CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年03月 | Main | 2021年05月 »
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
松林尚志「魂魄」[2021年04月30日(Fri)]

◆松林尚志『初時雨』から、ずばり「魂」を取りあげた一篇を。



魂魄   松林尚志

   生者為過客 死者為帰人
    天地一逆旅 同悲萬戸塵  李太白


鬼は帰なり
中国では鬼は死者のことだという
死者は魂魄となって帰っていくのだ
魂は雲 魄は晒された白骨
死者の魂と肉体は離ればなれに一方は天へ昇り
一方は地に帰っていくのだ

 新鬼煩寃旧鬼哭 天陰雨[湿] 声啾啾

杜甫が戦場のあとに聞いたのはまだ中有をさ迷う死者の声であったか
しかし私の聞く鬼哭は決して死者ではない
おには生きて私のなかにいる
姿を隠した落魄した隠(おに)
わたしはおにがすすり泣くのを聞く
おにはかつて私のなかで雄雄しく猛猛しい荒らぶる神ではなかったか
私は修羅を駆け抜けてきたのではなかったか
いま汚辱の記憶のなかで鬼は見る影もなく落魄し
異形の相貌を隠している
決して姿を現してはならない暗闇に棲んでいる
しかし修羅を生きる私のなかで鬼は不意に出没する
私は鬼に掠めとられる
鬼が私か私が鬼か分からないすばやさで
鬼は帰してやらねばならない
鬼は肉体から癒されねばならない
雲と水の光り合う微塵の果てへと


『初時雨』(砂子屋書房、2020年)より



【引用者注】
(1)エピグラフとして引用された李太白(李白)の漢詩は「擬古十二首」と題するものの其九の前半で、訓読と大意は以下。

生者は過客たり 死者は帰人たり
天地は一逆旅(げきりょ) 同悲せん萬古の塵と

生きている者は旅人で、死者は旅を終えて帰った者。
我々が棲息する天と地の間は一軒の宿屋のようなもの。
ともに悲しもう、永久に塵のごとき我々を。

(2)詞章中に引用された漢詩は杜甫「兵車行」の結び二句。ともに七言で、引用は[湿]の一字を欠く。
それを補って訓読と大意を記す。

新鬼は煩寃(はんえん)し旧鬼は哭し
天陰(くも)り雨湿(うるお)うとき声啾啾(しゅうしゅう)たり

新しい亡霊たちはもだえうらみ古い亡霊たちは泣き叫び、
天がくもり雨にしめるときには彼らの泣く声が切々とひびく。


◆一般に「魂」は精神の主であり、「魄(ハク)」は肉体の主。死ぬと魂は天にのぼり、魄は地上にとどまる死者の白骨、とされる。

内なる「鬼」が出没する己の半生を語る。荒々しく駆け抜けてきた前半生、そして落魄して鳴りを潜めたかと思える後半生――しかし「鬼」は隠忍しているに過ぎず、老いてなお修羅を生きる我を翻弄し拉し去ろうとする。
なればこそ、我が亡き後は魂も肉体も帰るべき所へ帰らねばならない。
雲と水とが反射し合うところ=天と地のあいだに、微塵となって。





松林尚志「夜の歌」[2021年04月29日(Thu)]

◆松林尚志『初時雨』に収録された詩全体の中心をなす言葉は〈魂〉だ。とりわけ、全体を四つに分けたうちの「T」の詩群はいずれもこの主題による変奏といってよい。
冒頭の二篇は夜、臥床したまま、闇の中にかすかに光る〈魂〉との彷徨を歌う。その第二詠唱というべき詩篇――



夜の歌   松林尚志


    たましいには庭もねぐらもない
    そこでおいらの鋭い骸骨にぶらさがり
    おそろしそうに羽ばたくのだ    リルケ



横たわるベッドの輪郭をおぼろげに浮かび上がらせ
深夜私は覚めるともなく薄明の世界に連れ出されている
たぶん私を訪れるものがいてしきりに私の扉をノックしていたのだ
ひたひたと私の魂を浸して蒼白な魂が打ち寄せていたのだ
私の住処に光は鈍くしみわたり
しんしんと眼冴え したたるばかり深い底へと穿たれてゆく
どこかに寄る辺ない魂が彷徨っていて
泣き腫らした眼をうつろに見開いている
身近な魂は幾重にも織り合わされ絡まりあいせめぎあい
私のなかで翼を休めている
時には深く突き刺す痛みとなって伝わり
時には暗澹たるまでに私をしめつける
私に出来ることは悩める魂に存分に照らし出されてあることだ
ゆきどころのない魂を容れてやることだけだ
そのためには自由に出入りできるように
魂の扉を開け放っておかねばならない
しかし 私は没落した天使のように焦がれ出ては
地上に叩き付けられ 打ちひしがれている
決して天上に舞う翼を持たないのに遠くを焦がれている
私は自らの住処を荒れるに任せ
彷徨を繰り返してきたのではなかったか
そして 私を織りなしている親しい魂を
いくたびか迷子にしてきたのではなかったか
今私の荒れ果てた部屋を蒼白な寄る辺ない魂がさまよっている
私はいつまでも悩める魂と向かい合っていよう
いつか苦しみが安らぎ 二つの魂が安らかに眠りにつく時
私たちはきっと天使に照らし出されているだろう


『初時雨』(砂子屋書房、2020年)より



〈魂〉:松林尚志「初時雨」[2021年04月28日(Wed)]

(承前)松林尚志の詩集『初時雨』のそこここに「魂」は登場する。
詩集題となっている次の詩にも二度。
初冬に取りあげるのがふさわしいのだろうが、人間、いつ命終を迎えるか分からないのだから、出会った時に読み味わっておく。



初時雨  松林尚志


うそ寒い時雨が押し包むように訪れている
足音を忍ばせ ひたひたと限りない遠さから寄せてくる
私はかき抱くように布団にくるまったまま耳を澄ましている
私の魂だけがいそいそと旅支度を始め 漂泊の旅に出る
初老のさびしさをかきたてるようにあてどない旅に出る
ひび割れた欅の幹を濡らし
枯れた葦を濡らし
朽ちた白壁を濡らし
降るともなく降る時雨のように訪れる
枯野の犬を濡らし
旅人の蓑と笠を濡らし
懐かしい歌枕を濡らし
語られぬ言葉を濡らし
しんしんと訪れ しんしんと去ってゆく
まつわりつく存在の衣裳をどこまでも脱ぎ捨ててゆき
寂寥が魂を透きとおらせる
私はさまよう

  みのむしの得たりかしこし初しぐれ  蕪村


詩集『初時雨』(砂子屋書房、2020年)より

◆「時雨」「枯野」「旅人」といった芭蕉ゆかりのことばが配して行き、しめくくりには詩の題ともした蕪村の「初しぐれ」の句を置いた。
蕪村の「みの虫」の句自体、芭蕉の「初時雨猿も小蓑をほしげなり」(『猿蓑』)を念頭に置いて芭蕉への畏敬の念をこめたものであろうから、詩人は芭蕉・蕪村の跡を襲う己が詩魂のいよいよ飾りを脱ぎ去って裸形に近付くことを念願しているわけである。

俳人たちばかりではない。
「〜を濡らし」のリフレインからただちに思い出されるのは西脇順三郎であろう。
詩集『ambarvaria』の「雨」の有名な「青銅をぬらした、噴水をぬらした〜潮をぬらし、砂をぬらし〜私の下をぬらした。」がここに再生されているわけである。「旅人」の語もまた西脇の詩と生涯についてまわることばである。
「しんしんと」で始まる篠原鳳作の海の旅の句もあった。
「漂泊」はまた萩原朔太郎の「漂泊者の歌」と響き合ってもいる。

この詩の作者・松林尚志は詩から俳句へ、そして今ふたたび詩へと往還の筆を進めて来た人という。胸に去来する詩藻と遠くから我を呼ぶものの声にうながされるようにして魂は旅に出る。
万象と同じく時雨にぬれればぬれるほどに魂は身ひとつになり、無雑に透きとおってゆく。



松林尚志「イ短調カルテット」[2021年04月27日(Tue)]


イ短調カルテット   松林尚志


深いしじまを破って四つの弦が静かに鳴り始める
美しく澄みわたったハーモニーが
深い魂の 底からせり上がり たゆたい満ちてくる
堪えることの極限にまで研ぎ澄まされた魂
その強靱な魂がかき鳴らす旋律
どこまでも純粋な祈りに近く
ほとんど神の崇高さに近付く
祈りはかくも魂の深淵に届くことができるのだろうか
祈りはもはや神の偉大さと一つだ
いくたびも揺さぶられ震えおののく魂
絶望の果て 祈りは浄化され 聖化され
魂は至福の歓びへと高められる
決して解き放たれることのない歓喜
限りない憧憬へと高められる平安
聞く者を恍惚とした涙へと誘う

創造する人間の魂の偉大さ
私はその魂と一つとなった歓びに浸されたままだ



松林尚志(まつばやし しょうし)詩集『初時雨』(砂子屋書房、2020年)より

◆詩の本体十七行。その中に「魂」の文字が八回も出てくる。
簡潔な表現を追求して重複を避けるのが詩の常道だとするなら、ここではその逆を行く。
なぜだろう。

縦書きの文字組みを見ているうちに、これは音楽によって引き起こされる魂の共鳴りを表しているのだろうと思えてきた。

音楽は作曲家と演奏家による創造の時間の上に聴く者が招ぜられて成り立つ芸術であり、そこに生まれる精神の逍遙、沈潜、高揚の体験である。

その身と心の核となっているものを一言で表せば「魂」ということになる。
改めて詩行を注意深く眺めれば「魂」の文字の置かれた位置はどれも同じではない。
音楽が進むに従って触れ、語り合い、一つとなる魂の動きを表しているのだ。

◆さて、このイ短調のカルテット、ベートーヴェンの第15番の弦楽四重奏曲(作品番号132)と見当をつけたが、果たしてどうだろう。
1825年、病による中断を経て完成にこぎつけ、「病気がなおった者の、神への聖なる感謝」と記した楽章(第三楽章)を含む全五楽章の名曲である。


石川逸子「かなしみが」[2021年04月26日(Mon)]

210426ミズキの花 DSC_0153.jpg

ミズキが白い花をつけていた。

*******

◆国内における新型コロナによる死亡者が1万人を超えた。
しかもペースは加速しており、毎日新聞によれば、第三波による昨年12月以降の死亡者数だけでこれまでの累計の8割を占めるという。

◆インドの感染爆発も深刻の度を増している。国内の対応にすら手が回らない日本政府になしうることは限られているだろうけれど、アメリカ詣でをやめ、せめてアジアの一隅から同じアジアの人々の苦境に思いをはせる沈思黙考の一日を持つ誠実さがあったなら。

*******



かなしみが  石川逸子


かなしみが
天から白い花のようにふってくるときは
そのまま 体中 花に染まって
あるいていこう
はるかな山のふもとまで はたらきものの蟻のように

にくしみが
ふいにサソリのように襲ってくるときは
はたはたと川のほとりへ駆けていって
笹舟を浮かべよう
太古からながれつづけ ときに淀む川が
はねる魚が 苦い心を冷やしていくだろう

深い悔いが
深夜 怒濤のように押し寄せてくるときは
七転八倒しながら
ごめんなさい ごめんなさい
暗い木々に向かって 頭を下げよう

この世という旅は
おわるまでつづくのだから
一人ひとり似ているようで それぞれにちがう旅なのだから
すれちがえば さりげなく挨拶し
萩散る駅 スミレ咲く宿で見た夕日なんか
ぼそぼそと 告げよう

よろこびは
すでに旅を終えたひとたち
走っていく幼子からも
与えられるから
しずかに しずかに
耳をすましてあるこう

ほっそりとつづいている小道を
ときに茨除け 石につまずき
また つまずきながらも



石川逸子詩集『たった一度の物語 アジア・太平洋戦争幻視片』(花神社、2013年)より

◆上記詩集の掉尾に、しずかに、しかし不磨の志操をこめて置かれた一篇。





石川逸子「ヒラメのこと」[2021年04月25日(Sun)]


ヒラメのこと  石川逸子


靴になれ
といわれたら 靴になった
おびただしい靴が 異国の橋を渡った

鋲になれ
といわれたら 鋲になった
だれを刺すためか おびただしい鋲が道にあふれた

蜜柑になれ
といわれたら 蜜柑になった
売れ余った沢山の蜜柑が 掃いて捨てられた

椅子になれ
といわれたら 椅子になった
重たい尻に押しつぶされても じっと黙って耐えた

蛙になれ
といわれたら 蛙になった
長い夏の日を 啼いて過した

泥になれ
といわれたら 泥になった
泥になって 静かに蚊とんぼの歌をきいていた

ブーメランになれ
といわれたら ブーメランになった
脚立になれ
といわれたら 脚立になった
葉っぱになれ
といわれたら 葉っぱになった

鷲と鷹にいっぺんになれ
といわれたら 体をちぎって鷲と鷹になった
けんかしろ
といわれたら 空中で烈しく眼を突つき合った
どちらも自分だったから どちらがやられても痛かった

皮がむけ 血がにじんだ姿で休んでいたら
太鼓になれ といわれた
太鼓になって かなしい音で鳴った

こんどはネジになれ
といわれて苦しくネジになりそこなった太鼓は
つぶされ 火で焼かれた
ネジになった私たちは じっと死んでゆく友を見た

人間にもどりたい
おびただしいネジがぶっぶつ云っていた
でも ヒラメになれ といわれると
やっぱリヒラメになった
しんからいやいやヒラメになったものは
ヒレがあっても泳げなかった

もがきながら 川の面に浮かびあがる
いくつかのヒラメを
うまくヒラメになったものたちが
嘲笑って突ついた
眼に涙をためて
泳げないヒラメは死んでいった

それから長いこと
命令は下らなかった
ほんとうは人間で
ヒラメに化けただけのことを
靴になった日の苦しさや 蛙になった日のかなしみも
もう ほとんどが忘れてしまった
いつか 人間にもどれる日がきたとき
ヒラメたちは 私たちは どうするだろう


『子どもと戦争』(新日本文学会、1976年)所収。
日本現代詩文庫『石川逸子詩集』(土曜美術社、1989年)に拠った。


◆一読、戦時中の国家総動員体制の批判であることは了解される。
命令一閃、軍靴であれ、糧秣(兵馬の食糧)であれ、およそ何にでも姿を変える。
上官の命令は万世一系を嘉される者の命令にほかならず、「七生報国」は日露戦役における広瀬中佐以来、国民の忠節を証明する規範となって、私情も公憤もすべて圧し殺すことが理想とされたから。

◆ならば泰平の世では人間らしく生きることが可能になったかというと、そうではない。お国に変わって会社や上司が、役所にあってはその長が至尊の地位に収まった。

習い性となれば命令下さずとも上位者の意向を汲み取って奉公するヒラメとなる。
過去にどんなことがあったか思い出すヒマも与えられていないので、人間であったこと自体忘れているのだ。
とするなら、ヒラメは今の我々の自画像でもあるのだった。




死ぬほど味気ない連休近し[2021年04月24日(Sat)]

DSCN4882.JPG

ギシギシ。
木も草もこの時期の緑は目をなごませる。画家の絵筆をもってしても表すことは難しい。
擁壁などの構造物に緑のペンキを塗ってあるが、必ず周囲の草木の緑から浮いてしまっているのをときどき見かける。

*******

『ぶらあぼ』という音楽会情報誌がある。五月号を手にしてその余りの薄さに驚いた。
ひと頃の三分の一くらい。演奏会が軒並み中止に追い込まれていることを如実に物語っている。
県内にある近隣ホールの予定表も何カ所か見てみたが、ひと月のうち催しが入っているのは数日のみ。ほとんどが空欄である。
プロ・アマ問わず、表現者の苦境は文化の先細りを意味する。ライブ配信など、さまざま取り組まれているとはいえ、どんなに精細な映像や音響で補おうと、肌身にじかに伝わってくるものと同じではない。

◆都内の美術館も右ならえで休館の所が続出。東京都美術館のイサム・ノグチ展など、香川県牟礼のイサム・ノグチ庭園美術館から多くの作品を運んで展示するというので大いに期待していたのだが、当分お預けだ。
そもそも美術館にしろ図書館にしろ、人でごった返すことも利用者が大声で喋ることもない場所ではないか。人の集中・往来を抑制したいというなら、交通機関にも一定の利用制限をかけなければならない。
この一年余りの各施設におけるコロナ対策の努力も全く顧みず、真綿で首を絞めるような一律閉館を誰が決めるのか。


こころに 澄んだ楽器――石川逸子「あの子」[2021年04月23日(Fri)]

DSCN4877.JPG

ヒメスイバ。のびやかな雑草は見ていて気持がよい。

*******


あの子   石川逸子


強いってなに
なぐることでも
なぐったやつにへつらうことでも
なぐりそうなやつにヘイヘイいうことでも
ないさ もちろん

あいつがさ へえっ
あいつの家ではさ ひいっ
噂がじっとりあの子をかこんで
よわよわしい首すじをつねったり
かみの毛ひっぱったり

そのうち
だれもあの子と口きかないんだ
あの子は泣かなかったさ
けっして

あの子はそおっと
澄んだ楽器をかかえていたんだ
こころに

そして鳴らしたんだ
その楽器をつよく はげしく

だれも
その楽器までけとばせなかった
あの子の音楽を
あの子とみみずと水すましだけがきいた

いばるなんて らくなこと
へつらうのだって
わいわいはやすも らくなこと
こころに 澄んだ楽器をかかえるのは
どうしてらくじゃないさ

強いって
あの子のことさ
りんりんと鳴っている
あの子の楽器さ

あの子は泣かなかったさ
けっして



詩集『泳ぐ馬』(花神社、1984年)所収。
日本現代詩文庫『石川逸子詩集』(土曜美術社、1989年)に拠った。


◆本当に強いのは、イジメられても無視されても、こころの中の楽器を手放さないあの子。
それは自分と虫たちだけに聞こえる音楽を鳴らす。
うちに鳴る音楽が、聞こえる以上、泣くこともわめくこともしない。矜恃がそれを許さないのだ。



安住幸子「昼も夜も」[2021年04月22日(Thu)]

DSCN4871.JPG

レッド・ロビンの花。葉とは対照的に花はカリフラワーのように白い。

*******


昼も夜も  安住幸子


ひと晩の間に
いくつもの夢を
渡り歩いたのか
たくさんの物語を経験したのか
めざめると
重く疲れ切った感覚だけが
体に残っていることがある
今の自分さえ
いつものことさえ
つかめなくなっている
知らない間に
おぼえきれないほど
生きてしまったようだ
時間のひだが
どっしりと折り畳んである
なにがあったんだろうと
さぐる気も起こらない
そうかそうかと
なだめてやりたい

昼間は意識を灯して
くらしているけれど
寝ている時も
生き続けているんだなと
わかる朝がある


『夜をためた窓』(土曜美術社出版販売、2018年)より


◆場所も登場人物も違う夢をふたつ続けて見たと、目ざめてもハッキリ覚えていた日にこの詩に出会った。
”分かる分かる”という気分でこれを写し始めたのだが、さて読み直すと、言葉遣いは平易なのに呑み下しにくいものがそこここにあるように感じ始めた。

◆冒頭の七行、「体に残っていることがある」まではスッと読み進んでしまうが、それもそのはずで、そこまでは改行を重ねているが実は一つのセンテンスをなしているのである。
そのあとに三行のセンテンスが2組、すなわち、「今の〜/いつもの〜/〜なっている」と「知らない〜/おぼえきれない〜/〜しまったようだ」続き、それから二行のセンテンスが3組、「時間の〜/〜ある」「何が〜/〜起こらない」「そうか〜/〜やりたい」。
次第に短くなるセンテンスが繰り出されテンポアップして第一連が終わる。

第二連は「昼間〜朝がある」まで、全体が一つのセンテンスである。

さてこれを詩として取りあげて果たして良かったんだろうか、当惑がある。

日記や散文を綴る感覚で詩が生まれてしまう、そうした一例かも知れない。

”分かる分かる”と思ったのが軽はずみだったので、実は分からないことがドンと置いてある。
「時間のひだが/どっしりと折り畳んである」、それは一体何なのだろう。
しかし詩はそれにあえて触れない。「寝ている時も/生き続けているんだな」という感慨に焦点を絞らせようとしている。
だが、読者は、その折り畳まれたひだの正体に近づこうとするものではないのか。

難解ではないのに実は端倪(たんげい)すべからざる一篇だったというべきかも知れない。

岩佐なを「耀く」[2021年04月21日(Wed)]

◆なつかしのヒーローが登場する詩があった。

****


耀く  岩佐なを

耀く表面でくるり
虹を回すしゃぼん玉
はじけて
行きつくところからの解放ととく
むかし七色仮面はくるくる危険をかわし
なぞをといて生計を立てていたのさ


『ゆめみる手控(てびかえ)(思潮社、2020年)より

◆小学校に上がるころによく描いていたマンガや映画のヒーローたちの一人に「七色仮面」があった。
テレビでやっていたそうだが、我が家にはまだなく(あったとしても系列局の関係で視聴は叶わなかったはず)、総天然色映画で観た記憶がある。

仮面は黄金色で、縁日のお面屋にも必ずあった。
町に出かけた時に舗道にお面屋が出ており、七色仮面も並んでいた。70円だったか。
親にねだったが、むろん聴く耳持たぬ。

子どもの充たされなかった欲求は始末の悪いもので、いくつになっても恨みがましく思い出す。
四つ上の兄はそういうとき宥め役だったのだろう。
兄自身はというと、アレが欲しいと親にねだることはついぞ無かった。偉いものである。

◆さて、この詩、シャボン玉に向ける目を忘れていたと気づかされた。







| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
マキシミリアナ・マリア・コルベ
コルベ神父のこと その2 (06/23)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml