• もっと見る
« 2022年08月 | Main | 2022年10月 »
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
エーヴェルラン「ヨーロッパのどこかで」[2022年09月30日(Fri)]


◆ロシアによるウクライナ4州併合を一方的に宣言。
予備役への招集からロシア国外に逃れる人々が20万人という。
国家としては瓦解が始まっていると言えるのではないか。

TVに映った併合セレモニーに臨む人々の視線は揺れて見えた。体裁を取り繕うだけの茶番がいつまで通用するか、不安な表情に見えた。カメラは雄弁だ。


*******



ヨーロッパのどこかで   エーヴェルラン


道もなく、白雪におおわれた
死者の国が横たわる
十字架が立っているのが
いたるところに見受けられる

ここでは、これが林だ
これが平和だ
前には緑の木々があったが
かわりにこのような林を貰った

凍った塹壕にそって
不思議な藪が生い茂り
夜になると
狼がうろついて、臭いをかぐ

からみあった、錆びた鉄条網に
さらに近寄って見れば
くさってぼろぼろになった
服の残りがひっかかっている

君が家にいたころの
居間はどこか知りたいか?
ながく歩く必要はない
多分この辺りだろうよ


    (林穣二 訳)


篠田一士監修『ポケット 世界の名詩』(新装版。平凡社、1996年)より

◆エーヴェルラン(1889-1968)はノルウェーの詩人。
第2次世界大戦ではドイツ軍の侵攻に対して徹底抗戦を唱え,詩によって人々を鼓舞したが、捕えられて終戦まで収容所で過ごしたという(ブリタニカ国際大百科事典による)。



阿部嘉昭「心室」[2022年09月29日(Thu)]

DSCN6072.JPG
アメリカハナミズキの実が色づいていた。
国会前庭にて。

***



心室  阿部嘉昭


いっせいにでていったので
のこされた椅子がかがやいた
うしなった人々へ反応して
おびただしさがてのひらをひらき
うすいあげぞこをかたどった
おわりはそうしてつづいてゆく
ものおとのあとのこだまが
ものおとのまえにもどるように



『橋が言う』(ミッドナイト・プレス、2017年)より

◆題に「心室」とある。
我々は赤血球のようになって心臓から全身へと送り出され、また心臓に還ってくるミクロの戦士となればよいのだろうか。
「おわりはそうしてつづいてゆく」という詩句にそぐう読み方のひとつではある。
その場合、「ものおと」のいちばんはっきりしているのは心臓の鼓動だ。
むろん、体外に生起と消尽をくりかえす物事の「おと」であってもよい。

◆題からもう一つ連想するのは「寝室」という同音の熟語だ。
その場合は朝、あわただしく職場や学校へと出かけて行ったあとの寝室が窓からの光の中に浮かんでくる。

そうした読みも可能だと思えるのは、言葉のつなげ方が独特だからと思う。
絵画で言えばキュビスムのように異なる方向からの像がつながっている。
「心室」という、個体の内部を真っ先に思い浮かべたところに、「椅子」が登場し、「ひとびと」の残像らしきものが続く。群像かと見れば「てのひら」という個に再び注目させるものが現れる。それらが呼びさます異なるイメージをたどって進んで行ったはずなのに、いつのまにか「まえにもど」っている。

◆「生」を表現しているようでありながら、同時に「死」のイメージが常につきまとっているようでもある。
考えてみれば、それが生きるということの姿であった。それを内から見る、次の瞬間には外から見る。

詩集『橋が言う』は、そうした言葉の連なりによって、角を曲がった先に予期しない光景を見せてくれる。
すべて八行から成る詩ばかりなので、文字の並びは正方形に似てルービック・キューブのようだ。手触りをたとえれば、板目方向と木口方向との材が交互に組み合わされた寄木細工、その様々な樹種の組み合わせの感触を掌で感じながら、その声たちに耳を澄ましているような。



阿部嘉昭「果葬」[2022年09月28日(Wed)]

◆昨日の「国葬」、花以外のものを何か手向けたのだろうか?
――次の詩を読んで、そんなことをボンヤリ思った。

***


果葬  阿部嘉昭(あべかしょう)


くだものぎらいのわたしだが
しぬまえには宗旨替えがおこり
すいみつとかたるべきもので
はかなくうもれてゆくのだろう
夏のおわりのひかりのつるに
しばられたかおへと白桃がふれ
すがたは百のうつろでしわみ
しばしもけいれんをなみうたす


『橋が言う』(ミッドナイト・プレス、2017年)より


◆アベ家の宗旨は浄土宗と聞いたように思うが、供物のあれこれは喪主側が気にすることで、他界を余儀なくされた当人が何を願っても、ままならない話だ。

まつりたい者たちの意向が中心となるほかないのだから、せめて要らぬ費えも労力も節減するよう知恵をしぼるのが、故人の志を忖度すること久しい者たちの務めというものだろう。

デジタル献花というのを誰が発案したか知らないけれど、あれで構わないというのなら、お供えも会葬者もサイバー空間のVR(仮想(かそう現実)で構わなかったわけである。
そうしなかったのは、死をも利用しないではやまない政治の都合とみなすほかない。


*上の詩のタイトル、「火葬/仮想/家相/下層……」などと、連想が拡散しそうになるのを「果葬」という語で定着を図った。果実が腐り、種から芽吹いた枝や蔓が、前世を押し包んで上方に向かうイメージである。
「葬る」とは、マズイもの、醜悪なものを覆い隠すことでもある。
光の中に昇華しおおせるものならよかろうけれど……、さて。



アベ国葬反対国会前大行動[2022年09月27日(Tue)]

◆全国各地の駅で辻々で、アベ氏国葬反対の抗議の声が上がった。

東京では正午に日比谷からのデモも大規模に行われた。

◆国会正門前は「国葬」の時間に合わせて午後2時から2時間あまりの抗議の集会。1万5千人もの人々が集結した。
メディアの取材も、安保法反対の時以上に多く、TVのニュースも扱いは大きい。多数の反対の声を無視するキシダ政権のやり方は、アベ政治の継承に他ならないことを、見間違えようのないほど明らかに示した。


DSCN6037.JPG
正面ステージ前

DSCN6043.JPG

DSCN6044.JPG

DSCN6048.JPG

DSCN6051.JPG

DSCN6063.JPG

議事堂右手に半旗が揚がっていたが、今朝地元の消防、県立の施設など、日ごろ日の丸を揚げる習いになっている所でも半旗は全く見なかった。
国民の圧倒的多数が「国葬」にも弔意の強にもNO!の意思を示していることをふまえれば当然のこと。
(なお、旗の掲揚は安倍政権下で一気に進められ悪習となった。これもまた負の遺産のひとつ。国力低下を糊塗する必要からのナショナリズム浸透策であったことを忘れてはならない。)

DSCN6065.JPG

DSCN6076-A.jpg

DSCN6069.JPG

DSCN6088.JPG

DSCN6089-A.jpg

DSCN6092-a.jpg

DSCN6101-B.jpg

DSCN6104-A.jpg

DSCN6107.JPG

DSCN6115.JPG

DSCN6114.JPG
統一教会の霊感商法「壺」を諷したメッセージも。

***

◆首相退陣後も続いてきたアベ政治。諸悪の正体は薄膜のすぐ裏に透けて見えていながら、心からの謝罪も真実の解明もなされずモヤモヤを抱えたまま、国民の生活破壊と憲法骨抜き、政治の私物化による機能不全だけが進んだ。
10月の国会がアベ・レジューム決別を宣する場となるために声をあげ続けねば。






アベ元首相「国葬」余波[2022年09月26日(Mon)]

◆思わぬところでアベ元首相「国葬」の影響を受けることになった。
東京・竹橋の東京国立近代美術館で開催中の「ゲルハルト・リヒター展」である。
会期末近くになって開館日の変更を蒙った(同館での展観は10月2日まで)。

竹橋駅は「国葬」会場の日本武道館からも近く、国葬の当日のみならず前後3日間、交通規制がかかる。
「混雑緩和のため」と称して明日27日を休館とし、その代わりに通常は休みとなるはずの今日26日(月)を開館日として入れ替えたのだった。
27日に展覧会を訪れるつもりの人は少なからずいるはずで、当方もその一人。
明日27日(火)の昼前に観て、その足で国会正門前の「国葬反対大行動」に加わろうと思っていたのだ。

◆「混雑緩和」とはむろん、”武道館周辺の”であり、「美術館の」、ではない。

遠路はるばる上京して作品に会いたいと念じていた人々もいるはずだ。
移動と宿泊に要する費えもさることながら、作品と直接出会う貴重な機会が「国葬の」犠牲になったわけである。

◆「国葬」のために国民が強いられる犠牲はこれにとどまらない。
会場がある千代田区は、19ある区立学校および園に対応を要請、会場周辺の7つの学校や園は子どもたちを登校・登園させないことに決めたという(26日朝日新聞)。

新型コロナ流行のための全国一斉休校要請というアベ首相の愚策を思い起こさせずにはいない。
皮肉というか、愚行は飽くことなく繰り返される、と言うべきか。

◆それ以上に言語道断なのは、豪雨被害の静岡への救援が後回しになっていることだ。
首都圏警備への人員投下がその理由である。

★いずれにせよ、「リヒター展」が遠のいた分、明日、国会前行動に向ける怒りのエネルギーは倍増することとなった。

***

安倍元首相「国葬」反対!9・27国会正門前大行動

9/27(火)★14:00〜 国会議事堂正門前

【主催】安倍元首相の『国葬』に反対する実行委員会
 呼びかけ:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会




彼岸花[2022年09月25日(Sun)]


DSCN0575.JPG

◆小出川沿いの彼岸花が咲きそろった(藤沢市遠藤)。
秋のいまごろ必ず咲く。
目立つせいもあるが、律儀なことでは随一の花だ。

◆「国葬」、カナダの首相が災害発生を理由に、来日中止を決めた由。G7の現役トップの参加はゼロとなった。みっともないことおびただしい。
法的根拠のない、横紙破りのことを押し通そうとするから綻びが出る。


井村たづ子「空き家」 [2022年09月24日(Sat)]

DSC_0301芙蓉2-A.jpg



空き家  井村たづ子


夕日を飲み干した空き家は
天井がひび割れる低い音を聞きながら
色づく一番星の方へと
ゆっくりと傾く

人の顔をした芙蓉の葉が
割れた窓硝子の中の人を
無用な舌で舐め回しおびき寄せようとするが
未だそこに存在した者を
見た者は誰もいない

苔むす玄関の敷石は墓石の足元
月が出た夜は
月が一晩中失くした足跡を探し続け
風の吹く日は砂埃が泣き通すという

全ては夜が招く残像なのだ

日没の速さで人も家もすっかり老い
積もった懐かしい時間を
五本の指でなぞったりする

濃霧に煙る朝
芙蓉の葉がまださめざめと
眠りの底をさまようとき
水銀灯の小さな瞬きとともに
がたがたと音をたてて
崩れる空き家に
着飾って入っていく人を
見た人は確かにいる


『恐竜の卵が降ってきて』
(砂子屋書房、2019年)より


◆廃屋への挽歌と言おうか。
そこには現身を脱ぎ捨てた女主人の魂魄が留まっているようだが、目撃した者はいない。
(実のところ、すでに生前から気配のみで、その姿は誰の記憶にも残されていないのだったが。)

廃屋の主と戯れるように、また守護するように芙蓉が庭にある。
その大きな葉は、割れた窓硝子の形にも見え、庭や室内のあちこちに張られた蜘蛛の巣にも見える。
芙蓉が風に吹かれて揺れるさまは人めいている、確かに。

井村たづ子『恐竜の卵が降ってきて』表紙2.jpg
井村たづ子詩集『恐竜の卵が降ってきて』
装本・倉本修




井村たづ子「影法師」[2022年09月23日(Fri)]


影法師   井村たづ子


後ろを向くと誰もいない
誰もいないのに
影法師がつかず離れずついてくるので
闇はさらに深く
果てしもなく広がる

夏が急に終わった次の日
南西の風をひっぱたく音がして
立ち止まると
公園の錆びたブランコに
黄金の光が次から次へとこぼれ落ちていた

人でなしと言われた日から
私の周りは人でないもので溢れる
例えば
散歩の途中に耳に入ってくるピアノの音
鍵盤に落ちていく指を辿ると
裏道から横道
海に続く小さな路面まで
言われない𠮟責や虫食いメール
数えきれない夏の破片が待ち伏せする

信号機は渡らない
すれ違う人と目が合えば
人でなしと言う波が襲ってくるから

誰も載せないブランコにも影法師は揺れ
ふと気がつくと 私は私の影を踏み外す



『恐竜の卵が降ってきて』(砂子屋書房、2019年)より


◆ここの影法師は、独立した意志を持ったものとして「私」に常にまとわりついているもののごとく見える。それは、さまざまなものが棲息する奥処の知れぬ闇でもある。
そのことに「私」が気づいたのは、言われなき叱責や中傷をこうむったからだ――いわく、「人でなし」。

この言葉の暴力性を恐怖しながらも、非難や嘲罵の濁りを漉し去って、〈人ではない者〉⇒《並みの人間たちが感覚できないものを感受して自由無礙な想像の世界に遊ぶ者》に転換して生きる、そのとば口に「私」は立っている。知らぬ間に踏み出した一歩は、それまでの「私」を、そして「私の影法師」をも踏み外したことを意味する。

*第2連の「南西の風をひっぱたく音」および第3連の「ピアノの音」からイメージしたのは、曲の冒頭、板を打ち付ける「鞭」の音で始まるラヴェルピアノ協奏曲。果たしてどうだろう?


井村たづ子「てこの原理」[2022年09月22日(Thu)]


てこの原理  井村たづ子


シュプレヒコールの前後は
思いの他 傾斜がきつい
朝の伸びやかな水脈にも
ところどころに落日が混じるように

旗が揺れる
大量生産される希望と
大量消費される疲弊と
大量放棄される平和の中で
あるかなしかの
ぎりぎりの未来を求めて

頂点は沸点をいっきに越え
君が僕が評論家がサラリーマンが
いっせいにこちらに傾いでいく

けれど 戦いが終わった公園には
彼も彼女も学者もサポーターもいなくなり
象が一頭 向こう側にどんと居座る
荒っぽい真実は遠隔操作で
簡単にすりぬけ
変化と同化が均等な地軸にまみれる街



『恐竜の卵が降ってきて』(砂子屋書房、2019年)より


◆「てこ」は重い物を小さな力で動かす道具だ。
国語辞典には「支点の周りに回転し得る棒」などと、簡潔なのに、けっこう驚きを誘う記述がある(「岩波国語辞典 第六版」)。そう言えば理科の教科書に「てこ」と滑車とを同じ理屈で説明してあった。

この「驚き」とは、折れるはずのない直線の棒が、蝶の舌かペロペロキャンディーのようにクルクルと丸まってしまう魔法を目撃するところに生まれる。

すでに第一連において、この「直線」と「円」、双方がイメージされていることが分かる。
「傾斜」が直線をイメージさせ、「朝/落日」が回転する地球という「円」のイメージだ。

◆「てこ」には支点がある。支点はふつう一か所に据えられて動かないものだが、この詩では、「動き」の中にセットされているようだ。シュプレヒコールのうねりとともに動く世界の中で、支点の向こうとこちら側を質量のあるものが一方に傾き、また逆方向に押し返されるようにして動く。
人間の肉体、人間の願望や、気分の質量――詩人が感じているのは、そうしたものだ。

◆最終連、「てこ」の向こう側に、デモ参加者をすべて吞み込んでしまったようにして「象が一頭…どんと居座る」というのが何ともユーモラスだ。「変化と同化」は、どちらも地軸の回転と一緒に地球にまぶされ、見分けがたくなって行く、と言いたいのだろうか。
そうして、向こうの「象」と「てこ」のこちらに座っている自分とは、つりあいながら回転している。

*「シュプレヒコール」および「学者」という語を詞に持つ中島みゆき「世情」への共鳴が、この詩にはある。第一連、「傾斜」も同様に歌との共鳴りがあるだろう。あるいは「時代」の歌も。

残照を背に受けながら、また昇る陽に顔を向ける。
地上に再び、遠い果てからのシュプレヒコールが聞こえ始める。



畑島喜久生「アリ」[2022年09月22日(Thu)]


アリ   畑島喜久生


お前には 悔いはないか
ある ある おおあり
悔いのみならず 悩みもが

……とである
アリの頭の上の ナシ棚の梨が(です)
わたしは いっさい無しと
……というより
人においしく食っていただけるのが
      楽しくて――って



現代こども詩文庫3『畑島喜久生詩集』(四季の森社、2022年)より

◆少年詩集『わたしの昆虫図鑑』からの一編。
カマキリやハエ、ゴキブリに至るまで、身近な虫たちになり切って
語るのだから、アリの頭上の梨だってしゃべらずにいない。

「ナシ」は「無シ」に通じるので縁起がよくないとして「有りの実」と言い換えることさえあるが、ここでは逆で、「アリ」のほうに「有る」ものといえば、「悔い」や「悩み」といった、「無し」に済ませたいものばかりなのだから、「無シ」の方が幸せなのだ。

その何にもない「梨(ナシ)」の喜びは自らを供すること、すなわち我が身を「無」にすることだというのだから、「無」の徹底は利他の生き方ということになる。
「アリ」が個の中にとどまって窮屈でしんどそうなのに、「ナシ」の方は無一物でありながら豊かで幸せそうだ。



| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml