会をさせていただいた「チームアレルギー」のHPを運営されているNPO法人ヘルスケアプロジェクトさんです。

食物アレルギーに配慮した炊き出しの工夫や被災者の体験を聞き、災害時に知っておくべきことを学べる機会です。
アレルギーっ子でも食べられる炊き出し、災害時に備えて防災士のお話し、サバイバル体験、防災クイズ、アレルギー対応スイーツマルシェなど盛りだくさんです。
ちょっと遠いですが、興味のある方はぜひ!!
Posted by 田辺 at 23:58
アレルギー週間展示 展示中です [2016年02月18日(Thu)]
2月20日はアレルギーの日です。
そしてその前後1週間をアレルギー週間と定め、アレルギーに関する各種啓蒙活動が行われます。
山口でも日本アレルギー協会主催のアレルギー週間行事が行われます。今年度は
「アレルギー週間の集い2016 in 周南」〜子供のアレルギーについて考えよう〜
 2月21日(日)14:00〜16:00
周南市の徳山中央病院で行われるようです。
 詳しくはこちら


ぽれぽれでも毎年行っていますアレルギー週間の展示を今年もさぽらんてで2月15日(月)から25日(木)午前中まで行っています。
(水曜日休み)

15日には定例会もかねて、さぽらんてで展示作業を行いました。
会員さん6名。そしてはじめてぽれぽれをたずねて来られた方が2名。

お久しぶりの参加の方が多くて、作業をしながらもおしゃべりが止まりません(^O^)
子供がアレルギーでという事だけのつながりですが、ここでしかわかってもらえない話。ここでなら共感してもらえる話がたくさんで。話は尽きません。

展示はこんな様子です。
ぽれぽれ2016.2.jpg .2ぽれぽれ2016.2.jpg


ぽれぽれの活動の紹介やアレルギーっ子の防災に関してアレルギー対応の非常食のサンプルもメーカーさんからいただき展示させていただいています。

その他アレルギー対応の商品やお店情報、口コミ情報など。

中国新聞さんから取材をしていただき、17日朝刊に掲載していただきました。
ぽれぽれ2016.2新聞.jpg


20日(土)にはさぽらんてにて「アレルギーっ子ほっとサロン」とし、ぽれぽれスタッフがおりますので、会員さん、会員でない方も。アレルギーの有無を問わずどなたでも。
アレルギーについて普段から気になってることとか、防災についてでも。
いろいろお話できたらと思います(*^_^*)

アレルギー対応の非常食の試食会も行います。
非常食って準備しててもなかなか試食してみる機会ってないですよね。
気が付いたら期限が過ぎてたりもするし。
非常時にはじめて口にするより、アレルギーっ子にとっては、食べても大丈夫かなって試してみるのも必要かなって思います。
また期限の少し短いレトルト食品などはローリングストック法(定期的に食べて食べた分を買い足し備蓄していく方法。食べながら備えるため賞味期限の短いレトルト食品なども非常食として扱えます)で備えておくと、普段から食べているものが災害時の食卓に並び、安心して食事を採ることができるはずです。

みんなでおしゃべりしながらいろいろ考えてみませんか?

お気軽に覗いてみてくださいね♪

アレルギーっ子ほっとサロン
 日時 2月20日(土) 10時〜13時
 場所 山口市市民活動センターさぽらんて
 山口市道場門前1-2-19
※天候不良などにより開催できない場合はブログでお知らせさせていただきます

ぽれぽれ2015.2.gif
ぽれぽれに関するお問い合わせは

市民活動センターさぽらんて(083-901-1166)
ご伝言いただけましたら、後日こちらからご連絡いたします。(水曜休)

または、
E-mail pore2yamaguchi@gmail.com





Posted by 田辺 at 10:10
「アレルギーっ子の防災」読売新聞さんに掲載していただきました [2016年01月07日(Thu)]
新しい年が始まりました。
今年もぽれぽれをよろしくお願いいたします。

先日、1月5日の読売新聞でぽれぽれの防災についてをとりあげていただきました。
お正月からの「食卓新景」という特集記事で、食をめぐる地域の動きについて取材されているということで、12月の定例会で記者さんも交えていろいろお話をさせていただきました。

きっかけは一昨年のアレルギー防災会議で教えていただいた27品目対応の「救給カレー」を山口市防災課危機管理課の担当者さんにご紹介したところ、昨年3月より市の備蓄としてとりいれていただくことができた。という昨年のブログ記事のようでした。

アレルギーと防災
結びつかない方も多いと思いますが、食物アレルギーがあると常に食事の心配があり、日常のおうちでの食事ができないという事が起こり得る災害時に、どうしたらいいんだろう。
当事者の私たちはしっかり備えを考える。
そして周りの方へもアレルギーの事を理解をしていただける、関心をもっていただけるきっかけになれば嬉しいです。

ぽれぽれ読売新聞記事.jpg


Posted by 田辺 at 10:50
食物アレルギー教室 開催のお知らせ [2015年07月22日(Wed)]
嬉しいお知らせです。

「食物アレルギーの子を持つ親の会」さん主催の「第8回食物アレルギー教室」が9月27日(日)に光市総合福祉センターあいぱーく光にて開催されることになりました。

食物アレルギーの子を持つ親の会は1985年に東京で発足した患者会で、全国に会員を持つ大きな会です。今年発足30年を迎えられます。

会では患者家族と関係者がともに学ぶための講演会とアレルギー対応の料理教室をセットにした「食物アレルギー教室」を継続的に企画されており、これまで東京と大阪で開催されてきました。

私もこの会の会員で、これまで会報を見ては、もっと近くであれば参加してみたいな…とずっと思っていましたので、山口県での開催のお話に感激してしまいました。
ぽれぽれではH23に代表の武内さんの講演会を開催していただいています。
今回も武内さんより声をかけていただき、ぽれぽれも協力させていただくことになりました。


第1部はアレルギー専門医の国立病院機構福岡病院小児科の柴田瑠美子先生の講演会。
午後からの第2部は広島市の特定非営利活動法人ヘルスケアプロジェクト 鉄穴森陽子代表の料理教室が行われます。

柴田先生のお話では、ぽれぽれでもいつも話題に上がる食物負荷試験について、そしてエピペントレーナーを使っての講習もしていただけるそうです。
ヘルスケアプロジェクト鉄穴森さんには、チームアレルギーさんとの交流会という事でH24にぽれぽれでお菓子作りと交流会をしていただきました。(交流会レポート
今回の9品目除去の料理教室では、お弁当や給食にも使える秋満載のお料理を教えていただけるそうです。

山口でこのような貴重なお話や体験ができる事はなかなかありません。
アレルギーっ子やご家族だけでなく、幼稚園、保育園、学校の先生方、栄養士さんまた食物アレルギーに関心のある方、たくさんの方に知っていただき、参加してもらい。食物アレルギーへの理解が広がるといいなと思っております。
親の会やぽれぽれの会員さんでなくても、どなたでも参加できます。
ぜひぜひご参加ください。

講演会は託児もあるようです。ご希望の方はお早めにお申し込みくださいね。

申込みにつきましては
食物アレルギーの子を持つ親の会のHPから
または、光市のやまて小児科さんのHPに詳しく掲載されています。


食物アレルギー教室.jpg
クリックすると大きくなります

Posted by 田辺 at 10:37
アレルギー週間展示〜アレルギー子の防災〜展示中です [2015年02月17日(Tue)]
2月16日さぽらんてにて2月定例会、アレルギー週間展示作業を行いました。
会員5名で活動の写真やアレルギーっ子の防災に関すること。
展示しながらこんなこともあるんだね。こんな時はどうする?
防災についていろいろ考えながら、みんなで知恵を出しながら。

お昼には会員さん手作りの乳、卵除去で作ったパンと、今回展示している「救給カレー」の試食も行いました。
ぽれぽれ展示1.jpg ぽれぽれ展示2.jpg

ぽれぽれ展示5.jpg

〜アレルギーっ子の防災〜
アレルギーと防災。
直接結びつかない方も多いかも知れませんが、アレルギーっ子を育てる中で、災害のニュースを見る度、もしも自分たちが被災し、避難所で生活することになったら、一番気にかかるのはアレルギーっ子の食事です。
テレビに映る支援物資はまずはパンや牛乳、カップ麺。
いずれもアレルギー子にとっては食べられないものばかり・・・
また炊き出しにおいても、材料に何を使っているのか、分からないものは食べさせられません。
何も食べさせられないという状況が目に浮かびます。
実際に東日本大震災では、避難所を回りおにぎりを探した。1ヶ月白いご飯だけで我慢した。ほとんど卒乳していたのに母乳を何度も飲ませて命をつないだ。というような方もいらっしゃったようです。また、食べる事以外にも避難所での生活は皮膚炎の悪化、喘息の悪化など普段と違う環境、ストレス、薬がない事など、いろいろな要因での症状の悪化が起こるようです。
山口は災害の少ない土地。とあまり防災の意識が高くないかもしれません。
いざという時アレルギーっ子の命を守るため、まずは自分にできることは何か。
考えてみませんか?
この展示が防災について考えるきっかけとなり、少しでもお役にたてるとといいなと思います。

2月16日(月)〜24日(火)まで(水曜日休み)山口市市民活動センターさぽらんてにてアレルギー週間展示〜アレルギーっ子の防災〜を展示しています。(ぽれぽれスタッフは常駐しません)
また、2月21日(土)には「アレルギーっ子ほっとサロン」とし、ぽれぽれスタッフがおりますので、会員さん、会員でない方も。アレルギーの有無を問わずどなたでも。
防災についてでも、また普段から気になってることでも。
いろいろお話できたらと思います(*^_^*)
アレルギー対応の非常食の試食もできたらと考えています。
お気軽に覗いてみてくださいね♪

  アレルギーっ子ほっとサロン
     日時  2月21日(土) 10時〜12時
     場所  山口市市民活動センターさぽらんて

ぽれぽれ展示4.jpg

ぽれぽれ展示7.jpg

ぽれぽれ2015.2.gif
ぽれぽれに関するお問い合わせは

市民活動センターさぽらんて(083-901-1166)
ご伝言いただけましたら、後日こちらからご連絡いたします。(水曜休)

または、
E-mail pore2yamaguchi@gmail.com
Posted by 田辺 at 18:00
講演会のお知らせ 〜光市・岩国市〜 [2014年10月21日(Tue)]
光市、岩国市で行われる講演会のお知らせです。

11月8日(土)、9日(日)に東京の「食物アレルギーの子を持つ親の会」代表の武内澄子さんのお話が聴ける講演会が行われます。
3年前のH23年にぽれぽれでも武内さんをお招きして講演会をさせていただきました。
アレルギーに関しての豊富な知識と、ご自身もアレルギーっ子の母としての経験からのアドバイス。
ほんとうに心に残るお話をたくさんしていただきました。
この度、山口市からは少し遠いですが、山口県内で武内さんのお話を聴けるまたとない機会です!!ぜひ足をのばしてみませんか。


やまて小児科・アレルギー科 
アレルギーっ子の会100回記念講演会


  プログラム1
   アレルギーっ子の会の取り組み
     @親としての体験と会の沿革
        やまて小児科院長 山手智夫
     A会に参加して
        親代表 野村由恵
     B親の悩みと栄養指導の実際
        やまて小児科栄養士 光井智美
 プログラム2
     講演 食物アレルギーとともに
       〜知って・学んで・育てる〜
         講師 武内澄子さん


    開催日時 2014年11月8日(土)
         15:00〜17:00(受付14:30〜)
    会場   あいぱーく光 健診ホール
         光市光井2丁目2番1号
    参加費  一家族500円
         無料託児(要予約)1歳以上先着10名様
    申し込み先 やまて小児科・アレルギー科
          TEL0833−72−5041   (できる限り予約、当日参加可)
         詳しくはこちら

食物アレルギー講演会
   〜知って・学んで・育てる〜


    講師 武内澄子さん (食物アレルギーの子を持つ親の会 代表) 
   

     日時   2014年11月9日(日) 
          10:00〜11:30 (受付9:40〜)
     会場   岩国市福祉会館 2階 小ホール 
          岩国市麻里布町7-1-2
          TEL 0827-22-5877 
     参加費    一家族500円
          無料託児あり(要予約)
     定 員    50名 (要申し込み)
     お問い合わせ・お申し込み
           岩国小児医療の会 
          TEL 090−9507−7068(大溝)           
          携帯mail seiko-oomizo4949@docomo.ne.jp

         チラシはこちら
Posted by 田辺 at 22:49
県民公開講座のご案内 [2013年06月03日(Mon)]
テレビや新聞などによくコメントされている海老澤先生が山口市にいらっしゃるようです。
山口で海老澤先生のお話が聴けるなんて、感激です!!
入場無料ということで、興味のある方はぜひ足をお運びください。


●県民公開講座●

◆演題
「食物アレルギー最新の対応」

◆講師
 海老澤 元宏 先生
(国立病院機構国立相模原病院 臨床研究センター アレルギー性疾患研究部長)

◆日時
 6月13日(木)
 13:30~15:00 


◆講演会場
 山口県総合保健会館2階 多目的ホール
 山口市吉敷下東3‐3‐1
◆入場無料
◆お申し込み・ご予約不要
 (ご自由にご参加ください)
◆託児はありません
◆お問合せ
 山口県学校薬剤師会
 083-922-1716

主催:山口県教育委員会 山口県薬剤師会 山口県学校薬剤師会


大きな地図で見る


ほっぷ山口版5月31日版に掲載されているそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぽれぽれ6月定例会は6月19日に平川子育てつどいの広場ひらひらさんとの交流会を行う予定です。

詳しくはまたブログでお知らせします。

Posted by 田辺 at 17:46