CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年08月 | Main | 2021年10月 »
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
秋元松代「近松心中物語」横浜公演千穐楽[2021年09月20日(Mon)]

◆久しぶりに芝居を観に出かけた。
秋元松代「近松心中物語」。コロナ情勢をにらんで迷いに迷ったので今日の千穐楽となってしまった。

演出・長塚圭史
会場のKAAT(神奈川)は一昨年の12月に、やはり秋元松代の「常陸坊海尊」を、同じく長塚圭史演出で観て以来。

DSCN0521.JPG

◆休憩無しの2時間半、セリフは上方の言葉であり、2階席(最前列)からは聴き取りかねる部分もあって、滑り出しはもどかしさを覚えた。

「常陸坊海尊」では東北の言葉、「近松心中物語」では上方のことばで押し通す。
近松の作品のみならず西鶴などから博捜したということだけれど、それらを元に、ほとんど秋元語というべきせりふを創り上げたということなのだろう。

メディアのおかげで平準化した薄味のことばが流通する現代に、芝居の言葉は、その空間に生きる人間たちの声として観客の内に刻まれることで、現実世界の住人であるわれわれの生に厚みや深み、時に苦みをも与えてくれる。

演ずる方もその秋元語を、それぞれの母語と置き換わるくらい身内に溶かしこまないと、感情を流露させて観客に印象を残すことは難しかろうと思われた。
体内に流れる血の脈動と言葉とが不可分であるなら、それは息づかいや発語のテンポ、間合いなどに反映しないではいない。

その意味で、たとえば乞食坊主となった傘屋与兵衛(松田龍平)の最後二つのせりふなど、間(ま)を変え、緩急を付けたなら、ずいぶん違った幕切れとして記憶されるだろうと思った。
どこまでもダメな男であると自認している人物なのだけれど、その中にも懊悩や浮沈があるはずで、その揺らぎを、こちらは感じたかった。

*横浜公演最終日とあって、演出の長塚氏も登壇。観客総立ちで拍手が続いた。
横浜公演のあとは北九州〜豊橋〜兵庫〜枚方〜松本を巡る由。


*****


◆秋元松代(1911-2001)は横浜市福富町に生まれた人で、小学校は吉田小学校に学んだ。
同校はのち本町小に統合されて廃された。

跡地に現在は横浜吉田中学校が建つ。KAATの帰り、伊勢佐木町まで足をのばしたついでに同校の写真を撮って帰った。

DSCN0522.JPG

横浜市立横浜吉田中学校(横浜市中区羽衣町3丁目)


DSCN0526.JPG




ささやかな工夫で世界が変わる[2021年09月19日(Sun)]

◆朝のTV政治討論会は自民総裁選候補4人をスタジオに並べて紋切り型の構成(のようだった。番組の進行がおよそ見当つくから、付き合って見る気が失せる)。

4候補に対するに野党の論客を数名登場させ、質疑応答させてはどうか(総裁選は「学級委員の選挙じゃないんだから」となどとアソウ氏も言ってたことだし)。

議論が白熱するそうした工夫をして総選挙への判断材料を供することこそ「公共放送」の使命だろう。
逆に候補者に喋らせるだけなら、自民党に肩入れしただけのPR放送になってしまう。それでは受信料を返還しなければなるまい。
ちょっとした工夫でがぜん視聴率も上がるはずだが。

*******



膝・2   石原吉郎

膝を組み代えるだけで
ただそれだけで
一変する思考がある
世界が変るとは言わぬにしても
すくなくともそれに
近いことが起る
ささやかな動作が
もつ重さを
ときにおそれるために
生れてきたではなかったか
私たちは



『石原吉郎詩文集』(講談社・文芸文庫、2005年)より



カブール8・29 米軍による誤爆[2021年09月18日(Sat)]

◆アフガニスタンのカブールで8月29に米軍が行った空爆は、やはり誤爆だった。
ISのテロを未然に防いだとする米軍の説明には、爆撃当初から疑問が突きつけられていた。

【NHK NEWS WEB 9月18日】
米軍 アフガニスタン空爆は“悲劇的な誤り” 誤爆認め謝罪
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210918/k10013266001000.html

◆犠牲となったのは子ども7人を含む10人の民間人。やり切れない。アメリカのアフガン攻撃と20年にわたる米軍駐留がもたらしたものを象徴する悲劇だ。
誤りを認め謝罪したところで奪った命は帰って来ない。


◆自民党総裁戦の4候補が日本記者クラブの討論会に臨んだ。

中東やアジアの各地で困難に直面する人々に対して日本政府としてどんな支援で貢献するのか、記者から質問が出たかどうか。
質問の有り無しにかかわらず、国の舵取りを担おうという人間である以上、中東政策についてもそれぞれの考えを披瀝する場であるはずだが。
自国の安全保障という内向きの発想でなく、国際平和に貢献する外交力をふるう覚悟と展望があるのかどうか。





吉野弘「鎮魂歌」[2021年09月17日(Fri)]

◆この前、鈴虫が聞こえていた。今宵は……、と思って窓を開けたら、暗中の雨音。
台風14号の先触れだろうか。
温帯低気圧となった後で再び勢力を盛り返し、本州をなめつくすのではないかと心配。

*******

鎮魂歌   吉野弘


死ぬことを強いる時間は
生きることを強いる横顔を持ち
タクトをとって休みなく
秋のあまたの虫たちを残酷なほど歌わせる。

さりげなく
歌の糸玉をころがし乍ら、糸を
次第に剝ぎとり捲きとってゆく
見えない手のように。

けれど、秋の虫たちは
歌を奪われるのでなく、まして
強いられて歌うのではなく
みずから求めて歌うかのごとく白熱し

強いられぬ唯一のものが歌
であるかのごとく声を高め、それを時間の
肉のうすい小さな耳にも聞かせようとして
倦むことを知らない。



現代詩文庫『吉野弘詩集』(思潮社、1968年)より

◆虫たちの合唱団、「レクイエム」の練習に余念が無い。
タクトを振るのは「時間」という桂冠指揮者だ。
かねて練習は厳しいことで知られているが、耳が遠くなったからか、同じ所を何度もさらう。
加えてテンポがずいぶん速くなった。団員たちの必死の形相を見てマエストロは苦虫をかみつぶした顔になった。

マエストロの棒が止まり、「なっちゃいない!」とダミ声が草の葉をふるわせた瞬間、稲光が走った。続く雷鳴は幾万のバスバリトンが咆哮したみたいに地面を揺るがした。

――雨で休止の間、虫たちはてんでに考えていた。――(雨が上がったらどんな風に歌おうか)

――雨が小止みになった……

……「チンチロ」…おそるおそる松虫が一節だけ歌った。――また雨。だがすぐ止む……
「リンリン」と鈴虫が歌い始め、やがて自信をたたえた声に変わった。

続いてコオロギがスタッカートで繰り返し歌い、そのうちテヌートで朗々と歌い始めた……近くでメスが聴いてくれているのだろう――と、クツワムシがでかい声でガチャガチャと恋路のじゃまをする……どうやらオペレッタをやることに衆議一決したようだ。

マエストロ「時間」は?
――ケヤキの根方に身を預け、ウトウトしてる。指揮者ナシの音楽のおかげで、いい夢を見ているみたいだ。



石原吉郎「キャンパスで」[2021年09月16日(Thu)]


キャンパスで   石原吉郎


両側へ橋となることで
季節が平等になるときが
いちどはきまってあるものだ
植物ははんぶん植物で
空も半分だけ
たぶん空であるわけだ
季節にはちゃんとしたしつけがあって
外套を着せられたり
上着をぬがされたり
するわけだが このところ
ぶらさげた上着を
芝生へ忘れたりする
きみらは半分おとなであり
たぶん半分だけ未来であるだろう
半分だけ孤独で
おまけにまだ半分連帯であるわけだが
のこりの半分は
きみが責任を負うしかない
きみらがきみらである分を
季節はまにあわせてくれないのだ


新選現代詩文庫『新選 石原吉郎詩集』(思潮社、1979年)

◆恐らく春から初夏へと移る季節に若きらとともに芝生に腰をおろし、一人一人の顔を見ながら紡いだことば。
愛情と励ましにあふれていて、教訓を垂れるおこがましさはない。

ここで「責任」ということばには、現代の「自己責任」という言い方をするときの押しつけがましさや突き放す冷たさがない。

橋をわたる者たちの肩に舞い降りる「誇り」とでも言うべきもの、受けわたされたものの大きさを感じて、それにふさわしいよう、我が身を添わせて生きようと願う祈りや誓いのようなもの。

リモート授業だけでは、そうした時間を味わうことは難しい。


石原吉郎「卑怯者のマーチ」[2021年09月15日(Wed)]


卑怯者のマーチ  石原吉郎


この街の栄光の南側の出口
この街の栄光の膝までの深さ
欠けた堤防は膝でうずめ
欠け落ちた隊伍は
馬鈴薯で埋める
偉大な事だけを
遠くへ生起させて
この街の栄光の南側の出口
この街の栄光の膝までの深さ
医師と落丁と
僧侶と白昼と
ひとにぎりの徒党と
系譜と病歴と
(酒と希望が残りを
 やっつける)
この街の栄光の右側ひだり側
この街の栄光の膝までの深さ
一人の直系を残すための
憎悪の点検は日没からだ
この街の勾配を
背なかでずり落ちて
眼帯のまうらへひっそりと整列する
起て ひとりずつ
移動せよ省略するな
省略しえたにせよ
名称は残る
卑怯者であると
故にいうのだ



現代詩文庫『石原吉郎詩集』(思潮社、1969年)より

◆コロナ禍で読まれるためにあるような詩だ。

繰り返される「この街」は、あまたの犠牲の上にオリパラを開催した首都・東京のことだ――そう読んで全く違和感がない。
その「栄光」は、決壊した堤防を兵たちの肉体でふさぎ、なお足りぬ所には馬鈴薯を投入してでも守らねばならなかった。命をつなぐ食糧を犠牲にしてまで守られたのが、帝都たる「この街の栄光」というわけだ。

祭りが去ったあとは累々たる民草の犠牲だ。
感染爆発が下降線を描き始めたとしても、医療の届かぬ何千何万の人々がいる。
気息奄々の彼らの姿は、わずかな例外を除いてほとんど人に知られることがない。

落丁どころか、人知れず瞑目する人々の名はそもそも記録されることがない。それでも「栄光の」歴史は編まれ続ける。正史に一人の「直系を残すため」にだ。

そのために今夜も、瓦解した街を疲れ切ってさまよう民草を整列させ、点呼と徴発が容赦なく続けられる。
手抜きをする者や、服従・翼賛しない者の首には、金メダルの代わりに「卑怯者」のタグが下がるのだ。


石原吉郎「麦」[2021年09月14日(Tue)]


麦  石原吉郎


いっぽんのその麦を
すべて苛酷な日のための
その証としなさい
植物であるまえに
炎であったから
穀物であるまえに
勇気であったから
上昇であるまえに
決意であったから
そうしてなによりも
収穫であるまえに
祈りであったから
天のほか ついに
指すものをもたぬ
無数の矢を
つがえたままで
ひきとめている
信じられないほどの
しずかな茎を
風が耐える位置で
記憶しなさい


現代詩文庫『石原吉郎詩集』(思潮社、1969年)より


◆麦の穂の矢羽根のような形を見つめた時に生まれた詩であろう。

我もまた、真っ直ぐ天を指して立つ一本の麦だったと了解する。

勇気、決意を全身に満たして放たれる瞬間を待ち受ければ、炎の熱は内の深い所に蔵されて、静止したようになる。祈りそのものに昇華した瞬間である。



石原吉郎「義務」[2021年09月13日(Mon)]


義務   石原吉郎


おれの背後は膨大なものだ
その背後をささえるだけの
一歩手前の椅子を
考えるだけでいいだろう
どう考えてもたりぬ脚数で
圧倒するものを圧倒的に
ささえている
いいのがれのきかぬ
もちこたえかたは
筋肉の義務としか
いえぬものだ


新選現代詩文庫『新選 石原吉郎詩集』(思潮社、1979年)より


◆「圧倒するものを圧倒的に/ささえている」人として、今なら医療や介護の現場で身を粉にして奮闘している人々がいる。
「たりぬ脚数」は痩せ細らされた医療資源や、人手不足も待遇も一向に改善されない介護の現状を
指すと読むこともできる。本質的でない業務に忙殺され、目に見える結果ばかりを求められる教育もまた然りだ。

◆そのような、他に求められてではない「義務」を自らに課す人々に対してできることは、自らの「脚」を差し出し、「圧倒するもの」をともに支えることが一つ。
もう一つは、その「圧倒するもの」を、反対に「加勢を惜しまぬもの」に変容させることだろう。



ゴスペル「明日に架ける橋」[2021年09月12日(Sun)]

◆9・11の追悼記事や特集番組がいくつかあった中に、サイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」をとりあげた2006年の番組の再放送があった(BSプレミアムカフェ〈明日に架ける橋 〜讃美歌になった愛の歌〉。
グランド・ゼロも出てくるが、番組の後半、この歌がゴスペルとして南アフリカの人々に歌われていることが紹介された。
初めて知った。

アパルトヘイトの軛から解放されて15年ほど経った頃の南アフリカ、教会や学校でこの歌をゴスペルとして歌う若者たちがいた。

ジフレネニという中学校の生徒のことば――「この曲はとにかく美しいから好き。心の奥深く届くので泣いちゃいます。」――そう言って大柄な男子中学生が、本当に泣き顔で話しているのに心打たれた。

親や祖父母が味わった忍苦を若い世代も皮膚感覚として知っている。
その悲しみや喜びを受けとめ、静かな祈りや希望として歌にこめる若い心、その深さとやさしさが強い印象を残した。

*******


受け皿   石原吉郎

おとすな
膝は悲しみの受け皿ではない
そして地は その受け皿の
受け皿ではさらにない
それをしも悲しみと呼ぶなら
おれがいまもちこたえているのは
錐ともいえる垂直なかなしみだと
おそれずにただこたえるがいい


新選現代詩文庫『新選 石原吉郎詩集』(思潮社、1979年)より


◆持ちこたえようとする両の掌を貫いて血を滴らせるほどの悲しみ。
それは、傷つかぬようソフトに受けとめることも、誰かに肩代わりしてもらうことも、ましてや地べたに放り出すこともできないものだ。


「9・11」20年[2021年09月11日(Sat)]

◆9・11から20年

バイデン米大統領は9・11関連の機密文書を公開するつもりだという。
アフガニスタン駐留は混乱だけを残した。撤兵はトランプ前大統領による既定路線ではあったが撤収計画はズサンだった。
日本政府も米国頼みに慣れすぎてか、多くの人々を置き去りにした。

その一方でバイデン大統領は退陣間近のスカ首相を呼びつけた由。
かつてカンボジア難民受け入れを日本に承知させたことにならって、アフガン難民への対応を求めてくるのか。
そうした人道上の案件ならばうるわしい連携と言えようけれど、巷では、ニッポンをさらにコントロールしやすくするために、次の首相は誰某にせよ、と因果を含める狙いかと噂されてもいる。

ジョージ・W・ブッシュ時の小泉純一郎以来の対米従属がさらに進みそうな形勢。
(渡米した小泉首相がプレスリーを歌ってみせ、ブッシュ大統領が当惑していたシーンは象徴的だった。)

*******


礼節   石原吉郎


いまは死者がとむらうときだ
わるびれず死者におれたちが
とむらわれるときだ
とむらったつもりの
他界の水ぎわで
拝みうちにとむらわれる
それがおれたちの時代だ
だがなげくな
その逆縁の完璧において
目をあけたまま
つっ立ったまま
生きのびたおれたちの
それが礼節ではないか



『新選 石原吉郎詩集』(思潮社、新選現代詩文庫、1979年)より

◆「パラレル・ワールド」という言葉で、矛盾のまま突き進む大博打を言いつくろったIOC役員がいたが、この詩の「他界」はむろん、そうしたゴマカシや遁辞ではない。

◆相接しながら文字通り別の世界であるこの世とあの世。
こちら側で「生きている」ことがあちら側に行ってしまうことより上等だと考えることは、こちらの世界のモノサシで測れば、という前提にしか判断の根拠がない。
そのモノサシがあの世でも通用するかどうか、誰も確かめた者がいない。
思い込みにアグラをかいているのは、死者たちは黙したまま感情も持たないと決めつけているに等しい。

◆そもそも多くの人間は自分たちが「この世」の側に「生きて」いると信じているが、本当にそうなのか?
沈黙に耳を塞いで口にするとむらいの言葉は、真に「生きている」人間のことばたり得ているだろうか?



検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml