CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
ポポメリーブログ更新
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
オンライン 昼の部 第2・4水曜10時〜 夜の部 第1・3木曜21時〜 リアル 日曜/月1回※要確認
プロフィール

ポポメリーさんの画像
検索
検索語句
月別アーカイブ
ポポメリーリンク集
ポポメリー情報
座談会申し込み用紙
人差し指サイン座談会申込用紙
会員登録申込用紙
会員登録申込用紙下指差し
がん情報検索サイト
国立がん研究センターがん情報サービスからの情報です。
LINE公式アカウント
LINE公式アカウント
CANPANブログ
CANPANブログ
パンフレット
ポポメリーパンフレット
域外プロボノ活動Web会議3回目開催しました。 [2020年11月28日(Sat)]
ポポメリーはがんに向き合う山口の団体です。

域外プロボノポポメリー活動の報告をします。
11月26日木曜日 20時から22時 域外プロボノWeb会議 第3回目開催。ZoomPro
参加者14名。(プロボノワーカー3名、オブザーバー4名、事務局2名、会員5名
《内容》 「がんピアサポートに関する」がん政策の評価
《詳細》
   はじめに
   20:00〜20:10 会員検討会の内容報告
   20:10〜20:15  今後の流れと質問
   20:15〜20:55  がん政策について調査内容と評価
          (ロジックモデルとアウトカム評価)
           がん相談支援の山口県の現状を知る
   20:55〜21:00 休憩
   21:00〜21:50 意見交換
           がん相談支援に関するピアサポートを検討してみる
   21:50〜22:00 次回開催の課題
    (一旦終了)
   22:00〜22:30 延長交流      

この日は第2回目に引き続きポポメリーの課題解決のための下記課題を話し合いました。

●「がんピアサポーターの育成と連携促進」これができるように今日の課題は山口県の
がん政策のがんピアサポートに関するロジックモデルを用い評価について考えてみました。

ポポメリーが域外プロボノに求めたのは、社会課題として抱える問題の一つである、がんピアサポートに関する事です。ここに着眼した経緯は、がんピアサポートが今後、がん政策にとって大切な活動であると考えています。山口県内の現状を全国の活動と比較することで、課題を明確にして、評価することで、正しい情報で伝えられるサポートに結び付くと思っています。政策というと難しく考えるかもしれませんが、そこをわかりやすくお伝えできれば、今やろうとしている次年度計画や、啓発活動、身近な患者支援、アピアランスケアにもきっと繋がります。プロボノワーカー様、オブザーバー様のお力を借りて是非理解した上で、意味ある活動にしていきます。制度について知ることで、政策の改善がなされると届けられる支援になります。そこを働きかけられると、がんピアサポート研修の充実にも繋がり、仲間になってくださる方の理解やこの活動の必要性が伝えられるのかな…。

実際にプロボノワーカー様から頂いたアドバイスには自分たちの今できていることと、これからしていくことの方向性を示していただきました。そして、何よりも大切なのは、2人に1人ががんになる時代ということを考えると、必要性を感じていても活動への理解されていなければ難しいと思うこと。今は特殊なことと思われていても、身近な話題でもあるので、しっかりと取り組んでいきます。

がん政策におけるアドボカシー活動とは『がん患者さんの治療、療養生活を政策や制度面からよくしていきたい』という政策への提言をすることです。
政策を考える時に六位一体という言葉があるそうです。いろんな方面から政策について考えていくことで、より良いものにしていく会議のことで、がんピアサポートの重要性と取り組みが真剣に考えられることを願っています。

この記事をお読みになって、どんなことしているのだろうと
参加してみたいと興味をお持ちになった方のご参加をお待ちしています。

《補足》
今回までに会員で話し合われたこと
会員からプロボノワーカーへの質問
今回は
◎がんピアサポートに関する事(がん政策の評価 )今回の中心会議内容にしました。
次回以降に
・次年度計画進行の事前準備 (チラシ作りと内容)
・周知活動の発信と方法について (イベントの作り方)
Posted by 代表 藤本 at 23:35
がんに関する情報提供 [2020年11月21日(Sat)]
がんに向き合う山口の団体「ポポメリー」から情報掲載を致します。

国立がん研究センターがん対策情報センターが提供しているがん情報サービスをより
多くの方にお使いいただくために、メールニュースの配信を頂きました。
11月13日配信のニュースから気になる話題をピックアップしてお伝えします。
今回は、がん情報サービス「がん登録・統計」に掲載された内容と国立がん研究センターの新着情報を添付します。

====================================================
がん情報サービス「がん登録・統計」に掲載しました
====================================================

◆◇「がん検診に関する統計データのダウンロード」の3.がん検診のプロセス指標(住民検診)に2017年データを追加し、「がん検診の都道府県別プロセス指標」を更新しました。[2020年11月06日]
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/dl_screening/index.html
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/process-indicator.html

◆◇「がんに関する統計データのダウンロード」1.死亡の全国がん死亡データに2019年死亡数・率データを都道府県別がん死亡データに2019年データを追加しました。[2020年11月05日]
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/dl/index.html

◆◇「がん地理情報システム Cancer Map」を公開しました。[2020年10月09日]
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/index.html

◆◇「院内がん登録実務者のためのマニュアル」乳腺部位別テキストに更新日を記載、肝の部位別テキスト、組織型一覧の該当TNMの一部を修正しました。[2020年09月16日]
https://ganjoho.jp/reg_stat/can_reg/hospital/info/manual.html


====================================================
国立がん研究センター ホームページ 新着情報
https://www.ncc.go.jp/jp/index.html
====================================================

◆◇患者体験調査平成30年度調査からみえた実態を政策反映へ 研究班独自の患者体験調査に基づく提言書を作成 [2020年11月07日]
https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2020/1107/index.html

◆◇患者さんが亡くなる前に利用した医療や療養生活に関する実態調査 2019年調査結果を掲載しました。[2020年10月31日]
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/sup/project/090/index.html

◆◇いつでも、どこでも、だれでもが、がんの情報を得られる地域づくりの第一歩(in大阪)開催報告を掲載しました。[2020年10月28日]
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/info/project/pub-pt-lib/20201009/index.html

◆◇がん患者さんの診療体験・療養生活実態をがん対策に反映 患者約2万人を対象に患者体験調査実施 [2020年10月14日]
https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2020/1014/index.html



がん情報の集め方には様々な方法があります。統計学的視点からm患者の声を反映した政策や取り組みがなされると、がん療養環境も良くなりますね。患者自身が勉強していく流れになりますので、こうした情報も大切に読み解いていきたいと思います。
Posted by 代表 藤本 at 15:25
本日放送です。 [2020年11月17日(Tue)]
がんに向き合う山口の団体『ポポメリー』からのお知らせです。

〜お知らせ〜
テレビ放送日が決定
11月17日(火)18:15〜yab「Jチャン山口」
で放送していただきます。
テーマ『がんと働くこと』
オンライン座談会の様子を撮影していただきました。お時間がありましたら、ご覧いただけると嬉しいです。
『がんとの共生』について共に考えて頂ければとおもっております。働くためのサポートや働き続けられるといった事を2時間ほど真剣に話しました。この中の一部でも皆様の目に触れる事で、がんに向き合う団体がどんな活動をするのか興味を持っていただけると幸せます。
ポポメリー代表 藤本育栄
Posted by 代表 藤本 at 09:32
域外プロボノ会員会議を開催しました。 [2020年11月02日(Mon)]
ポポメリーはがんに向き合う山口の団体です。

2020年10月29日20時から22時までZoompro使用
  域外プロボノに関する検討会議を実施致しました。
  参加者8名(プロボノワーカー0名、オブザーバー0名、事務局0名、会員8名)
  「がんピアサポーターの育成と連携促進」これができるように
   前回からの引き続きで会員の中で健闘する課題
   ●出された情報を分類、調査、優先順位の決定
   ●担当分け

  「3か月で成し遂げたいこと」「何を伝える」「どんな形で伝える」
  「プロボノに聞きたいことは」「ポポメリーが3か月でやること」

前回、前々回に引き続き、今回は、会員内でいったい何がしたくて何ができるのかそれをするにはどの部分でプロボノワーカーに声をかけて手伝っていただくのか、アドバイスを頂くのかを検討しました。
目的をどこにして実際行えることは何でどうしたらできるのかを考えながらの調整です。
まだ話し合いをまとめるには分担部分や共有部分が必要になりますが、願いは一つ。会員も参加者も楽しめる活動であり、参加できる活動であり興味の枠活動でありたいと思っています。
できるといいなができたらいいです。

2020.10.29.jpg

2020.10.29 2枚目.jpg
Posted by 代表 藤本 at 14:10
域外プロボノ活動Web会議2回目開催しました。 [2020年10月24日(Sat)]
ポポメリーはがんに向き合う山口の団体です。

域外プロボノポポメリー活動の報告をします。
10月22日木曜日 20時から22時 域外プロボノWeb会議 第2回目開催。ZoomPro
参加者11名。(プロボノワーカー2名、オブザーバー2名、事務局1名、会員6名)
《詳細》
はじめに
20:00〜20:15 前回(キックオフ)報告
20:15〜20:25 初参加者の自己紹介
20:25〜20:45計画・企画
    内容意見交換と作成※画面共有・共同作業も検討
20:45〜21:45  意見交換会
21:45〜22:00 まとめ 写真撮影
    (一旦終了)
22:00〜22:40 役員会議 (役員4名)      

この日は第1回目に引き続きポポメリーの課題解決のための下記課題を話し合いました。
「がんピアサポーターの育成と連携促進」これができるように今日の課題は
●出された情報を分類、調査、優先順位の決定
●担当分け

前回のキックオフから更にどうするか
事前に書いてみた資料には一年かけてもできない内容もたくさんある中で、まずはポポメリーが何をしたいのか?3ヶ月で成し遂げたいことは何か?それが決まれば、ターゲットを第一、第二と決めていき、どんな人にどんな形で伝えるか?しっかり土台をつくる。ざくざく書いて貼り付けて振り返り修正して…この作業が今後の計画実践に役立ちます。
思案中・・・

リアルとオンライン講演会をどうするか?
リアルはオンラインができない方も参加できる。サポートが必要になる。会員だけでは限界があるなどなど…

ポポメリーではがんピアサポートにつて知っていただくこと
ポポメリーでできるサポートにたどり着くこと
ポポメリーが目指すサポートに繋げること

プロボノワーカーの方が専門的なご意見を私たちポポメリーメンバーを温かく、サポートして、そこは無理があるのではないか?こうしてみたらどうだろうか?こんなこともあるよといったアイデアとアドバイスで会話が進んでいます。団体を立ち上げ半年の団体に、会員にわかりやすく考えていただける姿勢は私たちのこれからの活動の手本にもなります。

学びたい仲間、共に向き合いたい仲間、伝えたい仲間と繋がり、アドバイスを受けながらも次年度計画を実践できる。そして、講師講演会へたどり着ける仕組みができる。仲間が集まり、将来的に共にできるピアサポートに繋がれると嬉しいです。オンライン座談会をはじめ、オンラインを活用して今の時代に応じた方法と情報を地域の特性に合わせた方法で伝えられるように、次は会員とその部分についてしっかり話し合いできることやりたいことに繋げていきます。

この学びを次はピンポイントにプロボノワーカーの方々に聞けるよう会員同士で話すことにします。
次回開催は会員で共有して計画していきます。

この記事をお読みになって、どんなことしているのだろうと
参加してみたいと興味をお持ちになった方のご参加をお待ちしています。


Posted by 代表 藤本 at 11:07
域外プロボノポポメリー活動次回開催について [2020年10月19日(Mon)]
ポポメリーは山口でがんに向き合う団体です。

先日の10月14日20時にキックオフを迎えた域外プロボノは2時間という時間の中で山口県の社会地域課題に向き合い、今のポポメリーで今しないといけないこと、今後していくことと方向性、その方法などなど多くの事を勉強する場となりましたことをご報告します。
参加者17名。(プロボノワーカー4名、オブザーバー2名、事務局2名、会員9名)

《域外プロボノポポメリー活動について》
■キャッチフレーズ
がんピアサポーターの育成と連携促進
■求める人材像  
・患者のネットワークづくりに知見のある方・団体
・がんピアサポーター育成経験者・団体

《キックオフ開催報告》
20:00〜20分でポポメリーの紹介、域外プロボノ活動の概要をお伝えした。
域外プロボノプレゼントップ.jpg
前半はポポメリー誕生までの歩みの紹介
後半は今回の域外プロボノに期待することを含め概要を説明
2月のパネルディスカッションまでにしていくことが、ゴールであり、スタートとなることをお伝えする内容とした。

20:20〜プロボノワーカー、オブザーバー、事務局、ポポメリー会員の自己紹介
ポポメリーに関わりたいと思ったきかっけ等、がんに向き合う団体へのメッセージを頂く。

20:45〜質疑応答、意見交換
プロボノワーカーに事業参加の関われる部分についてなどご意見を頂く。

21:00(写真撮影)引き続き意見交換会参加者に残っていただくことをご案内。

21:05〜22:00
意見交換会(15名参加)
認知度を上げる必要性、制度や先行団体の取り組みについて

山口県内でピアサポートについて知っていただき、がんピアサポーターになれる人材を増やすためにどうするのかを話し合いました。一人一人の発言により、意見交換が活発になされる場面には熱意が伝わりました。がんピアサポートについて真摯に取り組んでいけるように意見を交わすことで、取り組むための秘策といった内容の見える意見交換がなされました。また、疑問に思うことを質問していただき、それに答えることで共に勉強できる場となりました。がんピアサポートについてもっと調査、分析、発信、周知、情報収集等の手段も必要と具体的な意見もいただきました。その情報発信をどうしていくのかその点での関りは今後の重要なポイントとなることを今回のキックオフで認識できました。

《次回開催と内容》
10月22日(木)20時から22時
●出された情報を分類、調査、優先順位の決定
●担当分け


この事業は山口県の地域課題解決に山口県外の専門家からの助けにより解決できる方法を考え実践していきます。ポポメリーでは、山口県の団体としてがんに向き合うことで、がんピアサポーターへの関心や理解を増やし、がんになっても前向きに生きられる社会を目指していきます。域外プロボノについて興味関心があり、ご参加いただける方、共に活動したい方がありましたら気軽に連絡ください。活動参加方法と内容について別途ご案内とお話いたします。
Posted by 代表 藤本 at 07:49
域外プロボノキックオフ前日 [2020年10月13日(Tue)]
ポポメリーはがんに向き合う山口の団体です。

明日は域外プロボノキックオフを迎えます。
先日域外プロボノのお話をする際、プロボノについて説明…
語源について聞かれ、語源をしっかりお伝え出来なかったことを反省…
しっかり教えていただきましたのでこの活動と共に書き記しておきます。      

プロボノについて説明すると、ラテン語でPro Bono Publico(公共善のために)を語源とする言葉のようです。(Pro=For~のために) (Bono=Good 善・いいこと)( Publico=Public 公共的な)語源的にはプロフェッショナルのプロではないみたいで、世間一般的にはプロのビジネスパーソンによるボランティア活動を示すようです。プロボノ…なんか聞いたことがあるかもしれないけどでも知らない言葉で…調べてみると、プロボノとは、各分野の専門家が職業上持っている知識やスキルを無償提供して社会貢献するボランティア活動全般。またそれに参加する専門家自身とありました。今回、ポポメリーに支援いただけるプロボノワーカー・オブザーバー参加のプロボノワーカー合わせて7名いらっしゃいます。実際にピアサポートに深くかかわってくださる方をはじめ、出版・写真・デザイン・web・広報・調査・分析・地域振興・財政のコンサルタント・アンケート調査等、多才な方からご支援が頂けます。

がんピアサポートとはがんという病気を体験した人やその家族などがピア(仲間)として「体験を共有し、ともに考える」ことで、がん患者やその家族などを支援していくことを指し、ピアサポートを行う人を「ピアサポーター」といいます。がんになるとQOL(=生活の質)にも関わります。

がんに向き合う団体として考える、山口県の地域課題は、がんピアサポーターの育成と連携促進が必要ということが自分なりの調査の結果見えてきました。


10月14日キックオフから2月パネルディスカッションまで長期にわたり今回の事業になります。

キックオフ10月14日(水曜日)20時から22時  Zoom
《詳細》
 はじめに
 1.ポポメリーについて紹介   20:00~20:10
 2.域外プロボノ活動概要紹介  20:10~20:20  前日別途メール発信します
 3.プロボノワーカー自己紹介  20:20~20:35  2〜3分程度
 4.会員紹介          20:35~20:50  
 5.質問意見交換        20:50~21:00
 (ブレイクアウト)      21:00~21:05
 5.意見交換会         21:10~22:00  
  
域外プロボノについて
https://kiteyama.lpg-y.com/

こちらのCANPANNブログではポポメリーについて紹介していますが、改めて書きます。
〜 ポポメリーについて紹介〜
「ポポメリー」はがんに向き合う山口の団体です。
一人で悩む患者と家族が、地域の中でピア=仲間と出逢いつながる相談場所。正しい知識と情報で、関心のある全ての人と支えあいます。
2020年春「ポポメリー」が生まれました。ポポメリーのポポはたんぽぽのポポ、メリーは素敵な笑いからとった造語です。たんぽぽは身近なところで咲いていて、子供からご老人まで知っているお花です。種は大空を舞い好きなところに舞い降りて次の花を咲かせます。みんなに好まれる花により笑顔になるよう名付けました。ここから始まる発信を今後の地域活動に繋げていきます。

《ポポメリーのVisionは》
がんになっても自分らしく生きられる社会を目指しています。

《ポポメリーのMissionは》
ありのままの気持ちでがんのことを話せる
自分らしさをみつけて自然と笑顔になれる

《会則》
https://fields.canpan.info/.../1132924232/files/GgFwXg9N.pdf

《現在のチラシ》
https://fields.canpan.info/.../1132924232/files/EczTewIi.pdf

《ポポメリー情報》
CANPANブログ(ここです。)
https://blog.canpan.info/popomerry/

Facebookページ
https://www.facebook.com/popomerry.popo/

Instagram
https://www.instagram.com/popomerrypopo/?hl=ja

ポポメリーで困ってる当事者の思いが事業の進展になれるように願っています。
どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 代表 藤本 at 06:58
講師を招いて団体運営に関する研修会を行いました。 [2020年09月28日(Mon)]
ポポメリーはがんに向き合う山口の団体です。

山口きらめき財団講師・アドバイザー派遣申請による講義をしていただきました。
きらめき講師船崎さん2020.9.27(日)さぽらんて.JPG

unnamed.jpg

「ポポメリー計画実践のためのヒント」と題して
 〜誰でもわかる運営計画と実践戦略について〜
  任意団体が初年度にしておくべき計画と運営への理解
  がんピアサポートを広めるためにしていくこと
  講師 船崎美智子先生
  9月27日(日)9時30分から13時
  山口市市民活動支援センター


参加者5名(役員4名、内1名、新規会員)

ポポメリー代表藤本のもとに集まった活動を共にする役員をはじめ、活動に賛同いただいた方との繫がりで始まった活動…この団体がどのように活動することが一番良いのか?初年度にして何をしていけばいいのかどんな考え方があるのか?どのように広めていくことがベストなのかをわかりやすく、また実践的に話していただきました。やりたいことを形にするには運営方法や企画計画といったことをどのように考えていくのかわからなかった。そんな私たち一人一人の言葉を傾聴し、具体的に図式化していく作業を最後にまとめていただきました。それぞれの思いと考えがようやくマッチした瞬間を感じ取ることができました。ゆっくり歩み始めた活動も、持続するための計画を発信していくために個々が衆となった時、互いにサポートしていきながら進んでいけます。
これまでコロナ禍で集まることができなくてもっと早くにできていれば、会員募集もかけやすかったかもしれません。自己の経験や体験を活かせる場であり、がんになった人もならない人も支えているご家族も、ここに関わってよかったと思えるそんな活動ができると心から思える研修でした。今後、ちょっと活動に加わりたい方に参加できる方法や情報を届けることを効率的にしていきたいです。講師の人柄と優しさと話しやすさで会員一同の魅力を引き出していただきました。
ゆっくり繋がっていく活動。いつか参加してみたい方も、これから出会う方にも聞いていただきたい研修でした。たくさんいただいた秘策をしっかりと実践に繋げて、がんに向き合う団体としてふさわしい形になれるように伝わる活動にしていきます。
実りにある研修をどうもありがとうございました。
Posted by 代表 藤本 at 00:24
域外プロボノ情報共有会に参加しました。 [2020年09月27日(Sun)]
ポポメリーは山口でがんに向き合う団体です。

9月25日(金)10時から12時まで域外プロボノの情報共有会に参加致しました。
域外プロボノへの応募団体5団体のうち、この日参加できたのは2団体でした。
少し緊張の中、マッチング会に向けた団体紹介…3分と言われ4分もしゃべる…
しっかり伝えたいことをまとめないと短時間で分かるようにという課題がわかり収穫です。

ポポメリーとともに参加した仁徳地域紹介さん
仁徳の仁は仁保のにん、仁徳の徳は徳地のとく、山口市の団体さん
マッチング会に向けた自己紹介ではなんだか近くにある共同できそうな部分も多くある団体だなと感じました。今のポポメリーでは会員数も少なく活動の幅が限られていますが、もっと先ではそんなことも考えることができそうです。興味津々に活動を聞くことができて楽しい時間になりました。

プロボノ支援については山口県外から任意団体ポポメリーにアドバイス頂ける団体様があることに感謝してます。今、ポポメリー指名で手を挙げていただいている団体様がなんと広島県と島根県の方です。近隣県でがんピアサポートに積極的な県であることにとても嬉しく感謝しています。
他プロボノさんには、支援する団体にこだわりない方も多くあり期待は大です。
がんと聞き、看護師と聞いたら医療職や患者だけの支援をしてもらうの?と思われがちですが、ポポメリーは医療と家庭の間にある団体です。つまりは、地域の中にある団体だからこそ、一般の方に多く知ってもらいたいと思っています。
がん患者がどんな感じの心境で社会の中で生活しているのかそこにはどんなことが必要であるか知りたいといったプロボノさんや興味関心があれば一緒にしていただけると嬉しく思います。

ポポメリー活動に興味関心のある県内団体さんも一緒に参加していただければ、持続可能な活動に発展していけそうです。私の目指すSDGs目標3.4.11.16.17これはポポメリーでも目指したい目標でもあります。

これから始まることに気が引き締まります。
興味関心のある方は是非お問い合わせ下さい。
https://kiteyama.lpg-y.com/
よろしくお願いします。

域外プロボノ2020.9.25情報共有会.jpg
Posted by 代表 藤本 at 22:01
域外プロボノマッチング会資料の掲載 [2020年09月22日(Tue)]
域外プロボノに関するマッチング会の資料を掲載していただきました。

プロボノとは職業上持っている知識やスキルを無償提供して社会貢献するボランティア活動の事です。山口県の社会問題に取り組む団体として、県外の専門家のアドバイスを受けることで、地域課題の解決に県外の技能を活かすことができます。

ポポメリーは、山口県でがんに向き合う団体として、域外プロボノによる支援を希望します。
ご支援いただく内容は次のようになっています。
「がんピアサポーターの育成と連携促進」

域外プロボノで求める人材像像
〇患者のネットワークづくりに地検のある方・団体
〇がんピアサポーター育成経験者・団体

県外の専門的知見のある方にご指導やアドバイスを頂くことで、医療と地域の間でできることが明確となり、こうした活動の周知と求める方に届けることができると思っています。どんなことを希望しているのかがわかりやすく具体的に示したのが、マッチング会の資料となっています。
詳細はこちらをご覧ください。
域外プロボノについて
Ki・Te・Neやまぐちプロボノ推進コンソーシアムのホームページ
https://kiteyama.lpg-y.com/

約3か月にわたり共に取り組んでいただける方を求めています。
2020年2月にはパネルディスカッションの予定です。

支援希望受け入れ他の団体も社会課題にそれぞれ向き合われています。
どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 代表 藤本 at 21:00
| 次へ