CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年04月 | Main | 2020年06月 »
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
田んぼの水入れを前に[2020年05月31日(Sun)]

DSCN3553.JPG
アレチハナガサにモンシロチョウ

*******

◆例年なら5月最後の日曜日は地域総出で用水路のドブさらいがあるのだが、コロナ禍のあおりで今年は中止となった。雨で流れたこともほとんどなかったと記憶するし、自分の仕事の都合(たいていは部活動で試合の引率だった)で参加できなかったことはあったにせよ、こうした中止は殆ど初めてのこと。
それでも農家の人たち共同での草刈りはいつものように行われ、田植えに備えている。

◆夕方の相棒との散歩で声をかけられて振り向くとご近所の人。
鍬を携え、自転車で田んぼに向かうようだった。
明日は境川の水が引き込まれて一面に水鏡が広がるだろう。

*******


時間の音   大橋政人


田んぼの水入れをするのは
子どもたちの仕事だった
水がまわるまで一時間も田んぼを見ていた

岡登用水から引かれた細い川は
だいぶ前にU字溝に変わったが
今でも同じ所を流れている

そのU字溝に沿って
毎朝、犬を連れて歩く
資材置き場になっているここは
タカノさんちとの結い仕事で
小学生の私が
初めて牛の鼻面取りをした田んぼだ
あのときの握り飯のうまかったこと

場所が固定されると
時間ばかりが動き出す
時間ばかり轟轟となだれ落ちてきて
その音の中に立ち尽くすこともある



『朝の言葉』(思潮社、2018年)より

◆岡登(おかのぼり)用水は群馬県みどり市。
詩は上毛新聞に連載されたものの一つ。

最終連「場所が固定されると/時間ばかりが動き出す」という表現がおもしろい。
現代人は故郷を離れてのち居所を定めぬ生き方を選ぶゆえに「動き出す/時間」を体験できなくなっている、という批評もここにはあるのだろう。

◆時間が動き出すきっかけは水の音だ。
いつの間にか自分は、水をたたえていく田んぼをじっと見ていた少年になっている。そうして周りには大人たちの立ち働く姿があった。

「場所(トポス)」には個と集団の歴史がある。それは孤立した個の主観ではなく個を含む集団の記憶である。




〈とおく問う〉[2020年05月30日(Sat)]

DSCN3584キキョウソウ(ダンダンキキョウ).JPG
キキョウソウ
桔梗に似た小さな小さな紫の花を真っ直ぐ伸ばした茎のてっぺんに咲かせていた。
歩道の縁石のわずかな隙間を居場所と定めて。

*******


返信  伊藤悠子


問いを抱えながら
カーテンを開けると
星がひとつまたたいて目が合った
これが問いへの返信と星は言う
今みつめている人は君だけでないとしても
とおく問うたのは
君なのだから
まっすぐ受けとればよい
胸底ふかく受けよ


詩集『まだ空はじゅうぶん明るいのに』(思潮社、2016年)より

◆星と「目が合う」という体験をする人はまれだろう。
だが、こうした詩に出会うと、いつの日か窓を開け宵闇にきらめくものから啓示を得るという体験が自分にも生涯に一度くらいあるかも知れない、という気がしてくる。

あるいは、胸中に持て余しているものが耐えがたくなった時には、この詩にならって夜空を眺めてみるという手がある、と知って置くだけでも良い、と思える。

◆「問う」人はたいがい、自分の内側に探照灯を向けているものだ。
しかし、その明かりをいったん消してみれば、黒々とした外の闇の中にかすかな明滅があることに気づくだろう。
ちっぽけな自前の灯りを消して外界に心を開けば、「とおく問うていた」分、答えの方も遙かなところから、実は真っ直ぐに届くものとして用意されていたことに気づく。
それを受けとめるにずいぶん時間を要したとしても。




〈森は終日むずがゆそうに揺れている〉[2020年05月29日(Fri)]

DSCN3580ベニシジミA.jpg

ベニシジミ。夕方の散歩途中、花応院墓苑の上の杉林で。
昨秋の台風で何本もの木が倒れたものの、丹念に片付けられていた。
身を横たえた杉をステージのようにして、ベニシジミは悠揚と羽を開きまた閉じていた。

ウグイスの声がする方に少し近づいて耳を澄ますと、警戒の啼き声はせずに、短いさえずりが聞こえた。たっぷり間合いをとって再びゆるやかな一声で歌い、すぐ止めた。それを二度三度繰り返す。
せっかくだから一節だけ聞かせてやるゾ、と気をもたせるそぶりでいて、相手の反応を確かめずにおれない若者の求愛のごとくであった。

*******


森   川崎洋


もしかすると
森は自身を一つの全体だと
思っているかもしれない
この僕は
もしかすると一つの全体ではないかもしれないように
森は終日むずがゆそうに揺れている
しかしいつも森全体が
ということではない
森の中央部が静まり返っていると
一方では
森の入口のあたりが騒がしく
沼のまわりがおだやかだと
今度は少し離れたところがざわざわし出す
始終どこかしらが停(とま)っていて
始終どこかしらが動いている


『川崎洋詩集』(ハルキ文庫、2007年)より


草野心平〈光りともつれあい〉[2020年05月28日(Thu)]

DSCN3486-A.jpg

コガネムシ。
光を全身に浴び、この輝きを残すためにこの世に遣わされたもののような。

*******


樹木  草野心平


嫩葉(わかば)は光りともつれあい。
くすぐりあい。
陽がかげると不思議がってきき耳をたて。
そよ風が吹けば。
枝々は我慢が利かずざわめきたち。
毛根たちはポンプになり。
駆け足であがり。
枝にわかれ。
葉っぱは恥も外聞もなく裸になり。
隈どりの顔で。
歓声をあげ。


『草野心平詩集』(ハルキ文庫、2010年)より



「キアシドクガ」と名のみことごとしく[2020年05月27日(Wed)]

DSCN3510-A.jpg

◆先日、白い「チョウ」の乱舞に出会ったのと同じ日、近くのガード下の天井に、同じようにまっ白な「チョウ」が羽化しつつあるのを撮っておいた。

サナギの模様を手がかりに調べたらようやく「キアシドクガ」という「蛾」らしいと見当が付いた。
ミズキの葉を好むようで、昼行性の由、「チョウ」と見間違えるわけだ。
同じ日にミズキの周りでたくさん飛んでいたのもこれだったか、と合点がいった。

名はおどろおどろしいが、「毒」はなく、数日の寿命という。
ただ大量発生が繰り返されると木を枯れさせることもあるとか。
今日も同じ木にいくつも群れていた。

思いついて川沿いに数百メートルさかのぼったところのミズキの木まで行ってみたら、そこも同様に10数頭、飛んでいるのだった。

生を授けてくれた木にまつわるように舞い続けるのは、次の世代を残すパフォーマンスであったかもしれない。
母なる木への愛着をも次の世代へと受けわたしているのだと解すれば、せつなくもある。


生まれる手[2020年05月26日(Tue)]

DSCN3551キタテハon卯の花-A.jpg

卯の花にキタテハ。
華やかなオレンジの衣裳を持ちながら、なお純白のドレスをまとってみたいようだ。

*******

◆学校がようやく再開するようだ。
初めてまわりの子たちをまじまじと見まわす新入生たち。
やがて彼らの目が一つのことにまっすぐ向かう時、どうかそれを邪魔することのないように。

***


過ぎてゆく手とそのささやき   片山令子


ふいに
頭の上に手がのせられ
そしてまた行ってしまった
わたしは小さい頃のことを思い出していた。

いままでにいくつあったか
おそらくいくつもないだろう
そっと置かれ
黙ってそのまま過ぎてゆく
大きな柔らかい手のひら。

何かいいことがあったのだろう
ほめられると
ほめたくなってしまうらしい。
しかし手は軽く
風のように失われやすい
それならば
ふいの歓びはどこから。

生きているひとより
もういないひとの方が
はるかに多いということ
わたしはそこに
向こうからはみ出してくる
花びらを感じる。
手はそこから
とだえてもそこから。

もうない手の感触を
誰もが誰かにつたえることで
それを体に刻み込もうとする。
手は降りてきて
いってしまう
手は生まれ
いってしまう
もらったら
あげてしまう。

頭の上に手がのせられ
すぐにいってしまう
わたしは下を向いて
何かしていた
顔をあげ
それからまた
クレヨンの巻き紙を
はがし始める。 



『夏のかんむり』(村松書館、1988年)所収。
江國香織 編『活発な暗闇』(新装改訂版 いそっぷ社、2015年)によった。
  
〈人類には夏はつらいことだろう〉[2020年05月25日(Mon)]

DSCN3520イワツバメ.jpg

イワツバメ。俣野橋の下に巣があるようで、例年この時期に橋の周辺をしきりに飛ぶ。

めったに降り立たないので、飛ぶ様子をとらえることなど無理、と諦めていた。
たまたま今日は水の落ち口近くに何羽か降りては巣に戻ることを繰り返していた。
ねぐらの新築か増築のために泥を運んでいるのだろうか。

*******


◆緊急事態宣言、解除と言うが……文字通り受け取らない方が良い、と天の邪鬼はうそぶく。


冬休み   田村驤


おれは「物」だから
夏休みはいらない
人類には夏はつらいことだろう
七月八月の二カ月くらいは
人類はたっぷり夏休みをとるべきだ
「物」と遊べ
「物」から学べ
「物」の意味
その光りとリズムが分ったら
人間存在の悲惨と滑稽とが身にしみるだろう
「物」は悲惨と滑稽そのものだが
身にはしみない
「物」は歌うだけだ
光りを放つだけだ
「物」には病気も死もない
欠損と消滅があるばかり
昔 養豚場があったあたりの土の上を
人間は歩いて破傷風になったりするが
おれは裸足だがいくらペタペタ歩いたって
破傷風にかかったためしがない
人類の夏休みは短すぎる
ぼんやりした頭で働くから
スズメ蜂なんかに刺されてショック死するのさ
鳥や犬や猫がスズメ蜂に刺された話を耳にしたことがあるかい
「物」にはスズメ蜂もたまさか
巣をつくることだってあるけれど
蜜はめぐんでくれても刺しはしない
労働は悪だ
夏の労働は悪そのものだ
働くのはスズメ蜂と蟻とロボットにまかせておけばいい

人類の短い夏休みがおわって

人類が病気になるのは
この季節だ
夏の疲労が秋になるといっせいに吹き出すのさ
早春の雑木林の芽のようにね

サンクスギビング・デイから
「物」の冬休み
カボチャのお祭りがはじまると
ニレ カシワ カシの
手のひらのような枯れ葉が
パサッと落ちて
人間の靴もおれの裸足も
琥珀色の
葡萄色の
黄金色の
枯れ葉の山に埋葬されて
人間はあわてて脱出するのに新しい労働をしなければならない
ところが
おれは「物」だから
枯れ葉のなかにもぐりこんで
ゆっくりと眠るだけ

そして
雪になる



詩集『奴隷の歓び』(河出書房新社、1984年)所収
入沢康夫・三木卓・井坂洋子・平出隆 編著『詩のレッスン』(小学館、1996年)によった。

◆「物」が主人公の詩集。そして「物」とは「奴隷」のことだという。その奴隷であるところの「物」がたっぷり夏休みを取れと人類に託宣する。
学校のスタートが遅れた分を夏休み短縮で取り戻さなければ、などと子どもたちの顔を見るよりスケジュール表に釘付けになっている人類は、人間を「物」に変えてしまうことに躍起なのかも知れない。
その点、最初から「物」だと自認している「奴隷」のほうは悠然たるものだ。





散歩で不思議発見ふたつ[2020年05月24日(Sun)]

ポイ捨てもソーシャル・ディスタンシング?

DSCN3499.JPG

◆朝の散歩時、ファスト・フードの食べガラが20m程にわたって散乱していた。
「ビッグ××」や「チキン△▼△」などと品名がプリントされたパッケージや紙ナプキンなど。写真を撮っておこうと思って長尺方向にレンズを向けてハタと気がついた。
偶然とは言え、概ね1m程度の間隔を置いて点在している姿はまさしく「新生活様式」にふさわしい間合いを路上に示現したものではないか。

◆これらを入れていた紙袋だけは反対側、隣家前の歩道に落ちていたところを見ると、紙袋が捨てられた後に、何らかの風が吹いて中身が散って行ったと想像される。
天空からの一陣の風だったと思いたくなる。
家の真ン前にポイ捨てした通りすがりの車の不行跡を天からみそなわす方が居たのだ、と不思議な感じがした。

*******

チョウたちの舞い

◆境川へと俣野橋に下りていく道のきわにチョウが乱舞していた。
その数、およそ2〜30。一斉に羽化したのだろう。
写真にトライしたが、一瞬たりと葉に留まることはなく速い動きで飛び続けているので姿をとらえることができない。

辛うじて下の様なものが撮れたぐらい。

DSCN3470-A.jpg

DSCN3496.JPG


◆夕刻同じ所を通ったら、朝と同じぐらいの数が舞っている。
日も動いて光の感じは全く違っているので再度カメラに収めようとチャレンジしたが、やはり少しもジッとしていない。

DSCN3502.JPG

◆動きが速くて羽の模様を見定めるのは難しい。モンシロチョウだろうな、たぶん、と思いながら、彼らがまつわるように飛ぶミズキの木を見てフト気づいた。
このミズキの葉っぱがいちばん虫食い状態だったのである。

チョウたちはこの木を栄養にして成長したのだ。
とすれば、彼らが寸刻も休まずこの木の周りで見せる羽ばたきは、空飛ぶ自由を得た喜びを全身で表すと同時に、ここまで養ってくれた母なる木に対して捧げる、感謝の舞いとでもいうべきものではないのか?



神沢利子「さかな」[2020年05月23日(Sat)]

DSCN3402.JPG
ナヨクサフジ
対岸の土手の斜面に群がっていた。

*******


◆TBS夕方の「報道特集」、9月入学を取り上げていた。
いま足止めを食わされている子どもたちをほったらかしにしての議論に、良い大人たちが時間を費やし、霞が関の人々をこきつかっている。

昨日のほかのTVでは、長後の子ども食堂を取り上げていた。
学校がないのでみんなで給食をともにする楽しみも奪われているのだ。

***


さかな   神沢利子


友だちと おしゃべりしたことも
うたをうたったことも ありません
声をあげて 泣いたことだって ありません
ただ だまって この口で
波をわけて生きてきました

お皿の上のさかなは
まるい目をあけたまま
ほのすこし 口をあけています
今はもう なにもかもすみました
というように
ほっかり 口をあけています


神沢利子詩集『立たされた日の手紙』(理論社、2008年)より




財部鳥子「終着駅」[2020年05月22日(Fri)]

DSCN3412.JPG
セイヨウヒルガオ。コンボルブルスという名も持つそうだ。

*******

◆財部鳥子『氷菓とカンタータ』には不思議な詩がたくさんある。
そのうちの一篇「終着駅」――



終着駅   財部鳥子


行きつけるだろうか
母は百歳になった どうしても行くという
目がよく見えないのに怯まない
あそこにはね 虎杖(いたどり)の赤い花が咲いているの 大好きなの
ゆるやかな崖山である
バスの運転手はヤバいなといっている
崖山の斜面はすべるので登るなとみんなはいう
階段がいいという人がいる
バスは昔の宮参りのすり減った階段を登るのだった
段差があるのでバスは垂直になることもある

右折左折して激しく揺れて登っていく
後部に乗っていた人は押しつぶされて前方へ
必死に這い登ってくる
飛び降りる人もいたのでバスは止まった
仕方なく 私たちは下車した
そこは崖山の中腹であり 石くればかりで
とても駅だとは思えないのだったが
母は嬉々として虎杖の花を摘みに行った
どんな花なのだろう

遠くにターンテーブルが見えるから
ここは起点でもある 静かだ――
威厳ある機関車が黒光りして私たちを迎えている
U字の囲いのなかで
柔らかな蒸気を吹き上げている


財部鳥子『氷菓とカンタータ』(書肆山田、2015年)

◆夢の中のようでいて妙な現実感がある。
イタドリの花を摘みに行くのだと言う母と崖山をバスで登る。
時に垂直になって崖山の階段を登っていくバス。
後部の乗客が必死に前方へ這い登る姿。
タイタニックの映画のようなパニックが起きているようなのだが、母と私は途中で止まったバスから降りる。
そこから百歳の母は嬉々として虎杖の花を摘みに行く。その花が赤いと言われても、見たことはない。

遠くには機関車の向きを反転させるターンテーブルが見え、ここが終着点であると同時に起点でもあることが分かる。でも、ここからどこに向かうというのだろう。

黒光りする機関車に乗ってさらにどこかへ向かう――そのことだけははっきりしている。

この不思議な世界では「どんな花だろう」と問うことはあっても、「なぜ」を問うことはない。
未だ行ったことのない世界に向かうことは間違いなく、未知への好奇心はあっても警戒心や疑いを引きずることはない。

こうした心を持ち続けていられるのは、夢の中か、子どもだけであろう。


| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
伊東
おべだふり (06/20) 岡本清弘
唐木順三のことば (06/13) アルピーヌ
唐木順三のことば (05/23) 根来珠青
銃剣道 歴史に目をふさぐおぞましさ (03/29) 当ブログ管理人
ジャーナリスト・安田純平さん解放との報【追記】 (10/26)
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml