CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年04月 | Main | 2021年06月 »
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
蒲鉾屋の詩人・清水正一[2021年05月31日(Mon)]

◆我が本棚に在る詩人の名を天野忠の詩の中に見つけた。

           かまぼこや
清水正一という蒲鉾屋の詩人がいた  天野忠


「ええカマボコは
材料の吟味と塩加減で
きまるもんや」

一日十一時間働き抜いた職人
清水正一七十歳の
おいしいカマボコは貰わずじまい。
いま遺族の贈って呉れた
大事なもう一つの仕事を味わう。

ええ材料に
ええ塩加減をきかせた
おいしい君の詩をたっぷり
一冊分。


天野忠詩集『長い夜の牧歌』 (書肆山田、1989年)


◆この詩に紹介された「一冊」は『続 清水正一詩集』(編集工房ノア、1985年)のことだ。
地元の古本屋で出会った。

1913年に三重県で生まれ、兄が大阪で始めたカマボコ屋の仕事に参加。
詩にも仕事の話が出てくる。上記詩集は亡くなった1985年に詳細な年譜も付いて世に出たもの。

その中から掌篇ひとつ。


割箸  清水正一


ベルリン・フィルハーモニー
名曲ローマの松のきびしき終幕
カラヤンの巨きな手が
ゆるやかにおろされる
指揮棒(タクト)はちいさく割箸のようだ

一万七千円もぎとった
割箸


*「ローマの松」の下線、オリジナルでは傍点。


◆以前、拙ブログで取りあげたのは2回。都合3編を紹介した。

「秋の歌」https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1021
「落葉」「どこへも行かぬ」https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/1022




噴水になる[2021年05月30日(Sun)]


噴水  川崎洋


空を目指しているのですか
地下水に届こうとしているのですか

人を楽しませようというのですか
自分で悦んでいるのですか

何かを隠そうと一生けん命なのですか
あけすけに取り出して見せているのですか

冷いのですか
たぎっているのですか

誰かをなぐさめているのですか
泣いているのですか

夢を見るひまがありますか
それとも
あなたの夢をわたしが いま
まのあたりにしているのですか



『目覚める寸前』(書肆山田、1982年)より


◆ベンチに腰を下ろし噴水を見つめ続けている昼下がり。
いつしか噴水に問いかけている。
噴水が意志や感情を持つもののように思われてくるのは、「わたし」の孤独をそこに投影せずにはいられないからだ。

噴き上げてはたちまち落下する水の運動に徒労に見えながら、しかし小止みなく鼓舞し続けるものを見出そうとするのは、問いへの答えがいかなるものであるかよりも、問いに応えるものがそこに居ることを確かに感じたいからで、そのとき「孤独」は鮮やかに反転することになる。

各連の問いのいずれもが、相反する方向、正負が逆のベクトルとして対になっているのは、そのためである。

問いに応えるものの存在を感得したとき、問いかけていた「わたし」と問いかけられていた「噴水」との主客の別は意味を成さないだろう。


〈どんな言葉でなら〉[2021年05月29日(Sat)]


海  川崎洋


背の高い人ほど
水平線は遠くなる

どういう人ほど
海は深くなるか

どんな言葉でなら
あなたの身近かに迫れるか



『目覚める寸前』 (書肆山田、1982年)より



◆一連目、見る位置の違いで世界の奥行きや広がりはずいぶん違うことを歌う。

雪下ろしで屋根の上に立って遠くを眺めやった時の感覚を思い出した。
もともと何十戸もあるわけではない村のはずれの、その先には何もない白い野原が広がり、その向こうには行ったことのない家並みが心細げに固まっていた。

◆二連目、同じ海を眺めている人間が、見えない世界の底へと視線を深く下ろして行く。

やがて思い知らされる――世界がそれまでと違って見えたのは、視点を変えてみた時にそのように感覚したに過ぎず、世界の方は実は揺るぎもせずにそこにある、と。

それはたぶん、他者に出会っで獲得した認識だ。
三連目がそれを物語る。

◆想像の中に生きるだけなら世界をどんな風にとらえても改変してもこちらの勝手だが、容易にそれを許さない他者にぶち当たることがある。

他人という存在を認識したとき、世界を変えるのでなく、こちらが変わらなければどうにもならないと思い知る。
ただその手がかりが言葉だということだけは分かっている。


オロカナコトバデ/コノ世ヲケガシ[2021年05月28日(Fri)]

◆コロナ緊急事態宣言再延長でスガ首相が記者会見した。
世論調査の示す支持率急落に伴い言い回しは低姿勢で、以下のようなフレーズもあった。

「長きにわたりご協力をいただいている皆様に心から感謝を申し上げ、その御労苦のほどを深くお察し(ママ)申し上げます」

「テニヲハ」の言い間違いはともかくとして、「実用挨拶文例集」のごときアンチョコからそのまま持って来たような紋切り型では、心の込めようなどあるはずもない。

◆下の、たぶんコソドロのものらしい素朴な言葉の方が、まだ実のある言葉遣いだと思える。
中の様子を伺う言葉遣いに、ためらい→自省→断念→衷情こめたあいさつまでが表現されているではないか。


ゴメン下サイ   阪田寛夫


ゴメン下サイ
オルスデショウカ
ゴメン下サイ
シツレイシマス
イヤシイ目ツキデ
オウチヲケガシ
クサイ息吐イテ
空気ヲ汚(ケガ)
オロカナコトバデ
コノ世ヲケガシ
ゴメン下サイ
ユルシテ下サイ
ヤッパリコノママ
サヨウナラ


『含羞詩集』(河出書房新社、1997年)より




エリック・カールさん逝く[2021年05月27日(Thu)]

「はらぺこあおむし」などで知られる絵本作家のエリック・カールさんが23日亡くなった。享年91。
4年前、世田谷美術館の作品展で豊かな色彩の世界に請じ入れられ、幸福感を味わったことは忘れ難い。

★2017年6月24日の記事【エリック・カールの呼吸する色彩
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/539

◆NHKニュースでも触れているように、彼の世界にあふれ出る虹のような色彩の背景には、少年期のナチス支配下のドイツで、モノトーンに等しい味気ない世界を経験したことがある。
幸福に満ちた色彩は平和をまもり育てる願いと不可分なのだ。

【NHK訃報】
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210527/k10013053971000.html

しばし手もとにある何冊かの絵本たちを開いて、感謝を捧げたい。

***

エリック・カール「ね、ぼくのともだちになって!」.jpg

「ね、ぼくのともだちになって!」(偕成社、1991年。オリジナルは1971年の発行)

出会った動物たちに「ともだちになって!」と呼びかけるねずみが主人公。
誰もがネズミより大きい生きものたちで、怖そうな顔のものも多くてなかなか友だちになることができない。進む道に沿って延々と伸びている緑色の長い長い帯のようなものの正体は……


***
エリック・カールたんじょうびのふしぎなてがみ.jpg

「たんじょうびのふしぎなてがみ」 (もりひさし・訳 偕成社、1978年)

表紙にあるようなさまざまな図形や窓が先へ先へと誘う仕掛け絵本だ。
ふしぎな手紙に誘われて進んで行ったチム少年が最後に発見したものは……

***

エリック・カール「みんないきてる みんなでいきてる!」表紙.jpg

エリック・カール:絵、くどうなおこ:詩「みんないきてる みんなでいきてる!」(偕成社、2005年)

くどうなおこの詩とのコラボレーション絵本。その中から詩とともに2作品を――

エリック・カール「みんな いきてる みんなでいきてる!」夜の世界.jpg
〈夜の世界〉(部分。絵は左半分しか収まらなかった)


夜の世界

ふくろうは 夜をみつめ 夜の歌を うたう
ほたるは 夜をてらし 夜の踊りを おどる
月は そんな夜の仲間たちを みまもってやる
――さびしがらないようにと  





エリック・カール「みんないきてる みんなでいきてる!」深呼吸.jpg
〈深呼吸〉(部分。これも大きくて上半分しか収まらない)


深呼吸

草原の たかいところを 風がふく
おいしそうに 鼻をよせ
きりんは おおきく 息をすう
風は きりんの ながいながい首を かけおり
ひづめのさきまで しみわたる
しばらく 風を あじわって
きりんは おおきく 息をはく
すると 風は ながいながい首を かけのぼり
草原の たかいところに ちっていく

きりんは いつも
深呼吸している! 



代々木公園と電通[2021年05月26日(Wed)]

代々木公園と電通

◆都内でも屈指の広大な空間を擁する代々木公園、その樹木がオリンピックのパブリックビューイング会場を設営するために伐採されている。

田中龍作ジャーナル2021年5月25日記事】
五輪と電通のため 代々木公園の古木・巨木を切る東京都
https://tanakaryusaku.jp/2021/05/00025059

オリンピックを観戦する巨大スクリーンを設置し、イベントも行う場所を確保するためだという。

◆野外とは言え、コロナ感染拡大の只中で人間が密集する場所をあえて作る。正気の沙汰でない。
状況の変化などお構いなし。当初計画遂行のために、ブレーキを忘れて突き進むオリパラ狂躁の図である。

◆この事業を受注したのは電通だという。
コロナ絡みのあれこの政府事業の「中抜き」で名を馳せている巨大広告会社だ。

◆代々木公園+電通で思い出すのは、戦後、電通が自社の周年行事に合わせて設置してきた三部作と言える3つの顕彰像だ。同社のサイトに写真と説明がある。

電通のHPより〈マスコミ功労者顕彰〉】
https://www.dentsu.co.jp/knowledge/summary/masscom.html

◆代々木公園にあるのは「しあわせの像」で、放送功労者顕彰のために1971年に設置された。
東京都の代々木公園紹介サイト
http://www.vvdcreative.com/sakuhin/17-3yoyogipark/olive/index.html

◆拙ブログでも以前、同じく電通が千鳥ヶ淵に建立した「自由の群像」(新聞人を顕彰)について記事にしたことがある。
2018年3月30日記事【千鳥ヶ淵の「自由の群像」碑
https://blog.canpan.info/poepoesongs/archive/812

その記事で、電通が一連の顕彰像の最初に建立した「「平和の群像」は現在の最高裁、かつて帝国陸軍参謀本部のあった場所だったこと、三番目の像が置かれた代々木公園は、かつて陸軍の練兵場であったことにも触れた。

皇居を守る首都の軍関係の土地が一転して民主主義国家建設のために作り直されて行ったそれぞれの場所に、繁栄の地歩を固めてゆくようにしてこれらの顕彰碑が電通の手によって建てられて行った。
いわば軍に代わって経済的な繁栄を実現する企業群が皇居を守る体制へと変身したわけだ。守られる対象は変わらない。

それだけではない。「しあわせの像」が置かれた代々木公園の一隅には、かのNHKが存在する。広告によるメディア支配を実現して行った電通の影響力は「公共放送」を自認するNHKにも及んでいることはいうまでもないだろう。

◆軍の練兵場が戦後75年余の時間をかけて市民の憩いや平和的なイベントの場所となった。
大きく成長した木々は平和の象徴と言ってよい。
「代々木」という地名自体、古く大きな樅の木があった、あるいは昔からサイカチの木が多く自生していた土地で、人々に代々大切にされてきたところ、などの説がある。
いずれにしろ樹木が大切にされて来た土地柄である。
それを今や開催自体が危険な賭けに等しい束の間のイベントのために伐採する――まともな神経ではない。
(まさか隣に明治神宮の森があるからそれで良い、などと考えているのではあるまい、と思うけれど、ね。それでは、どんなに多くの国民を犠牲にしようとも皇室が安泰であればそれで良い、とした戦時中と何ら変わらない。)

◆オリンピックスポンサーに大手新聞社が名を連ねているために、コロナ禍のもとでのオリパラ開催反対の声を社論として表明しづらくなっていると指摘されてきた。
進むことも退くこともできなくなりつつある中で、今日5月26日、ようやく朝日新聞は中止を求める社説を掲載した。

★【朝日 5/26社説】
夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める
https://www.asahi.com/articles/DA3S14916744.html

◆オリパラ「観戦」が世紀の「感染」イベントとなる――シャレにならぬ事態を憂慮する声は大きなうねりになろうとしている。

今夏の開催支持が14%という数字は直近の内閣支持率(16%)とほぼ同じ数字である。
国民の支持なくして強行することは何人といえど許されない。
歓迎されざるイベント、中止以外に選択肢はない。



「正直・良心」ヴェルレーヌの詩から[2021年05月25日(Tue)]

◆拙ブログの「顔」になってもらっている我が相棒、先週から入院中だが、経過順調で近々退院できそうだ。この3月に満15歳を迎えたので人間で言えば70代半ば。我が家では最長老となった。

食事以外、年齢にふさわしい処遇をせよと訴えることは殆どないけれど、ケージから出してやると、バタバタ動き回りたがる。自由を謳歌したいのだ。

隣の患者犬の持ち物に鼻を近づける点、旺盛な好奇心は健在だ。
減退していた後ろ脚の踏ん張る力も回復しつつある。

相棒の入院中、すっかり怠け癖のついたこちらの方がリハビリに努めて、散歩再開に備えなければならない。

*******


幸福 9 断章 ヴェルレーヌ
           堀口大學・訳

正直な貧乏人よ、お前の着衣は軽い
  かすみのように、
お前の心もまた軽い
  羽毛のように。
神さまのお気に入るより他に望みのないお前の心、
  人間の住む地の上の
どこへ行っても
  誰にも負目のない心。
お前の娯楽、安息は
  不足がち。
その代り、良心は
  満足至極。
お前の不運が
  幸して
  よい折りに
難儀して請出した
  良心だ。
お前の飲食は
  みすぼらしい、
それでいて、お前の弱い肉体は
  腰のあたりに
量り知れない
  忍耐力とつっぱりと
天国へ翔び立とうと意気込んだ
 強い翼を持っている。



『名訳で聴く 世界名詩選』[朗読:柄本明](ポニーキャニオンPCCG-01290、2012年)に拠った。

◆「正直」や「良心」をあえて口にのぼらせるのは、それらが世に行われない時、と相場は決まっている。
波瀾万丈の生涯を送ったヴェルレーヌにおいては、彼自身が履行できぬ分、烈しくそれらを渇望したと言うべきかも知れない。



  
天野忠「名所」[2021年05月25日(Tue)]


名所  天野忠


明治三十六年五月二十七日
一高生、藤村操ハ一書ヲ遺シテ
華厳ノ瀧ニ身ヲ投ジタ
「万有の真相は唯一言にして悉す、曰く不可解、我この恨を懐いて煩悶終に死を決するに至る云々」

アレカラマダ万有ノ真相ハ不可解デアル

一昨年デアッタカ、日光見物ニ行ッタトキ、
華厳ノ瀧ノ水ハチョロチョロシテイタ
「何しろ空梅雨なもんで……」
土地ノ人ハ肩身ノ狭イ顔ヲシテイタ

アレカラモマダ
万有ノ真相ハ不可解デアル。


『長い夜の牧歌――老いについての50片』(書肆山田、1987年)より

*「悉す」…尽くす


◆「巌頭の感」を木に書き遺して一高生・藤村操(ふじむらみさお)が華厳の滝に身を投じたのは明治36(1903)年の5月22日のことである。時に16歳。
この詩の「五月二十七日」は新聞各紙に報じられた日付けで、若き哲学徒の懊悩煩悶の果ての死として世に伝えられるところとなった。

◆自殺の原因を失恋に帰する説も世にあり、事件後80年余りを経て恋の相手も決着をみたが、生前の彼を知る人にはその説を斥ける人も多いと聞く。

哲学上の苦悩であれ恋の苦悶であれ、それらが堅く縒った紐となって身と心を苛むのが人性である以上、原因を一つに決めつける必要は微塵もない。

◆この若者のことを知ったのは、人生上の関心が死に向かいがちな高校生の頃だったと思うが、何によってであったか全く思い出せない。

彼の四倍以上の馬齢を重ねてこの始末だから、ボンクラは度しがたい。

多少分かったことと言ったら、「不可解」と一語で言い切るのはよほど胆力を要するということと、そこに至るまでの念慮の深さは年食うほどに失われるという事実だけだ。

「不可解」と言い切った者にはかなわない、と震撼させられた者の列が以後延々と続くこととなった。


天野忠「動物類」[2021年05月24日(Mon)]

◆横浜市の消防訓練センターで新型コロナのクラスターが発生したという。

【5月23日 東京新聞】
<新型コロナ>神奈川県で266人の新規感染 横浜市の消防訓練センターと特養でクラスター
https://www.tokyo-np.co.jp/article/106071

消防訓練センターと言えば目の鼻の先で、そこには県内各地からも消防士さんたちが研修に訪れる。消防の人たちが感染していては救命救急の最前線が機能不全を起こす。

夕方に寄ったドラッグストアのお客さんたちが声を潜めて感染を心配する会話をしていたが、すでにこのニュースをキャッチしていたのかも知れない。

◆同じ横浜市戸塚区関係で良いニュースも。
姿を消したアミメニシキヘビ、ようやく自宅屋根裏で発見された。
爬虫類の習性に詳しい専門家のお手柄だった。
連日の捜索には消防隊の奮闘もあった。お疲れ様でした。

*******


動物類   天野忠


明るい禅寺の墓地で
いきなり
オマエと顔を突き合せた。
その刹那は
あたかも身心脱落に価いした。
オレとオマエは
完き藻抜けの殻であった!

一瞬のあと
もぐらは地の穴に跳び
オレは他人(ひと)の墓にぺたんと尻を落した。
それから
およそ他愛ない顔をして
あたりの静寂を見た。



『詩集 私有地』(編集工房ノア、1981年)より

◆「オマエ」はもぐらのようだが、もぐらに転生したオレの知り合いかもしれない。

一方の「オレ」は、人間なのか、それともその抜け殻なのか、人間の殻を脱ぎ捨てた「魂」というか、濁世の空気を吸っていたころよりは多少ともましな何モノなのか。

◆末尾、「静寂を見た」という表現が考えさせる。

耳で「静寂」を感覚できないとすれば、全身の五感を総動員するほかないけれど、その五感を備えた肉体はもはや存在しない。かろうじて「目」の機能だけが墓石に坐っているわけだ。






情報不足の「情報」サイト[2021年05月22日(Sat)]

◆スマホに「ワクチンマップ」なる情報提供サイトがあった。
スマホで新しい情報でもあるかと思ってアクセスしてみた。年齢、基礎疾患の有無を入力。居住地はスマホの位置情報によるので入力する必要はない(上空から電波が見張っているのかと思うと良い気分ではないが)。地図と接種病院のマークはすぐ表示された。

しかし、いつ自分の番が、という肝心な点については分からない。
順次開始されます〉と、ワクチン大臣みたいなコメントが画面に書いてあるだけである。要するに何も教えてくれないに等しい。
その下には「接種券配布」および「接種予約」ともに〈最新情報確認中〉と表示された。これまた、「情報はありません」の言い換えでしかない。
要はそのサイトが提供してくれる新たな情報は何もないのだった。

◆藤沢市はかかりつけ医方式で、接種可能な医療機関のリストが配られただけで、それ以上の積極的な広報活動はない。ホームページでこちらが進捗状況を確認しない限り情報は得られない。
かかりつけのクリニックで打てることはリストで確認したので、予約券というのか、通知が来るのを待っている状態で、近隣他市に比べて遅い。

◆二、三日前に藤沢市のホームページで確認した時には、81歳までは接種券発送済み、ということだけだった。
同じ日に、かかりつけのクリニックに行ってみたら、80歳以上かと思われる方たちが何組か待っていた。
受付の看護師さんの話では、当方の年齢だともう暫くかかるだろうと言う。
ひと月ぐらいでしょうか?と訊くと、まァそのくらいでしょう、という返事。

他市の、接種会場を下見に行くとか、予約方法が周知されず混乱をきたしているとかいう話に比べれば、のんびりしたものである。

だが、自分としては、政府が余りに「由らしむべし。知らしむべからず」の姿勢なので我が市もそのやり方に右ならえしているのではないか、さもなくば人員不足で丁寧な広報が出来なくなっているのではないか、と疑っている。

◆自宅で老親の面倒を見ている家庭や、余人に代えがたい仕事を抱えている人にとっては、じれったくてならない状況だろう。
そもそも、接種病院のリスト自体、自治会に入っていない人たちなどには届いているんだろうか?


*******


童謡   天野忠


息子の頭を撫でながら
痛いの痛いの 飛んでいけ

おばあさんが唱えたら痛いの痛いのといっしょに
長患らいの息子も
飛んでいった。

おじいさんの腰をさすりながら
痛いの痛いの 飛んでいけ

おばあさんが唱えたら
痛いのいたいのといっしょに
長患らいのおじいさんも
飛んでいった。

それから
戸締まりをして
おばあさんは山へ
自分を捨てにいった。
 


『詩集 私有地』(編集工房ノア、1981年)より



| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml