• もっと見る
« 2022年09月 | Main | 2022年11月 »
<< 2022年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「兵籍簿」というもの[2022年10月31日(Mon)]


◆靖国神社から届いた伯父の合祀記録で部隊名まで知りえたのは驚きであったが、さらに詳細に知りたい場合には、として「兵籍簿の取得について」という案内書および「遊就館だより」(2021年8月発行)の写しが同封されていた。後者は徴集からの流れと「兵籍簿」の読み方や所属隊について知る手立てが概説してある。

◆「兵籍簿の取得について」では、陸軍の場合、本籍地の都道府県庁で閲覧できること、伯父の場合は青森県庁健康福祉部が窓口であるとして、その連絡先の電話番号まで書いてくれていた。
(海軍の場合は、厚生労働省である由)
応召してから亡くなるまで、合祀記録以上の詳しいことが分かるかどうか、実際に照会してみないと何とも言えないが、知る手立て自体が貴重な情報であった。

◆厚労省によれば、フィリピンにおける戦没者はおよそ51万8千人(2021年4月時点)。うち収容された遺骨はわずか14万8,530柱に過ぎない。

どこでどのようにして亡くなったか知りたい戦没者遺族の願いに対して、国はどう応えて来たのだろうか。個人や戦史研究者任せで、記録の保持、復原、回想記の収集・公開、それらを電子データとして可能な限り公開して閲覧可能にする努力は怠ってきたというのが実情ではないか。

(頭の中には横浜市保土谷にある英連邦戦死者墓地のことがある。娘のペンパル(オーストラリア在住)のおじさんがそこに眠っているとのことで、墓参を頼まれたことがある。「戦争墓地委員会」というところがデータを管理しており、名前で墓標の番号、没年齢などがネット上で確認できるようになっていた。訪ねてみると、墓地入口に端末が置いてあり、画面から墓所の位置を確認することもできたのだった。)

*戦記・回想記等については靖国の偕行文庫に蔵書目録が公開されている。試みに「ルソン島」で検索してみたら77件あった。



*******

DSCN6170.JPG

◆靖国神社に最近できたものに、さくら陶板がある。中央広場から大鳥居〜九段下へと向かう左手の「慰霊の庭」に北海道から沖縄まで各都道府県の土を用いて焼成した桜花型の陶板が照明付きの碑として並んでいる。
上の写真は青森県のもので、土は五所川原市のものを用いた津軽金山焼作と記してある。

台座の銘板に青森県護国神社(弘前公園内にある)および青森県遺族連合会の名が記してあった。戦後、各地の護国神社はそれぞれ独立し、本社と分社の関係にはないはずだが、ここにも何か復活させたいものがあるのだろうか?



伯父の靖国合祀記録[2022年10月31日(Mon)]

DSCN6178.JPG
夕暮れを迎えた靖国神社大鳥居と参道。
呑み込んでいるものを視覚化したもののように、ただただ大きい。

*******


◆フィリピンで戦死した伯父について、照会後ほどなくして靖国神社から回答が届いた。
合祀されており、その記録は以下の通りであった。


階級 陸軍兵長
所属部隊 マニラ防衛司令部阿部大隊
死歿場所 フィリピン、ルソン島リザー ル州モンタルパン
死歿年月日 昭和二十年六月二十日(戦死)
死歿時本籍地 青森県
合祀年月日 昭和三十二年十月十七日


この合祀記録の表記は「モンタルン」とあるが、これは戸籍にある通り「モンタルン」であろう。
マニラの北東に位置し、現在はグラナドス市となっている。


◆遺骨も帰ってこなかった伯父について、所属部隊まで分かるとは予期していなかった。



伯父の合祀記録を求めて[2022年10月29日(Sat)]


DSCN6168.JPG
靖国神社、第二鳥居。1887(明治20)年の建立という。
書体が独特で目を引いた。

***


◆靖国神社に寄ったついでに、社務所を訪ね、戦死した伯父の合祀記録があるか、調べてもらうことにした。
一昨年秋に亡くなった従兄の父であり、当方の母にとっては長兄。
軍服に身を包んだ柔和な表情の写真は今も母の実家の仏壇に飾られているはずだ。

◆数年前に遊就館を訪ねたら、すっかり変貌していて、冷房のきいた展示室に戦没者の遺影が多数並んでいた。それ以来、気にかかっていたことの一つである。

一方に、たとい一瞬であるにしても、今を生きる人々の網膜をよぎる名前や遺影がある一方で、全くそうでない戦死者もいる。

(70年代半ばに初めて遊就館に行った時には、冷房もない展示室で、夏の日差しを感じながら見た千人針や戦没者の遺書には生々しく迫ってくる感じがあった。
記憶とはそんな風に、暑熱を含んだ空気や蝉の声など、いくつもの体感とともに刻まれていくものだろう。その点で、記録や情報とは異なる。)


◆戦死した伯父について、母からは、南方に向かう船が沈められて不帰の人となったということを聞かされてきた。
母自身、沖縄に旅行した折に、飛行機から眼下の海を見て、このあたりで船は沈んだんだろうか、などと思ってお祈りした、と語っていたから、こちらも漠然と海中に没したのだと思い込んでいた。

だが、一昨年の従兄の死去に際してその戸籍等を見る機会があり、そうではなかったことを知った。

◆伯父の戦死について、戸籍には次のように記されていた。

「昭和弐拾年六月弐拾日時刻不詳比島ルソン島リザール洲モンタルバン附近戦闘で戦死」

米軍上陸により退却を重ね飢えに苦しんでいたであろうフィリピン・ルソン島の戦場に、一気に持って行かれる思いがした。

(死亡日は当初「昭和弐拾年五月拾日」として昭和23年1月24日に除籍が記録された。しかしその後、昭和27年10月31日付けの県知事による訂正通知に基づいて「六月弐拾日」に訂正されている。)



「特攻勇士之像」は北村西望の作だった[2022年10月28日(Fri)]

◆靖国神社の遊就館前にある彫刻のうち、いかにもと思わせるのは「特攻勇士之像」である。
作者はかの北村西望

DSCN6158.JPG

◆長崎平和祈念像を制作した北村西望(1884-1987)がこうした像を手掛けた事情については不案内だが、建立者は(財団法人)特攻隊戦没者慰霊平和祈念協会
建立は1999(平成11)年であるから、西望の没後である。
北村西望による原型を拡大したものだという。

◆特攻隊戦没者慰霊平和祈念協会は、2007(平成19)年から、各地の護国神社に「あゝ特攻勇士之像」を奉納する事業を続けている(2021年までで21体)。
ただし、それらの像はこの靖国の北村西望作ではなく、他の作家たちによるデザイン・制作となっている。そうした事情についても知るところはないが、同会のHPの画像を見る限り、像の印象はずいぶん違う。

西望の「勇士之像」が両手を腰に載せて胸を張り、上方に視線を向けた高揚した気分を表現しているのに対し、「あゝ特攻」の碑銘を持つ各地の護国神社の像は、光背に似た背部を持ち、握りしめた右手が臍のあたりにあり、視線は水平方向、表情は憂いを帯びているようにも無表情に近いとも見える。「殉国」の表情ともいえようか。

鹿児島護国神社の画像を参照
https://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/gokoku-kagosima.htm

同会は、2011(H23)年に「公益財団法人・特攻隊戦没者慰霊顕彰会」に改称している。
「平和祈念」から「顕彰」へ。時代の空気の変化を反映しているように思える。



靖国の「軍犬慰霊像」[2022年10月27日(Thu)]

◆靖国神社の境内には、さまざまな慰霊の像があるが、軍馬の隣に「軍犬慰霊像」がある。平成になって建立されたもののようだ。市橋敏雄(1919-2005)制作。

DSCN6162-a.jpg

◆「軍用犬」ではなく「軍犬」という表記であるのは、「軍馬」と平仄を合わせたものか、「早寝・早飯・早糞」を旨とする軍隊というところでは、呼称も「軍犬」と短いのを良しとする習いだったためかどうか。

それでも「グンケン」と2音節だ。わが相棒の「ポー」という名は1音節。名の長短が生死を分けることもない世に長命を得て、昼夜の別なく眠りを貪っていられるだけでも幸せというものだ。





靖国神社へ[2022年10月26日(Wed)]

DSCN6147.JPG

靖国神社、九段坂上から入る石鳥居前の狛犬。いかつい。


DSCN6165.JPG

中門鳥居の手前、左手に「遺書」が掲げられている。
靖国神社のHPを見ると、毎月、戦死者の遺書を紹介しているのだという。

訪ねた日には、須藤長之進という方の遺書であった。
宮城県本吉郡津谷長町(現・気仙沼市)出身の海軍嘱託という。

1944年11月3日、仏印サンジャック沖(ベトナム、サイゴンの近く)にて戦死、三十一歳であった。

妹にあてた遺書である。





九段坂上の大山巌像[2022年10月25日(Tue)]

DSCN6143-A.jpg

◆九段坂公園の大山巌(いわお)像。千代田区の案内板によれば原型制作は新海竹太郎。近代美術館の「ゆあみ」像で知られる彫刻家だ。
靖国神社には地下鉄の九段下からのぼることが多かったので、この像を見るのは初めて。
隣には品川弥次郎の像もあった。そちらは高村光雲作の由。
九段坂公園をそのまま堀に沿って進めば千鳥ヶ淵方向に向かうことになるが、この日は坂上から靖国神社に入った。


◆陸軍大将・元帥の大山巌(1842-1916)は日清・日露を闘い、のち参謀総長、内大臣を務め元老となった。

没年が1916年と知って日付を調べたら12月10日。夏目漱石(1867-1916)が亡くなった翌日である。


◆流石(さすが)、軍人。馬上から武威あたりを払う姿の銅像は、いかにも、という感じだけれど、漱石のような文筆の人が銅像にまつり上げられたら、雲の上から落っこちて来はしないか?
そう思って調べてみたら、新宿区の漱石山房記念館には漱石の胸像が設置されたそうだ。かつては小さな辻公園に置かれた猫塚によってかろうじて漱石旧居とわかる程度だったのだけれど。

鷗外は?
軍医として上り詰めた人物だから、銅像ぐらいとっくに建っているだろうな。


竹橋〜九段へ[2022年10月24日(Mon)]

DSCN6121.JPG

木村賢太郎「七つの祈り」(1969年)
竹橋の東京国立近代美術館の前庭にある。

ひとつ、またひとつと石を積むのは、仏教の賽の河原でもシジフォスの神話でも、エンドレスに繰り返さねばならない苦行のイメージがあるが、この大きな石積みは、重量感に曲線が組み合わさってユーモラスな感じさえある。

先日ゲルハルト・リヒター展に出かけた折、当日券は幸い手に入ったものの、入場できるのは夕方からということで、館の周辺をウロウロしてもなお時間があり、濠端をめぐって九段まで足を延ばしたのだった。

***

靖国で昭和20年に戦死した伯父の記録があるなら確かめたいと、かねて考えていた。その結果についてはまたあらためて。



森哲弥「どりーむふるーつ」[2022年10月23日(Sun)]



どりーむふるーつ  森哲弥


みなみのくにで
たいほううって
ひとをころして
せんそうまけた
ばななはうまい
おとなはいった
こどもはしらぬ
うまれたときは
おふねがつかず
たべものすこし
きいろいばなな
みかづきばなな
えほんのうえで
おさらにのった
ふさふさばなな
よだれはでない
あじしらぬから
どんなあじかな
あこがればかり
つきひはながれ
おとないそがし
せんそうわすれ
やせたからだも
だんだんふとり
しごとつらいが
くらしそこそこ
こどももそだち
どうぶつえんに
らいおんもきて
ぞうさんもきて
こどもはたべる
ふつうにたべる
ばななむしゃむしゃ
へいわこっかは
かんれきすぎて
むかしてがでぬ
ゆめのくだもの
いまはみせやで
ひとふさいくら
たいわんさんに
ふぃりぴんさん
にがいれきしの
あじひそませて
きょうもやすうり
やまもりばなな


『少年百科箱日記』(土曜美術社出版販売、2020年)より


◆「バナナ」という名前は知っていても食べた経験がなく、ぼんやり憧れのイメージを抱いていた世代はどのあたりまでだろう。(森哲弥氏は1943年生まれ)

映画の「無責任男」シリーズで、植木等が療養中の重役に取り入るべく見舞いの盛籠(タダで手に入れた代物)を提げて見舞い行く場面があったように思うが、高度成長に向かう頃でも果物の中では主役を務めていたのがバナナであったように思う。

漫画でも、バナナの皮で人が滑るシーンがよく描かれていたが、あれも、実際そんなにうまくひっかかるものなのかと思ったが、現物がないので実験することはできなかった。
絵に描いた「バナナ」&「バナナの皮」であり続けたわけだ。

それがいつの間にかいくらでも手に入るものとなった。
とは言え、円安が続いて景気も上向かず、ものすべからく値上がりラッシュの状態では、いつまた高級果物に復位するか分からない。

買い物がゆううつな日が続く。


森哲弥「つまむ」[2022年10月22日(Sat)]


つまむ  森哲弥


落としたコインを拾う
捕らえたオニヤンマの羽をつまむ
本のページをめくる
世界中の仕事は、あんがい
こんなことから始まっている

おやゆびとひとさしゆび
二人は共同作業の永遠の模範だ
寸分くるわぬ呼吸の良さで
いつも仕事に余念がない

だから
単純作業の過重労働は気の毒だ
つまみ続けるだけの仕事なら
神経も筋肉もいらないから
そんな仕事ならと
請け負ってくれるやつがいる
やつはからだのまん中の
「C」の形した針金の
一途で頑迷な力で仕事をこなす

今日もひらひらパンツとシャツ
青空の下
ランドリー・ピンチ*は律儀に働く
ただひたすらにつまみつづけて

ランドリー・ピンチ 洗濯ばさみ



『少年百科箱日記』(土曜美術社出版販売、2020年)より

◆台所のシンクが水漏れして数日奮闘した。
ネット上の動画をいくつか参考にしながら、トラップという、ゴミと排水を受ける部分を外してみたら、ステンレス部分の腐食が進んでいた。
黙々と任を遂行して不調を訴えることもないのを良いことに、三十年の余も手入れしなかったのはうかつだった。

後任が来るまではもうしばらく活躍してもらわねばならず、間に合わせの修理を施した。
シンクの接続部のステンレスに穴がいくつも開いていて、とてもハンダなどでは埋め切れない。
あれこれ試した挙句、穴はアルミテープで塞ぎ、パッキンを取り換え、さらにコーキングを施すことにした。

養生すること一日半。水栓を再び開けて見たところ大丈夫そうだ。
小さくガッツポーズして夕食の支度に入った。


◆「つまむ」という詩、手がこなすさまざまな仕事の一つをクローズアップして見せる。

ふだん、日用品や道具類は手の多彩な機能の一部を肩代わりしてくれていると考えて済ませている。だがそれは勝手な決めつけにすぎないかもしれない。

◆手指も、自在に動かしている間は気にも留めないでいる。だが、指先の器用度が減じてくると、じれったさにイラつくことも少なくない(先日の万年筆のインク漏れでイギリス新国王がプチ切れてみせたのも、同様の事情だっただろう)。
自分への腹立ちを周囲のモノや人への八つ当たりとして転嫁してしまう、どうしようもないところが人間にはある。

それを承知で道具たちは奉仕してくれているわけだ。
よって道具たちにもっと敬意を払わねばならない(結果、コワれた品々に埋もれて暮らすことにならない程度に、だが)。

そういえば、ネットで修理法を伝授してくれる方々のモノを扱う手さばきや解説の語り口には、モノへの愛情がこめられていた。
見習わねば。



| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml