CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
とちぎボランティアNPOセンター「ぽ・ぽ・ら」のブログへようこそ!!

ホームページはこちら↓↓
     http://www.tochigi-vnpo.net/


ホームページでは・・・

ぴかぴか(新しい)ぽ・ぽ・らのイベント講座情報や県内・県外のボランティアやNPOに関する情報、助成金情報も検索できます!

封筒月2回発行しているメールマガジン「ぽ・ぽ・ら通信」の読者募集中です!!
メルマガ登録はこちらからどうぞ

  
【9/30開催 「赤い羽根子どもと家族の緊急支援」オンライン説明会参加者募集!】 [2020年09月18日(Fri)]
 栃木県共同募金会のスタッフが、助成金制度について分かりやすく説明します。コロナ禍での様々な活動が対象となりますので、ぜひチャレンジしてください!
◆日時2020年9月30日(水)13:30〜14:30
◆会場とちぎボランティアNPOセンター「ぽ・ぽ・ら」3階研修室A〒320-0032宇都宮市昭和2−2−7
◆定員オンライン(ZOOM)参加を基本とします。
※会場に直接ご参加の方は、先着5名までとさせていただきます。
◆参加費無料

※詳細はリンク先をご覧ください。
赤い羽根助成金B説明会チラシ_page-0001.jpg
https://www.tochigi-vnpo.net/db/event2/file/99999_20200918154743.pdf赤い羽根助成金B説明会チラシ_page-0002.jpg
「ぽ・ぽ・ら出前講座2020」を実施します [2020年09月17日(Thu)]
とちぎボランティアNPOセンターでは、今年度から「出前講座」を実施いたします。
出前講座チラシ画像.jpg
NPOマネジメントや協働、会計、労務、情報、コロナ禍での支援制度等のテーマを設け、
団体等からのご依頼に応じて、専門家やスタッフが講師として直接出向いて、
分かりやすい説明を行います。ぜひご利用ください!

※開催に当たっては、身体的距離の確保やマスクの着用、「3蜜」の回避など、
 新型コロナウィルス感染症の感染防止対策を徹底くださるようお願いいたします。

〇主な開催条件
1 受講対象者:営利を目的とせず公益的・社会的活動を継続的に実施している栃木県内のNPO、ボランティア団体、自治会等の団体
2 定 員:1講座当たり、概ね10名以上〜20名未満
3 時 間:1講座60〜90分
  午前10時から午後8時30分まで(土日祝日は午前10時から午後5時まで)を基本とします。
4 実施期間:2020年9月〜2021年3月
5 実施回数:全体で10講座まで。月2講座まで。
6 実施会場:栃木県内
7 費 用:講師の派遣費用や資料代は無料。会場に係る費用は申込者負担。

講座メニューや申込方法等は添付のチラシをご覧ください。
2020ぽぽら出前講座チラシ統合版.docx
〇お問合せ先
とちぎボランティアNPOセンター「ぽ・ぽ・ら」
〒320-0032 宇都宮市昭和2−2−7
TEL:028-623-3455   
FAX:028-623-3465
e-mail  popola@tochigi-vnpo.net
【アンケート締切日を9/26まで延長しました!:とちぎ自然体験活動ネットワーク準備委員会(サシバの里自然学校内)】※シェア歓迎 [2020年09月15日(Tue)]
栃木県内の自然体験活動団体向け新型コロナウイルス感染症感染拡大への影響に関するアンケートのお願い
多様性に富んだ豊かな自然は栃木県を代表する大きな地域資源です。しかし、その自然環境を活かし、守り、伝えながら懸命に活動している県内の自然体験活動団体への支援はこのコロナ禍において十分に行われておりません。このアンケートを通して、コロナ禍における県内の自然体験活動団体の活動・経営の現状を把握し、課題を明確にすることを目的としています。
栃木県内の自然体験活動をおこなう団体の皆様どうぞご協力よろしくお願い致します。
グーグルフォーム(アンケート)
https://forms.gle/Zk44JAp1iXy325N99
・実施団体
とちぎ自然体験活動ネットワーク準備委員会 代表 遠藤隼
※ 1団体1回の回答をお願いいたします。
※ ご回答いただいた内容について、個人や団体を特定できるかたちで調査結果を公開することはありません。
・問い合わせ先
とちぎ自然体験活動ネットワーク準備委員会(サシバの里自然学校内)
遠藤隼 電話 0285-81-7754 / 090-8500-0348
メールアドレス sashiba.natureschool@gmail.com
栃木県内の自然体験活動団体向け新型コロナウイルス感染症感染拡大への影響に関するアンケート
9/16 NPOの会計税務・労務相談会inさくら市を開催します [2020年09月12日(Sat)]
NPO等の皆様が日ごろ抱える会計税務や労務の疑問等に応えるため、
専門家に直接相談できる場を提供します。
今回は、9月16日(水)に「さくら市市民活動支援センター」にて実施します。

15:30〜16:15の枠がまだ空いておりますので、
ご相談したい団体の方はぜひご利用ください。
詳しくはこちらをご覧ください。

1主 催:とちぎボランティアNPOセンター
2共 催:関東信越税理士会栃木県支部連合会、栃木働き方改革推進支援センター
3協 力:さくら市市民活動支援センター

○お問合せ先
とちぎボランティアNPOセンター「ぽ・ぽ・ら」
〒320-0032 宇都宮市昭和2−2−7
TEL:028-623-3455   
FAX:028-623-3465
e-mail  popola@tochigi-vnpo.net
さくら市相談会チラシ画像.png
【お知らせ】NPO法人が栃木県の制度融資の対象に加わりました [2020年09月10日(Thu)]
栃木県新型コロナウイルス感染症対策パワーアップ資金(融資)及び栃木県新型コロナウイルス感染症緊急対策資金(融資)の対象にNPO法人が追加されました。
コロナの影響を受け、資金難に苦しむNPO法人の皆さんにとって、新たな選択肢になりますね。

★新型コロナウイルス感染症対策パワーアップ資金
http://www.pref.tochigi.lg.jp/f03/powerupsikin.html
★新型コロナウイルス感染症緊急対策資金
http://www.pref.tochigi.lg.jp/f03/koronayuushi.html
【アンケート協力のお願い:とちぎ自然体験活動ネットワーク準備委員会(サシバの里自然学校内)】 [2020年09月04日(Fri)]
栃木県内の自然体験活動団体向け新型コロナウイルス感染症感染拡大への影響に関するアンケートのお願い
多様性に富んだ豊かな自然は栃木県を代表する大きな地域資源です。しかし、その自然環境を活かし、守り、伝えながら懸命に活動している県内の自然体験活動団体への支援はこのコロナ禍において十分に行われておりません。このアンケートを通して、コロナ禍における県内の自然体験活動団体の活動・経営の現状を把握し、課題を明確にすることを目的としています。
栃木県内の自然体験活動をおこなう団体の皆様どうぞご協力よろしくお願い致します。
グーグルフォーム(アンケート)
https://forms.gle/Zk44JAp1iXy325N99
・実施団体
とちぎ自然体験活動ネットワーク準備委員会 代表 遠藤隼
※ 1団体1回の回答をお願いいたします。
※ ご回答いただいた内容について、個人や団体を特定できるかたちで調査結果を公開することはありません。
・問い合わせ先
とちぎ自然体験活動ネットワーク準備委員会(サシバの里自然学校内)
遠藤隼 電話 0285-81-7754 / 090-8500-0348
メールアドレス sashiba.natureschool@gmail.com
【令和2年度「盲ろう者向け通訳・介助員 養成講座(前期/基礎講座)」開催】 [2020年09月03日(Thu)]

新型コロナウイルス禍、延期となっていた「盲ろう者向け通訳・介助員 養成講座(前期/基礎講座)」を下記の通り開講いたします。
「盲ろう者」とは、視覚及び聴覚に重複して障害を持っている方です。盲ろうの方々に何かお手伝いをしたい」けれど「コミュニケーションの方法がわからない」「介助の方法がわからない」といった方、また、これまでも、手話通訳、要約筆記、点字、朗読、ガイドヘルプ等で既にご活躍の方、さらには、自分たちの仲間を支えたいと願っている視障者・聴障者の皆さん、是非とも講座にご参加ください。そして、盲ろう者の社会参加促進のために是非ともご協力をお願い致します。

 記

1.名称 盲ろう者向け通訳・介助員 養成講座(前期/基礎講座)

2.主催 栃木県、宇都宮市

3.講座目的および開催日時
◆基礎講座(未経験者対象集中講座・全7回)
[目的]盲ろう者に関する基礎知識、コミュニケーションや介助に関する基礎的な知識・技能を習得し、栃木県の「盲ろう者向け通訳・介助員」として登録する。

※詳細はリンク先をご確認ください。
https://www.tochigi-vnpo.net/db/event/event_list.html
【「輝くとちぎの人づくり推進基金」への寄附に御協力ください】 [2020年09月03日(Thu)]
 近年、人口減少や超高齢社会の到来など社会経済情勢の変化等に伴い、地域における課題も複雑多様化しています。これらの課題解決にあたっては、行政だけではなく、すべての県民の皆さんが担い手として活躍することが必要です。
そのため、県では、女性や若者、高齢者や障害のある方をはじめ、県民誰もがそれぞれの能力を十分に発揮しながら地域づくりの担い手として活躍することができるよう、「輝くとちぎの人づくり推進基金」を設置し、それを活用して各種事業を行っています。
本基金の趣旨を御理解いただき、皆様からの温かい御支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
http://www.pref.tochigi.lg.jp/c01/life/hitokikin/sougouannai.html
【「地方創生フォーラムin栃木」動画公開中!!】 [2020年09月02日(Wed)]
「地方創生フォーラムin栃木〜いちご一会から始まる栃木の未来創生〜」を動画で公開中!ぜひご視聴ください!!
・公開期間:9月30日(水曜日)まで
「関係人口」ということばを知っていますか?観光以上、移住未満、地方と継続的に関わりを持つ新たな考え方です。これからの「あなた」と「とちぎ」の関係を考えてみませんか?
内容:
基調講演「関係人口のつくり方〜わたしたちは地方で幸せを見つける〜」
指出一正氏(株式会社sotokoto online代表取締役 月刊ソトコト編集長)
パネルディスカッション「女性の関係人口に向けて必要なこと」
コーディネーター…児玉博昭氏(白鴎大学法学部教授)
パネリスト…豊田彩乃氏(ゲストハウス街音 matinee オーナー)、山口あや氏(フリーランス司会者)、義達祐未氏(YUMinnovation合同会社CEO/とちぎ未来大使)、菅俣宗良氏(栃木県総合制作部地域振興課長)
http://www.pref.tochigi.lg.jp/a03/forum.html
【CIS アンケート報告書】 [2020年09月02日(Wed)]
先日ご回答いただいた、全国調査「新型コロナウイルス感染拡大への対応及び支援に関するNPO緊急アンケート」に関する報告書です。

沢山の方にご協力いただき、誠にありがとうございました。

実施主体:「新型コロナウイルス」NPO支援組織社会連帯(CIS)
https://npo634-my.sharepoint.com/:b:/g/personal/kyoshida_jnpoc_ne_jp/EaaOltKqSAFBmWrgfl2GAOgBmWBO4lB18MIp2JtYGIgzuw?e=TidOu0
| 次へ