• もっと見る
« 2022年11月 | Main | 2023年01月 »
<< 2022年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
食の安全保障[2022年12月31日(Sat)]

DSC_0384.jpg
俣野の山茶花。
ずいぶん長いこと咲き続けてくれている。

***

◆恒例の境川沿いのポイ捨て回収、2022年の集計を出してみた。

ペットボトルが460本、缶が764本、ビン28本で総計1252本だった。
今年後半は相棒との散歩がめっきり短くなったこともあって、散歩がてらでなく、思い立った時に自転車で回ってみることが増えた。
加えて懶惰(らんだ)を貪る日々が続いて2月は上記3種類の合計が30本、7月に至ってはわずか24本であった。寒さにも暑さにも弱い根性ナシであったことが明白だ。
深く性根を入れ替えて新年を迎えよう。

◆地元を回りながら気になるのは農地へのポイ捨てだ。70リットル入りの大きなビニル袋のゴミが捨ててあることもある。

日々の糧である農を顧みないのは、政治家も役人ももっぱらその方向で動いているからじゃないかと常々疑っているが、暮れの24日、「日本の食と農の危機」というシンポジウムで鈴木宣弘(東京大学・大学院、農学生命科学研究科教授)が緊急メッセージを出していた。それによれば――

日本の食糧自給率は38%で先進国で一番低いと言われているが、実質的な自給率を考えればもっと深刻な状況だと言う。
例えば種(たね)だ。野菜の種の自給率は10%、化学肥料の自給率はほぼゼロ。これらをふまえた実質的な自給率では10%あるかどうかというのが実状だ。

氏はアメリカの大学による衝撃的なシミュレーションを紹介している。

もし核戦争が起きた場合(局地的な核戦争でも)、被爆による死者は2700万人という試算がある。しかし実は一番大変なのは、物流が止まることによる餓死で、世界では2億5500万人が餓死すると予測され、特に日本人に集中するというのだ。2億5500万の約3割の7200万人、すなわち現在の日本の人口の6割が餓死してしまうというのである。

温暖で水も豊富な日本、放っておいても直ぐ緑に覆われるこの国でそんなことが!と思うが、それは食糧を生み出す土地を人が大事に耕し、維持し続けてこそ可能な話だった。

先日も某社会学者が、豪雪地の大雪被害について「大雪が降るような地帯にいつまで住むのかをある種、突きつけられている」などとコメントしていたという。
まさにその雪が水として循環し、米をはじめとする食糧供給を可能にしてきた歴史があることを全く度外視した発言には呆れるほかない。

◆鈴木宣弘氏のメッセージに耳を傾けよう――

台湾有事だ、敵基地攻撃だと言っている場合ではない。食糧を持たない状況で、武器を持つどころではない。食を守ることが安全保障の第一であって、いま日本の農業を守らなければ、国民の命は守れない。

★鈴木宣弘氏の〈12月24日緊急5分メッセージ〉は下記から
https://www.youtube.com/watch?v=5UWCyEN9KrI



不思議な赤い実[2022年12月30日(Fri)]

◆歳末の一日、かねて気になっていた散歩道の放置ゴミを片付けた。
余勢を駆って猿田彦(御嶽神社)上の山道の空き缶も回収。クリーン・デイの後2タ月近く経って、それなりに溜まっていた。

◆一仕事終えて斜面を見上げたら鮮やかな赤が目に飛び込んで来た。

221230マムシグサの実a  DSC_0380.jpg

長さは7〜8センチほど。小さな赤い実がびっしり付いている。

◆グーグル・レンズで検索したら「マムシグサ(蝮草)」という野草の実のようだ。
茎の模様にちなむという名前は恐ろしげだが、その本体の方は見えず、ただ赤い実だけが目の前に転がっていた。

さらに調べたら、球根はけっこうな毒性を持つ由。植えてみようなどと邪な気を起こさないで良かった。



地下鉄湘南台駅のパブリック・アート[2022年12月29日(Thu)]

◆先日、湘南台駅に出かけた折に撮ったパブリック・アートを紹介しておく。

DSCN6356.JPG

望月直登「コンポジション 交通と街」(1999年設置)

ブルーライン(横浜市営地下鉄)湘南台駅のコンコースにある。
ステンレスを素材にした大きなコントラバスのようなデザインだ。
背面からだと……

DSCN6361.JPG

楽器で言うと棹(ネック)に当たるところにガラスを挟んであるようだ。

◆回りを囲んでいるステンレスの柵は作品保護のために設置したものだと思うが、作品に密着し過ぎている。残念ながら自由を束縛しているように見える。コラボの試み?と解釈するのは無理そうだ。

駅員さんに撮影をお断りし、入場券で入ったのだけれど、帰り際、柵の件、せめてもっとゆったりした置き方にしてもらえないか、幸い広いスペースがあるので……と、一応お願いして帰った。

◆パブリック・アートに関心が集まりつつあるなか、空間に及ぼす作品の力、見る人と作品との間に生まれるもの(均衡もあれば破調や衝迫の場合もある)が多様で豊かなものであるよう、そのためにゆったりした空間に、ただ単純に置いてほしいと願う。


かわいふくみ「空の校舎」[2022年12月28日(Wed)]


空の校舎  かわいふくみ


仕舞われていたものが ぽっかり浮かんで見えるのは
空が高くなって澄んだせいと
枯れ葉色の飛行物体が
目の高さを横切ったから

卵鞘を破って湧いてくる子カマキリのような
まばゆいベビーブームがあった その遺物
かつて

丘の上の校舎には今
飄々と風が棲みついている

机を並べ脱皮を繰り返し
翅の生えるまでの肩と
カマになるまでの腕と
それら余白を抱えて丘を下りてから
途絶えていた消息

夥しい生徒数の中から
どのひとつも思い当たらないが
同じ釜の給食を食べて学んだ
おなじ匂いをかいだ

あるものは
晩秋という重い扉に囚われたままだというのに
彼 それとも彼女は 翅を得たのだね

空の校舎が大きく息を吐きだすと
ふいに始業の鐘が吹かれてくる

越冬するには足りない力の先に
命令形のことばの矢印が
からだ中を逆流しはじめる


     詩集『風の ふふふ』(土曜美術社出版販売、2022年)より。


◆最終連「命令形のことばの矢印」という表現が面白い。

今に至るまで、学校というところは命令形が一方通行で連射される世界だ。
それをうまくやり過ごせず抱え込んだまま老年を迎えると、たまっていたそれらのことばが逆流しはじめる。

翅を得てすでに自由な世界へと飛び去った者たちも多いのに、老躯を駆って、なお厳しい冬を越えて行かねばならないとは。




かわいふくみ「オルガンの音」[2022年12月27日(Tue)]


オルガンの音(ね)   かわいふくみ


ひとつついたため息が
行き場なく空におちて
ちいさな波紋の中で浮き沈みしている

空は瞳(め)といわれ
鏡といわれ
ときにピンと張った大きな鼓膜だ
音の震源にアンテナを向け
声なき声に耳を傾けている
わたしにも届いてくる
オルガンの切れぎれの音色
水や薬やミルクの足りない人々の祈りのように

ふたつ目のため息が
平和も平等も
祈るのは弱者ばかり
そう言いかけてまた空へおちていった

空はありったけの涙腺をひらいて
水を送ろうとしている
わたしは波紋の中から
無力のものを取り出すことさえできないでいる

日曜日
教会の戸口は開かれている



詩集『風の ふふふ』(土曜美術社出版販売、2022年)より。


◆この詩の「わたし」は、空のさらに上の方から、この世界を見そなわす者のようだ。
地上で呻吟する弱き者たちの嘆きと祈りは確かに聞き届けられている。
ただ、それに応えるのは、地上に在って日々の糧を分かち合う心根を忘れない者たちだ。
彼らは「見そなわす者」の無力を責めたりしない。そのことがまた、空の上に居る「わたし」にため息をつかせる。



電気料値上げ加速[2022年12月26日(Mon)]

DSCN6363.JPG

湘南台公園のイルミネーション。
キーウのツリーのつましさを思えば申し訳ないような。

*******

◆毎月送られてくる実家の電気使用量のお知らせハガキ、ついに電気料金値上げの告知が付いてきた。
現在不住の状態にあるので使用量は「0」でも、いろいろな費用を負担している。

今月の内訳は下記の通りだった。

最低料金    336.87円
電力量料金     0.00円
燃料費調整額   47.84円
再エネ発電賦課金 51 円

「燃料費調整額」は原油やLNG等の貿易統計価格をもとに算定される燃料価格だそうだ。
エネルギーの調達費用のアップダウンで動く。
また、「再エネ発電賦課金」は正式には「再生可能エネルギー発電促進賦課金」で、太陽光や風力による再エネを買取るのに必要な費用をまかなう賦課金である。

◆いずれにせよ、ウクライナ戦争の影響によるエネルギー高騰に伴う値上げはやむを得ないと思うものの、〈アベ+クロダ〉金融政策の破綻によるツケを払わされるばかりか、再エネへの注力を怠った10年余りの無為無策の末に原発再稼働+新規建設を言い出すに至っては、正気の沙汰ではない。
3.11の汚染土を新宿御苑に、などという眉唾ものの策をもてあそぶヒマがあったら、六ケ所村再処理工場に見切りをつけた上で、全国にあふれかえっている使用済み核燃料の始末をしっかりつけてもらいたい。

まさか、自前の核兵器を持とうなどと企む輩に秋波を送っているのではあるまいね。ヒロシマ出身を吹聴するキシダ君。




湘南台第九を唱う会の歌声[2022年12月25日(Sun)]

◆クリスマスの夕、湘南台駅地下広場で第九演奏会があった。


DSCN6350.JPG

◆ソリストは、ソプラノ:舘野真由花、アルト:岩石智華子、テノール:西山詩苑、バス:原田光。ピアノ伴奏:須賀朗子、指揮:大貫浩史、そして合唱は111人から成る藤沢市民シアター第九を唱う会の皆さん。

◆確か「第九を唱う会」は、1990年に湘南台市民シアターができたときのこけら落としで公演したのがスタートだったと記憶する。

タウンニュース藤沢版によれば、以来3年ごとに演奏会を開き11回も続けてきたという。
地下広場では例年この季節、イルミネーション・プロジェクトが続けられており、その点灯式でも第九を披露してきたが、コロナ禍で多数が密に集まる合唱ができなくなったくやしさを乗り越えて、久しぶりの演奏会にこぎつけた由。

◆演奏会では第1部「くるみ割り人形」(ピアノ&朗読)、第2部「乾杯の歌」などソリスト4人による歌(独唱、重唱)のあと、第3部として第九の4楽章が演奏された。

アンコールとしてクリスマスにちなみ「赤鼻のトナカイ」「聖しこの夜」も歌われた。
救急車の音がひねもす続いていた年の瀬の日曜だったけれど、歌声に合わせて体を揺らしている自分が居た。
やっぱり生演奏は良い。

◆「市民シアター第九を唱う会」は、来春フルオーケストラの伴奏で第九演奏会を開くそうだ。
2023年2月26日(日)午後2:00〜藤沢市民会館大ホールにて。
田部井剛さんの指揮、オーケストラは藤沢市民交響楽団だ。

***

◆合唱団が並んだ広場には、カラフルで幻想的な壁画が飾られて目の方も楽しませてくれた。

DSCN6353.JPG

DSCN6341.JPG

DSCN6351.JPG

*******

◆恒例の湘南台イルミネーション、今年は…

DSCN6321.JPG

ツリーの足もとに設置された「ハンドベルロボット」藤沢工科高校製作)、こちらは《目+耳の楽しみ》のクリスマスプレゼントだ。

DSCN6320.JPG





新型コロナによる死亡者数[2022年12月24日(Sat)]

◆新型コロナによる全国の死亡者数、12月23日に371人。過去最多であった。
今日24日も339人。インフルエンザの流行も重なって、医療の逼迫またもやという年の瀬を迎えた。

憂慮すべき事態なのに厚労相も報道も切実な感じが全くない。
人は大概のことに馴れてしまう生き物みたいだけれど、人間の死に馴れてしまのは、身と心の最も肝心なところが腐った状態だと思うのだが。

◆先日、抗原検査キット「研究用」はやはりダメということを実感した。何ら変化が現れず、測定できなかったと判断せざるを得なかったのだ。

これに対して「第1類医薬品」として国が承認したキットでは表示が出た(陰性と出て、やや安堵)。
購入した店に再び行ってみたら、キット販売の掲示は目立たない場所に移動していた。薬剤師に訊いても、入荷予定は分からないとのこと。

◆厚労省のサイトには、承認された第1類抗原検査キットの一覧が掲載されている(製造販売者は8社の12製品。うちインフルエンザにも対応するもの3製品を含む)。
[厚労省]【新型コロナウイルス感染症の一般用抗原検査キット(OTC)の承認情報】
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27779.html

◆「インターネット等で購入可能です」とうたっているが、利用できない人はどうするのか。価格も相応に高額だ。キメ細かさに欠ける。
(少し前に、香港では1セット55円で買える、という話を聞いて驚いた。自己検査を奨励するなら、検査キットの供給体制をしっかり築かないと無責任だ。こうした点でも日本は周回遅れの状態のようだ。)



縄文ねぶた[2022年12月23日(Fri)]

雪に埋もれた新青森駅で、縄文ねぶたのアツい出迎えがあった。

DSC_0358-X.jpg




雪中行[2022年12月22日(Thu)]

DSC_0369-B.jpg

厳冬期の津軽に帰省するのは何十年ぶりだろう。
例年と異なり、11月中の降雪がなかった分までまとめて、と言わんばかりに、師走のドカ雪。
はや根雪というのも滅多にない。

上は車からの眺め。
左に並んでいるのは西側に設置された防雪柵。

前日は暖気で屋根に数十センチ積もった雪がドシンドシンと滑り落ちていたが、その翌日はまたこの通り。



| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml