CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年05月 | Main | 2021年07月 »
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
李陸史(イ・ユクサ)「青葡萄」[2021年06月30日(Wed)]


青葡萄  李陸史(イ・ユクサ)
          金時鐘・訳

わが在所の七月は
青葡萄が熟れていく季節

この里の言い伝えがふさふさと実り
遠い空が夢みつ粒ごとに入(い)り込んで

大空のもと碧(あお)い海はいっぱい胸をひろげ
白い帆船がしずかに上げ潮(しお)に押されてくれば

待ち遠しいお方はやつれた体で青袍(あおごろも)をまとい
必ず訪ねてくると言われているのだから

そのお方を迎え青葡萄を共に摘んで味わえるのなら
わたしの両手はびっしょり濡れてでもよいものを

あこよ、わが食卓には銀の盆に
まっ白い苧麻(モシ)**の手拭きを用意しておいておくれ。



【注】
青袍=略式の礼服も兼ねる、外套のような外出着。原音では「チョンポ」という。もともとは道士(道教の布教者)が着る「道服」に由来するが、朝鮮朝時代をとおして道義人倫を説く人の装いとなった。青染めの道服「青袍」は、官職に就かない在野人士の象徴。因みに「道服」は日本の羽織の原形。
**苧麻=苧(からむし)で織った絽(。薄い絹織物)。


金時鐘・訳『再訳 朝鮮詩集』(岩波書店、2007年)より。
語注および下記の略伝は同書によった。

◆李陸史(1904-44)は独立運動団体「義烈団」に兄・弟とともに参加し日本や中国を行き来した。27年に帰国するが銀行爆破事件に連座して三兄弟ともに三年間の獄中生活を送る。
その時の囚人番号六四(ユク/サ)から号を陸史にしたというから豪胆不屈の気象の持ち主と想像するが、この詩に描かれる青葡萄は、みずみずしく柔らかな色合いと触感をたたえて官能的ですらある。

実りをもたらす生まれ故郷の空気、和やかな人々の暮らし。
待ち人は、旅に出てようやく還って来た人か、しばし休らえば再びいずこへか去る定めの人かは知らない。
涼しげな盆と手拭きの用意で心づくしのもてなしをするばかりだ。


李燦(イ・チャン)「希望」[2021年06月30日(Wed)]

希望  李燦(イ・チャン)
       金時鐘・訳


希望は 触(さわ)ればこわれそうな
蜻蛉(かげろう)の翅(はね)

ひ弱くとも身を持ち上げ蒼空(あおぞら)に舞う
蜻蛉の翅

あてどない暗い夜 疲れ果てた夢の中でも
ひろげてすぼめぬ蜻蛉の翅

ああ蜘蛛の巣のその受難に息絶えてなお
ひろげたままに遺されていく蜻蛉の翅

ためにこそ
蜻蛉の翅は美しい。



金時鐘・訳『再訳 朝鮮詩集』(岩波書店、2007年)より


◆略伝によれば、李燦(イ・チャン 1910-?)は、渡日して立教大を経て早稲田大学露文科に学び「カップ(朝鮮プロレタリア芸術同盟)」に参加。1933年に帰国後もカップで活躍した人という。

詩は「希望」をカゲロウの翅に見立てる。

繊弱に見えながら、昼はその身を蒼空へと持ち上げてくれ、光の消えた夜も見失ってはならないことを身を以て教えてくれるもの。
死んでなお全身で何ごとかを示し続けるもの。



柳致環(ユ・チファン)「旗」[2021年06月29日(Tue)]


旗  柳致環(ユ・チファン)
      金時鐘・訳


これは 声のない叫び
あの蒼い海原に向かって打ち振る
尽きないノスタルジアのハンカチ
純情は波のごと風に翻り
ひたすら清らなすくすくしい理念の標柱の先で
哀愁は白鷺さながら翼をひらく。

ああ、誰であったろう
このようにも悲しくせつない想いを
初めに空のただ中へ掲げることを知った人は。


金時鐘・訳『再訳 朝鮮詩集』(岩波書店、2007年)より


◆柳致環(ユ・チファン 1908-1967)は民族文学運動のリーダーとして活躍した人のようだ。
旗幟鮮明という言葉通り、主張立場を明確に公言し同志の結集を呼びかける行動の人の詩としてふさわしい一篇。

詩題とした「旗」は、海原を渡って来ようとする人々に向けて是非とも気づいてくれと打ち振る大きな旗であろうか。
あるいは逆に、単身小舟に乗って故国への帰還を目指す者がようやく陸地を見いだしてちぎれるほど振る小さなハンカチであるかも知れない。

◆「哀愁は白鷺さながら翼をひらく」という比喩が鮮やかだ。
山口誓子の名句「炎天の遠き帆やわがこころの帆」を思い出させるが、柳致環にあっては、衆を切に求めるゆえに、孤独に住することを潔しとはしなかったであろう。
誓子の帆はそのまま輪郭をおぼろにして海か空に消えゆくかのようであるのに対し、この詩の「旗」は、掲げる者の心情そのもののように白さをいよいよ際立たせ、動いて止まない。



李光洙(イ ヴァンス)「光」「心」[2021年06月28日(Mon)]


光   李光洙(イ ヴァンス)
        時鐘金・訳


万物は光に因(よ)って一つ。
衆生(しゅじょう)は心でつながって一つ。
心のない衆生があっただろうか?
光のない万物があっただろうか?
土からも水からも光は生じる。
もしも燃えるとなれば総身のすべてが光。

太陽と私(わたくし)
ある限りの星とわたし、
光と絡まって一体ではないのか。
牛とわたし、犬とわたし、
心でつながって一体なのだ。
心が縺(もつ)れて体、体が燃えれば心の光。

恒星の光もひっかかるところがあり
赤外線もX線もつかえるところがあるにせよ
願うことのない心の光は十方(じっぽう)*を隈無く照らせ。


*十方=東西南北の四方と、北東・北西・南東・南西の四隅ならびに上・下の総称。



金時鐘『再訳 朝鮮詩集』(岩波書店、2007年)より



◆李光洙(イ ヴァンス 1892-1950)は両親をコレラで失い孤児となったという。1905年および1915年に渡日して明治学院中等部、早稲田大学哲学科に学んだ。帰国後長編小説「無情」を発表し好評を得た。雑誌・新聞で活躍。1940年、香山光郎と創氏改名し学徒動員演説も行うなど、植民地支配に同調したことから八・一五(解放)後反民族行為処罰法によって拘束されるも病のため保釈。朝鮮戦争時に拉北され長らく生死不明だったが、満浦で病死したことが確認された。(金時鐘による詩人略伝から)

◆孤児としての生い立ちもあるのだろうか、若き日に東学党(天道教)に入り、最初の渡日も天道教の活動を担い親日的だった一進会の推薦によるものだった。
民族の自立を求める運動、日本の植民地政策への協力、さらに悲運の死に至るまで、近代朝鮮の激動を一身に体現した生涯であったことがわかる。

◆『再訳 朝鮮詩集』には八篇を収める。民族の未来を憂え活動した生涯から想像されるように、感情の激しい振れ幅を表現した次のような掌篇もある。


心   李光洙(イ ヴァンス)
        時鐘金・訳

すっからかんだ!
なんにもなし!
その中からふと湧き上がる雲ひとむら。
雷、稲妻と変わって
風、雨をつのらせ
あげくは またも
すっからかんだ!
なんにもなし!




 
金b燮「個性」[2021年06月26日(Sat)]



個性  金b燮(キム・グァンソプ)
       金時鐘・訳

貧しい山里で
一箇の石ころと生まれ出て
大きな岩とはならないまでも

または
ひとすじのせせらぎと流れて
広い海に到らないまでも

君は無限に飛翔する瞬間を持て。


 金時鐘・編訳『再訳 朝鮮詩集』(岩波書店、2007年)より


金b燮(キム・グァンソプ)(1906−1977)は渡日し早稲田大学英文科に学んだ。植民地時代に「創氏改名」に公然と反対し三年八ヶ月間入獄した体験を持つ。

上記詩集にはあと2篇、「空莫」と「燭火」を収める。
制約や圧迫に押しつぶされない向日性や想像力を熱源にして、瞬間燃焼を実現する詩魂の持ち主だ。




辛夕汀「石」――『再訳 朝鮮詩集』より[2021年06月26日(Sat)]


石   辛夕汀(シンソクチョン)
        金時鐘 訳

石ひとつ雨に濡れ 蒼く苔むし
しずやかな黄昏(たそがれ) 奥の奥までも透かすかのように耀き

あの石のまぎわ
(ほそ)やかな蘭ひとつ植えるとしようか
石と同じく もの言わず育ち
月の光のごと 蒼い香り溢れているように

幾万年もまえの物語 抱(かか)えとおしているかのような石……
幾万年もあとの物語 収めとおしているかのような石……

石のように浄らで
穏やかな心 保つとしよう。
聖堂に点った 燭灯(ともしび)のように
澄んで白く 追いきるまで。


 金時鐘(キムシジョン)『再訳 朝鮮詩集』(岩波書店、2007年)より


金素雲(キムソウン)が日本植民地下の1940年に出し、戦後には岩波文庫などにも収められた『朝鮮詩集』を、金時鐘がハングル原詩とともに再訳版として出した詩集。
詩人たちの経歴を再調査し記録してあるのが貴重だ。解放までに悲運の死を迎えた者も少なくないが、この辛夕汀のように戦後、後進の育成に努め活躍したことについても丁寧に記述してくれている。

◆作者の辛夕汀は本名錫正(ソクチョン)。1907-74。若き日、仏典の研究をした人という。

◆寺院の庭であろうか。夕暮れの静寂の中に在る石。
石は、多くの物語を蔵し、そばに来て耳を澄ます者を待っているようだ。

先日引いた李禹煥の「眼差」に相通う心のたたずまい。

6月15日記事【「見る」という「事件」
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1982


李禹煥「樹d」「樹c」[2021年06月24日(Thu)]

李禹煥(リウファン)の詩集『立ちどまってから』には〈樹〉〜という題を持つ詩が四篇あって、区別のために収録順にd、c、(10頁ほど隔てて)a、bと付されている。美術家が共通するコンセプトのもとに連作した作品にアルファベットやローマ数字などを付けるのと同じである。
そのうち、相接して収めてあるd及びcの2篇を。


樹d  李禹煥


ふとしたことで 靡く樹と揺れる私の眼差しが出会
った瞬間 私は立ち止まった樹となり 樹は歩く私
となる

こうして私と樹は そこにいながらにして どこか
へ動き廻る 乗り移りの運命的な空間を催すことに
なる




樹c  李禹煥


樹は立ち止まっているように見えて
絶えず風を受けながら揺れる幅のなかで
世界を旅している



◆推測だが、詩が生まれた順にa~dと付したのを、詩集に収める段階で、それらが相乗して生まれる効果や与える印象の違いを考慮して、最初のグループは、d、続いてcという順に置くことにしたものだと思う。
これも美術家が作品を展示するに際して、展示空間や季節、公開する作品全体における位置などを考えて配置を決めていくことと似ている。

*前に横浜美術館で李禹煥の作品を見て回ったときに、歩を進めるにつれて、会場を歩きながら配置を決めていく作者の姿を想像できるように感じたことがあった。

◆この二篇の詩作品について言えば、風に揺れる樹が世界を旅しているとイメージの誕生が先にあり(c)、次いで樹もそれを見ている私も同じ風に吹かれて揺れているという知覚が確かめられる(d)。このとき、見る私を視ている樹の眼差しの発見があって、彼我の交流あるいは相互の「乗り移り」が起きて主客の別を止揚した認識に至る。

◆以上は静的なものの中に動く力を認めることで起きる事件である。
「眼差」という詩で表現されていたように、石や大地と間にも〈見る=視られる〉という、働きかけとそれへの応力の発生があり、その動的な関係こそが「生きる」という営みの内実であろうから、「立ち止まった樹」となった私は再び「私」に還り、改めて「樹」を視る。
かくて「樹c」の詩は初発と再帰の重層した意味を担うことになる。
「樹d」「樹c」という順に置かれたのはそのためであろう。

こうした往還は美術作品を見る(=視られる)ときにも応用できるに違いない。

★参考1【2021/6/15記事】「見る」という「事件」
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1982

★参考2【2016/1/25記事】鎌倉近代美術館 その1
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/244
 

 
〈忘れるな、本当にあったのだ〉[2021年06月23日(Wed)]

◆沖縄慰霊の日。
雨に濡れた平和の礎を撫で、花を手向ける人たちを映すTVの画面に、中学生の詩の朗読が響いた。
〈忘れるな、本当にあったのだ〉――〈本当にあったのだ〉というリフレインが胸に突き刺さる。

それに続くスガ首相のヴィデオメッセージはなくもがな。血の通わぬことばについて喋々するよりは、会場の人々にも中継で見る者にもしみ通って行った魂の言葉を、文字でも味わい直したい。

***


みるく世の謳(うた)

  宮古島市立西辺中学校二年 上原 美春

初めて命の芽吹きを見た。
生まれたばかりの姪は
小さな胸を上下させ
手足を一生懸命に動かし
瞳に湖を閉じ込めて
「おなかすいたよ」
「オムツを替えて」と
力一杯、声の限りに訴える
大きな泣き声をそっと抱き寄せられる今日は、
平和だと思う。
赤ちゃんの泣き声を
愛おしく思える今日は
穏やかであると思う。
その可愛らしい重みを胸に抱き、
6月の蒼天を仰いだ時
一面の青を分断するセスナにのって
私の思いは
76年の時を超えていく
この空はきっと覚えている
母の子守唄が空襲警報に消された出来事を
灯されたばかりの命が消されていく瞬間を
吹き抜けるこの風は覚えている
うちなーぐちを取り上げられた沖縄を
自らに混じった鉄の匂いを
踏みしめるこの土は覚えている
まだ幼さの残る手に、銃を握らされた少年がいた事を
おかえりを聞くことなく散った父の最後の叫びを
私は知っている
礎を撫でる皺の手が
何度も拭ってきた涙
あなたは知っている
あれは現実だったこと
煌びやかなサンゴ礁の底に
深く沈められつつある
悲しみが存在することを
凛と立つガジュマルが言う
忘れるな、本当にあったのだ
暗くしめった壕の中が
憎しみで満たされた日が
本当にあったのだ
漆黒の空
屍を避けて逃げた日が
本当にあったのだ
血色の海
いくつもの生きるべき命の
大きな鼓動が
岩を打つ波にかき消され
万歳と投げ打たれた日が
本当にあったのだと
6月を彩る月桃が揺蕩(たゆた)
忘れないで、犠牲になっていい命など
あって良かったはずがない事を
忘れないで、壊すのは、簡単だという事を
もろく、危うく、だからこそ守るべき
この暮らしを
忘れないで
誰もが平和を祈っていた事を
どうか忘れないで
生きることの喜び
あなたは生かされているのよと
いま摩文仁の丘に立ち
私は歌いたい
澄んだ酸素を肺いっぱいにとりこみ
今日生きている喜びを震える声帯に感じて
決意の声高らかに
みるく世ぬなうらば世や直れ
平和な世界は私たちがつくるのだ
共に立つあなたに
感じて欲しい
(たぎ)る血潮に流れる先人の想い
共に立つあなたと
歌いたい
蒼穹(そうきゅう)へ響く癒しの歌
そよぐ島風にのせて
歌いたい
平和な未来へ届く魂の歌
私たちは忘れないこと
あの日の出来事を伝え続けること
繰り返さないこと
命の限り生きること
決意の歌を
歌いたい
いま摩文仁の丘に立ち
あの真太陽まで届けと祈る
みるく世ぬなうらば世や直れ
平和な世がやってくる
この世はきっと良くなっていくと
繋がれ続けてきたバトン
素晴らしい未来へと
信じ手渡されたバトン
生きとし生けるすべての尊い命のバトン
今、私たちの中にある
暗黒の過去を溶かすことなく
あの過ちに再び身を投じることなく
繋ぎ続けたい
みるく世を創るのはここにいるわたし達だ



◆詩は毎年公募され、入選作が県平和祈念資料館から慰霊の日の前に発表される。従って戦没者追悼式式典を中継するに当たりNHKは、この詩に合わせた映像を織り込みながら放送を進めて行った。
それほどの用意をして中継に臨むならば、せっかくの詩の朗読(今年も暗唱で読み上げられ、歌われた)の余韻を台無しにしないよう、ライブではない首相メッセージなど割愛しても良かっただろうに、と思った。その方が首相も面目を失わずに済んだはずだ。
ライブの首相会見ですら、質問にたじろぐ首相の姿は映さぬよう早々と放送を終了するNHKだもの、それぐらい気を利かしたら良かろうに。




創造する〈問い〉とは――李禹煥「僕はと言うとき」[2021年06月22日(Tue)]

◆森友文書改竄問題の赤木ファイルがようやく開示された(但し、メールの発信者など未だ不開示の部分を残す)。

これを報じるニュースで再び繰り返される「何が/なぜ〜のか」という定型句に苛立つ。
その理由のいくつかは分かっている。
1.これらの疑問文への答えはおよそ見当がついていながら、それを承知でまたぞろ同じ疑問形を視聴者に投げかけて、報道する主体自身は判断を下すことも推論を提示することも回避しているメディア状況がある。
2.問いに答えるべき側の人間(佐川氏や資料に名が出る昭恵夫人、鴻池氏や前総理)がまともな説明を全くして来ず、答弁に臨まざるを得なかった場面でも、辻褄が合わないことを言い放って平気であるさまに付き合わされて来たという愉快ならざる記憶がある。
3.「疑問文」はそれに答えようとする意志と能力の持ち主にしか有効でない、という経験を重ねて来た徒労感もある。
4.にもかかわらず、進化も深化もしない定型的「疑問文」を用いるだけでは、ファイルの開示がようやく事態の打開をもたらすはずのところ、前と同じスタートラインに立っただけ、いや、ここまで空費した時間がある分、前より遠い所にスタートラインが退いた印象すら与える。

◆赤木夫人の不退転の意志に応えるには、答えるべき責任のある者が「答えるほかない」「問い」を、報道陣がたたみかけ、理非曲直を読者や視聴者、ネットユーザーにくり返し伝えることに尽きる。

*****

李禹煥(リウファン)の次のような詩を読むと、問いに答えようとする人間は、常に自ら問い、それに答えようとし続ける者であることが了解される。
そして、一つの解が得られてもすぐ更なる問いが湧いてくる人でもある。
そうして、その自問自答のくり返しを通して、他者や古人を理解し、未知の民族や文化とつながる未来を見せてくれる人でもある。



僕はと言うとき  李禹煥(リウファン)


僕はと言うときその中に
僕そのものは含まれているのか


僕はと言うときその中に
隣の彼は含まれているのか


僕はと言うときその中に
周りのものたちは含まれているのか


僕はと言うときその中に
昨日の死者たちは含まれているのか


僕はと言うときその中に
見知らぬ山河は含まれているのか


僕はと言うときその中に
明日の僕は含まれているのか


僕はと言うときその中に
僕でないものは含まれているのか




『立ちどまって』(書肆山田、2001年)より



接種日決まる[2021年06月21日(Mon)]

◆ワクチン接種、集団接種の予約は2度目の挑戦も不首尾に終わった。
Web(パソコン&スマホ)も電話2箇所、いずれもブー。
翌日ならハズれた者以外電話しないだろうと思って専用電話にかけてみた。

一発でつながった。

【質問1】――入力しても先に進めないサイトの不親切設計(パソコンとスマホでは画面に違いがあるのか、必要事項すべて入力してもパソコンからは予約に進むボタンが表示されなかった。なぜなのか?
――不具合の指摘は届いているが、理由について答えは得られなかった。

【質問2】――かかりつけ医の話だとこれから予約入れても早くて8月下旬だと言われたがワクチンの入荷が遅れているのか?
――悪くすると10月、皆さんすべてにとなると年を越すかも、という話もある、とずいぶん正直な返事が返ってきた。

電話で不満と怨嗟の声を耳に叩きつけられることが多いだろうに、奇特な人だ。
ついこちらも、無理に抑えたソフト口調から、途方に暮れた一市民的相談口調になる。

【相談】――集団会場3回目に再々チャレンジするべきか、気が進まぬながら大手町の大規模会場に申し込むべきか?
――すると、大手町は予約をストップしたとのこと。退路がまた一つ断たれた。
手柄を演出したいだけの大規模接種、またまた見かけ倒しであることが露呈したわけだ。

【要望】「どうなっているのか情報が告知されない状態が一番イライラが募る。接種進捗状況、ワクチン入荷見通しや年代別の見通しなど公開してもらえないか。不確かな情報は告知できないと言うかも知れないが、不安になる。予測に誤差が伴うのは誰でも承知のことだし」――概ねそんなことを述べて電話を終えた。

◆かかりつけ医に電話を入れた。幸い予約を停めてはいなかった。
2ヶ月先だが、一回目が8月24日、二回目が9月14日と決した。

――玉砕覚悟の最終決戦、などでないことが救いだ。
それまで何もないことを祈る(その先もだけれど)。


***


無題 a  李禹煥(リウファン)


積み上げても
積み上げても
跡形もない
泥沼


祈っても
念仏唱えても
消え去らない
蒼空


この世にいては
泣くべきか
笑うべきか
人よ



『立ちどまって』(書肆山田、2001年)より




| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml