CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
とちぎボランティアNPOセンター「ぽ・ぽ・ら」のブログへようこそ!!

ホームページはこちら↓↓
     http://www.tochigi-vnpo.net/


ホームページでは・・・

ぴかぴか(新しい)ぽ・ぽ・らのイベント講座情報や県内・県外のボランティアやNPOに関する情報、助成金情報も検索できます!

封筒月2回発行しているメールマガジン「ぽ・ぽ・ら通信」の読者募集中です!!
メルマガ登録はこちらからどうぞ

  
助成金紹介:「子供の未来応援基金」新型コロナウイルス感染拡大への対応に伴う緊急支援事業 [2020年06月03日(Wed)]
この事業は、「子供の未来応援基金」を通じて、これまで草の根で貧困の状況にある子供たちに寄り添って支援活動を行ってきたNPO法人等が、現状の新型コロナウイルス情勢も踏まえた緊急かつ柔軟な支援を行えるようにすることを目的に、NPO法人等が新型コロナウイルス対応として追加的に実施する事業への支援金の交付を行うものです。
※詳細はリンク先をご覧ください

https://www.wam.go.jp/hp/kikinkinkyushien/?fbclid=IwAR0uJacvLB1ok93wmg72CcYtRqQuqpSoQCcLZ2KpZAz0VZKsY7NRxk-LmB4

※6/15正午締め切り
【新型コロナウィルス感染症に伴う「困りごと相談」をお受けします!】(随時) [2020年05月30日(Sat)]
新型コロナウィルス感染症により、県内NPO法人や一般社団法人、任意団体におかれても、事業活動に様々な支障が生じていることと思います。

国の緊急事態宣言は解除されましたが、今後も引き続き感染予防に十分な注意を払いながら、事業活動を行うことが重要です。

国や栃木県、県内市町では、各種支援策が設けられていますが、ぽ・ぽ・らでは、皆様が直面されている「困りごと」についてご相談をお受けします。
お気軽にご利用ください♪

※詳しくはチラシデータをご確認ください。
【ご紹介!:3密回避を念頭に入れたレイアウト案〜宇都宮市まちづくりセンター「まちぴあ」にて〜】 [2020年05月30日(Sat)]
3密回避を念頭に入れた、研修室のレイアウト案を、宇都宮市まちづくりセンター「まちぴあ」のスタッフO氏と共に考えました。

形にとらわれない、「5角形」案など、色々なバージョンを考えたので、ご覧いただければ幸いです♪

「まちぴあ」館内で使える備品(マイク、プロジェクタ)のご案内もあります。

↓まちぴあブログ
https://blog.canpan.info/machipia/archive/2355
ルリちゃんも参加!〜第52回ボランティア体験プログラム 釜川コケ落とし大作戦〜 [2020年05月23日(Sat)]
こんにちは。
コロナで世の中自粛ムードですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
慣れないウイルスを相手に疲れがたまっていませんか?

そんな方にお勧めしたいのが、外でのボランティア活動です。

今回は、まちぴあさん(宇都宮市まちづくりセンター)主催の「釜川コケ落とし大作戦」を通して、コロナ禍のリフレッシュ法と「きちんと対策を取れば活動が出来る」ということを、ルリちゃんと共にお伝えしたいと思います。

宇都宮市の街中を通る釜川の「じゃぶじゃぶ池」周辺のコケを落としたり、周辺の草取りやごみ拾いをしたりするこの活動、今年で14年目になるそう。
長続きの秘訣はどうやら「頑張りすぎない」ことにあるようです。

コロナ禍で、「本当は動きたいけど、どうしようかな?」と思っていらっしゃる方が多いと思います。

コロナ禍においても、感染拡大防止のポイントを押さえれば、活動は出来ます。

イベント主催者側のポイント:【コロナ後の活動再開に向けた準備】
参加人数の制限やマスク・軍手の着用、せっけんなど、用意は入念です。
↓詳細はこちら
https://blog.canpan.info/machipia/archive/2339

DSC03190.JPG

今回の参加者は7名。
参加者の中には中学生とそのお母さんもいました。
彼女が最初に参加したのは幼稚園生の頃。水遊びの延長だったので参加してみたのがきっかけだったそう。

DSC03186.JPG

3蜜を避けるために、オリエンテーションは省略。
ソーシャルディスタンスを保つため、各々デッキブラシを持って散らばります。

DSC03199.JPG

川底ゴシゴシ組だけでなく、草むしり組やごみ拾い組もいます。

DSC03200.JPGDSC03212.JPG

中学生が一生懸命清掃しているのを目にした近所の大学生、「釜川には、スズメや虫、魚など、実は様々な生き物がいるんです」、「こんな若い子が掃除してるんだから自分もやってみようかな。」と飛び入り参加してくれました。

DSC03206.JPG

そんな彼は、「最近、こういうイベントが無かったなぁ〜。自分たちも何かやってみようかな〜」と一言。

気づいたら集めた雑草はゴミ袋2つ分に!

DSC03222.JPG

マスク着用で熱がこもりがちなので、適度な休憩は必須!「活動の長続きのコツは頑張りすぎないこと」。

色々なゴミも集まりました。

DSC03216.JPG

「釜川コケ落とし大作戦」の魅力はズバリ、楽しい!の一言に尽きます。皆で力を合わせて清掃した結果、皆の憩いの場所が綺麗になるのは快感です。

川底を覗くと、1円玉がキラリと光っているのも見えるようになりました

DSC03220.JPG

川が綺麗になってルリちゃんも黄ぶな君も幸せそうです。

DSC03223.JPG

掃除後に雀が気持ちよさそうに水浴びをしている姿を見たら、見ているこちらのほうまですがすがしい気分になりました。

コロナ禍におけるボランティア活動について主催者の小倉さんにお話を伺いました。

Q.コロナ禍でいち早く活動を実施した理由は?
小倉氏:「自粛ムード」を吹き飛ばしたかったから。

Q.コロナ禍と平時の違いは?また、イベント告知の反応は?
小倉氏:ズバリ、人が来ないこと。
アメリカ人高校生の参加や、魚のつかみ取りがあるときなど、多いときは50人もの参加者がいる。

一方で、ブログ等で告知したところ、反応は良かった。(50〜60の「いいね!」があった)「やってみたい!いいな!」と思っている人はいる。活動自体は求められている。
なので今回は試験的に実施してみた。

Q.コロナの釜川への影響は?
小倉氏:通常「宮祭り」の前は業者さんが清掃に入っていたが、今年はそれも中止。何もしないと汚れが溜まるだろう。

Q.コロナ禍のボランティア活動について感じることは?
小倉氏:コロナ禍において、オンライン系の活動が増えた。
オンライン系の活動に楽しみを見出す人もいれば、(釜川の清掃のような)現場系が向いている人もいる。「楽しさ」の基準は人それぞれ。
これからの時代は、オンライン系も現場系も「両方いいよね!」となるといい。
そのために、様々な層の人に向けて活動の選択肢を提示できるといと思う。

今回のコロナは、「どうしたら外で活動できるか?」を考えるいいきっかけだと思う。
    
今回のイベントを通して、「工夫して対策を取れば活動が出来る」ということを伝えたかった。やり方を真似したり、自分たちなりにアレンジしたりして、それぞれのフィールドで活動してもらえたら嬉しい。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
コロナ禍のストレスからリフレッシュしつつ、手ごたえを感じられるこの活動、次回参加してみませんか?

普段イベントを主催される方は、イベント開催方法を知るために見に行かれるのもアリではないでしょうか。

次回の活動は6/27(土)を予定しているそうです。(過密を避けるため、上限は今回同様10名程度)
詳細はまちぴあさんのHPでご確認ください。
http://u-machipia.org/

※ぽぽらブログでは「釜川コケ落とし大作戦」の一部しかご紹介できなかったため、全貌は「まちぴあブログ」からお楽しみください♪
https://blog.canpan.info/machipia/archive/2354
宇都宮市より「市民活動団体応援助成金(新型コロナウイルス感染症関連)」 [2020年05月20日(Wed)]
宇都宮市みんなでまちづくり課による、任意団体向けの助成制度です。

・目的
新型コロナウイルス感染症の影響に伴う活動の減少や、活動を縮小する中にあっても、 市民活動団体の活動の継続性を確保するため、公益的な活動を行う任意の市民活動団体を支援するもの。
(※法人は除く)

・助成額
(月の収入の減少割合に応じて助成)

20%以上50%未満  50,000円
50%以上      100,000円

・助成受付期間
 2020/5/20〜2021/01/15

詳細はリンク先をご覧ください。
https://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/kurashi/kyodo/npo/1023726.html
アンケートへのご協力ありがとうございました [2020年05月19日(Tue)]
コロナウイルス感染症に係るNPO等の対応や影響等のアンケートへのご協力ありがとうございました。

新型コロナウィルス感染症の感染拡大に伴い、栃木県内の社会貢献活動団体がどのような影響を受け、どのような支援を必要としているのかについて把握し、今後の支援につなげていくためのアンケート調査を実施したところ、72件のご回答をいただきました。(※5/7時点)

回答は集計後、ホームページにおいて公開します。
現在集計作業中ですので今しばらくおまちください。

ご回答くださった皆様へ重ね重ねお礼を申し上げます。

なお、実情を把握するためにアンケート入力フォームは公開しておきますので、引き続き情報をお寄せいただけますと幸いです。
関連URL
https://forms.gle/8feciGqzNfekTLSs5
ご紹介:「おやま〜る」のホームページが新しくなりました! [2020年05月19日(Tue)]
小山市市民活動センター「おやま〜る」のホームページが新しくなりました!

同ページより、「おやま〜る」のFacebookやTwitter情報も見ることができます。

https://oyamaru.net/
赤い羽根 子どもと家族の緊急支援 全国キャンペーン(栃木県共同募金会) [2020年05月15日(Fri)]
(5/15より助成団体募集開始)

赤い羽根の栃木県共同募金会では、全国の共同募金会ならびに中央共同募金会とともに、「赤い羽根 子どもと家族の緊急支援 全国キャンペーン」(新型コロナウイルス感染症の影響により日常生活に困難を抱える子どもと家族支援活動)(以下「全国キャンペーン」)を協働実施することとしました。
全国キャンペーンは、新型コロナウイルス感染拡大及び緊急事態宣言の影響をうけ、地域で増加すると考えられる子どもと家族をめぐる生活課題に対しての支援を行うことを目的として実施します。

http://akaihane-tochigi.or.jp/index.php?id=40#type001_40_3
「新型コロナウイルス感染症対策 まとめサイト」リニューアル! [2020年05月14日(Thu)]
とちぎボランティアNPOセンター(管理運営団体:NPO法人とちぎ協働デザインリーグ)では、「NPO等のための新型コロナウイルス感染症対策 まとめサイト」を見やすくリニューアルしました。

給付金情報や助成金情報等を掲載しています。ぜひご利用ください。

https://www.tochigi-tcdl.net/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%81%8A%E5%BD%B9%E7%AB%8B%E3%81%A1%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88/
ボランティア活動保険における新型コロナウイルスの取り扱いについて((株)福祉保険サービス) [2020年05月12日(Tue)]
社会福祉協議会を通じボランティア活動保険に加入されている方へ。

以下の通り、ボランティア活動保険の新型コロナウイルスの取り扱いが改定されたのでご紹介します。
-------------------------------
ボランティア活動保険の特定感染症に指定感染症(新型コロナウイルス)を追加し、補償の対象といたしました。(2月1日に遡及して補償します。)
写真の説明はありません。
| 次へ