• もっと見る
« 2022年10月 | Main | 2022年12月 »
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
志樹逸馬「生」[2022年11月30日(Wed)]


若松英輔が編んだ『新編 志樹逸馬詩集』(亜紀書房、2020年)が手に入った。



生  志樹逸馬


生はいつも
はじけている 砕けている 転がっている
生はいつも
まっしぐらに進んでいる

涙があり 笑いがある
しかし人は
そこに留まっていることをゆるされない

呼吸はいつも
足音のように胸のうちでなり
風はいつも
生を洗いたててやまない

人が ひっくりかえろうと つまずこうと
前へ押し出されてしまうのだ



◆前に志樹逸馬(1917〜59)の詩を読んだのは11月6日だった。
いま振り返れば、奇しくも相棒ポーが私たちとの最後の夜を眠っていたころに、志樹の「曲がった手で」を読み、短い感想を綴っていたのだった。

手に水をひたしながら自分の中にもある水、命の根源を養うものを感じさせる詩であった。いわば「水」をモチーフとして、沈思の表情の生、「静」の状態の生を表現していた。

◆この詩は対照的に、はじけて、砕けて、転がる生、つまり動態の生を表現している。
60年以上も前の詩に「はじける」という言葉が生動していることに驚く。

◆この詩のモチーフは「風」だ。

わが身を翻弄し生へと駆り立てる風、それは自分の中にも吹いている。
「足音のように胸のうちで」なる呼吸とは、生の真っただ中に在るわれと世界の息吹そのものだ。

***

【11月6日の記事】
志樹逸馬「曲った手で」
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/2491






若松英輔「なぐさめの真珠」[2022年11月29日(Tue)]


なぐさめの真珠  若松英輔


苦しみも 悲しみも
 手放してはならない
人生という 貝殻が
 なぐさめの真珠を
  宿すまで


詩集『たましいの世話』(亜紀書房、2021年)より


◆苦しみや悲しみは早く手放してしまいたいと思うのが人の常だろうに、この詩では、手放すなと言う。

それらを核として「真珠」が宿るのだという。

それは誰かの襟元を飾るだろう。
とすれば、四苦もそれらがもたらす悲しみも、他の誰かの幸いにつながるものとなりうる。

それは自分を犠牲にするということでない。
自分の人生に宿った真珠は他の誰かを輝かさずにいない。
つまり、自分のためだけの人生などありはしない、ということになろうか。



小さな別乾坤[2022年11月28日(Mon)]

◆六会の亀井神社わきの道を上って行ったら鮮やかな紅葉が目に飛び込んできた。曇り空のもとながら、ささやかな別乾坤の趣。

DSC_0342 (2).jpg

この方角からの色がいちばん鮮やかに見えたのだが、うまく撮れたと言い難いのが残念。


◆丈低い木も枝ぶりは悪くなかった。坂道を隔てたお隣は六会小学校。

DSC_0343.jpg



若松英輔「生きる足取り」[2022年11月27日(Sun)]

◆若松英輔の詩集『美しいとき』からもう一つ――



生きる足取り   若松英輔


ゆっくりにしか
歩けなくなったら
街には
ゆっくり歩く人が
たくさんいるのに
気がついた

立ち止まりながらでしか
歩けなくなったら
世の中には
立ち止まりながら
生きている人が
たくさんいるのが分かってきた

どこへ行くために
あんなに急いでいたのだろう
自分の歩き方を
忘れるほど
わき目もふらずに


『美しいとき』(亜紀書房、2022年)より


◆ゆっくり歩くほど多くのものが見えてくるのは、実際に歩いていて体験することだが、他の「ゆっくり歩く人」が見えてくるのは、自分自身がゆっくりにしか歩けなくなったときにようやく、ということか。

◆第二連、「立ち止まりながら/生きている人」というのは、良く考えてみると、スゴイ人たちである。そのような生の在りようもある、というよりは、彼らこそ、より良く生きているのかも知れない。他の人々の存在も含めて多くのものが彼らには見えていて、しかも立ち止まったところに自分が足を着け、ちゃんと居ることを知っているからだ。

さらにもう一つ。自分の歩き方を忘れている人に、そのことを気づかせてくれさえしているのだから。




若松英輔「手の仕事」[2022年11月26日(Sat)]

◆出先で食べようとおにぎりを作り、お茶とコーヒーも用意したのに、時間を気にしたスキに持って出るのを忘れてしまった。作ったおにぎりは3人分の6ケ。4ケは留守番する家族の分だ。

◆帰宅後、次の詩に出会って、手が二本あることの意味について思いをめぐらすことになった。


手の仕事   若松英輔


危機のときには
 片手に
  見えない杖を
   もたねばならない
しかし
 もういっぽうは
  誰かの手を
   つかめるように
    空けておけ


詩集『美しいとき』(亜紀書房、2022年)より

◆自分に備わったものを用いて危難を避けるのは当然だが、それさえ杖の助けがあって可能になることがある。「見えない杖」とは誰かが差し出してくれる有形無形の支えのことだろう。
それを神慮として深く受けとめる場合もある。

そうした時でさえ、もう一方の手を空けておけ、と詩は言う。
誰かが助けを必要としていても、誰の両手もふさがっていては、すがることをためらい、呼び止める言葉を吞み込んでしまうことさえあるだろうから。


◆さて、おにぎりは両の掌を結び合わせて作る。
ならば、握りながら、食べる誰彼のために、と念じながら握れば、仕上がりも違ってくるだろう。

今朝、留守番部隊の分まで握ったときにそんなことまで考えなかった。
海苔やゴマ塩を用意したついでに、と考えたに過ぎない。

◆帰宅後、忘れて行ったおにぎりを食べたら塩が少々足りなかった。誰かのためにという心がけの方も足りなかったためだろうか。

畢竟、凡夫の両の手は、わが身を養う目的の外に出ることがない。






戦史叢書『捷号陸軍作戦〈2〉ルソン決戦』読了[2022年11月25日(Fri)]

◆ようやく戦史叢書第60巻を読み終えた。
『捷号陸軍作戦〈2〉ルソン決戦』である(防衛庁防衛研修所戦史室/著、朝雲新聞社、1970年)。

ルソン島モンタルバンで戦死した伯父の状況について、靖国神社の合祀記録にあった「マニラ防衛隊」および「渡辺隊長」を手掛かりに探したのだが、「マニラ防衛隊」の詳細、大隊・中隊等の細部まで絞り込むには至らなかった。

戦況の変化に伴う動き、再編も想像されるが、これも分からない。
戦死したとされる日は米軍によるマニラ制圧よりはだいぶ後の日付けであるから、守備線の移動とともに山に分け入って「抗戦」を続けたことが想像される。

伯父自身の軍歴照会のほか部隊ごとの動きを記録した資料に当たる必要を感じている。
陸軍については本籍地の県庁に照会すればよいらしい(海軍の場合は厚生労働省)。

◆頻出する大本営の「永久抗戦」の方針、「自活自戦」せよとの厳命が凄惨な結果をもたらしたことだけはよくわかる。

司令部からの命令が、達成を可能にするための武器・糧秣の補給を欠いた空疎なものであること、言い換えや麗句を連ねて、内実は最前線の兵や指揮官に責任を押し付けるものであることにも驚かざるを得なかった。そのことが降伏するまで繰り返される。
「戦病死」がいい例だ。マラリアなどによる死もあるが、栄養失調、飢餓による死も「戦病死」に含める。ソフトな言い方に溶かし込んでしまって、酸鼻の極を覆い隠す。姑息というほかない。

「死守」が文字通り「死んで守れ」の意味であることにも慄然とする。
「死ぬ覚悟をもって」などという鞭撻のための修辞などでは全くないのだ。

奮戦し落命した兵たちを、山下奉文大将(第十四方面軍司令官)の「感状」なるもので讃えたところで、それが何になるというのだろう。倦まず繰り返される感状の記録。ただただ空しいばかりだ。

◆そうして、こうした粉飾やズラし、実相から遠ざける態度は現在も変わらない。そのことに再び慄然とする。






黒田喜夫「歩いていろ」[2022年11月25日(Fri)]


歩いていろ  黒田喜夫


歩いていろ。
何時も歩いていろ。
ぬかるみにも寒空にも歩いていろ。
たゆまず歩いていろ。
汚れても、やせさらばえても
泣きながらでも
まろびながらでも、たゆまず歩いていろ。
手足をしばる青白いいら草の
感傷は刈り取れ。
卑しいこうもりのように、暗がりにうずくまるな。
小さな穴の、原始の匂いにこころひかれるな。
曙光のときも、光り没するときも
骨身にたえて歩いていろ。
夏にも涸れるな。冬にかじかむな。
心くるめくときは、牛のように自らを律し
心痛むときは、葉のように自らを鼓舞し
そのようにりんりんと
尽きぬ泉の歩みを歩いていろ。
そのようになまなましく
ぎりぎり決着の歩みを歩いていろ。


木島始・編『列島詩人集』(土曜美術社出版販売、1997年)より


◆自らを鼓舞督励する向日的な詩に見せかけているが、ほんとうは、深い悲しみが胸を領しているのだと思う。

まろびながらでも歩く――そうしなければ、あるか無きかの自恃すら、零れた涙とともに地に滲み、やがて消えてしまうだろうから。

その悲しみの半分は、外に向けない怒りでもあるのだ。



小泉周二「海と犬」[2022年11月23日(Wed)]


海と犬  小泉周二


海だよ
って言うと
犬は
海だよ
って
海に向かって
海を見ている

波だよ
って言うと
犬は
波だよ
って
あとずさりして
泡を見ている

風だよ
って言うと
犬は
風だよ
ってしっぽをふって
ぼくを見上げる


詩集『誕生日の朝』所収の一編。
現代児童文学詩人文庫9『小泉周二詩集』(いしずえ、2004年)によった。


◆海までそんな遠くないのに、この詩のような時を相棒と持ったことがなかったなァ、と悔やんでいる。
強い陽射しの土手道で、ずいぶん相棒を待たせている間も、川は休むことなく海へと注いでいるのだったが。







岸田衿子「こいぬは なぜ あったかい」[2022年11月22日(Tue)]

湯山昭の作品集『赤い風船とんだ』には、子犬の歌もいくつかある。
そのひとつを――


こいぬはなぜあったかい  岸田衿子


こいぬは こいぬは なぜ
なぜ こいぬは あったかい
ぶちの こいぬは なぜ
なぜ こいぬは あったかい

こいぬは ぼうし
のっけて あるこうよ
こいぬ こいぬ ぶち
なぜ こいぬは あったかい

こいぬ こいぬは なぜ
なぜ こいぬは やわらかい
ちびの こいぬは なぜ
なぜ こいぬは やわらかい

こいぬを オーバーに 
しまって あるこうよ
こいぬ こいぬ ちび
なぜ こいぬは やわらかい



湯山昭『赤い風船とんだ』(東京書籍、1989年)より


◆相棒のポーが旅立ってから仏教風に数えれば二七日(ふたなのか)を迎えた。

相棒が我が家に来たときは、まだ勤めがあり、飼うことに乗り気でなかった自分が彼から一番遠いところにいた。したがって、この詩のように、頭に乗っけたり、ふところに入れたりしてやった記憶はない。

むしろ「田吾作みたいな顔して」と、からかっていた。

それが人生の時間の四分の一をも一緒に過ごすことになろうとは思ってもみなかった。
むろん、それは人間の側の見方であって、相棒からすれば、その生涯のほとんどすべてを我が家で過ごしたことになる。
その間、オス類共同戦線の一翼を力強く担ってくれていたのだが。


まど・みちお「冬のおんがく」[2022年11月21日(Mon)]


冬のおんがく  まどみちお


北風がふくと
まちの並木がオルガンになる
空をふるわせて
冬のおんがくをひく
雪の子たちよ
さあおりてきて踊りなさいと
 ブイー ブイー ビョウ
 ビョウ ビョウ ブイー


北風がふくと
庭のけやきがオルガンになる
夜もやすまずに
冬のおんがくをひく
星の子たちよ
さあコーラスをはじめなさいと
 ブイー ブイー ビョウ
 ビョウ ビョウ ブイー


◆湯山昭が曲を付けて、楽譜には〈おはなしするように〉と添えられている。
湯山昭『あかい風船とんだ』(東京書籍、1989年)より


◆〈冬のおんがく〉は北風の指揮から。まず踊りがあって、コーラスへと。

空を見上げて耳をすます。そんな時間を持たねば。


| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml