CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ぽぽら ふるさと通信


「ぽぽらふるさと通信員」が、県内各地の社会貢献活動やおすすめ情報を発信します!!
「ぽぽらふるさと通信員」とは…より幅広い視点から県内各地の社会貢献活動や出来事を発信するため、ぽぽらの管理運営団体である「とちぎ協働デザインリーグ」が一般公募し認定しました。

ぽぽらのホームページ&ブログもよろしく↓↓
http://www.tochigi-vnpo.net/


今年度もやります、コミュニティカレッジ! [2014年05月02日(Fri)]
今年度は、那珂川町小砂地区と宇都宮市清原地区のまち・むら散歩を行います。
最後に、この2地区に加えて、栃木市第六地区と壬生町睦地区をお迎えしてぽぽらにて意見交流会を行います。
3回シリーズで実施致します。

今回のお題は…「開かれたコミュニティへ」!

早速、那珂川町小砂地区の下見をさせていただきました。

DSC02898.JPG


小砂地区は旧馬頭町の北部に位置する771名の小さな集落です。
平成25年度に「日本で最も美しい村」連合へ加盟しました。
http://www.utsukushii-mura.jp/nakagawa-koisago-index

DSC02928.JPG


小砂地区は、小砂焼きと菊炭で有名ですが、最近では都内の芸大生や美大生、文星芸術大学の学生を受けていて、この地域を美術館に見立てて「環境芸術祭」を行っています。(写真はよろこびの森。大人も遊べます!)

DSC02749.JPG


芸術文化・温泉・美しい環境が揃っているなんて羨ましい限りです。
昨年は3年に一回行われるトリエンナーレ「小砂環境芸術祭(KEAT)」が行われ、今年は次回に向けて「環境芸術展」を行っています。
http://koisago-art.net/index.html

DSC02920.JPG


その他にも棚田オーナーを募集して、今年は10組の家庭を受入れます。(しかも民泊です!)
また、「ホタル米」の生産に取り組んでおり、まさに「開かれたコミュニティへ」挑戦中です。

これだけの情報だけでゾクゾクするのは私だけでしょうか?
当日はどのような日常的な営みやソトモノ受入れの様子を伺えるか、とても楽しみです。

まだまだプログラムは調整中ですが、乞うご期待!

DSC02912.JPG


ちなみに、いわむらかずお絵本の丘美術館も小砂地区です。
こちらからの眺めも環境も抜群です!
(スタッフ)