• もっと見る
« 2024年04月 | Main | 2024年06月 »
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
フランス政府にガザ支援を迫るスピーチ[2024年05月30日(Thu)]

DSC_0396-A.jpg
ガクアジサイ


*******

◆5月28日、フランス国民議会における〈不服従のフランス〉のアルマ・デュフォー議員のスピーチがX(旧ツイッター)にアップされている(字幕付き(byサキ氏)。
迫力に満ちたものだ。

★動画は以下から
https://twitter.com/i/status/1795932189579686200


ICC(国際刑事裁判所)がイスラエルにラファ軍事侵攻の停止を命じたにもかかわらず、50名もの人々が爆撃された難民キャンプで焦げ死にました。首を切られた子ども、ラファ病院は機能停止。イスラエル軍戦車はラファに到達しました。

この8ヶ月もの間、世界は見ています。200万人が地獄に生きるのを。
閉じ込められたまま水もない。食べ物もない。薬もない。
天井のない殺戮場の被害者を爆撃。

これは映画じゃなくて今現実に起きている。
「ハンガー・ゲーム」はもはや娯楽ではない。若者たちのスマホの中の現実となった。
もうすぐ8ヶ月。それなのにあなた達は殺人者にいかなる制裁も与えない。
さらに酷いことに、ラファ軍事侵攻の夜、アタル首相はCRIF(親イスラエルロビー団体)のディナーに出席。イスラエルへの説教を拒み、イスラエルを無条件支持したのです。
あなたは停戦よりも蜜月ディナーを選んだのです。
ジェノサイド国家への支持とともに政府の官房長官はイスラエル軍のインフルエンサーと自撮り。彼のインスタの最後の一握りの尊厳まで無くした。

ノルウェー、スペイン、アイルランドが本日、パレスチナ国家を承認。

あなた方はフランスを共犯グループの一味とするつもりか?
こんなフランスは嫌だ――多くの国民も私にそう言った。私もこんなフランスは嫌だと。
人権の国フランスが、今や弱肉強食の国に。啓蒙の国フランスが「蒙昧主義との闘い」の名のもとに人間を火だるまにするのを正当化するのは嫌だ。
革命の国フランスが民主主義を捻じ曲げ、民主主義の名の下に200万人を飢えさせることすら正当化することは嫌だ。

安全保障理事会の会合が今日開かれる。
フランスはイスラエルとの経済取引の中断を宣言するべきだ。そして一刻も早い国連軍の介入を求めるべきだ。

ラファは国境であるだけではない。鏡なのだ。
もし私の質問に答えないつもりなら、アタル首相、鏡に映るあなたはどんな姿だと思いますか?




| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

岡本清弘さんの画像
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/poepoesongs/index2_0.xml